大阪環状線撮り歩き  野田駅

ここは大阪環状線「野田駅」。昨日からの雨も上がり青空が見えるけれど、夕方からは雨予想の束の間の撮影タイム。

形が面白い建物、看板、お店をウォッチしながら福島駅まで歩いた。

三角の敷地に立っているビルが多い。どうしてだろう?

写真に取りたくなるようなお店や看板が多い。雰囲気のあるバー?、「自家酒造・居茶家屋」の看板や「ヨガに年齢ナシ」の表示、またレトロな絵が楽しい。

看板に書かれているのは「大阪市内唯一の製造メーカー直売」、何のお店?、実は仏壇・仏具のお店。

ここは制服専門店かな。玉川小学校、吉野小学校、大開小学校、海老江西小学校、海老江東小学校、鷺巣小学校、西淀中学校、春日で中学校、野田中学校、八坂中学校、下福島中学校、桜之宮高等学校、扇町商業高等学校、西商業高等学校、市岡商業高等学校、阿武野高等学校、西淀川高等学校、泉尾高等学校、市岡高等学校、鳳経理専門学校、阪神家政専門学校、淀之水高等学校、清風中学校、清風学園、清風南海学園、大阪体育大付属中、浪商学園、大阪体育大学、関西大学第一中学、関西大学第一高校、関西大学。すごいなあ30以上の学校名が並んでいる。中には以前の名称の学校も。さすが専門店。

元気で踊るような文字のお魚やさん。活きのよさが溢れている。

商店街につながる路地の明暗の面白さ。という講師の先生のお話でパチリ。
「インド・ネパール料理」があるらしいのだが、どこかわからず。

この地域はロボットや科学実験に関心のあるところらしい。さすが松下幸之助に関係する所。

コーヒー無料のお店もある。さすが大阪。

「フランス料理」「やきとり」のお店。三枚目は「和・洋・中華」と玄関テントにかいてある食道園。

住宅のガレージを改造したと思われるカフェ。野田〜福島にかけては楽しいお店がめにつく。

「古古食堂」?「ここ食堂」と読むのですか。なるほど。

これは珍しい。「貸本」とかいてある。今も貸本をしているのかなあ。

「八坂神社」の秋祭り。だんじりの準備に余念がない。

「映り込み」の写真。文字が反転しているのでわかるだろう。

50円の自動販売機! 100円は見たことがあるが、50円とは。

ここは淀川の河川敷。写真の右側に堤防があり、公園になった河川敷があり、淀川が流れている。

少し休憩とトイレタイム。ひとりで流し撮りの練習をしてみた。20分の1秒程度で撮っているが、ピンぼけ。歩きながらの思いつきなので、こんな結果になる。時間と根気と集中が大事。もっと練習しょう。

「福島駅」近くの浦江八坂神社の秋祭り。夜には人が大勢出て、賑やかな風景になるのだろう。

ちょっとびっくりしたガレージ。入庫・出庫が大変そう。

これは珍しい、旧仮名遣い?の看板。「じ」と「ぢ」。昔は「おそうぢ」と書いていたのかなあ。

「福島駅」で解散。12時半をすぎていた。iPhoneの万歩計は1万歩に近かった。2時間半も歩き続けるとこれぐらいになるんだ。
撮った写真も多くなった。これまでで一番多い写真になったと思う。

来月はこの「福島駅」を出発し、「大阪駅」をめざす。
お天気が持ってくれたのが、ありがたかった。

 

 

 

恵比須大黒(今宮戎・大國主神社)

大国主神社 大国まつり

IMG_7917

IMG_7912 IMG_7916

IMG_7918

地下鉄御堂筋線「大国町」駅の2番出口から上がるとすぐに見えてくるのが「大国主神社」。ふだんは「大国神社」といっているが、正式には「大国主神社」。
今宮戎神社に行く前に寄ることにした。残り福の日なので、流石に人は多くはない。

