ドイツグリム紀行20(5日〜6日目)

フランクフルト

%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%84%e5%9c%b0%e5%9b%b3%ef%bc%92
ブレーメンからフランクフルトに戻ってきた。
フランクフルトはドイツに到着した時は通過しただけだったので、市内を見学していない。
コースでは日本に帰る最後にこの町を歩くことになっている。
あらためて地図を見ると、ブレーimg_7042メンの音楽隊に関係するヴェーザー川も、ローレライのライン川もドイツを縦断して北海に注ぎ込んでいることがよくわかった。

さて、グリム兄弟とフランクフルトはどんな関係があったのだろう。

グリム兄弟はフランクフルトの近くにあるハーナウで生まれた。(左の写真は私が訪れたハーナウにある兄弟の像)。
兄弟はカッセルに30年ほど住んだあと、カッセルから40km程度はなれたゲッティンゲンに移る。そしてゲッティンゲン大学で教鞭をとるようになる。
ヤーコブ52歳、ヴィルヘルム51歳の時(1837年)「ゲッティンゲン大学7教授罷免事件」がおきる。その様子を松本侑子さんの資料より引用すると、

「ゲッティンゲンで二人はたゆまぬ研究、学生への教育指導、図書館管理という多忙な生活に入るが、しかし時代の激変は、またも兄弟に襲いかかる。
このころ、絶対君主制を固持しようとする王侯貴族と、自由を求める富裕で教育のある市民階級との対立が激しくなってきた。学生運動が起き、労働者、職人、農民も、市民としての権利を要求して暴動や集会も開かれた。そうした流れを受けて、ゲッティンゲンのあるハノーファー王国では、国民の議会参加を認めた進歩的な憲法が制定される。それまでは君主の権力は絶対的なもので、臣民には、それに異議を唱える権利はないとされてきたが、新憲法のもとでは、支配者も法的な拘束を受けるようになった。しかし王が交代すると、新しい国王は、統治者に有利な旧い憲法に戻す宣言を出したのだ。・・・(略)・・・
慣習法としての法律を研究し学生たちに講じてきたヤーコブは、君主による横暴を看過することができなかった。
52歳のヤーコブと51歳のヴィルヘルム、そしてほかの5名の教授は、国王に反対する声明を提出した。それによって首謀者の一人とされたヤーコブは教授の地位と職を奪われ、さらに三日以内の国外退去処分を受ける。首謀者ではなかったヴィルヘルム、は国外退去はまぬがれたが、やはり教授職を解かれた。
 これがゲッティンゲン大学7教授罷免事件だ。ヤーコブら7教授を支援する人々の輪はドイツ各地に広がり、職を失った二人は、ベルリン大学、ミュンヘン大学からも教授として招かれた。ゲッティンゲン大学の学生たちもヤーコブを支持し、デモまで行って解雇処分への反対を表した。ハノーファー王国を去りカッセルへ帰っていくヤーコブを追って、学生たちは松明をかかげて行進し、ヘッセン国の国境まで見送ったのであった。グリム兄弟というと、日本では童話のイメージが強いが、ドイツではこの一件によって民主化を求める国民的な英雄としても歴史に名を残している。」

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%88%e5%9b%bd%e6%b0%91%e8%ad%b0%e4%bc%9a%ef%bc%91

グリム兄弟はベルリン大学で教授として迎えらる。
そして1846年にフランクフルトで開かれた「ドイツ文学者会議」で、ヤーコブは満場一致で議長に選出されている。
また、1847年のフランクフルト国民会議(ドイツ憲法制定会議)でも代議員に選出されて、憲法草案を提示している。(左の写真はWikipediaの「フランクフルト国民会議」の記載より引用)

