消えた基準点

水準点めぐり 22

写真は電子基準点。
銅座幼稚園の前の公園。
地下鉄谷町4丁目が最寄りの駅。
この周辺には、大阪城公園や大阪府警、大阪府庁があるという、いわば大阪の中心地といっていいのかも。
この写真は2013年6月にとったもの。
私が初めて電子基準点を見たときのものだ。
2020年現在、全国に約1300の電子基準点が設置されているそうだ。
高さは約5メートルの金属の柱。
上空を飛ぶGPSの人工衛星からの信号をキャッチし、24時間の観測を行っているそうだ。

上の写真は2020年9月のもの。ない、電子基準点がない!

公園の中に入って、角度を変えて写真を撮る。
電子基準点があったところには木が植えられているように見える。
周りを見ても、電子基準点があった痕跡はまったくない。
どこかに移動したなどの表示もなかった。
三角点だけではなく、電子基準点も消えてしまうことがあるのだろうか。

国土地理院のホームページから、この付近の電子基準点はどうなったのかを調べてみた。
銅座幼稚園のそばにあった電子基準点は記載されていなかった。
かわりに真田山公園の中に新しい電子基準点が設置されていることがわかった。
さっそく写真を撮りに行くことにする。

ありました。ピカピカの電子基準点が公園の南側の入口付近に設置されていた。
近くには味原幼稚園があった。

「ここに建っているステンレス製の柱は、電子基準点といいます。 柱の先端部にはGPS等のGNSS(全世界的衛星測位システム)衛星からの電波信号を受信するアンテナが取り付けられており、柱の中には受信機本体と受信データを転送するための装置が入っていて、常時連続観測を行っています。
・・・略・・・・全国に設置し、各地で得られたデータを茨城県つくば市にある中央局に転送し、コンピュータで処理して電子基準点の位置を正確に求め、各種測量の基準として利用するとともに、地震予知に重要な地殻変動の監視もおこなっています。
国土交通省国土地理院・・・・」

ステンレス製の柱の足元には丸い金属板が埋め込まれている。
「電子基準点付属標   
 基本  
 国土地理院
 この測量標を移転毀損すると測量法により罰せられます」 の文字がみえる。
この付属標は水準測量にもつかわれることがあるそうで、二等水準点の役割を果たしているものもあるそうだ。

国土地理院のホームページのデータによると、この電子基準点は「2019年7月17日登録」、となっていたから、ごく最近の登録だ。

ここからは私の推測だが、銅座幼稚園そばにあった電子基準点がここに移動したのだろうと思う。銅座幼稚園も、真田山公園も上町台地にあって古い地盤の上にある。今後の地震予知には重要なデータを発信できる位置にあるのではないだろうか。
「電子基準点も消えるのか?」と思ったが、今回はどうも「電子基準点は移動した」というのが正解だろうと思う。
とにかく「電子基準点」があってよかった。

 

 

 

八上小学校の四等三角点

三角点を探る旅 38

黒姫山古墳の付近を地図で調べていると、三角点があった。

ここは堺市立八上小学校(やかみしょうがっこう)の敷地内。

何か地域の行事、フェスティバルのような行事が行われていた。

門を入って右側のブロック塀のすみにあった。「国土交通省 国土地理院」という白い立て札もある。ただ年月のせいだろう、文字がうすくなっていた。

四等の文字が見える。 調べてみると、「八上小学校 四等三角点 標高42.44m 」であることがわかった。

「049」の文字も見える。他の面には「基準点」の「基」が見えた。違う面には「国土地理院」の「国」と思われる文字もよみとれた。
運動場のブロック塀のすぐ内側にあった三角点。もともと小学校の敷地にあったのだろうと思われるが、道路の拡張や学校の整備で、学校の運動場のすみになってしまったのかもしれない。「国土交通省」と書かれているので、2001年以降にこの付近が整地されたと予想される。標高42mというのは比較的高い敷地にある。黒姫山古墳があるということは、古い土地ということもいえるだろう。

でもお花がすぐそばに咲いているのは偶然だろうか。だれかがここに持ってきたのだろうか? お花が飾ってあるような三角点ははじめてだ。

黒姫山古墳周辺には他にも三角点がある。もう少し調べてみよう。

 

 

 

 

 

水準点めぐり 18

那覇空港 自衛隊の水準点

大阪に帰る日がやってきた。 那覇空港のそばに一等水準点のマークがある。

沖縄那覇自衛隊一等水準点そこは陸上自衛隊の入口付近だった。

沖縄那覇一等水準点自衛隊

那覇市陸上自衛隊1

那覇陸上自衛隊2

那覇陸上自衛隊3

上の三枚の写真は、陸上自衛隊那覇駐屯地のホームページからのもの。
カメラは持っていたが、さすがに直接写真を取ることはためらわれたので、私自身の撮った写真ではない。ホームページの写真をお借りした。(入り口に書いてある数字は、緊急患者空輸実績と不発弾処理実績と書いてある)

前日の夜に、ホテルのロビーでここの水準点のことを聞いた。
2万5000分の1の地図を見せながら、
「ここに水準点があるのですが、どうも自衛隊の中のようですが、見ることは可能ですかねえ」
「水準点?(ここでいつものような反応。少し説明をする。パソコンで調べている様子)うーん、自衛隊の中ですね。」
「やっばり。中に入ってみることができると思いますか」
「(きっぱりと)無理ですね。」
「写真を撮らせてもらうだけなんですが」
「ここは本土とちがいます(これもきっぱりとした口調で)」
「ありがとう」と、答えるしかなかった。

さて翌日、タクシーで空港へ行く。その手前に自衛隊があるのでそこで一旦止めてもらう。自衛隊の前に「パイナップルハウス」という有名なお店がある。開店前なので、開くのを待っている人もいた。
私はタクシーに待ってもらって、自衛隊の入口に行く。

「すいません」と声をかけると、入り口にある詰め所(上の写真で屋根にサーチライトが付いている小さな建物)から迷彩服を来た人が小走りで出てくる。
女性自衛官だった。
「(25000分の1の地図を見せながら)国土地理院の地図に、水準点の印があるのですが、見せてもらえますか」
「そこのタクシーでこられたのですか?」
「はい。地図をみるとこの中のようなので」といって地図を渡す。
「(地図を見ながら)産業支援センターかもしれませんね。」
「そうですか。でも地図では自衛隊の中のようなので、できたら見せてもらいたいのですが」
「(地図を見なおして)うーん、ちょっと待って下さい」
と地図を持って近くの建物に走っていく。どうも相談に行ったようだ。
私の立っている入り口から、建物のガラス越しに何人かの自衛官と話をしている様子が見える。

少ししてその建物から、今度は男性の自衛官が地図を持って出てきた。
「残念ですが、今この基地で、特別な訓練をしているので、中にはいることはできません」と淡々とした口調で説明がある。わたしは、
「たぶんあのへんだと思うのですが」と入り口から少し先の芝生付近を指差す。
「(そっちのほうをみながら)そうかもしれませんね。でも今日は特別な訓練が行われているので」と同じ返事。その時に荷物を運ぶ車が来たので、自衛官の関心はそちらに。
「ここは本土とちがいます」と言ったホテルのロビーの係員の言葉を思い出す。
私はあきらめることにした。

ということで、地図にはあるが見ることのできなかった水準点だった。

大阪に帰ってから国土地理院のホームページを見ると、最近のデータには写真ものっていることがわかった。
この自衛隊の水準点の写真もあった。

那覇駐屯地水準点

コンクリートの蓋の下に、一等水準点があるのだろう。
自分の目では確認できなかったが、確かにここにあるのだ。