大分駅付近の三角点

三角点を探る旅32

大分駅前に四等三角点があると、国土地理院の地図にのっていた。

JRの大分駅から歩いて数分の、高架付近にあるようだ。
別府への移動の時に、三角点アプリで見つけたので余り時間がない。
急いでその場所を探す。私に与えられた時間は30分少々。

この付近にあるのだが、見つからない。

道路に何か赤い表示が埋め込まれているが、国土地理院という表示はなかった。
道路そばに、かなりのスペースが空いているので、ここに家やビルがあったのかもしれない。建物に手をいれる時に、三角点や標準点が移動されたり、知らぬうちに撤去されていることも多い。今回はその例かもしれない。残念。

大分駅前の広場には、大友宗麟とフランシスコ・ザビエルの像があった。
私は知らなかったが、大分市は「南蛮文化発祥の地」なのだ。
駅前の表示版に次のような説明があった。

「私たちのまち大分市は、戦国時代の終わりごろ日本を代表する国際色豊かな貿易都市として繁栄しました。九州の雄「大友宗麟公」は、聖フランシスコ・ザビエル神父を豊後府内に招き、海外との貿易を積極的に進めました。府内のまちは海外の品々が溢れ、異国の人々が生き交い、西洋の医学や天文学、音楽、演劇をはじめとする南蛮文化がいち早く花開きました。・・・・後略・・・・」

ここのフランシスコ・ザビエル像は、兵庫県立美術館に保存されているザビエルの肖像画より、ポルトガルで見たフランシスコ・ザビエルに似た像だった。

大分といえば「とり天」。ホテルや駅には「とり天ガイド」が置かれていたのにびっくり。 なぜ大分にニワトリなんだろう。九州でも日の出が早いので、その象徴としてニワトリとか、ニワトリの唐揚げが日本一だからとか、諸説色々あるらしい。
駅前のこのニワトリ。作者は「せんとくん」の籔内佐斗司(やぶうちさとし)さんということだ。

さて「大分駅」を見ていて「どうしてこの漢字で<おおいた>とよむのだろう?と考えてしまった。私の知識では<分>が<いた>と読めるはずがない。
大阪に帰って調べてみると、大分県立図書館のホームページに下のような説明があった。

Q.「大分県」の県名の由来を知りたい。

大分県のホームページには、『大分ガイド[O-BOOK]』からの引用として次のように紹介掲載されています。

・・・「豊後国風土記」は、”おおいた”について景行天皇に由来を求めています。天皇がここに来たとき「広大なる哉、この郡は。よろしく碩田国(おおきた)と名づくべし」とし、これがのちに”大分”と書かれるようになったといわれます。 しかし、実際の大分平野は広大とは言いがたく、むしろ地形は狭く複雑であり、「多き田」→「大分」との見解が最近の定説です。これが”とよのくに””おおいた”の由来です。・・・

県名の由来は意外に難解です。

『大分県史[近代篇Ⅰ]』によれば、明治4年廃藩置県時、「県の中心部に位置した大分郡からとったもの」となっています。その「大分郡」は、『豊後風土記』によれば、8世紀前半古代律令制度成立過程で、地方行政単位として、国・郡・里が整備されていく時、存在していたことがわかっています。では「大分」をオオイタとよむようになったのはいつか、また、なぜそう訓読するのか、その意味は、となると諸説あるのです。

これまで『日本書紀』・『豊後風土記』史料の「景行天皇九州巡幸説話」が定説との観がありましたが、『大分歴史事典』(後藤宗俊氏解説)によれば、事実には程遠く、確かな文献に拠る限り、「大分」の方が古く、「碩田」説話は「大分」地名の意味付けに後から作られた説話というべき、と考証しています。であれば、「大分」の字義の解釈が問題となります。半田康夫氏は、『大分県の風土と沿革』で、「分」は「段」と共に「キダ」と訓まれていたとしています。渡辺澄夫氏も『大分市史』昭和30年刊で、「キダ」は「段」で、きれめ・きざみ・だんの意、「分」はわかち・わかれの意で、分離の意味において両者はあい通ずる故、「オオキダ」は大きく(大いに)きざみ分けられた所と解される、と述べています。地形が錯綜している事から起こったのではないかというのです。「大分」の字義解釈が諸説ある中で、この説が現在比較的有力です。

*******************************

「おおいた」という音が先にあり、どんな漢字を当ててきたのか、それが地名の由来なのだろう。「分」と「段」、ともに「ギダ」と読んだことから、大段→大分となったということらしい。確かに県名、地名は難しい。

