南総里見八犬伝を英語で・番外編2

南総里見八犬伝の文章はどんな文章なのだろう。 江戸時代の人たちはどんな文章を読んでいたのだろうか。

左は「人物で探る! 日本の古典文学 松尾芭蕉と曲亭馬琴 奥の細道・南総里見八犬伝 世間胸算用・国性爺合戦ほか」(国土社)
からの引用。
伏姫から八つの水晶玉が飛び出す場面。

これを読むと、伏姫の傷口から白い煙のようなものが出て、首にかけていた水晶の数珠を包み、空に上る。数珠は断ち切れてそのうち100個はつながったまま地面に落ちたが、八つの水晶玉が燦然と輝いて飛び散ったことがよくわかる。

左は信乃と浜路の別れの場面。 浜路の「くどき」と言われている場面で、歌舞伎でも取り上げることの多いところと言われている。

この本では次のように現代語に訳されている。

「私があなたを思う百分の一でも、あなたが私を思ってくださるのなら、『いつ帰ってくるかわからない。だから、私といっしょに来てくれないか』というのが夫婦というものでしょう。ああ、なんてつれない人なの。それでも、あなたを憎めない。あなたに捨てられて死ぬくらいなら、その手で私を殺して! あの世であなたが来るのを百年でも待っているから」

なかなか強烈な「くどき」だ。

この本に「暗唱して楽しまれた名場面」という説明がある。
「当時の人々は、この物語を声に出して読んで楽しんだ。とくに、名場面と言われるシーンは、暗記していた。音読してみると、リズムが良く、印象に残る文章がおおいことがわかる。また、馬琴は、場面によって、かな文字の多い和文と、漢字の多い漢文をじょうずに使い分けている。漢文調の部分は、中国の故事や物語を取り入れて、格を高めている」
と書かれている。

確かに声を出して読んでみると、調子もいいし、内容もなんとなくわかってくる。

西條奈加の『曲亭の家』にも、当時の様子が書かれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・大工らが声高に語っている話題の中心は、八犬伝であった。
「そりゃあ、読んでるさ。あたりめえだろ」
「そうじゃなくて、この前出たばかりの、刷りたてのほやほやの十冊だよ」
「うおっ! おめえ、読んだのか! まだ、貸本屋ににも出回り始めてばかりじゃねえか」
「おれなんざ、順が回ってくるまでに、ふた月はかかると貸本屋にいわれたぞ」
「それがよ、去年、娘が嫁いだろ? そこの隠居に伝手(つて)があるとかで、いち早く手に入れたそうなんだ。普請が引けてから毎日、娘の嫁ぎ先に通い詰めてよ、まあ、向こうさまや娘には呆れられたが、おかげで昨日、十冊すべて読み終えたぜ」
ほおお、と羨望と垂涎の眼差しが、語り手の大工に向けられる。
「で、で、続きはどうなったんだい? たしか前の巻は、敵方が兵をまとめて、里見に向かわんとするところで終わったろう?」
「それがな、荘介と小文吾が・・・」
「馬鹿野郎!そっから先を言ったら絞め殺すぞ!楽しみが失せちまうじゃねえか」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

江戸の町人たちは、南総里見八犬伝を心待ちにしていたのがよく分かる。大工の楽しそうな会話を聞いていた路が、代筆を続けることを決意したところである。

上は「浮世絵師の絵で読む 八犬伝(上)」からの引用。「南総里見八犬伝」の草稿である。向かって右が曲亭馬琴の直筆、左が路の代筆である。

この本の解説を引用する。
「お路という聡明でしっかり者の嫁がいなかったら、『八犬伝』が完成したかどうかはわからない。早稲田大学図書館には今も、馬琴が手さぐりで書いた、行文がかすれてよろめいた草稿と、お路に代筆させるようになって整然と記された草稿とがすぐ連続して綴り合されているものがあるが、その右の乱れた文面と左の美しい文面との対称は見るものに熱い感動を覚えさせる」

里見八犬伝の伏姫のモデルは、お路をはじめとする曲亭馬琴を支えてきた女性だったのかも知れない。

 

 

南総里見八犬伝を英語で12

Fuse-hime’s brother Yoshinari was now the new leader of Awa Province.
The eight warriors all came to his castle to serve the Satomi Family.
They were the strongest team ever.
They fought against anyone who attacked their castle.
Together , they could solves any problem.
Finally, peace came back to Awa Province.