IMG_7919

お参りの後、種銭をもらい財布に入れる。この種銭がもとになって、財布に沢山のお金がたまりますようにと。

大国神社でのおみくじは「中吉」。
まあ、これぐらは満足できるクジの結果。
下の写真は境内にある「木津勘助の像」

IMG_7915

「大阪再発見」というホームページには、以下の様な紹介がのっていた。  

木津勘助は本名は、中村勘助といい、慶長から元和にかけて活躍した土木技術者。木津川を開削し、勘助島(勘助町:現浪速区大国町)の開発に当たった。豊臣秀吉や、松平忠明にたいへん重用されたといわれる。
 1641年(寛永18年)の危機の際、幕府の米蔵を無断で開け放ち、その米を飢饉に苦しむ人々に施した。その罪で島流し(一説には死罪とも伝わる)になったという波乱万丈な人生を歩んだ。
 1586年(天正14年)生まれ、1660年(万治3年)75歳で没と伝わるが、不明な点が多い。

http://www12.plala.or.jp/HOUJI/shiseki/newpage911.htm

この大国神社の近くに市電が走っていて、そこに「勘助町」という駅があった。
今の大国町の交差点の西寄りにその駅があったことを覚えている。

この地域にとっては、土地の開発や飢饉の時の活躍で、大変ゆかりのある人。

今宮戎神社 十日えびす

IMG_7928

IMG_7931

IMG_7934

残り福の11日なのに、さすがは今宮戎。午前中なのに結構な人出。
福娘さんに縁起物をつけてもらう。笹はただでも縁起物で4500円也。

IMG_7937今年は娘も行ったので、3人でおみくじを引く。
でました! 恒例の「凶」のおみくじ!

IMG_7940

高島屋に向かって歩く。
あの「芭蕉せんべい」のおじさんと「泉州堺包丁」のおじさんのお店はあるかな?

お店はありました、ありました。お二人は健在でした。芭蕉せんべいの屋台がもう一つ出ていたので芭蕉せんべいは人気になってきたのかな。
歩いていると、いつものように元気な声が妻にかかる。
「ちょっと、ちょっと。会いたかったで。昨日けえへんかったから心配してたで。夜も寝られへんかった。」と。
娘には「きれいなあ。宝塚の男役かなと思たで」とうれしがらせる。
一枚300円の芭蕉せんべいを目の前で焼いてくれる。なんと娘にはサービス。
これが大道芸のイキなところ。映画の寅さんの口上の大阪版を聞いているようだ。

生田神社にあるえべっさん

IMG_7843

IMG_7846

ここは神戸三ノ宮にある
「生田神社」。

神戸市立博物館に行った時に、お参りによった神社。

なんとここにも「えべっさん」があることがわかって、驚いた。

それは「蛭子神社」。

昨年のブログに京都の八坂神社にある「蛭子神社」のことを書いた。
京都の八坂神社が今宮戎神社にとって、特別に縁のある神社であることはそこで紹介した。

http://ungaisoten.com/2015/01/10/%E5%95%86%E5%A3%B2%E7%B9%81%E7%9B%9B%E3%81%A7%E7%AC%B9%E6%8C%81%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%93%E3%81%84%EF%BC%88%E4%BB%8A%E5%AE%AE%E6%88%8E%EF%BC%89/

ここ生田神社の「えべっさん」も「蛭子」と書いて「えびす」と読ませている。

「えびす」という意味は古くからある日本の信仰に関係があることもこのブログで紹介した。

http://ungaisoten.com/2014/01/13/%E3%81%88%E3%81%B9%E3%81%A3%E3%81%95%E3%82%93%EF%BC%88%E4%BB%8A%E5%AE%AE%E6%88%8E%EF%BC%89/

もう少し調べてみると、「兵庫・柳原の蛭子神社」のホームページに具体的に書いたものが見つかった。「蛭子大神」と「事代主神(ことしろぬしのかみ)」のことがわかりやすく説明されている。

http://www.hyogo-ebisu.com/syokai/syokai.html

IMG_7842

生田神社の「蛭子神社」には、左のような立て札があり、
伊邪那岐(イザナギ)・伊邪那美(イザナミ)の国生み伝説を紹介している。

京都八坂神社の「北蛭子神社」は「事代主神」を紹介していた。同じ「蛭子神社」なのに、由来の紹介が違っているのが私には興味深かった。

八百万の神々だから、そこはおおらかに考えたほうがいいかもしれない。

 

