由布院の四等三角点

三角点を探る旅33

由布院を訪れたのはいつだったろうか。地図を見ると、なんと由布院駅と金鱗湖のあいだに四等三角点のマークがあるではないか。市内観光に三角点探しを入れよう。

宿舎は金鱗湖のそば。夜にはホタルが飛んでいた。久しぶりにみるホタル。iPhoneで写真に撮ろうとしたが、これは無理。

露天風呂もあり、食事も風情がある。中国、韓国からの家族連れが泊まっていたが、どちらも静かなグループだった。

朝の由布院駅は観光客の姿もなく静か。駅でレンタサイクルを借りる。

地図を見ながらこの辺にあるはず。それらしい広場を探す。
この広場ではないようだ。道路向こうに幼稚園らしい建物。そのそばに・・・。

 

これって、ここはお墓じゃなかったの? 倒れた墓石、卒塔婆らしきもののそばに、
「大切にしましょう三角点」の標柱と、三角点があった。

四等という文字がなんとか読める。

近くの幼稚園らしい建物から、園児さんたちの元気な声が聞こえてくる。
まわりの田んぼは田植えがすんでいた。後ろの山は由布院岳のようだ。
ここに三角点があることはほとんどの観光客は知らないだろうなあ。

国土地理院のホームページによると、

四等三角点 設置 昭和39年8月19日 
北緯 33度15分43秒2890
東経 131度21分55秒2042
標高 463.2m
三角点周囲の状況 墓地

とある。
やっぱりここは墓地だったんだ。
将来ここはどのようになるのかなあ。

三角点を発見できたのは、収穫だった。北緯33度だから、大阪より少し緯度が低い。そういえば前日の夜に見た北極星の高度は少し低かったかなあ。北斗七星が大きくて全体がはっきり見えたのは、由布院の空だったからだろう。

さて、レンタサイクルで市内観光をしよう。

 

 

 

三角点を探る旅 30

沖縄 伊計島の三角点

いけじま2

那覇市からバスで辺野古を通り、伊計島に行く。

いけじま1

AJリゾートアイランド伊計島。この上の写真はここのホテルのホームページより。
沖縄、といえばこんな風景がツーリストのパンフレットにあふれている。
国土地理院のホームページで調べてみると、伊計島には四等三角点が三つある。

いけじま3

このAJリゾートアイランド伊計島のなかに、四等三角点がありそうだ。
伊計島の北端の山にある三角点を見ることができるかもしれない。
ホテルの敷地内なので、案外楽に発見できるかも、、、。

いけいじま4ホテルの敷地のマップ。海岸沿いの丘のような山の上らしい。

IMG_5092この山だろう。高さ28mだから、それほど苦労はしないだろう、とカメラを持って出発する。

IMG_1920

IMG_1918ウサギが目の前を走っていく。のどかなところだ。
出発する前に、ホテルのロビーで相談する。
「あの山の上に三角点があるので見に行けますか」
「三角点?」(こういう反応が多い…)
「四等三角点があるので、見に行こうと思って」
「あの山は登れません。草が生い茂っていて、山道も危険ですから」
とつれない返事。

多少の草木なら慣れているので、入り口さえわかればなんとかなるだろうと思い、
「ありがとう」と言ってホテルを出る。

IMG_5069山の西側のコテージ付近に行ってみると、サトウキビが生い茂り、山へ上る道がわからない。あの鉄塔のそばかな、と思いながら近づくがこれだけサトウキビの背が高いと小道のすき間もわからない。

IMG_5061プライペートビーチにまわる。ここは断崖になったビーチなので、山に上るところがない。うーん。途中に上がれる場所はないかと探す。

IMG_5062 IMG_5064こんな感じの海岸沿いの小道。山頂への道が隠されてしまっている。
サンゴ礁の島なんだなあと思う。

IMG_1922 IMG_1926道路を横切るカニ。なんていうカニなんだろう。大きい、体長10センチ以上はありそう。

うーん。正体不明なカニにどっきり。
そうするとサトウキビや草の生い茂っている山の中には、蛇がいるかもしれない。
ハブ注意という立て札があったかなあ、、、心配になり三角点探しはあきらめることにした。