このとき里見家の当主は先代義実(よしざね)の長男であり、伏姫の弟である義成(よしなり)であった。
義成の長男・義通(よしみち)を誘拐した布施の城主・蟇田素藤(ひきたもとふじ)との戦いがおこるが、そのとき活躍したのは弱冠九歳の犬江親兵衛であった。
そのあと足利成氏と扇ヶ谷定正の連合軍との南総(なんそう)の覇権をかけた戦いがおこるが、八犬士の知力と武力の総合力により里見の勝利に終わる。
ここについに長年の紛争の地であった安房は平定されたのである。

Yoshinari said to the eight warriors.
Yoshinari; Thank you for protecting my land.
I want to give each of you your own castle. Also, you know that I have eight daughters.
You can marry them.

八犬士は家老となり、城を与えられる。それぞれの地を守る城主となった。
また、義成の八人の姫たちを里見家の守護神たる八犬士にそれぞれめあわせて末永い繁栄のいしずえとせんことをはかった。

Narration; The eight warriors lived a long and happy life with their families.
What happened to the monk Chudai-hoshi?
He connected the eight crystal balls together again to make a necklace.
He took ti to Fuse-Hime’s grave in the mountains and lived there quietly with her memory until he died.
When the eight warriors became really old, they gathered in the mountains.
They lived there, enjoyed the beauty of nature, and never appeared in front of people again.
This was the story passed down in the Satomi Family about the eight brave warriors.

物語の最後は「栗本薫の里見八犬伝」より引用すると、

「安房は平和の日々を迎え、ゝ大法師は八犬士の霊玉をつらねて伏姫の菩提を弔い、山上から里見家の安泰を祈るべく、この霊玉の念珠を持って伏姫の墓所である富山に登っていってその姿を人前からかくした。
そののちは里見家は八人の力強い守護の勇士に守られていることが近隣諸国に知れ渡り、いたずらに里見家の領地をおかそうとする愚か者も現れることもなく、里見家は長い繁栄を楽しんだ。
八犬士たちはいずれも城主として里見家を守りつつ子孫をもうけて長寿の一生をおくり、そしてひじょうな老人になった時、八人ながら申し合わせたようになつかしい因縁ある富山へと隠遁すべく入ってゆき、そして物語の伝えるところによれば、ついには仙人となって羽化登仙(うかとうせん)を遂げたということである。
これが『南総里見八犬伝』のつたえる、八人のふしぎな犬士たちの物語である。」

文化11年(1814年)に刊行が開始され、天保13年(1842年)まで28年かけた、全98巻106冊の大作「南総里見八犬伝」。
Enjoy Simple English でその一端を知ることができた。
この長編を書き続けた曲亭馬琴は、一人の力で書き上げたのではない。
その背景に誰がいたのか、それは次の機会に書いてみたい。

 

 

 

南総里見八犬伝を英語で11

ここからはまだ見つかっていない二人の犬士の話。

It took some time to find the last two, but they did.

The ball with the Chinese character “Chi” belonged to a dancer in a performance group.

“Chi” means the wisdom to understand th meaning of things.

七番目の犬士は犬坂毛野胤智(いぬさかけのたねとも)。
「まんがで読む南総里見八犬伝」から犬坂毛野について紹介する。

「犬塚毛野は千葉家の家臣・粟飯原胤度(あいはらたねのり)の子。毛野が母・調布(たつくり)のおなかの中にいる時、馬加大記(まくわりだいき)と籠山縁連(こおりやまよりつら)にだまし討ちにあい、父・胤度は亡くなります。調布は相模に逃げ、毛野を生みました。追っ手から逃れるため、毛野は美しい女の子として育てられます。その後、調布とともに女田楽師(おんなでんがくし)の一行に加わりました。調布が亡くなる時父の死の真相を知った毛野は、父のかたきを討つために、武芸を身に着けます。・・・」
「大記の屋敷・対牛楼(たいぎゅうろう)に女田楽師園旦開野(あさけの)として招かれた毛野は、犬田小文吾と知り合います。毛野を女だと信じ油断した大記を切り、敵討ちを果たします。
 その後、小文吾と再開し、八犬士のことを知ります。・・・縁連(よりつね)が扇ヶ谷定正(おうぎやつさだまさ)の家臣となっていることを知った毛野は鈴茂林(すずのもり)で縁連をおそいます。
しかし、敵は多く、追い詰められてしまいました。すると、小文吾たち五人の犬士がかけつけ、形勢は逆転、毛野は見事、敵討ちを成功させました。・・・・」

