くまのプーさん3

上の写真は、あべのハルカスでの「くまのプーさん展」の入口にあった看板。

入口の看板は、「くまのプーさん」の第一章の挿絵を利用して作られている。
この文章と挿絵について、「「くまのプーさん』を英語で読み直す」には次のような説明があった。

・・・・・・・・・・・・

まず本文のレイアウトだが、ミルンはシェパードと共同で作業を始めたとき、シェパードにどのような挿絵を描くか、細かい指示を出している。大きさ、形、内容、ページにおける位置など、すべてミルンが決定しているのだ。たとえば最初の章を見てみよう。ここではプーが木に登り、ハチミツを探す場面が出てくるが、その様子が描かれた絵の横には各行に一つの語が下まで書かれており、ページの一番下には短い詩が載せられている(上の絵を参照)。こうした配置は、作者ミルンの意図に基づくものなのである。普通こうした場合には、編集者や装丁をおこなう人間がレイアウトを決めるものだが、これが作者の手で行われている。いったいなぜなのだろうか?
しかしこれについては説明する必要がないだろう。ページを見ているだけでも、このレイアウトがいかに大事かが一目瞭然だからだ。実際、ディズニーにしても、あれほどいろいろな変更を加えたにもかかわらず、映画の中では同じレイアウトをつかっているのだ。

・・・・:・・・・・・

これは第7章の挿絵。これについても解説がある。

「この挿絵が含まれたページでは、カンガの動きに合わせるかのように、文章の配置も上下に動くようになっている。・・・・
 本文と挿絵に関して、もう一つ指摘すべき点がある。プーの物語では、本文と挿絵が密接に結びついて作品を構成していることだ。物語は当然ながら本文を左から右へ読んでいくわけだが、登場人物の絵の中で示されている指示が、本文と完璧に対応しているのである。つまり、もしプーがどこかへ出かけると書かれていれば、彼の姿は左から右へ動くように書かれ、文章と対応するわけだ。

これは日本語版ではわかりにくい点で、というのも本文と挿絵が違う方向に動くからである。
日本語版で感じを掴むには、挿絵を逆にするか、本文を縦書きから横書きに変えたほうがいいかも知れない。
この問題はそれほど重大なことではないけれど、考えてみれば本が読者に与える心理的効果は、大きな事柄が引き起こすものではなく、ごく小さなことがたくさん集まって生まれるものなのである。」

左は岩波文庫の「くまのプーさん」。
日本語訳は縦書きで書かれている。
そのため、カンガルーの飛んでいる方向は、文章の書かれている方向とは逆になっている。左へ文字を読んでいくことで話が展開していくのだが、カンガルーの進んでいる方向は過去の方向に向かっている、ということなのだ。

翻訳する時に、挿絵を左右反転する、そんなことは許されるのだろうか?
考えたこともなかったことだ。
とにかく、「くまのプーさん」は、作家ミルンが本のイメージをしっかりともっていて、それに基づいた細かな指示の下にシェパードが絵を描いた。それが「くまのプーさん」を誕生させ、全世界に広まったと言えるだろう。

図書館で下のような本を見つけた。

本の裏表紙には、「・・・ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で開催された大規模な展示に合わせて刊行された本書では、作者のA.Aミルトンと挿絵のE.H. シェパードが力を合わせてプーと仲間たちの物語を創り出した背景にどんな秘話があったのかを探っていきます。・・・」とある。
この本にはミルンとシェパードがどんなやりとりをしていたのかを想像できる部分が多く載っていた。たとえば、

左は「プー横丁にたった家」の第8章「コブタがとてもりっぱなことをするお話」(岩波書店 石井桃子訳)にある挿絵。
この挿絵について、ミルンとシェパードのやりとりが載せられている。

「ミルンはシェパードに細かい指示を出しています。『フクロの家が崩れたとき、壁にあるドアに付いていた郵便受け箱は、天井についた郵便受け箱になる(フクロの家の玄関は居間に続くという設定だ)。暖炉が正面を向き、コブタは右側の椅子に座っている。プーは左側だ。家が潰れた後は、右手の壁(ロバートおじさんの肖像画がかかっている壁)が床になる。左側の壁(ドアが埋め込まれている壁)は天井になる。これでわかるかい?」