IMG_5089

日が沈んでいく。島の朝日、夕日は海岸線に雲が湧くことが多い。

三角点探しにはよくあること。地図にはあるのに見つからない。目の前にあるのに発見できない。そして季節を変えて来てみると、すぐに見つけられる、ということが。
今回もそれ。目の前の山上にあるはずなのに、そこへ行く道が草やサトウキビで覆い隠されてしまっている。秋の終わりや冬に来れば発見できるだろうなと思う。
でも、この伊計島に再度来ることはあるかなあ。
目の前にあるはずなのに発見できずの巻、日没とともに終了となった。

 

 

 

 

三角点を探る旅 29

8月9日、長崎に原爆が落とされた日。
今年は戦争や憲法について考えることが多い。

那覇市の四等三角点

那覇四等三角点

モノレールの「奥武山公園駅(おうのやまこうえん)」に戻る。
電子基準点のあった公園のモノレールの線の反対側に、奥武山公園がある。
この公園の端に四等三角点のマークが地図にあった。

IMG_2117

 

奥武山公園1

奥武山公園の入り口にあるマップ。
地域によっては、こういった案内地図に三角点のマークがのっている場合がある。
期待してみたが、残念ながら三角点のマークはなかった。
公園の案内地図と、国土地理院の地図とを見比べながら三角点を探すことになる。
どうやら、少年野球場の片隅にありそうだ。

IMG_2118

少年野球場があった。少年ではなく、立派な大人たちが野球を楽しんでいた。
どうもこのあたりらしい。

那覇四等三角点2

 

那覇四等三角点3

すぐに見つけられると思ったが、草が茂っていると、なかなか見つけられないことが多い。 草がなかったら、直ぐに目に入るのに・・・・という経験が何度かある。

IMG_2126

「四等三角点」だ。そう書かれている部分を拡大してみよう。 IMG_2128

「四等」と「三」という文字が読める。 「三角点」と言う文字はふつう、南側に彫られている。

IMG_2131

これは「国土地理院」の「国」と思われる。「国地院」と略されているそうだが、ここでは確認できなかった。通常は西側に彫られている。
IMG_2136

少しわかりにくいが、「基本」の「基」と思われる。通常は東側に彫られている。 IMG_2134

北側には六桁の文字が彫られているそうだが、ここでは「056」と読み取れそうな数字があった。
地中に埋まっている三角点の標石の文字を確認するのは、ここのように大半が埋まっているとなかなか大変。でも三角点の周りを石で囲んであるのは、保存のためにもありがたいと思う。

IMG_2141

目を上げてみると、モノレールが走っていた。このモノレールは県庁方面に動いている。 さて、次は水準点を探そう。

那覇市三角点4

奥武山公園駅から県庁方面行きのモノレールに乗る。
モノレールの窓から、先ほどの奥武山公園が見える。
あれだ、あれだ、あそこの木の根本に「四等三角点」があったのだ。
電車の窓からiPhoneで写真を撮る。
あわてて写真を撮っている私の姿は、周りからどんなふうに見えたのだろう?

 

 

 

三角点を探る旅 27 (松江)

宍道湖にある四等三角点

IMG_20151018_0002

米子駅から山陰本線に乗って松江駅に向かう。 この電車はワンマンカー。 1両目の運転士さんのそばのドア以外は、松江までの駅はすべて手動だった。 へーっ、山陰本線という立派な名前のついた線でも、過疎化?、人件費?、旅客人数のため?、とにかく合理化がはかられていた。 乗り降りする人はマイクの放送に従って、自分でボタンを押してドアを開けていた。 閉めるのはどうだったのだろう?覚えていない・・・見ているようで、見ていない典型的な例。

地図にあるように、宍道湖を渡る「宍道湖大橋」のたもとに三角点のマークがある。
橋のどのへんにあるのだろうか?
この「宍道湖大橋」の建設によって、三角点が埋まっているのではないか?と思ったりもした。