難しいことはさておいて、大分名物の話題。

大分に来たからには、本場の「とり天」を食べてみたかった。最近大阪でも、大分のとり天、という名前のお店が難波や天王寺で見る。

やっぱり名物はその土地で食べなきゃと思い、大分駅ビルにあるフードコートでビールと本場とり天で至福のときを楽しむ。
あれ?「ぼてぢゅう」の文字が。「ぼてぢゅう」といえば大阪のお好み焼き。大阪と大分のコラボレーションでしょうか。どちらも商魂たくましいと思う。

さて、肝心の三角点。大阪に帰ったから地図をよく見ると、大分城に三等三角点のマークがあった。ああもう少し丁寧に調べていたら、時間があったら、と思うことしばし。三角点や水準点探しはこんな結果に終わることが多い。ああ残念…。

 

 

 

ザビエルと鶴亭

IMG_0715

ここは神戸市立博物館。

「鶴亭」の絵が特別展で展示されているので見に来た。
5月29日(日)までの展示。できるだけ早く、と思いながら結局は終わり間近に見に来るのはいつものこと。金曜日だったが、人もそれほど多くなかった。

IMG_0687

 

博物館ロビーに、上の写真のような今回の特別展のパネルが展示してある。
神戸市立博物館のホームページに、この特別展の紹介がある。
*************************************

その名は鶴亭(かくてい・1722~85)―長崎出身の黄檗僧、画家である彼は中国由来の美しく、おめでたい花鳥画(南蘋風(なんぴんふう)花鳥画)をかっこよくアレンジし、京都、大坂に初めてもたらして一大ブームを巻き起こしました。また、黄檗僧が得意とした水墨花木図も数多く手がけました。憧れの地・長崎からやってきた鶴亭は、唐(から)の香りをまとう羨望の的。かっこいい花鳥画=「花鳥画(かっちょいいが)」を生み出す鶴亭に、伊藤若冲も大きな刺激を受け、池大雅も深い交友を持つなど、京坂の画家に与えた影響ははかりしれません。
 本展は歿後230年を経て、鶴亭の画業と生涯に迫る初めての回顧展です。鮮やかな色彩と豊かな表情の鳥が魅力的な著色花鳥画、大胆かつ冴えわたる筆遣いの水墨花木図からなる、鶴亭の「花鳥画(かっちょいいが)」76件(うち初公開45件!)を展観します。あわせて、鶴亭が学んだ黄檗絵画や南蘋風花鳥画、同時代に活躍した池大雅、伊藤若冲、曾我蕭白や、鶴亭の弟子たちの作品もご紹介します。約120件の出品作品を通して、若冲、大雅も憧れた鶴亭の画業の全貌と生涯に迫ります。

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/tokuten/2016_1kakutei.html

*************************************

鶴亭(1722〜1785)、
若冲(1716〜1800)、
池大雅(1723〜1776)、
この3人が同時代の人達だったとは知らなかった。
徳川将軍で言えば、吉宗(1716〜1745)、家重(1745〜1760)、家治(1760〜1786)の頃になる。江戸時代の中頃、安定期の頃だと思う。

このポスターの鮮やかなブルーと牡丹のピンク、そして鶴の姿に惹かれて特別展に来た人は多いと思う。私もその一人。
残念なことにこの絵はない。
このポスターの絵は、上に紹介した神戸市立博物館のホームページをみれば、
「竹鶴図(たけつるず)」のタンチョウヅルと「牡丹綬帯鳥図(ぼたんじゅたいちょうず)」の牡丹を使ってデザインしてあるのだ。目の覚めるようなブルーの絵はなかった。グラフィックデザイナーの鶴亭への挑戦かもしれない。
それはそうと、これほどの水墨画、花鳥画を見ることは私は今までになかった。水墨画といえば雪舟とか、人気の若冲といった程度の知識しかなかったが、日本画の流れや魅力にふれることができた。
館内の照明を落としてあるのとガラス越しなので、図録にあるような細やかなところを詳しく見るのはむずかしい。単眼鏡をもって見ている人が何人かみうけた。私もこういう機会があったら家にある双眼鏡を持ってこようと思った。

IMG_0689

「鶴亭」もすばらしかったが、同時開催の常設展、「南蛮美術・古地図企画展 西洋との出会い」が、私にとっては必見のものだった。

教科書で見たザビエルがここに

ここに「フランシスコ・ザビエル」と「クアトロ・ラガッツィ」があったのだ。

IMG_20160514_0001

 

