秋のグリーン・ゲイブルズ

以前に、松本侑子さんの主催する赤毛のアンツアーに一緒に行った人から、上のようなオンラインツアーの取り組みの紹介があった。

講師は上記写真の左から二人目の人、増田かつ江さん。この人は私達の赤毛のアンツアーでもガイドをしてもらった人。松本侑子さんの知り合いで、赤毛のアンの大ファンそうだ。
秋の風景の中にあるグリーン・ゲイブルズが見たくって、このオンラインアカデミーに申し込んだ。
以下の写真はオンライン上のものをカメラでうつしたもの。増田さんに問い合わすと、現地の了解ももらっているのでブログで使っても良い、ということなのでここで使わせていただく。

グリーン・ゲイブルズの部屋の中から外を望んだところ。
窓枠の赤いお花、ガラス越しに見える庭、差し込んでくる朝の太陽の光は、私達が行ったときのことを思い出させる。

2020年10月9日、朝9時過ぎのグリーン・ゲイブルズ。 パソコンの画面なのですこし歪んで見えるが、青空と白い雲は秋の空だ。
私達がグリーン・ゲイブルズに行ったときは6月だった。アンの部屋は2階にあり、東向きに窓がある。
朝日が窓に反射してキラリと光るところを私はカメラで撮そうと苦労したことを思い出す。
この日の大阪は台風の影響で雨が降り続き、鬱陶しい感じだったが、プリンスエドワード島の青空を見て心も晴れてきたように感じた。
日本とプリンスエドワード島の時差は12時間。このオンラインアカデミーは午後9時からはじまったが、プリンスエドワード島は朝の9時だったのだ。

アンの部屋。
袖がふくらんだ赤い服など小説「赤毛のアン」の世界を再現している。

増田かつ江さんの話によると、プリンスエドワード島も新型コロナウイルスの影響で例年の観光客の9割減だそうだ。コロナの感染者は61人。入院者や死者はゼロ。感染拡大防止に全力をそそいでいるのが想像できる。

これは台所にある薪ストーブ。暖房のためだけではない。お湯を沸かしたり、パンを焼いたり、アイロンを温めたり、一台で何役もするすぐれものの薪ストーブ。
現在NHKで「アンという名の少女」が放送されているが、そこでもこの手の薪ストーブが登場する。私はどのようにして小麦粉からパンに仕上げていくのか、このストーブをどのように使ってパンに焼き上げるのかを知りたいと思っていたが、ズームの機能がうまく使えないので、質問できなかったのが残念だった。

プリンスエドワード島は木々に花が咲き、色とりどりの花が咲き誇っている。
私達が行ったのは6月というのに、季節外れの寒さで、花はほとんど咲いていなくて
モンゴメリーさんのお墓の前は黒い土だけだった。上の左の写真はモンゴメリーさんのお墓。今は秋の草花で飾られている。やっぱりこうじゃなくっちゃあ。

世界中が新型コロナウイルスの影響で下を向きがちだが、グリーン・ゲイブルズの青空を生中継でみると、少し元気が出てくる。

モンゴメリー公園にある、赤毛のアンの作者モンゴメリーさんの像。最近できたそうで、私達がカナダに行ったときにはなかった。
赤毛のアンの時代には、私達が当たり前のように使っている電気はなかった。水もそうだ。しかしアンの生活はなんと豊かだったのだろう。アンという人間の心の豊かさがその世界をつくったのだろう。そのことを感じさせるのが小説「赤毛のアン」なのだと思う。
日本を遠く離れて仕事をされている増田かつ江さん、アイルランドの山下直子さん(山下直子さんもこのオンラインアカデミーに参加かされていた)、そのたくましさに私はとても励まされる。ありがとうございました。
さあ台風も過ぎ去ったし、がんばらなくっちゃあ。

 

 

 

カナダ・赤毛のアンツアー 17

IMG_9686

さて、これは何? なんとも不思議な道具。 実はこれはムール貝を食べるときに使う道具。ネットで調べてみると、「フランス語のムール (moule) は、イガイ科全般を広く意味する言葉である。英語のマッスル (mussel) はイガイ科およびイシガイ目カワホトトギス科をも含む名称である。」とある。日本ではムラサキガイ、イガイがその仲間らしい。

