古事記を英語で読む24

Two Brothers 3

Yamasachi returned to the land to find hisbrother.
At that time, Umisachi was growing rice.
Yamasachi went to him and returned the hook.

「こうして、ホオリの命(山幸彦)は陸地へと帰り着き、海幸彦である兄の命に、その釣り針を返しました。
もちろん、そのときに海の大神からいわれたとおり、『この針は、ぼんやり針、乱棒針、貧乏針、まぬけ針』といって、後ろ向きに手渡すことを、山幸彦のホオリの命は忘れなかったのです。」(橋本治さんの『古事記』より)

But from that day,
rice didn’t grow on Umisachi’s fileds.
He became very poor and very angry.
“It is all Yamasachi’s fault!”

「兄の耕す田には、雨が全くふりません。ぼんやりしているうちに、田の稲は枯れて、兄の命は貧乏になってしまいました。
貧乏になった兄の命は、だんだん乱暴になって、当たり散らすようになりました。ホオリの命(山幸彦)の田には水があって、豊かに黄金の稲の穂がみのっているのを見ると、ねたみ心がわきあがって、『みんなあいつのせいだ! あいつの田にはえた稲を横取りしてやるぞ!」と言って、攻めて来たのです」(橋本治さんの『古事記』より)

Umisachi created an army and attacked Yamasachi.
Yamasachi was ready because he had the two special balls from the sea god.
When he threw the first ball,
a big wave appeared.

「たくさんの兵士が恐ろしい顔をして攻めてくるのを見ても、ホオリの命(山幸彦)は驚いたりしませんでした。兄の命の軍勢がやってくるのを見たホオリの命(山幸彦)は、海の大神にいわれたとおり、塩盈珠(しおみつたま)を取り出して、兄の命の軍勢の前に突き出したのです。
ゴーッ! という音がして、突然大津波がやってきました。」(橋本治さんの「古事記より)

Umisachi and his army went under the water.
Umisachi screamed,
”Brother, I’m sorry!Please help me!”
Ymamasachi heard this and threw the second ball.
The wave magically disappeared.

「海幸彦であるはずの兄の命は、やってきた大波に飲まれて溺れてしまったのです。
『お願いだ、助けてくれ。苦しくてならない。このままでは死んでしまう。』
そう兄の命は言いました。・・・略・・・ホオリの命(山幸彦)は、塩乾珠(しおふるたま)をあらためて取り出すと、それをぐいっと突き出して、海の神へと見せたのです。あたり一面を水浸しにしていた海の水は、うそのように消えてなくなりました。・・・」(橋本治さんの「古事記」より)

僕(あ)は 今より以後(ゆきさき)
汝命(なみこと)の 昼夜の守護人(まもりびと)と為りて 仕へ奉らむ

Umisachi promised his brother.
“I was wrong.
From now on, I will guard you day and night.”
Years later, the children of Umisachi continued to protect the children of Yamasachi.

「悪いことをしました。私はこれからのち、ずっとあなたさまにお仕えいたします。武器を持って、昼も夜も、あなたさまの安全を守るために、私は護衛の役をつとめさせていただくことにします。」(橋本治さんの「古事記」より)
*こうして海幸彦の子孫は、山幸彦の子孫に使えるようになった。
そして山幸彦の子孫が神武天皇になるというのが、この「山幸彦と海幸彦」の神話である。

*炎の中でコノハナサクヤヒメが産んだ三人、火照命(ホテリノミコト)、火須勢理命(ホスセリノミコト)、火遠理命(ホオリノミコト)。長男のホテリノミコトが海幸彦、三男のホオリノミコトが山幸彦。では次男のホスセリノミコトはどんな活躍をしたのだろうか? 残念ながら「古事記」にはそのことが書かれていないようだ。
アマテラス、ツクヨミ、スサノオの三兄弟姉妹でも、真ん中のツクヨミの存在がよくわからない。
「古事記」は神話だからそれは仕方がないことかもしれない。

ここまでが「古事記」の上の巻、このあと中の巻で「神武東征」の話になるのだが、Enjoy Simple English ではここまで。
「古事記」の原文に少し触れることができるいい機会となった。

 

 

古事記を英語で読む23

Two Brothers 2

The boat took Yamasaci down into the sea and to the sea god’s palace. The sea god was honored that a son of Hikohono-ninigi came to see him.
So Ymamasachi was given lots of delicious food.
He even married the sea god’s daughter.