グリム兄弟の兄、ヤーコブにとってフランクフルトは重要な場所になっている。

私たちはそのような町フランクフルトを夕方に散策した。

img_4054

ここは聖パウルス教会。なんとフランクフルト憲法を審議した場所とか。ヤーコブがここにいたかもしれない。
レリーフはケネデイ大統領。「ここは自由が誕生した場所だ」と1963年にここでスピーチをしたそうだ。

img_4057

img_4059_2 img_4061_2

フランクフルトの町に夕闇が迫ってくる。 私たちは市内のレストランに入る。

img_7362img_4064

img_4068

img_4070

img_4078

ツアー最後の夕食なので、みんなゆっくりとお酒やジュースなどを飲みながら食事をし、おしゃべりを楽しむ。このツアーは食事が美味しいのでリピーターも増えそう。
最後の写真は「聖ニコラス教会」の夜景。

6日目の朝

img_7368

img_4088 img_4092

このホテルは建物は古いが、内装や調度品は歴史を感じさせながら、なおかつオシャレ。 img_4101

ガーデンテラスではサラリーマンらしい人が朝食を食べている。 少しはなれたテーブルではブレックファスト・ミーティングあるいはパワー・プレックファストのような朝食風景が見られた。スーツ、ワイシャツがピシッと決まった人たちのグループだ。

img_7369

朝食をすませ、私たちはフランクフルトの朝を散策しながら、「ゲーテハウス」に向かう。

左はゲーテ広場にあるゲーテ像。

グリム兄弟とゲーテの関係はどうだったのだろう。松本侑子さんの資料を見てみよう。

「1809年、弟のヴィルヘルムは、ワイマールにゲーテを訪問している。まだ一冊の本も出していない23歳のヴィルヘルムが、60歳のゲーテに会えたのは、恩師ザヴイニーがゲーテに宛てて、グリム兄弟が優秀であること、古代ドイツ文学を収集していることを伝えてくれたからだ。ゲーテはヴィルヘルムの取り組みを激励し、優しく対応してくれ、彼は大いに感激する。晩年のゲーテは職業面では老獪で煮ても焼いても食えない老人という観があるが、利害関係のない年若い文学青年には、警戒心を解いてざっくばらんに接したのであろうか。・・」

今日も良い天気だ。青空の中、ガイドさんの市内観光の説明を聞きながら、ゲーテハウスに向かう。

 

 

 

 

 

ドイツグリム紀行19(5日目の2)

ツグミ横丁からローレライ

img_3989

img_3990_2

左の写真は、手回しオルゴール。丸い円盤に音符が記録されている。手回しオルゴールの音は聞けなかっかが、何か時代が昔に遡っていくような感じがする。

img_3997

日本人が経営するワインセラーがあった。

img_4005img_4009

img_4008 img_4011

左上の写真の赤ワインを自分用のおみやげに買った。 このワインセラーには日本の芸能人も来るそうだ。

img_4019 img_4028

バスに乗ってローレライに向かう。 川岸にある家並みはなんともオシャレ。

img_6083img_6079

ローレライについて、Wikipediaには次のような説明があった。

「ローレライ(ドイツ語: Loreley [loːrəˈlai, ˈloːrəlai])は、ドイツのラインラント=プファルツ州のライン川流域の町ザンクト・ゴアールスハウゼン近くにある、水面から130mほど突き出た岩山のことである。 この岩山は、スイスと北海をつなぐライン川の中で、一番狭いところにあるため、流れが速く、また、水面下に多くの岩が潜んでいることもあって、かつては航行中の多くの舟が事故を起こした。 この「ローレライ付近は航行の難所である」ことが、「岩山にたたずむ美しい少女が船頭を魅惑し、舟が川の渦の中に飲み込まれてしまう」という伝説に転じ、ローレライ伝説が生まれた。 現在は幾度にも亘る工事により大型船が航行できるまでに川幅が広げられ、岩山の上には、ローレライセンター (Besucherzentrum Loreley) が建てられている。」

私たちは対岸からこのローレライの岩山を眺めた。ローレライは岩山のことなんだなあ。ローレライセンターにはローレライ像があるそうだ。私はてっきりこの川岸にその像があると思っていた。

