堺の和菓子 曽呂利

堺の観光土産品のリストには必ずと行っていいほど出てくるのが「曽呂利(そろり)」。ザビエル公園のそば、阪堺線「妙国寺前」駅下車すぐそばにあるお店。

店内に入って目に入ってくるのが「曽呂利」と書いた木製の看板。

立派ですね。
とお店の人に声をかけると、

「先代の屋敷が、曽呂利新左衛門さんの屋敷跡にあったことから『曽呂利』と名前がついたんですよ」と話してくれた。

曽呂利新左衛門というと、あの豊臣秀吉に関係のある、トンチの曽呂利の曽呂利新左衛門のこと。秀吉から褒美をもらうとき、「今日は米1粒、明日はその倍の2粒、明後日にはその倍の4粒と100日間」と言い、秀吉は大したことはないと思って了解するが、それが実はとんでもない量になっていくのにあわてた、という逸話が有名。

曽呂利新左衛門のもともとの職業は刀の鞘(さや)職人で、その腕は素晴らしく、作った鞘に「そろり」と刀が入ったという。そこから曽呂利という名前がついたという話が伝わっている。

このお菓子は「蘇(そ)」という名前。外側はクッキー、中はナチュラルチーズ。
不思議な味だが、お店の人の
「若い人はおいしい!と歓び、年を取った人は、なんだこの味?といいます」
という言葉に誘われて買った。
私は「おいしかった!」

包み紙にあるのが太閤秀吉と曽呂利新左衛門。
曽呂利新左衛門が太閤秀吉の耳に何か囁いている。それを見ていた諸大名は、自分への告げ口ではないかと思い、曽呂利新左衛門への付け届けが急に増した、という逸話からとられたもの。

私が買った和菓子。左上から「白蔵主(はくぞうす)」、「大鏡(おおかがみ)」左下の「蘇(そ)」、そして「呂宋(るそん)」。

どれもこだわりの名前がついている。

曽呂利のホームページの紹介を見ると、

白蔵主(はくぞうす)・・・狂言「狐釣り」で名高い堺市少林寺の白蔵主稲荷にちなんだ銘菓。落ち着いた甘さの黄味あんをていねいに包んだ焼菓子です。

大鏡(おおかがみ)・・・曽呂利を代表するお菓子 大鏡(おおかがみ)。和泉・河内の上古時代をしのび、八咫鏡(やたのかがみ)をかたちどった白あんづつみの焼きものです。さっぱりとした甘さが自慢の気さくな和菓子。

蘇(そ)・・・外はクッキー生地、中はナチュラルチーズ。古代の香りがする新感覚な焼菓子です。

呂宋(るそん)・・・堺が栄えた桃山の時代、海外交易で大活躍した、呂宋助左衛門にちなんだ焼菓子です。

堺にこだわっての命名がすばらしい。

そして私が買って一押しが、「そロール」という名のロールケーキ。

ホームページの紹介をみると、
「和菓子の技術を駆使し、使用材料にも徹底的にこだわったロールケーキ。スポンジの甘みには氷砂糖とフランス製蜂蜜のみを使用。生クリームはタカナシ乳業のものを使用し、丹波大納言と氷砂糖を合わせてつぶつぶ感を残した餡が特徴。 
膨張材・乳化材等の添加物は一切使わない、安心安全が自慢の一品です。
賞味期限:当日(店頭)、
発送は製造日の翌日 保存方法:8℃以下
特定原材料:卵・乳・小麦」

賞味期限当日という、安心安全のロールケーキ、お持ち帰りには保冷剤と保温シートがついていた。
食べず嫌いの娘もしっかり食べたという、すぐれもの。

お店の人の話によると、名前もこだわり、製法にもこだわっている。残念なのは名前を真似するお店がたくさんあることだそうだ。
「たとえば、蕎麦屋だったらいいでしょう?と言うんですよ」
「呂宋という名前も真似されました」

オリジナリティを追求し、先頭を走る和菓子屋さん故の悩みかもしれないが、柳の下のどじょうを期待せずに、切磋琢磨をしないとね。
そのオリジナルの味を自分の舌で感じることができたのが、曽呂利の和菓子だった。

上の地図は「第25回堺市優良観光みやげ品」というパンフレットから。
曽呂利のホームページのアドレスは、
http://sorori.co.jp/regular.html

 

 

 

堺の和菓子 式部庵

IMG_7942

南海高野線「初芝」駅前にあるのがこの「式部庵」。

駅前にあるので、よくお世話になる和菓子のお店。

約1年前に車が飛び込んで入り口がベニヤでおおわれていてびっくりしたことがある。お店の改修に数ヶ月かかっていて、気がかりでだった。
今年は平穏無事なお正月を迎えたので、名物の「かりんとう饅頭」でも買おうかなと出かける。