IMG_20151018_0002

地図を拡大してみても、橋の根元付近とまではわかるが、橋の上なのか、地上側の地面の上なのか、行ってみないとわからない。

_MG_7458

橋の根元付近はこんな感じ。 三角点?どこにあるのだろう。とにかく湖のそばまで寄ってみよう。 何かある。 _MG_7462

あった。 こんな形なんだ〜。 _MG_7460

こんな設置の仕方は初めて見た。 _MG_7463

この丸い金属板が三角点なのだ。 _MG_7465

この金属板を拡大してみると、 IMG_7467

「四等三角点 基本 No.109193」 と読み取れる。
へーっ、四等三角点なのか。
四等三角点にしては、立派な三角点のように思える。
その地域、時代、経過によって、三角点の様式も変わるようだ。

下の写真は橋の中央部から見た三角点付近。
知らなければ、見逃すに違いない。
_MG_7472

_MG_7484

松江といえば鯛茶漬け。 有名な「みなみ」チェーン店の一つ、「味・皆美 ふじな亭」で昼食。

http://www.fujinatei.ico.bz/index.html

鯛茶漬け

一回で三杯は食べられという美味しさ。 あまりの美味しさに、鯛茶漬けのスープを買って帰る。
(左の写真はふじな亭のホームページより)

息子夫婦が来た時に、妻がこの鯛茶漬けを作った。料亭のような見栄えは難しかったが、味はなるほどの味。快食、全部食べてくれた。旅の味はその場所で、といわれるが、美味しいものは美味しい。
鳥取、島根の旅も、本来の目的は達したし、三角点・水準点探しのオプションもうまくいった。おみやげの鯛茶漬けもおいしくいただき、満足の旅だった。

 

 

三角点を探る旅 その 14

徳島市内の三角点

眉山1

ここは徳島県徳島市。写真は徳島の観光ナビに紹介されている眉山(びざん)。眉のような美しい姿は市内のどこからも見える。
ここに徳島の一等三角点がある。
IMG_6143IMG_6144
IMG_6145

ロープウェイに乗って山頂につき、まずモラエス館(日本ポルトガル領事館の総領事、日本を紹介し小説も残している。)を見学する。
外にでると目の前にパゴダ平和記念塔がある。これは「県ビルマ会が第二次世界大戦で戦没した多くの戦友たちの霊を慰めるために建てたもの」と紹介されていた。
この直ぐそばに一等三角点がある。
あまりのみごとな一等三角点にびっくりした。表示も立派、三角点そのものもきれい。
標高277mの眉山山頂。
徳島の一等三角点はすばらしい。

IMG_6147
三角点の後ろに回る。午後の写真なので影から判断できるが、こちら側が南。原則として標石の南側に「三角点」の文字がある。少し見えにくいが横書きで右から左へ「一等」の文字、たて書きで「三角」まで読み取れる。周りの三面をみたが、私が見た限りでは文字はわからなかった。

IMG_6157
眉山の山頂から見た徳島市内。川は吉野川。左側の山なみは香川県の方角。右側な島影は淡路島ではないか?
真ん中に見える森は徳島城があった城山。
ここにもう一つ、私が訪ねた三角点がある。

IMG_6383

徳島中央公園にある城山。案内掲示板にはきっちりと三角点のマークが記されている。三角のなかに黒丸印。小学校で習ったはずなのになぜか忘れ去られる三角点の印。
ここには徳島藩蜂須賀氏25万石の居城があった。
現在は石垣、堀、庭園が残っている。また徳島市指定天然記念物に城山原生林が指定されている。都会の中心に原生林があるという貴重な森である。

IMG_6390IMG_6392

その山頂にあるのが、四等三角点。
広場の少しはしの方に立派な四等三角点を発見した。標柱の周りには、保護石もきちんとある。さすが城山にある三角点。
IMG_6398IMG_6400

南側には「四等三角点」の文字。標柱が土に埋まっていたので、手で少し掘ってみた。北側には「地理」と見える。「地理調査所」か「地理調」で終わっているのかはもう少し掘らないとわからない。

IMG_6395IMG_6396

あとの面には「基」が読める。これは「基本」と書いてあるのだろう。もう一つには「003」の文字が彫られている。四等三角点には点のコードナンバーが彫られているということだから、これがそうだろう。

私は大阪では四等三角点を見たことがなかった。徳島で初めてみたことになるが、見事な四等三角点を見ることができてうれしかった。
眉山の一等三角点といい、城山の四等三角点といい、大切にされていることがよくわかった。