愛蘭土紀行 その16

古城ホテル

非常ベル騒ぎの次の日の朝食。

メニューが渡されて、そこから自分の好きな朝食を選ぶ。

Full Irish Breakfast

Small Irish Breakfast

Vegetarian Breakfast

Gluten Free Breakfast

などなどそれぞれに詳しい内容が書かれている。

Small Irish Breakfast は、
ベーコンが1枚、ソーセージが1つ、卵とトマト、プディング、ハッシュブラウンかベークドポテトとなっている。
私達が食べたのがそれ。

食事の後、庭園を散歩。芝生の真ん中にいるのはシカ、本物ではなく彫像。

外灯もナルニア国物語に出てくる外灯のような雰囲気。

昨日の夕食の時に、庭で食べている人たちが見えたが、ここで食べていたのだろう。

アイルランドにはオオカミと戦う犬として、アイリッシュウルフハウンドという犬がいるが、この犬はその系統なのかもしれない。大きいがおとなしい犬だった。
ホテルの壁にもこの犬の写真がたくさん掲示されていた。

そろそろ出発の時間。バスの運転手さんを真ん中に記念写真を撮る。

バスに乗ってカブラキャッスル・ホテルをあとにする。バスの窓からホテルの入口付近を写す。
私達がめざすのは「タラの丘」。

 

 

 

 

 

 

愛蘭土紀行 その15

Cabra Castle Hotel カブラキャッスルホテル

ここはCabra Castle Hotel カブラキャッスルホテル。 門を入るとずっと続く両側が芝生の庭園。その先にホテルの建物があった。
このホテルは300年の歴史ある古城ホテルだそうだ。約100エーカー(東京ドームの8.5倍)の広大な敷地の中に立っている。総部屋数は105の歴史あるアイリッシュキャッスルホテルとガイドブックに書かれていた。

お部屋の見学ツアーがひとりでに始まる。それぞれの部屋のデザインや調度がちがっているので、見て回って楽しかった。

夕食は素敵なお部屋でいただく。

窓からは中庭で食事をしている人たちが見える

まるで額縁の中の食事風景の絵を眺めているような感じだった。

ボリュームたっぷり。お肉の量も食べ切れない。しかし柔らかくておいしい。ギネスビールで12時間煮ているという手間をかけてものだった。

デザートもたっぷり。貴族たちはこんなふうにして、食事を楽しんでいたのかなあという雰囲気を味わう。

お腹もいっぱいになって、後は眠るだけ。 夜の12時近くに急に非常ベルが鳴る。止まったかと思うとまたなりだす。 外を見ると、あちこちの部屋の電気がついている。何事なのかと思って添乗員さんの部屋に電話する。

翌日、どこかの部屋でタバコを吸ったのか、お風呂の湯けむりか、アラームが探知して鳴ったということがわかった。こんなこともあるのかなあ、これも旅の経験と考える。