これは1階のショップで買ったクリアファイル。
社会科の教科書でお馴染みの「フランシスコ・ザビエル」の絵だ。
この絵が神戸市立博物館に収蔵されている。

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/meihin_new/402.html

詳しい解説は上記のホームページに。

IMG_8860

大きさは61.0cm✕48.7cm、重要文化財の貴重な逸品。
フランシスコ・ザビエルはこんな顔じゃなかったという声も最近聞かれるが、肖像画ではないのだからそれは許されるべきものだと思う。
左はポルトガルで見たフランシスコ・ザビエルの像。
確かにその姿はちがっているが、500年以上も前の歴史上の人物。
極東の日本と、ヨーロッパ最西端のポルトガルに同一人物の絵や像があるだけでもすごいことだ。
教科書で見るだけだった「フランシスコ・ザビエル」の肖像の本物がここにあるというだけでうれしくなる。
さらにもうひとつ、

IMG_20160514_0003

 

IMG_20160320_0001

 

これもショップで買ったクリアファイル。 なんと「ポルトガル紀行」のブログで紹介した、若桑みどりさんの「クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国」の本の表紙にある南蛮船だ。

この南蛮船が描かれている屏風の現物、本物がここ神戸市立博物館にあったのだ。
ブログでこの本を紹介した時に、「狩野内膳 南蛮屏風」(神戸市立博物館)と出典を書いておいたが、本物をみることができるとは予想もしていなかった。
博物館の説明には、「スペイン、ポルトガルとの交易の様子を描いた南蛮屏風は16世紀末から17世紀半ばを中心に制作されました。狩野内膳(1570〜1616)の作品は、抜群の描写力と鮮やかな色彩で、90件以上確認されている南蛮屏風のなかでも傑出しています。」とある。
この南蛮船の他に、「クアトロ・ラガッツィ」の表紙見返しにある地図、テイセラ日本図(本にはテイシュイラとなっているが、博物館の資料はテイセラ)、A.オルテリウス編「世界の舞台」の世界地図も展示されていた。

IMG_20160320_0005

IMG_20160320_0004

このほかにも、地球儀や古地図が展示されていた。地図は全てで10件もあり16世紀、1500年代の人々の世界観や日本への認識を知ることがてきて、大変興味深かった。

「鶴亭」の絵を見ることが目的だった神戸市立博物館の特別展だったが、たまたま企画展「南蛮美術・古地図企画展 西洋との出会い」とが同時開催だったのは、私にとっては願ってもない偶然だった。

「鶴亭」も「フランシスコ・ザビエル」どちらも5月29日まで。
まだ見たことのない人は、この機会に是非どうぞ。

 

 

 

 

ポルトガル紀行 15

ポルトガル5日目
      リスボン サン・ロッケ教会

IMG_8850

IMG_8851

サン・ロッケ教会の原型となる礼拝堂は1506年から1515年にかけてつくられたと言われている。
1540年にイエスズ会の会員たちがポルトガルにやってきた。その中には、フランシスコ・ザビエルもいた。
イエスズ会はサン・ロッケ教会を所有し、1565年から1587年にかけて現在のような建物に改築した。1584年に天正遣欧使節団を受け入れ、彼らの宿舎として提供された。彼らは約一ヶ月間滞在したそうである。
私たちが見たサン・ロッケ教会を天正遣欧使節団の彼らも見ていたわけである。

IMG_8856

IMG_8864

なんとも豪華な礼拝堂だ。 植民地だったブラジルから算出された金によってこれらの豪華な内装が出来上がったという。そうすると天正遣欧使節の少年たちが見た礼拝堂はこのように豪華になる前のものだと思われる。

IMG_8860

 

IMG_8861これがフランシスコ・ザビエルの像。 ここには、イエスズ会創設者のロヨラなどの著名な4人の聖人像が並ぶ。その中の一人がザビエル。この像は1625年から1628年にかけて造られたという。
私たちが教科書で見ているザビエルと少し雰囲気が違う。実は教科書のザビエルの像は日本人画家によって描かれたものといわれていて、現在は神戸市立博物館に保存されている。
4月9日(土)から5月29日(日)に、南蛮美術・古地図企画展「西洋との出会い」で、この重要文化財になっている「聖フランシスコ・ザヴィエル像」が展示されるようだ。詳しくは、神戸市立博物館のホームページを参照してほしい。

