青島・蘇州の旅 20

飛行機の中で1時間待ち

IMG_1511

IMG_1524 IMG_1521

IMG_1515

やっと雨が止む。蘇州を離れる日に雨が止むなんて、、、。

マリオットホテルの朝食もこれが最後。
ずっと飛行機の旅になるので、今回も朝食は控えめに。
関空への直行便なので、上海浦東国際空港に向かう。バスで約2時間半の道のり。

IMG_1526

IMG_1528IMG_1529

トイレ休憩。 ここはどういう場所なのだろう。
売店もトイレもあるが、私たち以外のバスは停車していない。
遠くに高層ビルが煙って見える。中国の広さを実感する。

IMG_1536 IMG_1546

IMG_1542

ここは上海浦東(シャンハイプードン)国際空港。
世界で一番大きい空港ではないか、という声も聞かれる(貨物取扱量は世界第3位)
私たちが乗る搭乗ゲートはD84。搭乗口が84番だから相当な数だ。
いったいいくら搭乗口があるのだろう。

IMG_1550

IMG_1548 IMG_1547

上海12時20分発、関空着が15時15分の予定。
飛行機に乗り込んで「あと2時間半で日本に帰れる」と思っていたら、機長からのアナウンス。
「梅雨前線の影響で日本までの上空の大気の状態が悪く、管制塔からの離陸のサインがでません。」
「えーっ!!」
「離陸の許可が出るまで、飛行機内でお待ちいただくことになります。こういったことはよくあることです。ただ1時間になるか、2時間になるか、それはわかりません」
「えーっ!!」

全日空の飛行機で、乗客の大半が日本人。状況が機長から説明されると納得。静かにテイクオフを待つ。
そういえば、ドイツからの飛行機もそうだった。あの時は滑走路の凍結で1時間以上も飛行機内でまった。

IMG_1563

帰りの全日空の飛行機では、テレビを見ることができたので何を見ようかとさがす。
フライトは2時間以上あるが、上映時間がそれほど長くなく、日本語字幕があるか、日本語吹き替えのもの、そして日本でもまだ封切られていないものを探す。

あった、これだ。

「ザ・ブリザード」(原題: The Finest Hours)2016年の作品。1952年に起きたアメリカ沿岸警備隊によるタンカーの救出を映画化したもの。実話というのがインパクトがあった。ホントにこんなことがあったのか?嵐で警備隊の羅針盤が吹っ飛んでも救出にいくことにびっくりした。ラストの自動車のヘッドライトの列が灯台のかわりになるという、お決まりの場面かも知れないが、エンターテイナーの王道をいくような映画だった。

IMG_1560

飛行機は1時間遅れで上海を出発。
フライトは問題もなく、1時間遅れのまま関空地到着。
青島・蘇州の旅も終わった。

「馬の骨」の語源は?

IMG_20160731_0001

家へのおみやげは「紹興酒」と写真の雨ガッパ。
蘇州の町を走っている自転車、バイクのほとんどが上のような雨ガッパを装着している。ヘルメットの上からもかぶれるフードがつき、前の荷物置き、足元をしっかりとカバーしてくれる。現地のガイドさんに聞くと、地元のスーパーに置いてあるということなので、帰るまでの間に買ってもらうことを頼んだ。値段は50元だった。中国での生活物資は日本より安いのかもしれない。ところでこの現地ガイドさんは蘇州大学日本語学科の卒業生。笑顔がステキな人だった。

さて青島・蘇州の旅もこれでおしまいだが、私が中国で聞いてみたいことが一つあった。それは「馬の骨」。

以前に「馬の骨」の語源をインターネット上でいくつか読んだことがある。
自分流に要約してみると、

*****************************

語源は、中国。
「役に立たない物の代表」として「一に鶏肋・二に馬骨」と言った。
「鶏肋(けいろく)」とは鶏の肋骨のことで、小さすぎて役に立たない事を意味し、
逆に「馬骨」とは、何の役にも立たず、その上に大きすぎて処分に困るということで、
役に立たず、だれにも必要とされない者を表すようになったという。
そして、「大人ではあるが、成長過程や職業がわからない」と言った意味にも使われるようになり、漢字の「骨」には「人柄(ひとがら)」という意味もあるために、「馬の骨」は現在のような意味に変化した。「馬」の他に身近にいた動物として「牛」も居たため、「牛の骨」といわれた事もあっという。

