国際宇宙ステーション

IMG_3407

上の写真は10月26日午後6時50分ごろ、北西から天頂に向かって動く国際宇宙ステーションの軌跡。
写真は 絞り8.0で3秒間の露出。ISO感度1600の設定。
黄色っぽい軌跡が天空を横切っていく。
そばに白く光っている星は琴座のベガ。

国際宇宙ステーションは高度400㎞の上空を、秒速7.7㎞(時速27700㎞)の速度で約90分で地球を一周する。一日で約16周の計算。
国際宇宙ステーションの軌道は、地球の重力や大気の抵抗などで変化している。また太陽の光が国際宇宙ステーションに反射して地上から見えるわけなので、日の出前と日没後2時間ぐらいが見えやすいそうだ。

何日の何時頃に自分の住んでいる地域から見えかは、JAXAのホームページから調べることができる。

http://kibo.tksc.jaxa.jp/

ここに記されているのは、予想情報なので変わることもある。
国際宇宙ステーションは軌道が下がってくると、エンジンを使って軌道を修正するのでそういったこともあるわけだ。

「アメリカの民間企業オービタル・サイエンシズ(OSC)社の無人補給船、シグナス3号機(Orb-3)を載せたアンタレスロケットは、米国東部夏時間10月28日午後6時22分(日本時間10月29日午前7時22分)、打上げ直後に爆発し、打上げは失敗した」
という報道があり、国際宇宙ステーションへの補給は大丈夫か?と心配したが大丈夫。JAXAのホームページに、

プログレス補給船

「プログレス補給船(57P)は、バイコヌール時間2014年10月29日午後1時09分(日本時間10月29日午後4時09分)にロシアのソユーズロケットにより、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、約6時間後の日本時間10月29日午後10時08分に国際宇宙ステーション(ISS)の「ピアース」(ロシアのドッキング室)にドッキングしました。」という記事があった。まずは一安心。

IMG_3459

  秋は夜空が美しい。

西の空に絵に描いたような三日月が浮かんでいる。

宇宙ではいくつもの観測衛星が活躍している。
火星では、インドが打ち上げた火星探査機「マンガルヤーン」が9月24日に周回軌道に入った。

その2日前には、アメリカの「メイブン」が火星に到着し周回軌道に入っている。
また、2003年に打ち上げられた欧州宇宙機関の「ロゼッタ」は、10年間の飛行を続け、8月にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到着し周りをまわりながら観測、11月12日に「ロゼッタ」から着陸機「フィラエ」を投下することになっている。

そして日本の「はやぶさ2」。11月30日13時24分48秒に種子島宇宙センターから打ち上げの予定。C型小惑星「1999 JU3」を目指す。小惑星に到着するのは2018年半ば。1年半ほど小惑星に滞在して2019年末頃に小惑星から出発、そして2020年末頃に地球に帰還する予定。3年半かけて小惑星に行き、1年半の観測、そして帰還。地球帰還まで6年のミッション。小学校1年生の子どもが卒業するまでの時間。

これからも宇宙ー空から目が離せない。

 

 

宇宙へ・・・

スクリーンショット 2013-11-07 17.05.572013年11月7日午前10時14分(日本時間同日午後1時14分)若田さん達3人の宇宙飛行士をのせたソユーズロケットの打ち上げに成功した。若田さんは初の船長として宇宙へ4度目の飛行。ISS(国際宇宙ステーション)に半年滞在する。

スクリーンショット 2013-11-07 15.26.36
スクリーンショット 2013-11-07 15.27.00スクリーンショット 2013-11-07 15.27.33

スクリーンショット 2013-11-07 20.49.12

ソユーズの機体には、ソチオリンピックの大会ロゴが描かれている。宇宙船には聖火のトーチを積み込んでいる。聖火トーチは国際宇宙ステーションでロシア人飛行士に渡され、9日には史上初の宇宙遊泳をし、11日に地上に戻り65000kmの聖火リレーを再開する予定になっている。
若田さんは、タンパク質の結晶を育てて医薬品開発の実験をしたり、アイソン彗星の撮影、ロボットアームによる小型衛星の放出、人型ロボットKIROBOとの会話実験などが予定されている。

ソユーズの打ち上げの実況が現在公開されている。
URLは以下のとおり。(いつまであるのだろう。早いうちに見ましょう)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20131107-00000033-nnn-int

スクリーンショット 2013-11-07 15.35.0511月5日午後2時38分(日本時間午後6時8分)、インド初の無人火星探査機「マンガルヤーン」をインドの国産ロケット「PSLV-C25」て打ち上げ、衛星は地球を回る軌道に乗ることに成功した。

スクリーンショット 2013-11-07 15.29.31「PSLV-C25」は長さ45m、ソユーズ打ち上げロケットが47mだからよく似た大きさ(日本H2A型は約50m,イプシロンは24.4m)。のせている探査機の重さが1350kg、日本の火星探査機「のぞみ」の重さは540kgだったから2倍以上の重さ。ちなみに「はやぶさ」は510kg、金星に向かっている「あかつき」は500kgだった。

スクリーンショット 2013-11-07 15.29.46左が火星探査機のチェックをしている写真。後ろに見える丸い形のものがアンテナだから、かなり大きい衛星だ。来年(2014年)の9月下旬に火星の周回軌道に到達する予定。
火星の大気、鉱物の探査、メタンガスの探査を計画している。メタンの痕跡が検出されると、原始生命体の存在につながると期待されている。

さて忘れてはいけない。日本の「あかつき」は、2015年11月の金星への再軌道突入へと準備を進めている。
「はやぶさ2」の開発も現在進行中。2014年打ち上げをめざしている。
国際宇宙ステーションも11日、13日の早朝には大阪から飛行しているところが見えそうだ。
空気の住んでいる秋には、星空を見上げてみよう。
(写真はすべてインターネットで公開されているものを利用した)

*話題になってきたアイソン彗星については、日をあらためて書きたい。