第31回関西矯正展

第31回関西矯正展に行ってきた。
今年も大入り満員だった。土曜、日曜の二日間の開催。土曜日は別の用事があったので、日曜日に行った。写真のように大お天気だった。

堺市のホームページにもこの矯正展のことが紹介されている。

内容の部分にはこのように書かれている。

「刑務所について皆様に広く知っていただくために、大阪刑務所で年1回開催している催事です。会場では、矯正広報パネル展示、所内見学、刑務所作業製品の展示即売、各種団体によるイベント等が行われます。印象くコーナーもたくさんあります。
 NHK連続テレビ小説「まんぷく」に出演の大谷亮平さんが1日所長としてオープニングセレモニーに出演。また、初日には、登美ヶ丘高校ダンス部の出演もよていされています。」

開催の刑務所での作業製品がたくさん並んでいる。  

私の楽しみの一つは、新製品の展示。
昨年は参加者が選ぶ用紙が配られたが、今回私が行ったときにはなかった。1日目だけだったのかもしれない。工夫したものが展示されていて、見ていてその丁寧さがわかる。

審査員特別賞というのがあった。25番「エンディングノート」だった。
木工細工もしっかりとした本物で、こどもたちがよろこぶものがたくさんあった。

堺の伝統産業の一つ、緞通(だんつう)の実演があった。スタッフの了解のもとで写真をとらせてもらう。細かい作業だ。

伝統産業の担い手の一つとして、刑務所の作業製品があるそうだ。

私はここで緞通で作ったマウスパッドを買った。
「こんな絨毯みたいなもので、マウスパッドの役割を果たすんですか?」と聞くと、「最近のマウスは光で移動を感じていますから、大丈夫です」とスタッフの人が笑っていった。なるほど、そうだ。

買ったマウスパッドにはこんな説明があった。

「品名 堺式手織緞通(大阪)
 材質 本体 紡毛糸(羊毛) 軽横糸 綿
 サイズ 200×200×20(ミリ) 0.14Kg 」

検査済みの朱印も押されている。本物だね。

お昼はプリズンカレー。あとでピリッと来る辛口カレーだ。
うどん、やきそば、ポテトフライと子どもが喜ぶ食べ物も販売されていた。

くまもんなどのゆるキャラもたくさん出演していた。
堺刑務所は街の中にある刑務所。地域の理解や市民の協力が必要なのでこのような取り組みがなされているのだと思う。
私はマウスパッドのほかに、サンダルを買った。一昨年に買ったサンダルがだめになったからだ。2年間もつとは思わなかった。今年はデザインの違うものを買った。
スーパーで買ったら半年ぐらいしか持たないが、ここで買うと1年以上持つ。
障害者の団体のパフォーマンス舞台、フラダンスの公演、バトンの発表、救急道具満載の消防署の車の展示、自衛隊の車、検察庁のパネルコーナー、性格診断、ネイルアート、堺刑務所で作った食パンの即売、などなど市民が1日楽しめるものが展示されている。これを企画し、実施される苦労も想像される。ご苦労さまです。

来年も是非行ってみたいところだ。