日本でこの「馬の骨」「牛の骨」という言葉が使われ始めたのは1600年代から1700年代で、江戸時代に現在のように「馬の骨」のほうが定着した、と書かれている資料もあるらしい。

****************************

IMG_6709

(写真は、「紅いコーリャン」の撮影ロケ地にいた観光用の馬たち。サラブレッドのような大型の馬ではない。)

これを読んで、私は「ほんとうかなあ、語源は中国?」と思った。いくつか疑問がわいた。それでは、中国では今でも「馬の骨」と言う言い方をしているのだろうか、ということが一番知りたくなった。
中国のことわざみたいなものの中に、「馬の骨」はあるのだろうか。
中国の辞書に「馬の骨」はのっているのだろうか。
中国の若者は、日本と同じ意味で「馬の骨」という言葉を使っているのだろうか。

中国の大学で日本語を教えている先生たちに聞いてみた。

先生の持っている電子辞書にはのっていないみたいだ。(日本語の中国語訳はあるが、中国語としてはのっていない)
中国に滞在している間に、「馬の骨」という言い方は聞いたことがない。
学生が「馬の骨」という言い方をしているのを聞いたことはない。

という返事だった。日本のようには一般的には使われていないようだ。
でも、中国の大きな辞書にはのっているのだろうか。
年配の人達の語彙に「馬の骨」はあるのだろうか。
まだまだ疑問がわいてくる。
大学で教えている先生にも、機会があれば調べてほしいことを伝えた。
いつか中国の人と話すことがあれば聞いてみたいものだ。

IMG_20160725_0003左は中国に行く前に知らなかった司馬遼太郎さんの本。
行く前に読んでいたら、、、また思ってしまう。
蘇州のことが書かれていた。
中国と日本とは2000年以上もつながりのある関係。

日本人講師の人の話では、学生たちは日本のアニメが大好きだそうだ。大学を案内してくれた学生も、日本人映画俳優が大好きと言っていた。
将来は、日系の会社に努めたい、できれば日本で働きたい、何か大学で学んだ日本語を生かして働きたいと思っているという。
そのモチベーションが、大学で日本語を学んで、卒業するときには日本語で卒業論文を書くまでに能力を伸ばす。それに関わる日本人講師の努力ももちろんある。
これからも草の根の友好が大切だと実感した、私にとって、とても貴重な旅だった。

 

 

 

 

 

ポルトガル紀行 5

ポルトガル三日目
        ポルト市内観光①

IMG_8209 IMG_8213

写真左が泊まった部屋の正面に見えるレストランのある建物、貴族の館。
そして貴族の館から見て、向かい側に見えるピンクの建物が宿泊した棟。

IMG_8250

私たちが泊まった部屋と食事をとった棟とは向かい合わせの位置にあった。

IMG_8261

IMG_8258

部屋から見えた川と庭。貴族の館の上にある風見鶏。これはクジラだろうか?

食事をとってパスに乗ってポルトの街の観光。
まずは市内の大聖堂のそばにある広場から街を見る。

IMG_8271

ポルト地図1

ポルトの町はリスボンから北へ約300kmのところ。ドロウ川北岸の丘陵地にある街。丘の起伏が激しく、バスに乗ってもひやひや。
ローマ時代にはカーレとよばれる州で、港(ポルトゥス)の役割を持っていたのでポルトゥス・カーレと呼ばれていた。それがポルトガルの語源だと言われている。それだけ歴史のある街。

IMG_0737

 