「・・・ついたところは、海底の国です。美しい建物の立ち並ぶ宮殿は、本当に魚の鱗のように整然として、シオツチノカミの言ったように、キラキラ輝いていました。
・・・一目見るなり海の大神はいいました。『この人は、高天原からご降臨になった神のお子だ。・・・ホオリの神(山幸彦のこと)はたいそうなおもてなしを受け、そして、海の大神の大切な娘であるトヨタマヒメの命を、妻として、海の大神からささげられたのです。(橋本治さんの『古事記』より)

Theree years passed. The Yamasachi remembered,
“I have to find my brother’s hook!”
The sea god gathered all the fish and asked if they knew of the hook.
A red fish came forward and opened its mouth.
The missing hook was inside!

*またたくうちに3年の月日が立ち、山幸彦は兄との約束を思い出す。
「そうだ釣り針を探しに来たんだ」 山幸彦は海の狼にことの経過を話すと、

「海の大神は『それでは』と言って、海の中に住むありとあらゆる魚を宮殿にお集めになりました。 ・・・・海の大神はおたずねになりました。
『おまえたちの中に、釣り針をうばった魚はいないか。わたしは釣り針をさがしている。私のさがしている釣り針は、これこれしかじかのものだ・・・』
海の大神のおたずねにたいして、集められた魚たちは、声をそろえて申しました。 『このごろ、鯛が『ノドに何かが刺さっていて物も食べられない』となげいております・・・・』
海の大神はすぐに鯛をおそばに呼び寄せました。
『口をあけよ』
海の大神は鯛の口を開けされ、中をおさぐりになりました。
するとそきには、魚たちが言うように、大きな釣り針が刺さっていたのです。
(橋本治さんの「古事記」より)

The sea god gave the hook and two balls to Yamasachi.
“These are speical balls. 
Use them when you are in trouble.”

其の綿津見大神(わたつみおおかみ)おしへていひしく
此の針を其の兄に給はむ時に言う状(さま)は
此の針は おぼ針(ち) すす針(ち) 貧針(まぢち) うる針(ち)と 云(の)りて 後手(うしろで)に賜(たま)へ

「・・・これこそがあたながご説明になりました、兄の命の釣り針です。これをあたたにお渡しいたしますが、この釣り針を兄の命にお返しになるときには、このようになさらなければなりません。すなわち『この針は、ぼんやり針、乱暴針、貧乏針、まぬけ針』ととなえられて、それから後ろ向きになってお渡しになるのです。そうしておけば、良いことが起こります。・・・略・・・あなたを攻めてくるようでしたら…そのときには、この二つの珠をお使いになるのです」
海の大神はそう言って、ホオリの命(山幸彦)に二つの球をお渡しします。・・・」
(橋本治さんの『古事記』より)

*「後ろ手」でわたす、ということは、
里中満智子さんのマンガ古典文学「古事記」には、「これは呪いの仕草です」というセリフが書かれている。
橋本治さんの「古事記」には、
「ここでは山幸彦が釣り針を呪う言葉を唱えて、釣り針を後ろ向きに手渡すことで、釣り針の魚を捕る力(サチ)を封じ込めてしまったのだろう」と書かれている。

*鯛の口で見つけた釣り針と、海の大神からもらった二つの球を持って、山幸彦は最速のサメに乗って陸地に戻っていく。
さて、なくした釣り針が戻ってきた海幸彦はどうするのか、それは次回に。

 

 

 

古事記を英語で読む21

The Meaning of Names 3

After a while, Konohanasakuya-hime found out she was pregnant.
Hkkohono-ninigi didn’t believe the child was his.
She said,
“I am sure this is your child. If it sin’t , it will die at birth.
But if it is your child, it will live.”

