アナレンマ

このモニュメントは何?

丘の上にある不思議なモニュメント、もう少し接近してみよう。

三本の柱の真中付近に何かがある。

もう少し拡大してみよう。

ここは堺市立みはら歴史博物館
(M-Cみはら)にある公園。
三原ふる里公園と呼ばれているところ。

ホームページを見ると、
「カタチ造りの達人がグランドコンセプト。中世の鋳物技術者集団河内鋳物師、24領の鉄製甲冑が出土した黒姫山古墳をメインテーマとした展示と、文化・芸術に触れ交流できるホールとの複合施設です。愛称のM-Cみはらは、Museum(博物館)とCommunity(交流)をイメージしています。」
とある。

このモニュメントは、その「みはら歴史博物館」の裏側にある「三原ふる里公園」にある。

モニュメントには写真のように、三本のワイアで固定されているものがある。私には全く何かわからなかった。そばに説明があったので読んでみよう。

**************

モニュメントのレリーフは、鋳物師発祥の地の由来から「炎」を表現し、そこからモニュメントが生まれたことを物語っています。
また、刻の丘の位置づけから正午を示す機能も備え、中空に張られたノーモン(き針=ドーナツ型円盤)の影と、柱に刻まれた8の字の字型のアナレンマ(均時差=見かけの太陽と標準時の差をグラフ化したもの)で正午を読み取ります。
時計の12時は一つしかありませんが:この正午日時計は、季節で高さが変化し、太陽と地球の軌道関係で左右にずれ、8の字を形成します。晴れた日には、機械仕掛けでは味わえない、季節感や宇宙観を与えてくれる夢の時計で、感じることを心に刻んでください。

 アナレンマ(正午用)の味方
①月日を探す(目盛りの間隔は約10日)
②その月日の線上にノーモンの穴の光が差し込んだら正午です。
③また、数値でその日の均時差が解ります。(2分表示)
  東経 135度33分45秒
  北緯 34度32分42秒

*************************************


 なるほど上の写真のように線と文字が刻まれている。
この文字と線が刻まれている一番低いところを見ると、

6月21日が一番低いところの印になっている。これは夏至近くという意味だろうか。 逆に一番上の部分を見ると12月末になっている。冬至ということかもしれない。
アナレンマ・・・・!この言葉に記憶があった。そうだ、明石の天文台で見たのだ。

上の写真が明石の天文台で見た「正午計」。

この正午計を拡大したのが「みはら歴史博物館」でみたアナレンマを利用した「正午計」なのだ。
今日は12時をとっくにすぎている。天気の良い日の12時頃に来れば、アナレンマの現象を見ることができるかもしれない。
一つ楽しみが増えた。

 

 

 

日時計 その4

キリン日時計1

キリンのホームページに、写真のような日時計があったので作ってみた。 平面型日時計に万年カレンダーをセットしたもの。

作り方は初級レベルの表示があったので、それほど迷うことはない。

解説が丁寧に書いてあったので、これから日時計を作る人には役に立つだろうと思った。

IMG_2724

ペーパークラフト用の紙にプリントアウトして、部品を全て切り抜く。 日時計の表示部分が、円形になっていて、写真のような糊しろを細かく切っていく。組み立てるときにこの円形の部分が上下に二枚、側面部分の長方形の部品をはりつけていく。ここが大変難しい。上下の半円の部分が平行になってくれない。のりしろの部分の折り曲げに少しのズレがあり、それが 歪みのもととなっていることがわかった。

糊を付けるほど紙がフニャフニャになるので、このやり方はあきらめることにした。 適当な紙箱を見つけてきて、これに貼り付けることにした。それがこれ。 IMG_2747

IMG_2749

これでしっかりとした日時計になった。 ペーパークラフトでは、曲線部分や円形の組み立てが難しい。 この日時計は万年カレンダーにもなるが、今回は日時計の説明に重点を置く。 このキリンの日時計は、明石を基準につくってある。 経度差による時差の補正については、経度差による時差の表がついていて、解説もしっかりとしてある。 IMG_20141003_0002

こういう経度差が分かる地図や表があると何かと便利だ。 日の出や日の入りの時間のちがいを考えるときにも使える。また、緯度による時差の説明もある。

IMG_20141003_0003

さらに「磁気偏角」「均時差」の補正についての説明もある。 IMG_20141003_0003_2_2

日時計の誤差について考えるのに、適当なペーパークラフトだと思った。

磁気偏角、均時差、経度と緯度など、日時計の工作をしていくといろいろと考えなくてはならないことがわかってきた。日時計は奥が深い。