アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 17

四日目 ヴァッサー大学

朝食を取って周りを散歩。アメリカの道路。車がビュンビュンと走る。エンジン音、風切音も大きい。写真には写っていないが、大型車ばかりだ。下の写真の奥にハドソン川が流れているが、この信号ではちょっと横断しにくいので、あきらめる。

目的地のヴァッサー大学へバスで行くが、地図で見るとかなり近いところにある。 だからこのモーテルに泊まったのだろう。

ここは「あしながおじさん」の作者、ジーン・ウェブスターが通った大学。
松本先生のお知り合いの大学の先生(日本人の女性)に、この日は休みの日なのに、校内を案内をしていただいた。感謝、感謝。

ジーン・ウェブスターについては、光文社古典新訳文庫「あしながおじさん」(土屋京子訳)にこのように書かれている。

Jeon Webster  1876〜1916
米国ニューヨーク州出身の小説家。母は文豪マーク・トウェインの姪で、父はマーク・トウェインのビジネスパートナー。寄宿学校時代に18歳でアリスからジーンに改名。名門女子大ヴァッサー・カレッジに進み、経済学と英文学を専攻する。在学中、新聞に「女子大生のおしゃべりコラム」を連載して好評を博すと、卒業後、その文体を活かした初の小説『パティ大学に行く』を出版。一方、社会改革にも深い関心を持ち、イタリアの貧困問題を取り上げた小説『小麦姫』も執筆している。1912年には『あしながおじさん』が雑誌に連載され、同年これが書籍化されると一躍ベストセラーとなった。その後も「あしながおじさん」の戯曲化、続編「ディア・エイミー」の執筆など精力的に活動を続けたが、長女出産の翌日、産褥熱により39歳で死去。

学生たちの寮がこの上の階にある。
現在は男女共学の大学になっているが、ジーン・ウェブスターが通っていた頃は女子大。
廊下が写真で見るように幅が広い。2mはありそうな広い廊下。どうしてだろうか?
それは裾の広いドレスを着た女子大生が並んで歩けるようになっているからだそうだ。

「若草物語」の映画で、4姉妹が、大きくすその広がったロングスカートをはいていたが、たぶんそういったスカートやドレスを着ていたのだろう。100年前の大学の廊下を歩いている女子大生を想像してみると、「あしながおじさん」の世界に入っていったような気になる。

ここが面会室。女子大だから父親以外の男性は寮の中には入れなかった。
「あしながおじさん」の小説では、ジャーヴィス・ペンドルトンが帽子とステッキと手袋という正装でジュデイを待っていたところ。

キャンパスの中にある教会。さすがキリスト教の国だ。
「あしながおじさん」のジュデイが聞いた礼拝堂の鐘は、この教会がモデルかもしれない。
「1月20日
・・・あら、やだ! 礼拝堂の鐘が鳴っています。礼拝のあと、委員会に出なくてはなりません。きょうはとっても楽しい手紙を書こうと思っていたのに、ごめんなさい。
さようなら(ドイツ語)
だいすきなおじさまへ(フランス語)
おだいじに(ラテン語)・・・・」
のように。

ここはシェークスピアに登場してくる植物を栽培してあるところらしい。 ひとつひとつの植物に、名前とシェークスピアの作品を引用した立て札がある。たとえば、

 LAVENDER
  ”Here’s flowers for you:
  Hot lavender, mints, savoury,
  marjoram…”
         - The Winter’s Tale, Ⅳ,4

日時計があった。日時計マニアとしてはたまらない。何の説明もないが、こういった風景にはぴつたりな日時計だ。大阪より緯度が高いのがわかる。

なんとも、美しいキャンパス、大学の建物。古いものと新しいものがバランス良く同居している。

大学は夏休みなので講義はない。真ん中にみえる学生は演劇の練習に来ているらしく、オーディションに通ると、ブロードウェイのショーに出ることができるというのでがんばっているそうだ。