 

 

 

商売繁盛で笹持ってこい(今宮戎)

IMG_4341

1月10日、本えびすの日。
♪年の始めのえべっさん、商売繁盛で笹持ってこい♪ 軽快なリズムの音楽が聞こえてくる。 お昼を過ぎたばかりなのに、境内は大入り満員。 土曜日でしかもいいお天気。今宮戎神社は老若男女のえべっさんのおまいりで賑わっている。

IMG_4334

IMG_4350

今年は宝恵駕籠に出会うことができ、人混みの中でもiPhoneでパチリ。
可愛い福娘さんたちも写真に取ることができたが、肖像権もあることなので、お顔がはっきりわかるものはブログには遠慮させていただいた。

IMG_4345

IMG_4357 

福娘さんに、笹に打ち出の小槌や絵馬などの縁起物をつけてもらう。笹は無料だけれど縁起物はしめて4500円なり。

IMG_4358

お参りが終わっておみくじ。昨年は妻も私も凶だった。さて今年の運勢は。
うーん。妻は吉。私はまたもや凶。
「寒い冬もやがては融ける時が来る。希望を以って強く生きてください」とある。
希望を以ってか・・・願い事は「人の言葉に迷わなければ叶う」そうだ。
凶のおみくじは神社のみくじ掛けに結んで今宮戎神社をあとにする。

難波までの帰り道、いつも楽しみの屋台、堺の包丁のおじさんも、バショウせんべいのおじさんも元気に客引きをしていた。お二人の姿を見るとなんとなく楽しい。

八坂神社1

今宮戎のルーツが、京都の八坂神社にあることを知っている人はどれくらいいるだろう。 八坂神社のホームページに「祇園えべっさん」の紹介がある。

・・・・・・・・・・・・

えべっさんが八坂神社に祀られるようになったのは平安時代。全国のえべっさんのなかでも歴史はかなり古く、珍しく北向きに社を構えていることから、「北向蛭子社」とも呼ばれています。

現在の蛭子社は、正保3年(1646)に建造されたもの。3間4面、流造、杮葺きの社殿は、国の重要文化財に指定されています。
平成10年3月から6月にかけて、屋根の葺き替えや朱の塗り替えなどの修復工事をおこないました。

・・・・・・・・・・・・
(以下の写真は私が撮ったもの)

_MG_9312

_MG_9318

_MG_9306

八坂神社のホームページには、今宮戎神社との関係も書いてある。

・・・・・・・・・・・・

「 商売繁昌で笹もってこい!」のかけ声でおなじみの「えびす信仰」は、日本各地に拡がっています。その「えべっさん」が、八坂神社の境内にいらっしゃるのをご存じですか? 全国的に名の知られた大阪の今宮戎神社のえべっさんは、八坂神社の氏子が今宮に移り住んだとき、祇園の「えべっさん」をその地にお祀りしたことに始まります。そのご縁から、今宮戎神社からは毎年、祇園祭の折りには幣帛を、大晦日には鯛をご奉納いただきます。八坂神社からは1月8日に、今宮戎神社の十日戎に先だっての献茶祭に神水を持参してお供えします。

・・・・・・・・・・・・

このことは今宮戎神社のホームページには書かれていない。
どちらが古いのか、詳しいことは分からないが京都の八坂神社と大阪の今宮戎神社とにつながりがあると知ることはおもしろい。

さて、八坂神社のえべっさんは、「蛭子」と書いて「えびす」と読ませている。
背景に事情があると思うのだが、もう少し調べてみたい。

明日は残り戎。日曜日だから今日以上に人が集まるだろう。
超満員の境内に響き渡る「♪商売繁盛で笹持ってこい♪」のリズムと浪速警察署のクールな「押し合わないよう」「お賽銭は賽銭箱の前で入れてください。遠くから投げ入れると大変危険です」のマイク。満員電車並みの混雑なのに、なんとなく流れていく人たち。怒号も怒鳴り声もない、それが「えべっさん」のいいところ。
大阪人のよいところなんだろうな。