IMG_0719

IMG_0792

ここ大聖堂(カテドラル)はもとは要塞として17世紀にたてられたもの。
18世紀のアズレージョが美しい。

IMG_0774

IMG_0773

銀細工の祭壇で有名という案内があった。

ポルトガルの教会では聖母マリアへの信仰が厚いことがわかった。
私たちが行った教会の多くには聖母マリアが祀ってあった。

クリスチャンでない私にはよくわからないが、カトリックの教会では聖母マリアの像が祀られているそうだ。

大聖堂から坂道を下ってサン・ベント駅に向かう。

この日は雨まじりの天気で、風もときどき強くなり、おもわずコートの襟をたて、ポケットに手を入れて歩く。

IMG_0817

IMG_0803

IMG_0839 IMG_0835 IMG_0826

サン・ベント駅の構内はタイルの壁画でおおわれている。
ポルトガル語でタイルのことをアズレージョという。そのなかでも、写真のような青い絵の装飾タイルが有名。
スペインに行った時に見たタイルを思い出す。スペイン語でタイルのことをアスレホといい、「青い」という意味があることをそのときに知った。ポルトガル語も同様で、その語源は「青」という意味のAZULーアズールにあるそうだ。しかし、アラブ語のal-zuleique(なめらかに磨かれた小さな石)から来ているという説もある。
このサン・ベント駅のアズレージョは2万枚のタイルで、1930年、ジョルジュ・コラソという人の制作。ジョアン1世のポルト入城やセウタ攻略などポルトガルの歴史が描かれているという。
青い色はコバルトの発色によるものらしい。このコバルトについて司馬遼太郎さんが「街道をゆく 南蛮のみちⅡ」で次のように書いている。

IMG_20160217_0001

〜陶磁器にコバルトを盛大に使用するということは、元帝国によって可能になった。 「元の染付」と、日本でも珍重されたものである。・・・・略・・・・・
呉須・染付・青花とよばれる磁器は、まず素地に青料(コバルト)で絵付けをしたあとで、一種のガラスである透明釉(とうめいゆう)をかける。元代、最大の陶器工業地であった景徳鎮でこれがさかんにつくられ、製品はふたたび回回(フイフイ 中国でのイスラム教徒の呼び名)たちによって西方にはこばれ、さらに西に行って、十三、四世紀のヨーロッパ人の憧憬と購買欲をあおった。
ヨーロッパ人たちは、中国陶器を高価な飾り物としてあつかったが、やがて自分たちもコバルトをつかって青一色の濃淡で絵付けをし、ガラス質の釉薬(うわぐすり)をかけて、タイルや皿などを焼き始めた。
つまりは、青の単色画(モノクローム)が描かれた。単色画は中国や日本は墨絵の伝統があるためそれなりに一定の手法があるが、ヨーロッパに来ると、このタイル画がそうであるように洋画風になる。・・・・略・・・・・
リスボンから船に乗ってサブレス岬をまわれば、アフリカ沿岸である。アフリカはいまもそうだが、世界的なコバルトの産地である。ポルトガルでは、容易に材料が手に入る。・・・・・略・・・・・。

なるほど、文化・芸術というものは世界的な規模で影響しあっているのだなあと思う。

さてバスに乗って、ポルトの坂道を上り下りしてサンフランシスコ教会へ。

IMG_0859 IMG_0860

IMG_0873残念ながら、このサンフランシスコ教会の内部は写真撮影禁止。
入り口でパンフレットを買うが、日本語表記のものがないので英語版を買う。

IMG_20160217_0002

IMG_20160217_0003

この教会の内部は金泥細工といって、天井、壁、柱は、蔓草、鳥、天使など金箔を貼った彫刻で飾られているのが有名。 そしてパンフレットの写真に有る、The Tree of Jesse (ジュッセの樹)とよばれているキリストの系図が必見だと説明があった。

IMG_0877

IMG_0879

ポルトの旧市街地には市電が走っていると説明があった。路面電車といわずに市電というのがおもしろかった。ポルト市の経営なのだろう。
このサンフランシスコ教会前が終点、始発の駅のようだ。