*at birth : 生まれたときに

橋本治さんの「古事記」ではこのように書かれている。

「私には子どもができました。いまがちょうど生まれるときですので、生みたいと思います。私のお腹の中にいるのは、高天原からご降臨になった神のお子なのですから、私一人の子として生んではいけないと思います。どうかこのことをご承知ください。」
いわれてヒコホノニニギの命はびっくりしました。
「私はお前とは一晩しかいっしょに寝ていない。・・・略・・・それなのにおまえは、子どもができたというのか? そうだ、おまえは嘘をついているのだ。お前の腹の中にいるのは、私の子ではない。それはきっとこのあたりの土地の神の子にちがいないのだ」

*今の時代なら、完全にセクハラ、パワハラ、マタハラの暴言ですね。

The time came for Konohanasakuya-hime’s baby to born.
She built a small house without any walls or doors.

The she went into the house  and ordered people to make a wall to cover  the whole house.

There was no way to get out now.
Finally she set the house on fire.

+ The time came for 〜to : 〜が・・・する時が来た。
 set on fire : 火を付ける

橋本治さんの「古事記」では、

『・・・もしも私のお腹の中にいる子が、どこかの土地の神の子であるなら、きっとこの子を無事に産むことなどできないでしょう。でももしも、このお腹の中にいる子が、高天原からご降臨になったあなたのお子であるのなら、私はなんの心配もなく、無事に生み終えることができるでしょう。』
そういってコノハナサクヤヒメは、出産の準備にかかりました。・・・略・・・コノハナサクヤヒメのつくらせた産屋には、戸が一つもありませんでした。『柱ばかりで風の吹き抜ける産屋など作ってどうするのだろう?』とヒコホノニニギの命がお思いになっていると、さっさとその産屋の中へはいっていったコノハナサクヤヒメは、『この柱と柱のあいだを、すべて土でぬりかためてふさいでしまうように』と命じたのです。
 産屋の周りがすべて土でふさがれると、その中にいるコノハナサクヤヒメは、『火をつけよ』とお命じになりました。

と書かれている。

Konohanasakuya-hime gave birth to three sons inside the burning house.
In this way, she showed that she was right.
Her three babies were the children of Hikohono-ninigi, a god from the land above the sky.
They were named Hoderi, Hosuseri, and Ho-ori.

* give birth to 〜 ; 〜を産む

「コノハナサクヤヒメは、燃えてくる火の中で、三柱の子をお生みになったのです。・・・略・・・ご自分のお生みになったお子さまがたが、高天原からご降臨になった神の子であることを、みごとにご証明になったのです。」
(橋本治さんの『古事記』より)

こうの史代さんは「ぼうるぺん古事記」では、
「こんな二人がどうなったのか気になるところですが、日本書紀にはニニギが『自分の子だとわかっていたけど周りの目があったからわざと冷たくしたのだ』と弁解したり、怒ったサクヤヒメがずっと冷たいままなのを悲しんで、歌を詠む後日談などもおさめられています。」
と書かれている。

*コノハナサクヤヒメを祀る神社は無数にあるとウィキペディアには書かれている。富士山もそう。安産や子育て、日本酒発祥など多くの信仰を集めているそうだ。

コノハナサクヤヒメが燃え盛る炎の中で産んだ子が、ホデリノミコト、ホスセリノミコト、ホオリノミコトである。長男のホデリノミコトは「海幸彦」、三男のホオリノミコトは「山幸彦」とよばれ、次回のEnjoy Simple English に続く。