IMG_9693 

IMG_9685IMG_9700

まずは前菜のスイカ。私はこのツアーを主催するケイトラベルからのプレゼントのビールを楽しむ。そして先ほど紹介したムール貝。こんなにたくさんのムール貝を食べてのは初めて。美味というしかない。
そしてさらにジャガイモとサラダ。もうこのへんでお腹がいい心持ち。
さあ出てきました。今夜のメイン・ロブスターです。

IMG_9702
IMG_9707

圧倒されるこのボリューム。でもおいしい! カナダの公式ガイドにはこんな紹介が。

「小さな島にはその規模ならではのメリットがあります。特に料理にはそれが顕著にあらわれます。プリンス・エドワード島は、野菜や果物、牛肉、乳製品など豊かな食材にめぐまれ、近海ではロブスターやオイスターをはじめ、さまざまな魚介類がとれます。一番おいしいムール貝の産地といえば、世界的に定評があるのがプリンス・エドワード島。地元の農家や漁師から仕入れた新鮮な食材を人気シェフたちが腕によりをかけて最高の料理に仕上げます。プリンス・エドワード島は、世界に名高いグルメガイド『ザガット』の「食通におすすめの旅行先(best foodie getaway)」第2位に選ばれています。」

へえー、プリンスエドワード島はロブスターやムール貝の世界的産地なんですね。

IMG_9712

 

 さあラストのデザート。

もう限界です。

ロブスターの解禁は5月1日だとか。
新鮮なロブスター、ありがとうございました。合掌。

 

カナダ三日目はロブスターとムール貝で終了。
明日は「アンの青春」「アンの幸福」の舞台と言われている地の見学。

 

 

 

 

 

カナダ・赤毛のアンツアー 15

_MG_0517

_MG_0514 _MG_0498

Now there is a bend in it. I don’t know what lies around the bend, but I’m going to belive that the best does.
「でも今、道の曲がり角に来たの。 曲がり角の向こうに何があるかわからないけれど、 きっと素晴らしい世界が待っていると信じているわ。」
(NHK テレビ3か月トピック英会話 2008年 6月号より)

「赤毛のアン」を読んだほとんどの人の心に残っていると私が思う言葉。
それをイメージさせてくれるのがこの赤土の曲がり角のある道、
坂道の先には何があるのかわからない赤土の道。

IMG_20140621_0001

IMG_20140621_0002

このツアーのガイド役をされた松本侑子さんの本にある写真のような赤土の曲道。
プリンスエドワード島の道路の舗装が進み、赤土の道は年々なくなってきているという。
今回の松本侑子さんのツアーでなければ、赤毛のアンに出てくる曲がり角のある道を見る機会はないそうだ。
全てが舗装されてしまうことはないと思うが、時間とチャンスと目的がないと見ることなく旅が終わることになりそうだ。

上の写真を撮った場所は二箇所。曲がり角の道と真っ直ぐな赤土の坂道は違う場所にある。

赤土を見て思ったことがある。
赤土といえば、小学校の時に習った関東ローム層の赤土。赤土は作物の育たない土と習った記憶と、ウクライナ地方の黒土は豊かな土地と習ったことと結びついて、黒土は豊かな土地、赤土は貧しい土というイメージが刷り込まれてしまっている。
でも、ここプリンスエドワード島に来て、ここの赤土は栄養豊かな土地で、ジャガイモの生産地となっていると聞いてびっくりした。
「赤毛のアン」でも、マシューがジャガイモ畑をつくり、牧草地では牛のドーリーが草を喰んでいる場面がある。
_MG_0007 日本に帰ってから調べていると、プリンスエドワード島は75000年から10000年前にセントローレンス湾に堆積した土砂がもとになっているようだ。氷河期には海底に押さえつけられていたが、氷河の後退によって海上に隆起したのがプリンスエドワード島というわけだ。堆積盆地のため土地にはたくさんの有機物があったのだろう。海底に何万年も堆積したために砂岩となったものもあり、含まれている酸化鉄によって土は赤くなったと私は理解した。(上の写真はレストランの駐車場に重石代わりに置かれていた砂岩。)
また植物の生育には鉄が欠かせないことも知った。
関東ローム層のような粘土質ではなく、川が運んだ堆積物が砂岩になり鉄分も多く含む大地がプリンスエドワード島の土地というわけだ。だから土壌が豊かだということがやっとわかった。
プリンスエドワード島にこなかったら、私は一生「赤土は痩せた土地」と思っていただろう。赤毛のアンのおかげで一方的な知識を正すことができた。