サンフランシスコ教会の見学を終えた私達は、再びバスに乗ってドロウ川をわたり、ポートワインのワイナリー見学にいく。試飲できるのが楽しみ。

 

 

 

えべっさん(今宮戎)

♪年の始のえべっさん、
  商売繁盛で笹もってこいっ♪

IMG_5026IMG_50271月10日。十日戎の日。
えべっさんへお詣り。
ここは今宮戎。
本えびすの10日、午の刻。平日でお昼時ならゆっくりとお参りできると思ったが、とんでもない。同じことを考える人がいるのだなあ。境内はもう入り口で入場制限。
このブログにリンクしてもらっている「お気楽風見どり」さんの本年初のブログに、住吉大社の初詣の記事がある(このブログの一番下にある、Blogroll お気楽風見どり をクリックするとつながります)。そこに狛犬さんの写真があったので、私もパチリ。そういえばここ今宮戎には毎年来ているが、狛犬さんにはあまり関心を持たなかった。よくみるとブロンズ製。前足もスラっと長い。なかなか凛々しいお姿。帰ってから今宮戎神社のホームページをみたが、狛犬さんの説明はなかった。
IMG_5040IMG_5043

今年は新今宮駅から歩いてきたけれど、おじさんの姿が多いのが気になった。どうしてだろう?
あーっ、これこれ。福娘さん目当てだったのですね。私も写真を撮ろうと思ったけれどダメダメ。もうぎっしり。昔の福娘さんのコーナーもあり、なんともあでやかな雰囲気。
IMG_5032IMG_5049

IMG_5053お詣りも終わり、恒例のおみくじ。今年の運勢は?
ななんと?妻も私も凶。
へーっ、こんなことってあるんだ。落胆というよりもびっくり。
「わたらんとする船なく なみあらし なきてぞ かこのおとずれをまて」
「一たびは きえんとしては又もゆる あぶらたえしも ともしびのかげ」
なんとも絶体絶命みたいじゃありませんか。
まあ、今が最底辺ならこれからはのぼりしかないねぇ、と二人で言いながらおみくじを結び所に結ぶ。
さて、少し遅くなったけれどお昼を食べようと難波に向かって歩き始める。
「いつも見るあのおじさんのお店は今年もでてるかな?」

IMG_5061

IMG_5071
今年もお店を発見。
「泉州堺の和包丁」と「芭蕉せんべい」のお店。
どちらもお客さんとの掛け合いがいい。
包丁のおじさんは少し関東風の威勢のいいしゃべり口。
芭蕉せんべいのおじさんは関西風のおしゃべり。
包丁を扱う手さばきのすごいこと。スパッ、スパッと紙でも木でも切っていく。
芭蕉せんべいはなつかしい。火であぶりながら大きくのばしていく鮮やかさ。
「そこの美人さん」と私の妻に声をかけるおじさん。
「今日はあんたに会いにここに来たんやで」
「ちよっとこれ食べてみ」
思わず買ってしまった。私たちのやりとりを見て、瞬く間に沢山の人が取り囲んでいた。
大道芸の妙味ですね。

えびすとは?

ところで「えびす(ゑびす)」の由来は何なのだろう。

wikipediaを見てみよう。

1.日本の神。七福神の一柱。狩衣姿で、右手に釣り竿を持ち、左脇に鯛を抱える姿が一般的。また、初春の祝福芸として、えびす人形を舞わせてみせた大道芸やその芸人のことを「恵美須(恵美須回し)」と呼んだ。
2.外来の神や渡来の神。客神や門客神や蕃神といわれる神の一柱。
3.神格化された漁業の神としてのクジラのこと。古くは勇魚(いさな)ともいい、クジラを含む大きな魚全般をさした。
4.寄り神。海からたどり着いたクジラを含む、漂流物を信仰したもの。寄り神信仰や漂着神ともいう。

徳島で見た「阿波木偶まわし保存会」の皆さんによる「えびすまわし」というのは、1でいう祝福芸の「恵美須まわし」のことなのだ。徳島に行ってなかったらこの記述を読んでも実感がなかったと思う。
ところで4については以前に読んだ本につながっていることに気がついた。
一つはは昨年に壱岐・対馬に旅行に行く時に呼んだ司馬遼太郎さんの「街道をゆく(壱岐・対馬の道)」