毛野の水晶玉は、生まれる夜に南の空から流れ星が飛んできて、母のふところにはいった。また右のひじから二の腕に、ぼたんのアザが生まれつきついていた。

The last ball belonged to a man who fought against a monster cat in the mountains of Tochig.
He had the character “rei.”
“Rei” means to follow the rules of society.

八番目の犬士、最後の犬士は「犬村大角礼儀(いぬむらだいかくまさのり)である。
犬村大角の紹介も、上と同じように「「まんがで読む南総里見八犬伝」から紹介する。

「犬村大角は下野(しもつけ)の庚申山(こうしんやま)のふもとに住む剣客・赤岩一角(あかいわいっかく)の子です。一角は庚申山へ山猫の妖怪を退治しに出かけますが、逆に殺されてしまいました。妖怪は一角になりすまして山をおります。大角はニセの一角にうとまれ、伯父の犬村儀清(いぬむらのりきよ)に引き取られます。成長した大角は儀清の娘・雛衣(ひなぎぬ)と結婚します。ある日、腹痛を起こした雛衣に「礼」の珠を浸した水を飲ませたところ、誤って珠を飲み込んでしまいます。それ以来、雛衣のおなかが膨らみ、浮気を疑ったニセの一角の妻・船虫(ふなむし)により、大角と雛衣は離婚させられます。
犬飼現八が大角をたずねると、そこへ雛衣とニセの一角、船虫がやってきます。ニセの一角は左目のケガを治すため、赤子の生き肝がいるので、お腹の子をよこせと詰め寄ります。雛衣はお腹にあるのは珠だということを証明するため、自ら腹をさきます。すると傷口から珠が飛び出し、ニセの一角の胸を打ち、ニセの一角は正体を現します。大角は妖怪を打ち、かたきを取りました。・・・・」
上の図は、妖怪の姿を現したニセの一角と戦う犬村大角礼儀。

犬村一角の珠は、母が加賀国から白山権現の小石をお守りとして取り寄せたところが、それが「礼」の文字が記された珠であった。
左脇腹に、生まれつきのぼたんのアザがある。

All eight balls were now together many, many years after Fuse-hime’s death.

八人が揃ってここに八犬士が誕生した。
ここから里見家存亡の危機ににむけての戦いがはじまる。

ここで八犬士についてまとめておこう。
犬坂毛野胤智(いぬさかけのたねとも)、犬村大角礼儀(いぬむらだいかくまさのり)は上記の通り:

犬塚信乃成孝(いぬづかしのもりたか)
・水晶珠 孝
 母が弁財天に参拝した帰りに、伏姫から授けられたが、その時珠をとりこぼし、近くにいた子犬(与四郎)が飲み込んでいた。
・アザ 与四郎の首を切った時、珠が飛び出し左腕にあたってアザとなった。  

犬川荘助義任(いぬかわそうすけよしとう)
・水晶玉 義
 荘助が生まれた時、胎盤を埋めるため家の入口の下を掘った所に出現。
・アザ 生まれつきに背中にアザがあった。 

犬飼現八信道(いぬかいげんぱちのぶみち)
・水晶玉 信
 生まれて七日目に行われる「お七夜」の祝のタイの中から出現。
・アザ 生まれつき右のほほにアザ。

犬山道節忠与(いぬやまどうせつただとも)
・水晶玉 忠
 生まれつきあった左肩のこぶを、犬川荘助に切られたときに出現
・アザ 生きたまま墓に埋められ救出されるときに左肩のこぶにアザができる。

犬田小文吾悌順(いぬたこぶんごやすより)
・水晶玉 悌
 お食い初めの赤飯の中から出現
・アザ 相撲で尻餅をついたときにアザができた。

犬江親兵衛仁(いぬえしんべえまさし)
・水晶玉 仁
 生まれながらに左手が開かなかったが、父と母が亡くなった時、左手が開きその中から出現。
・アザ 古那屋の騒動の際、父に蹴られた時アザができた。