堺市の「優良観光みやげ品」としてこの式部庵の「はなす」と「堺衆」が選ばれたということなので、それも気になり、食べてみたかった。

IMG_7946 IMG_7949

上の写真の一枚目が「堺衆」という和菓子。 お店のホームページの説明を引用すると、
*********************

自家製の漉し餡を包んだふんわりとした大福餅を、サクサクのお餅せんべいでサンドしていただく郷土菓子。商都として栄えた堺において、古来から指導的役割を果たした会合衆にちなんで、その銘をいただきました。原材料は全て国内産。特にお餅は近江米・雪姫羽二重糯米だけを使った贅沢な餅菓子です。お餅せんべい(麩焼きせんべい)は食べる直前にご自身でサンドしていただくようにパッケージしてあります。出来上がりのままの”サクサク食感”をお楽しみ下さい。 1個 184円 賞味期限 7日

********************

二つ目の「はなす」、なんとも不思議な名前。ホームページの説明を見てみる。

********************

”口へん”に”出る”と書いてはなす。和歌集・鷹筑波から銘をいただいた、当店の代表銘菓。滋賀県産小麦粉を使ったお抹茶風味の手焼き生地で、漉し餡とふんわり求肥餅(ぎゅうひもち)を包みました。あっさりとした餡は、当店の自信作・皮むき漉し餡。お餅は滋賀県近江米・雪姫羽二重を使用。ご贈答にも最適な逸品です。 1個 184円 賞味期限 4日

「咄」とは肩のこらない、くつろいだ雑談の意。江戸時代の歌集「鷹筑波」(たかつくば)から名づけられたそうです。抹茶風味の手焼き生地に、こし餡と求肥餅(ぎゅうひもち)が包まれています。

*******************

なるほど、なかなか故事由来のある名前が付いている。

IMG_7953

買ったのは、「ハナス」「堺衆」「式部庵」「かりんとう饅頭」「美香佐」。

IMG_7973

IMG_7965

IMG_7971

IMG_7963

かりんとう饅頭は揚げパンのようなサクサク感。
ハナスの餡、式部庵の餡はさすがに美味しい。
私は「堺衆」のパリッ、サクッという歯ごたえがたまらなかった。

IMG_7950

お店のレイアウトも和菓子が見やすいようにならべられている。
店員さんイチオシの「かりんとう饅頭」は、電話で予約すると揚げたてのものが手に入れることができる。
材料へのこだわりについては、ホームページに「式部庵のこだわり」として詳しくのっている。
http://www.shikibu-an.com/

堺の和菓子は、歴史もあるし、こだわりもあるし、地元に位置づいているなあと思う。

 

 

 

 

堺の和菓子 一心堂

IMG_7863

IMG_7858

堺の和菓子がのっている冊子や雑誌に必ずと言っていいほど紹介されているのがここ「一心堂」。

「いちご大福」、「フルーツ大福」、「季節のお菓子」、「和菓子」、「洋菓子」と多種多様なお菓子が提供されている。

その中でも一番人気は
「いちご大福」と「フルーツ大福」。フルーツがただものではない。1月から順に並べると、

IMG_7860

いちご、すいか、もも、キウイ、モンブラン、みかん、マスクメロン、レッドメロン、パイナップル、ぶどう、マンゴー、ラ・フランス、梨、柿、と毎月の品がわり。

いちご一つをとっても、いちご大福(白あん)、いちご大福(黒あん)、練乳いちご大福、いちごの王様(アマオウなどの大粒でジューシーなもの)と選べる。

材料の小豆は大粒丹波大納言、白あんには北海道の手ぼう豆、水は「富田の水」、玉子はヨード卵・光、砂糖は商品により氷砂糖、白双糖、グラニュー糖、上白糖、和三盆、トレハロース、水飴を使い分けるいうこだわりのお菓子。

IMG_7866

久しぶりに一心堂に行って、和菓子を買ってきた。

左にある紙のケースに入っているのは、縁起物の和菓子。
おまんじゅうときなこもちが入っていた。
フルーツ大福は、いちご大福、キウイ大福、マンゴー大福、ラ・フランス大福を買ってきた。

お店の前には小さいながらも駐車場があるので、車で来店する人も多い。お正月には警備員の人が車の出し入れを案内するほど。

IMG_7871

キウイを切ってみた。ご覧のようにたっぷり大粒のキウイが飛び出してくる。
お抹茶でいただくと、ほんとうに一服できる。
お正月だなあ、と思う一瞬。

一心堂のホームページは以下のアドレス。

http://www.issindo-osaka.com/

一心堂1 目印は、堺市東区役所。
最寄りの駅は、南海高野線「萩原天神』駅。

 

堺の和菓子 けし餅(小島屋泰芳)

IMG_20150912_0001 IMG_20150912_0002

「かん袋」のお店においてあったパンフレット、
「ぎゅっと、菓子パラ」(堺まち物語協会)をみると、「かん袋」のお店の近くに、けし餅のお店があることがわかった。 日を改めて行くことにした。

小島屋

宿院の交差点を回ったところにあった。

IMG_7722 IMG_7718

ここも専用の駐車場があり、車できても買物をすることができる。
一階ではけし餅などの販売がされているが、二階に喫茶室があり、ここでしか食べられない「けし餅ロールケーキ」があるというので食してみることにした。

