メアリー・アニング

恐竜学をひらいた女性

図書館で新作や注目の本が紹介してあるコーナーで発見したのが左の本。

「メアリー・アニング」、私の記憶には全くない、と言っていいほど知らない。だからとても新鮮な名前だった。そして漫画の本だ。
パラパラとページをめくってみると、アンモナイトなどの化石がでてくる。恐竜の化石の発見の本かな?と興味がわいたので、借りることにした。
漫画だからとても読みやすい。本当に一気に読んでしまった。
約200年前のイギリスが舞台。貧しい労働者階級の娘、学校にも十分に行けていない。女性差別も現在よりも厳しい時代に、あたらしい学問分野を切り開いた女性の物語だった。私はとても興味がわき、図書館の本で「メアリー・アニング」に関する本を探してみた。

左の本は絵がたっぷりの本。メアリー・アニングが少女のとき、化石の採集を父と兄とで行うところが表現されている。

メアリー・アニングとはどんな人物なのだろうか。

「世界を変えた50人の女性科学者たち」というほんがあった。
その本によると「数々の貴重な化石を発見。化石コレクター、古生物学者。
メアリー・アニングは1799年、イングランドの小さな海辺の村ライム・レジスで生まれました。

家族はとても貧しく、彼女は父親が生活のために化石を集めてお金持ちの観光客に売るのを手伝いました。それは危険な仕事でした。崖は急だし、ときには海の激流で崖崩れを起こします。11歳で父親を亡くしたメアリーは、この化石ビジネスを引き継ぎました。▼当時はまだ恐竜の存在が人々に広く知られていませんでした。メアリーは12歳のときに、それまで誰も見つけたことのなかった魚竜の全身骨格を発掘しました。続けて、種として知られていなかった首長竜の骨格を2つ発掘しました。これらの化石は人々が慣れ親しんでいたどんな動物にも似ておらず、古生物が絶滅した可能性をはっきり示したのです!・・・・(略)・・・・学者たちはメアリーの発見やアイデアに敬意を払いましたが、彼女は女性だという理由で本や論文を出版することが許されませんでした。・・・(後略)・・・。」

この「世界を変えた50人の女性科学者」という本には、私の知らない女性花芽者たちがこんなにもいたのかとびっくりする本だった。
この「メアリー・アニング」以外に私の知っていた女性科学者は、
・マリー・キュリー
・レイチェル・カーソン
・キャサリン・ジョンソン
・ワレンチナ・テレシコワ
だけだった。あとの45人は全く知らなかった。どんなことをしたのかを読んで、なるほど、そんな素晴らしいことをしたのに、どうして知らなかったのだろうと逆に思ってしまった。
上のキャサリン・ジョンソンは、映画「ドリーム」で出てきたNASAの初期の時代に活躍した数学者で、かろうじて覚えていた。

「海辺のたから」と「海辺の宝もの」は同じ本。
翻訳の時代が違うのと訳者が違うが、原作は同じもので内容は全く同じ。
小学生ー中学生向きの本で、メアリー・アニングの子ども時代が中心になっている。

19世紀に活躍したメアリー・アニングは、身分差別と女性差別の中で新しい学問分野を切り開いたのだが、詳しい記録が残っていないので、正確な伝記本はないそうだ。

そんななかで今残されている記録を丹念に集めて、メアリー・アニング像を描こうと努力した力作がある。
それが日本から出版された「メアリー・アニングの冒険」である。

この本の表紙にある化石がメアリー・アニングが発掘した首長竜プレシオサウルスだ。そしてその下にある写真がメアリー・アニングの肖像画。
ロンドンのサウスケンジントンの自然史博物館にあるそうだ。

この博物館では、メアリー・アニングの服装をした女性が見学に来た人に説明しているそうだ。見学に来た子どもたちの大人気になっているそうだ。イギリスではメアリー・アニングは有名な人物のようだ。しかし日本では全く無名だと言ってもよい。
「メアリー・アニングの冒険」の作者の一人、吉川さんはスタジオジブリで働いていた人というからおもしろい。
逆境の中で輝くヒロイン像ではなく、時代をしたたかに生きる努力をしてきたメアリー・アニングを描こうとしているように思える。新しい地平を切り開いたメアリー・アニングは、どんな人物で、どんな生き方をしてきたのだろうか、興味は尽きないかもしれないが、確かに恐竜学の基礎を築いたということは素晴らしい人物だったと言い切れるだろう。

女性が輝く時代にーそれはメアリー・アニングから200年たっても大きな課題になっている。メアリー・アニングのことは忘れてはいけないと、自分に言い聞かせる。