ハイジとドレミの旅 19

夏の離宮 シェーンブルン宮殿

シェーンブルン宮殿(シェーンブルンきゅうでん、ドイツ語:Schloss Schönbrunn)は、オーストリアの首都ウィーンにある宮殿。ハプスブルク王朝の歴代君主が主に離宮として使用した。 現在、同宮殿と庭園群は世界遺産に登録されている。 皇帝マティアス(在位:1612年 – 1619年)が狩猟時に美しい(schön)泉(Brunn)を発見したためにシェーンブルンと命名したと伝えられている。(ウィキペディアより)

 

とにかく大きい。カメラにワンショットでおさまらない。
1441室あるとか、東京ドーム何個分などと説明があったが、確かに広い。
残念ながら宮殿内は撮影禁止。

写真を写せるのはここまで。ここから豪華な装飾のある部屋がたくさん並んでいた。

私が一番記憶に残っているのは暖炉。
どの部屋にも大きくて形のいい、そして豪華な作りの暖炉がある。
ガイドさんの説明によると「ほら、壁に隠しドアがあるでしょ」。
なるほどそういえば壁に目立たないような線が見える。これが隠しドアなんだそうだ。実は暖炉を燃やし続けるために、装飾された壁の向こうに暗くて暑い部屋があり、そこで暖炉のまきを燃やしつづけている人がいたそうだ。
そう、奴隷のような仕事をしている人がいたのだ。
当時は「壁の後ろで暖炉を燃やすような人間にはなるな」という軽蔑した意味での言い方があったそうだ。きらびやかで豪華なハプスブルク家の繁栄の裏には、そういう人たちの犠牲があったのだと感じた。

外に出ると、結婚式を上げてきたかのようなカップルが遠くに見えた。

違う方向にもまたウェディングドレスのような姿の人達が。
結婚式にはもってこいの建物なのかもしれない。

きれいに手入れされた庭園。春夏秋冬に合わせた庭造りが行われているのだろう。馬車も園内を走っている。

暑いのアイスクリームを買うことにした。
私達が並んでいると、親子連れや外国から来た人らしい人たちがならんできた。
やっぱりみんな暑いんだ。

さあ入口付近のお土産物屋さんに行こう。何か記念になるものがあるかもしれない。
それにしても空が青い。雲の形もこの宮殿にピッタリ合いそうな感じ。
次の目的地はシュテファン寺院だ。