IMG_7723 IMG_7724

IMG_7727

これがけし餅とロールケーキを組み合わせた「けし餅ロールケーキ」。 ホール販売は1本1512円。喫茶室でのカット販売は1カット260円のおねだん。
口の中でやわらかな甘みが広がる。
この「小島屋泰芳」は高島屋や阪急百貨店などのデパートにもお店を出しているので、目にすることが多いらしい。

IMG_7742

この「小島屋」さんのホームページによると、

「いにしえの堺の町は南蛮貿易が栄え、海外からの珍しい産物がここを通って わが国へ紹介された例も多く、ケシの実もそのひとつで室町時代インドから もたらされたと言われ、堺の近郊で盛んに栽培されておりました。安土桃山 時代に移り、千利休によって広められた茶の湯の習慣は堺の地で多くの和菓子を生み出し、そのひとつにケシの香味を生かして考案されたのが、「けし餅」です。 当社は、延宝年間の創業で、以来三百数十年、研鑽を積み重ねて けし餅一筋に家伝の製法を守り続けて今日に至っております。」
と説明がある。
一箱、家のおみやげに買って帰る。
 
 
 
*けし餅6個入り907円〜
*定休日 1月1日と2日のみ
*営業 8時30分〜18時
 
 
 
 
 
 

堺の和菓子 くるみ餅(かん袋)

IMG_20150911_0001

堺に住んでいながら、堺のことをあまり知らない。
「堺観光ガイドブック」というのを手に入れた。堺市観光部内の「おいでよ堺21実行委員会」の発行と書いてある。
お手軽なパンフレットなのでこれは役に立ちそう。
トップページは「堺に始まる、茶の湯の世界」とある。
なるほど、千利休と堺は切っても切れない関係だろう。「さかい利晶の杜」ができてからますますその人気と関心は盛り上がっている。
でも私が一番気になったのが「堺の和菓子」。色々聞いているが、食べたことはないに等しい。

IMG_20150911_0002

堺の和菓子といえば「かん袋のくるみ餅」がうかぶ。 食べたことはあるが、お店に入ったことがないので、地図を見て車で行ってみることにする。

かん袋

IMG_7696

堺東から南海堺駅に向かって車を走らせ、宿院の交差点、この先に「さかい利晶の杜」があるがここで左折。
しばらく進むと、信号4つをすぎたぐらいに左側にTimesの駐車場が出てくる。
かなり広い駐車場。ここに止めると駐車場のサービスがある。
お店に来て、駐車場のサービスがあるとありがたい。

IMG_7693

IMG_7692 IMG_7678

「くるみ餅」といっても、中にくるみが入った餅ではない。 IMG_20150911_0005

パンフレットによると、「・・・・五代目の忠兵衛が、当時貿易港として栄えていた堺に、明国などより入荷した農作物を利用して、塩味で挽き合わし餅をくるんで茶菓子を創案して、これを「くるみ餅」と名付けました。その後、ルソンから砂糖が輸入され、甘みが加えられ現在のくるみ餅となりました。」とある。「くるんであるから、くるみ餅」という訳だ。
評判の「氷くるみ餅」をたのむ。大きな番号札がわたされた。
待っている間に、お土産用なのか、三千円、四千円の「くるみ餅」が売れていく。
土日には行列ができるそうだ。売り切れになったら閉店、というお店だけはある。
しばらくして氷の「みぞれ」のような「氷くるみ餅」がテーブルに置かれた。

IMG_7684 IMG_7686

どこに餅が入っているのかというと、ほらご覧のとおり。 IMG_7689

どうして「かん袋」というのだろう?パンフレットにその説明があった。

「徳左衛門の時代に豊臣秀吉が大阪城を築城した。その際に堺の商人衆へ寄付金を課しました。文禄二年の春半ば、桃山御殿が完成したのを機会に、寄付金の礼として堺の商人納屋衆を招きました。その時、天守閣は瓦を葺く工事中でした。瓦を運び上げるのは容易でないと感じた徳左衛門は、毎日奉仕に出て、瓦を取っては次から次へと放り上げました。瓦は春風に煽られて紙袋がひらひら舞い散るように屋根に上がり、居並ぶ人々は感嘆の声を発し、これを見た秀吉が、「かん袋が散るように似たり」と、その腕の強さをたたえ、「以後かん袋と名付けよ」と命じ、それより「かん袋」が、和泉屋の屋号となりました」

なるほど、餅を練って捏ねる腕力が、瓦を投げるのに役に立ったということらしい。

このお店は10時開店。早めに行ったので待つことは全くなかった。
冷たい氷とほんのり甘い餅のコラボレーション。さっぱりとした甘みが体をスッキリさせる。さすが堺老舗の味だと思った。

*氷くるみ一人前360円。定休日は火曜日と水曜日。
 午前10時より、売り切れ次第営業終了と書いてあった。