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/meihin_new/402.html

ザビエルの像

フランシスコ・ザビエルはポルトガル人ではない。司馬遼太郎さんの「南蛮のみち1」では次のように書かれている。

「フランシスコ・ザビエルは何国の国民であるか。バスクであることはまぎれもないことだが、たたバスクは文化圏であってもかれの国籍にはならない。
国籍とは、多分に近代的な法体系からうまれた概念で、16世紀のザヴィエルにまでそれを遡及させてあれこれ考えるのは、むろんむだなことである。
ただ、現代は国家の競り合う時代だから、そのことは一応考えておかねばならない。こんちにのスペイン人たちは、ザヴィエルをもってかれらの国の歴史上の人物としているのである。たしかに、ザヴィエルの父が法律知識を持って宮仕えしたナバラ王国の首都パンプロナは現在のスペインの国土にあり、またザヴィエルがうまれたザヴィエル城も、同様で、私どもはスペインの地図の中でその小さな村をさがす。・・・・」

司馬遼太郎さんの「南蛮のみち1」は、ザヴィエルの伝記といっていいぐらいに、彼のことが詳しく書かれている。ところでフランシスコ・ザビエルがバスク人てあったということは大変な驚きだ。フランスとスペインの両国にまたがる地域で、言語もフランス語やスペイン語と全く違う古い歴史のある文化圏であり、「カルメン」の「ドン・ホセ」がバスク人として登場したことを思い出す。

IMG_20160308_0001

フランシスコ・ザビエルは日本人のことをどのように見ていたのだろうか。
彼は当時のポルトガル国王の肝いりで日本に向かっている。
ザビエルは日本に来る前にマラッカで、友人の船長ジョルジ・アルバレスの仲介で日本人3人と合っている。その3人を通して日本人を知ろうとした。そして船長に日本について知っていることを書いて欲しいと頼んだ。当時は書く、といえばラテン語であったそうだ。ラテン語で書かれたゆえに現在までその記録は残った。

「南蛮のみち1」にこう書いてある。

「船長はその原稿をわたした。ザヴィエルは、はなはだしく心を動かした。ザヴィエルを日本に来させた契機はいつくかあげられるにしても、この船長の文章が最大のものであったろう。
 日本人は、傲慢で怒りっぽい。
 欲は浅く、はなはだ物惜しみしない。
 他の国について知ろうとする切ない要求がある。
 嫉妬を知らない。
 盗むことを憎む。
 貴人を斃せば(たおせば)、りっぱな騎士とみなされる。
 音楽・演劇を愛する。賭博をさげすむ。宗教心はつよい。

・・・・・・・・・・略・・・・・・

 ザヴィエルが、日本の鹿児島に上陸したのは、1549年(天文18)である。秀吉や家康の少年期で、武田晴信(信玄)などの活動時代であった。ときに8月15日で、聖母被昇天の祝日であるとともに、15年前、モンマルトの丘でイエスズ会を結成した日にあたることをザヴィエルはふしぎにおもった。
 その年の11月5日付けの手紙に書いている。(司馬さんの注 以下、前述の岩波文庫版から中執し、ただカナづかいなどを一部こんにち風にする。)

 私たちが今までの接触によって識ることのできたかぎりにおいては、この国民は、私が遭遇した国民の中では、一番傑出している。

 日本人はたいてい貧乏である。武士たると平民たると問わず、貧乏を恥辱だと思っている者は一人もいない。

 かれらには、キリスト教国民の持っていないと思われる一つの特質がある。
ー それは、武士がいかに貧困であろうとも、平民の者がいかに裕福であろうとも、その貧乏な武士が、裕福な平民から、富豪と同じように尊敬されていることである。

 彼等は侮辱や嘲笑を黙って忍んでいることをしない。

 日本人は妻を一人しか持っていない。

 窃盗はきわめてまれである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ザビエルは好意的な印象を持って日本に向けて出発し、そして日本での実際の印象もそれに違えることはなかったようだ。
ザヴィエルは精力的に日本をまわって信者を増やしていった。
2年日本に滞在し、日本全土への布教のためにいったんインドに帰った。
ザヴィエルは日本での布教は失敗に終わったと思っていたようだが、実際はその逆である。2016年の現在、フランシスコ・ザビエルの名前を知らない人はほとんどいない。2007年の国立教育政策研究所の調べでは、小学校6年生約1600人のアンケートで、42人の歴史上の人物と業績を結びつける問題では、フランシスコ・ザビエルは98.2パーセントの正答率を誇っている。

IMG_8874

IMG_8873IMG_8871

サン・ロッケ教会を出て、近くにあるサン・ペドロ・アルカンタラ展望台に行く。
リスボンは7つの丘の町、といわれるくらいに坂道と丘の町である。ケーブルカーの終点にもなっている。

大変展望の良い公園がある。こうしてリスボンの町を眺めると、中世の街、という言葉が浮かんでくる。高層建築がない分、空が高くて広い。
さて、ここからバスに乗ってジェロニモス修道院に向かう。