シェパードは細心の注意を払って構成を考え、参考のため、嵐の前のフクロの部屋まで描きました。」
その絵が上のスケッチ、下にはシェパードの注釈が書かれている。

二人の協力がよく分かる。文章だけでなく全体構成を視覚的に考えていたミルン、その指示を注意深く絵にしていったシェパード、この二人の天才によって「くまのプーさん」シリーズは完成したのだと思う。

「ハルカス美術館」の一階上にある喫茶店で、「くまのプーさん展」にちなんだケーキセットをいただく。コーヒーの上に、ハチをかたどったラテアートというのかな?

学芸員さんの説明の後、もう一回入り直して、ゆっくりと「くまのプーさん」展を楽しむことができた。芸術鑑賞で頭が一杯になったので、胃袋に美味しいコーヒーとケーキでしばしの休憩をとった。ハルカスの「くまのプーさん」展は、今後10年は日本で見ることはできないという原画を見ることができるという、大変お得な展覧会だと思う。

 

 

 

くまのプーさん2

「くまのプーさん」を英語で読み直す

左の写真は、ハルカスでの「くまのプーさん展」のショップコーナーでのもの。たくさんの「プーさん」の本が並んでいた。
私が気に入ったのは左の本。

The Christopher Robin Collection というもので、「くまのプーさん』の全訳ではない。コレクション、という名の通り、エピソードを選んで本にしたもの。少し高い本だったけれど、ここでしか買えないだろうと思って買うことにした。
絵も大きくて見やすく、なによりも活字の工夫がたのしかった。そのことはあとで紹介するつもり。

以前に左の本、「『くまのプーさん』を英語で読み直す」という本を買っていた。
その時、原文を読もうと思って買ったのが上の右の本。

CHAPTER 1 はこのようにして始まっていた。

Here is Edward Bear, coming downstairs now, bump, bump, bump, on the back of  his head, behind Christopher Robin.

さて、この bump, bump,  bump, on the back of his head, behind Christopher Robin って、どんな意味だろう? ドン、ドン、ドンと彼の頭の後ろの上に・・・これはどいう意味だ? ここで詰まってしまった。

「『くまのプーさん』を英語で読み直す」の本を見てみると、こんな説明があった。

「頭を下にして、仰向けにドン、ドン、ドン」・・・bump, bump, bump の b が頭韻を踏んで、この一節がことさら目立って、リズムを生み出し、その結果ユーモラスな感じがでることとなる。」

なるほど、「頭を下にして、仰向けに」という表現だったのか。

講談社英語文庫の「くまのプーさん」の本を手に入れた。
この本は注がたくさんついていて、辞書をひくことなしに本の内容がわかるようにと工夫されている。

第1章の注にこの「bump,  bump, bump , on the back of his head 」があった。
そこには「ドスン、ドスン、ドスンと床に頭のうしろをぶつけながら」と書かれていた。

岩波少年文庫の「くまのプーさん(石井桃子訳)」を見てみると、

「バタン・バタン、バタン・バタン、頭を階段にぶつけながら」と書かれていた。

原作の本の挿絵をみると、階段をクリストファーに引きずられて、プーさんの頭の後ろが階段の段にぶつかっているのがわかる。それもプーさんは上を向いた状態で。
そうすると「頭を下にして仰向けになって」という様子がわかってくる。

これはハルカスで買った「The Christopher Robin Collection」の最初のページ。

ミルンの書いた原作とはフォントの選び方が違っている。

bump, bump, bump

が、原作では横一文で書いてあるのだが、この本は写真のように「階段をぶつかりながら落ちている」雰囲気がわかるようなフォントの配置にしている。
最近はこういった形で「くまのプーさん」の魅力をつ立てる工夫もされているようだ。

さてミルンの書いた「くまのプーさん」は、文章はとても工夫されていると言われている。
また挿絵をかいたアーネスト・ハワード・シェパードとは、何回も打ち合わせをしながら本を作り上げていったと学芸員さんは言っていた。