フェリーで対岸に渡り方向を変え、ローレライの岩山側の道路を通って出発地のフランクフルトに帰ってきた。多くの古城を見ることができ、さすが世界遺産だと思った。ライン川の川下りもきっと楽しいだろうなあ、と思いながら写真を撮る。

img_6121

img_6100 img_6098

古城の周りには豊かなぶどう畑、ライン川を上り下りする大きなクルーズ船(写真の船は普通の船の2倍はありそうな長い船)、川沿いには流線型の電車が走っている。

img_4043

18時にホテルにチェックイン。
最後のホテルは、STEIGENBERGER FRANKFURTER HOF (シュタイゲンベルガー フランクフルター ホフ)。
夕食までの時間を使って、フランクフルトの夜の街を散策する。
今日も一日よく歩いているなあ。

 

 

 

ドイツグリム紀行18(5日目の1)

フランクフルトそしてツグミ横丁

img_3846img_3707img_3850

朝食を食べた大きなレストラン。吹き抜けが巨大。まるで夜の照明のようだが、ブレックファスト。このホテルは牛の顔をした男性、女性のパネルがあちこちに。なぜなのだろうと思いながら、ガイドさんに聞くのを忘れてしまった。

img_3864

img_3869 img_3874

img_7309 img_7311

日曜日の朝。昨日の夜はあれだけ賑やかだった広場は、今朝は静まり返っている。
スターバックスも開店前なのでだれもいない。それとも日曜日は休み?

img_3872

ブレーメンの音楽隊の像。工事現場の中で、静かにたたずんでいる。

img_3863

ここにもブレーメンの音楽隊の像があった。みんな本好きなんだあ。

img_3891

ホテルのそばに流れるヴェーザー川。日曜日の朝はこんなに静かなんだ。

img_3910 img_3926

 

ルフトハンザでフランクフルトに向けて出発。ちなみにルフトハンザとは「空のハンザ同盟」の意味、とガイドさんが教えてくれた。ハンザ同盟はブランドなのだなあ。

img_3931 img_3934

ルフトハンザのロゴマークはツル。幸せを運ぶ鳥という意味らしい。日本と同じだ。
乗った飛行機はエアバスのようだが、日本人にとっても狭い。大きなドイツ人がなぜこんな狭い飛行機なんだろう。もう少し広くしてほしいなあと日本人観光客の声。

img_3939

フランクフルト国際空港に到着。手荷物を取り出していると時間はどんどん経っていく。時刻は12時をすぎている。

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%a9%e3%82%a4%ef%bc%92

空港からバスに乗って、ライン川にそって走る。 めざすは「ローレライ」。

img_3956

img_3958

ライン川にそってぶどう園がたくさん作られている。

ライン川 の源流はアルプス。ドイツ南西部をスイス、フランス国境沿いに流れ、ドイツ国内に入ってケルンやデュッセルドルフを通り、オランダに入って北海に注ぐ全長1230kmに及ぶ大河。ドイツではライン川のことを「父なる河」と呼んでいるそうだ。マインツからコブレンツに至る約90kmは山が迫り、古城が多く、世界遺産になっている。景観保護のためにこの区間には橋が一つも架けられていない。

img_3962_2img_3962ここはリューデスハイム。
(上の地図を参照)
世界一陽気な小径として有名な「つぐみ横丁」の入り口。入口にかかっている看板には「DROSSELGASSE」と書かれている。ドイツ語で「つぐみ通り」ということらしい。横丁の途中にある建物の屋根の上にある飾りのつぐみ鳥からきているということだ。

img_3969

img_3970 img_3974

img_3978

img_3968

img_3977

オープンテラスでのランチ。時々アコーディオンやトランペットの演奏が入る。
大阪のビアホール「ニューミュンヘン」のような雰囲気だ。赤いテントのために料理が赤っぽく見える。

img_3981img_3985 img_3986

できたてのワインの試飲があった。お金はもちろん払って。
私にはワインの味はよくわからないが、詳しい人に聞くと新鮮な味だそうだ。
食後の散歩。
集合までの時間、ツグミ横丁の散策をする。ツグミ横丁には沢山の観光客、外国人が賑やかに散歩や買物をしている。お土産物屋さんも大賑わい。
もう少し奥の方まで探検してみよう。