IMG_20140112_0001〜壱岐には、唐人ー漂流朝鮮人であろうーを祀った古趾が多い。海のむこうから来た客人(まろうど)を神に近いものとして崇敬する民俗が西日本の島々や海浜にあった。摂津西宮を本宮とする戎神社の成立もおそらくそういう信仰が醗酵のたねになったものかとおもわれる。桜田勝徳(さくらだかつのり)氏の「漁村におけるエビス信仰」(『漁撈の伝統(ぎょろうのでんとう)』によれば、縁者不明の海難者の死体や、海中からひろいあげた石なども、地方によってはエビスとよぶという。エビスが、単に異民族のみをささず「他域からきた人、死体、物」というところまで意味が広くなっている。それらが、その土地の生業の守護神になり、福利をもたらすー西宮の戎神社とおなじようにーというのである〜(P34)
*            *           *
なぜここの記述を覚えていたかというと、実は司馬遼太郎さんの本を読む前に、同じようなことを書いた本を読んでいたからだ。
それがこの本。小野不由美さんの「ゴーストハント6 海からくるもの」。
IMG_20140112_0002〜「エビスさん、ってあの七福神の?」
「そそそ。ただ、もともと『えびす』ってのは漂着物のことなんだよ」
「海岸に流れ着いてきた珍しいもの。海中の石や死体、鮫や鯨。とにかく滅多に見られないものが海岸にやってくると、これを豊魚の兆しだと言って喜ぶ風習が漁村にはあったんだな。そういう漂着物をそもそも『えびす』と呼ぶらしい。特に珍しい形の石、ありがたい形の流木、そういうものは良いことの前触れだとか言って後生大事に祀ったりした。『おこぶさま』もそうだろう。阿弥陀仏に似ているからありがたいって話になったんじゃねえかな」
「へええ」
IMG_20140112_0003「反対に『えびす』が悪いことの前触れだったりすることもある。たとえば台風とか津波とかな。だからまあ、最初は『えびす』ってのは、『海から寄り来るもの』を神格化したものだったんだろうなあ」
・・海から寄り来るもの・・・。
「もともと日本にゃ、『常世(とこよ)』という信仰があってな。『常世』っつーのは諸説あるが、平たく言や不思議の国ってとこかね。神様の国だったりあの世だったり、不老不死の楽園だったり、そういう不思議な世界が海の彼方(かなた)にあると信じられていたんだな。それで、『海から寄りて来たるもの』ってのは『常世』から来るもんだと思われてたんだ」
ほええ。日本人って不思議だな・・・。
「それでありがたい、って話になるんだな。なので、もともとは『夷』とか『戎』という字を書いたらしいが、海の向こうから良いことを運んできてくれるって話から、文字もおめでたい『恵比寿』やら『恵美須』やらいう字を当てるようになった」
ぼーさんが言うと、綾子が笑って、
「あるいは『蛭子』ね」
綾子は宙に字を書く。
「別名を『ひるこ』。ー神話に出てくるの。伊奘諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉命(いざなみのみこと)が結婚して、最初に生まれたのが蛭子命(ひるこのみこと)。蛭子は生まれそこないの子だったので、船に乗せて海に流してしまうの。それが流れ着いた、とみなされるわけね」
「生まれそこない?」
あたしが顔をしかめると、
「神話にはそういう類型があるのよ。天地を開いた神の第一子が生まれそこなう、っていうの。それでも神様の子だから、神様よ」(P197〜P199)

*     *     *

海から寄りて来たるものを神として祀る、海に囲まれた日本だからある信仰なのだろうか。
いろんなところがつながってくるところが、自分でもおもしろいと思う。
妻が福笹を買っていた。
「福笹に飾り物を付けてくれたのは外国人の福娘さんだったよ」
なるほど、えべっさんの本来の姿だな。