階段をプーさんを引きずりながら降りていくクリストファー、その様子をユーモアを感じさせる文章と、それを絵でさらに説明している、これが「くまのプーさん」の大ヒットの秘密らしい。

 

 

 

くまのプーさん

あべのハルカスで「くまのプーさん」展

 

開館の1時間前に、学芸員さんによる説明付きのツアーがあったので参加した。

30人の限定だったが、応募にあたりゆっくりと、説明を聞きながらこの展示会を観ることができた。

もらったパンフレットによると、

「児童文学「クマのプーさん」は1926年、著者アラン・アレクサンダー・ミルン(Alan Alexander Milne)と、挿絵を担当したアーネスト・ハワード・シェパード(Ernest Howard Shepard)によってイギリスで出版。以来、50以上の言語に翻訳され、全世界で5,000万部以上のシリーズ本が出版されるなど、現在も世界中の人々を魅了し続けている。

 同展では、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館が世界最大規模で所蔵するシェパードの鉛筆ドローイングなどが展示される。」

とあった。この「くまのプーさん展」は世界巡回中で、日本では東京と大阪だけ。そして大阪での展示が終わるとロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館に帰り、今後10年間は国外には出ないという大変レアな展示会なのだ。

何箇所かの撮影スポットが設けられているのがよかった。

日本の美術館では、カメラやビデオの禁止、撮影禁止というところがほんとんど。
たまに場所を指定して、ここでの撮影はしてもよろしい、という取り組みをする美術館が増えてきているのも事実だ。
あべのハルカスの美術館はその傾向にある。

左は、プーさんとコブタが木の周りを歩いた場面を再現したもの。本の挿絵のとおりに足跡を再現したと学芸員さんが言っていた。これもそういった話を聞いていないと、せっかくの足跡も簡単に見過ごされてしまう。

拡大した挿絵も見応え充分だ。

挿絵の中に入ってしまう体験の場所もあった。

これは「くまのプーさん」シリーズの「The House at Pooh Corner」(ブー横丁にたった家)の場面。

「くまのプーさん」の作者ミルンは、プーさんシリーズを4冊書いている。たった4冊?という印象を持つ人が多いと思う。
ディズニーのアニメで世界中に知られているし、たくさんのプーさんの絵本や本が出ているので、ミルンはきっとたくさんのプーさんシリーズを書いたに違いない、と私は思っていたが、そうではなかった。ミルン自身は児童文学作家と思われることを嫌っていたらしい、というのは学芸員さんの話。

ロビンとプーさんとコブタが橋の下を流れる川を見ているところ。

プーさんの大きさ、コブタの大きさがリアルでわかる。
コブタが少し怖いのか左手をプーさんに添えている。プーさんはそれを知っているのに知らんふりをして支えてやっている。そんな暖かな心の動きがわかるような絵だ。

今回の「くまのプーさん展」は、作家のミルンよりも挿絵作家のアーネスト・ハワード・シェパードに焦点を当てているように感じた。
鉛筆画の挿絵は、素朴なイメージを与えるが、そのデッサン力は素晴らしく、丁寧に書かれた線は「くまのプーさん」の作品の雰囲気を上手に伝えている。拡大しても不自然さを感じないのは、それだけよく考えられたものだからだろう。

ショップには「くまのプーさん」にかかわる多様なグッズが置かれていて、多くの人が何かを買って帰ろうという雰囲気がいっぱいだった。
ここでしか買えないものを、このチャンスに購入しよう、私もそんな気になって本やお菓子やしおりなどのグッズに手を伸ばした。私が買ったのは上のブックカバー。
そもそも「くまのプーさん」の原画は白黒だったそうだ。後年になってカラー版が販売されたそうだ(これも学芸員さんの話)。その雰囲気が伝わるカラーでない白黒のデッサンのブックカバーを買った。

 今回は「くまのプーさん展」の概要をブログに書いた。もう少し「プーさん」について次回に書いてみたい。