歴史を感じさせる大木。「London plane tree Platanus x acerifolia」と表示があった。日本でいうならプラタナスの木なのだろう。
ヴァッサー大学は1861年に創立されたリベラル・アーツ・カレッジで、著名女子大学群セブンシスターズの一校。
大山捨松がこのヴァッサー大学を卒業している。大山捨松はアメリカの大学を卒業した最初の日本人女性。
一時在籍していた人では、ジャクリーン・ケネディ、ジェーン・フォンダ、アン・ハサウェイ。すごい大学ということがわかる。
ジーン・ウェブスターはこの大学を卒業し、ここでの経験を「あしながおじさん」執筆に生かしたと言われている。

 

 

 

 

アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 16

三日目 「ハックルベリー・フィンの冒険」

「ハックルベリー・フィンの冒険」の本を買った。「トムソーヤの冒険」と同じ土屋京子さんの訳本が一番新しそうなのでその本にした。

読んでおもしろかった。ハラハラしドキドキする感覚、久しぶりに本を読みながら味わった。
少年時代、特に男の子だった人にはたまらなく魅力的な本だと思った。

早稲田大学の石原剛さんの解説も、私にとってはわかりやすいものだった。

また、この「ハックルベリー・フィンの冒険」の最初に、マーク・トウェイン自身が南部訛りについて書いている。

「本書においては、幾種類もの訛がつかわれている。すなわち、ミズーリ州の黒人訛。アメリカ南西部僻地の最も極端な訛。パイク郡のごくふつうの訛、およびその四つのバリエーション。これらは行き当たりばったりでかき分けたものではなく、当てずっぽうで書いたものでもない。それぞれの訛に精通する著者自身の確かな薀蓄を傾けて、念入りにかき分けたものである。・・・」
英語で生活をしていない私には、その区別がよくわからない。訳者あとがきで、土屋さんが例文をあげてその違いを説明している。それを見ても、明確な違いがわかるわけではないが、英語の訛り、南部訛りというものを文字で書くとこうなるのか、ということがわかって勉強になった。こういった解説や説明は本当にありがたいと思う。

ハリエット・ビーチャー・ストウの「アンクル・トムの小屋」、マーク・トウェインの「トム・ソーヤの冒険」「ハックルベリー・フィンの冒険」の勉強を終えて、今日の課題はほぼ終了。

マーク・トウェインの屋敷と資料館の見学を終えて、バスに乗り、今日の宿舎のあるポーキプシーへと向かう。 途中、バスの中から大きな虹が見えた。
地面の端から端まで、はっきりと見えるような大きな虹だった。

ここはモーテル。 Holiday Inn Express Poughkeepsie
アメリカの旅行中に、よくこういうモーテルに泊まりました、と松本先生の話。
日本のビジネスホテルという感じ。ベッドも2つ(簡易ベッドではない)、バス・トイレ、冷蔵庫もあり、ゆっくりと休める。中庭にはプールもあった。
車社会のアメリカにとっては、必要な宿泊施設なのだろう。

ロビーには歓迎の文字、小さなマーケット?もある。
のぞいてみるとスナックなどのお菓子が並んでいた。

コンプリメンタリー ブレックファストというのは、無料の朝食ということ。
宿泊代に朝食代が含まれているということだろう。

こんな具合にビュッフェ形式でほしいものが取れるようになっている。

今日の夕食は日本式のお弁当。ホテル到着が午後8時をすぎていたため。
お味噌汁つきの天ぷら定食。アメリカ風のお寿司も。なんかおもしろい。

外に出ると月が煌々と光っていた。星は?と探したが、モーテルや街灯の光であまり見えなかった。残念ながら夜空の星は写真に撮れなかった。

 

 

 

アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 15

三日目 マーク・トウェインと「赤毛のアン」

マーク・トウェインの屋敷はとてもユニークな建造物だった。
内部の写真撮影が禁止されていたので、ここでは紹介できない。
温室や伝声管や、凝った壁紙など楽しい作りになっていた。
本がたくさんあり、松本先生の話によると、
マーク・トウェインは独学で勉強して、蔵書にはテニスンの詩集や当時の有名な作家たちの本を取り揃えていたと言う。

なんと「赤毛のアン」も読んでいて、マーク・トウェインはモンゴメリーに絶賛の手紙を送っている。それには、アンのことを次のように言っている。

the dearest and most moving and most delightful child since the immortal Alice
 
直訳すると、
「かの不滅のアリス以来、最も愛らしく最も感動的で最もゆかいな子」
とでもいう意味だろうか。この言葉は「赤毛のアン」のキャッチコピーとして使われるようになったほどだという。(ウィキペディアより)
ここでも「赤毛のアン」と「マーク・トウェイン」のつながりが出てきた。

屋根のあるところに、馬車がやってきて、右側の入口に人が入っていくようになっている。奥に見えている建物はなんと、馬屋。何頭飼育していたのかは聞いていない。

同じ敷地内にある、マーク・トウェインの資料館。これも地下もある大きなもの。

マーク・トウェインは新型の輪転機の開発に援助をし、その事業が失敗したため、この屋敷を売ることになった。そのあと海外での講演や作家活動でその借金は返すことはできたそうだ。上の写真の左側にある黒い機械がその輪転機らしい。

このレゴで作られた人物が、マーク・トウェイン。右側にショップが見える。

ショップには本を始め、マーク・トウェインにかかわる様々なグッズがあった。ここでも「トム・ソーヤの冒険」や「ハックルベリー・フィン」の本があったのに、日本で買えるからと買わなかった。残念なことをした。

受付のあるロビーの壁には、マーク・トウェインが言ったという警句がいくつか書かれていた。 マーク・トウェインはユーモアのある警句でアメリカ人の好みだそうだ。 写真は、「TRAVEL  IS  FATAL  TO  PREJUDICE 」と書かれている。
「旅は偏見にとって致命的」、つまり「旅をすることによって、自分の偏見をなくしていくことができる」という意味らしい。
原文はもう少し長く、「Travel is fatal to prejudice, bigotry, and narrow-mindedness.」
「旅は偏見、頑固、偏狭をなくさせる」と言う意味だそうだ。なかなか含蓄のある言葉だ。

受付付近に、マーク・トウェインの作品の登場人物の群像があった。
トム・ソーヤーとハックルベリー・フィンがマーク・トウェインの近くにいる。

日本に帰ってきてから「トム・ソーヤーの冒険」を読み直してみた。子どものころに読んでいたのか(自分でも自信がない)大まかな筋は、わかっていた。時代背景などを考えながら読むと、とてもおもしろかった。今でも、十分に少年向きの本になると思う。

でもこの本の訳者あとがきを読むと、マーク・トウェインはこの「トム・ソーヤの冒険」を子ども向けに書いたのではないらしい。
翻訳者の土屋京子さんは次のように書いている。

「アメリカの友人たちに、「トム・ソーヤーの原文って難しいんだね」という話をしたら、「アメリカじゃマーク・トウェインなんてインテリが読むものよ」という答えが返ってきたり、「中学の時に読んだけど、あちこち辞書で調べながらよんだっけ」という答えが返ってきたり。アメリカ人にとっても、マーク・トウェインは難しいらしい」

「今回、翻訳者としてThe Adventures of Tom Sawyer の原文と向き合ってみたら、「痛快ないたずら小僧の物語」だけでない側面が見えてきた。主人公トム・ソーヤーは12歳かそこらの少年であるが、その冒険を語るマーク・トウェインの筆致は完全に大人に向けたもので、読み手の知性を試すがごとき格調高い文章なのである」

なるほど、では「ハックルベリー・フィンの冒険」はどんな本なのだろう。私は「トム・ソーヤの冒険」は読んでいたが、「ハックルベリー・フィンの冒険」は実は読んでいなかった。