パズルをつくる 8

一見不可能

今回のパズルは「一見不可能」とタイトルが付いている。

私が愛用してるこの本「パズルをつくる」は奥付を見ると、

1984年10月29日第1冊発行

となっている。もう36年も前の本だ。「シリーズ・子どもとつくる」というシリーズ本の第9番目の本。作者の芦ヶ原伸之さんはこの本の前書きで「本書の全パズルを作って棚に飾り、世界に一つしかないパズルコレクションの棚を背景に、自分の写真を出版社経由で私宛に送ってくれる人が何人かはいるだろうと、それが楽しみで私は本書を書いたのである」と書いている。私もこの本を手にした時、挑戦してみたいと思いながら時間が経ってしまった。そしてまだ全作品をつくるにはいたっていない。

今回のパズルは紙とハサミだけでできる。

本の解説にはこう書いてある。
「これは作るのがパズルなのだ。
一枚の長方形の紙から写真の形を『ハサミを使って、折る』だけで作れますか。ノリは一切使用禁止だ。」

写真を見てみよう。見れば見るほど不思議さが増してくる。
どう切って、折ればこんな形になるのだろう。
私は実物をどこかのデパートか、美術館か、博物館か、記憶が定かではないのだが、大勢の人がいる場所に陳列してあるのを見た記憶がある。
ガラスケースに入れられ、触ることができない。
ただ見るだけで推理していくのだ。

左は少し角度を変えて見たところ。

どこにもあとから貼り付けたところもない。切って、折ってあるだけ。

芦ヶ原さんの解説を続けると
「ニューヨークのある美術館にはこの形のアルミ製のどてかい彫刻が屋外展示されているが、これはあまり不思議に思えない。紙のほうがよほど奇妙に見える。
私はこのアイディアを名刺に利用した。もらった人が首をかしげるのを見るのが好きである。・・・・」

手でさわらずに、少し離れたところから、どうすればこの形が作れるのだろう。そう考えるのがこのパズルの真骨頂なのだろう。
私は以前にガラスケース越しにこのパズルを見た時、しばらく見たけれど結局わからないままだったことを覚えている。そしてこの本でこのパズルを発見した時は大喜びした。
作って人に見せるとほとんどの人が首をひねる。これまで何人かに試したけれど正解にたどり着いた人が一人いた。それは私の伴侶だ。

さてこの本の解答のページを載せておく。
ハサミと紙ー少し硬めのほうがいい、作って楽しんでほしい。

解答を見て実際に作ってみると、 「そうかー、こんなふうになっていたのか、よくできたパズルだなあ〜」と感心するに違いない。

作者の芦ヶ原さんについて調べてみよう思いネットで検索をかけると2004年にお亡くなりになっていたことがわかった。
ご冥福をお祈りします。
この「パズルをつくる」に紹介されているパズルは約30ほどある。私の工作力では全部はできないけれど、時間を見たながら作っていきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

パズルをつくる 7

5円玉パズル

今回は5円玉2枚のパズル。

作り方はこの本にはこのように書いてある。

「古い枯れ木でも拾ったらぜひこれを作っていただきたい。
木の両端からすこしはいったところに図のように穴をあける。
電動ドリルがあれば簡単。なければキリで穴を開けて丸ヤスリで少しづつ拡大していく。Aの穴は十分に太く(といっても5円玉が通ってはいけない」、Bの穴は細くてかまわない。そして、5円玉2つを通したひもを図のようにとりつける。・・・」

私は家の周りを探したが、図のような木の枝は見つからなかった。 そこでこの前のパズルで利用した発泡スチロールの板を重ね合わせて、それらしいものを作ることにした。

発泡スチロールを何枚か重ねて、本の挿絵にあるような形にした。 5円玉2個用意したが、種類が違うほうがよく分かるだろうと5円玉と50円玉にした。
さて遊び方は、「ひもを切らないで5円玉と50円玉を片側によせてほしい。できたら元に戻す」というもの。
これがなかなかむずかしい。
糸をどのように持てばいいのか、このAの穴を利用するのだろうと予想するが、こんがらがってしまう。

できあがりはこのようになってほしいというものだが、、、、。

解答のページを見てみよう。

このパズルの操作で難しいところは、③から⑧までの操作。

上の写真左が③のようす。このあと④になるように糸を動かす。それが右の写真。
そのあとの様子を写真で紹介すると、

左の写真が、本の解答の④のところ。

このあと大きい方の穴から、発泡スチロール板の下側にある糸を上の方に抜き出す作業をする。
写真でその様子を紹介する。

 

 

上に引き出した糸がポイント。解答の⑤にあたるところ。

上の写真左が解答の⑥のようす。そして右の写真が解答図の⑦のようす。
上から抜いた糸を下側に引っ張るようにして解答図⑦になるようにする。

次の操作も重要。上左の写真でわかるように、発泡スチロール板の下側にある糸を下から引っ張り出すと上の写真右のようになる。これは解答図⑧の状態だ。

5円玉はみごと、50円玉のある糸に移動している。

元にもどすのは今やって来たやり方を逆に動かしていけばよい。しかし実際にやってみると、どの糸を動かせば解答図のようになるのか混乱してしまう。何回も練習をしなければなかなか身につかない。

作るのは発泡スチロールがあったので簡単だったが、操作はなかなか大変だった。マジックなどで人に見てもらうようになるのには相当な練習が必要だ。
マジックを趣味でやっている人に聞いてみると、「人前で見せられるようになるには、自分で鏡に向かって100回は練習しないといけない」ということだった。
100回か、学問に王道なしと同じだなあと、ちょっとため息が出てしまう。

 

 

 

パズルをつくる 6

ひっくり返る立方体

この「パズルをつくる」の著者、芦ケ原さんは「これはパズルではない。できあがったものをいじって遊ぶだけのものだ。それがまた楽しい」と書いている。さらに
「ルービック以来、立方体のパズルがぞくぞくと生まれた。そのどれもが気がめいるほどむずかしいものばかりなのに、このパズルだけは気楽につきあえてうれしい。
しや、これはそもそもぱずるとはいえそうもないしろものなのだ。
しかし、パズルとは、元来考えものという狭い意味の他に「人をまどわす」という広い意味があるのだから、いじっていて意外なところでくるりと回転するこの物体は、やはり人をパズっているのである。」と続けている。

さて作り方は本によると、「図のように立方体を並べ、太線でしめした八箇所をガムテープで両側から連結して立方体状にする。その形で表面にある色を塗る。次々と形を変えて、立方体ができたらその表面に別の色を塗る」というもの。

この本では「木の立方体を8個入手する。一辺最低5センチはほしい。入手できなけれは角材から切り出すしかない」と書いているが、画用紙でもできる。

画用紙で立方体を作る。「パズルをつくる」の本のように、セロテープで張り合わせていくと、写真のようなパズルができる。
画用紙でなくても、牛乳パックを利用すると大きな立方体を作ることもできる。
手元にある材料で工夫することもまた楽しい。

まず4個で試してみると、小学生の子どもでも喜んでくれた。
自分の好きな絵を書いてみたり、写真を貼ってみたりして楽しむことができる。
写真の上にある立方体8個が本にあるスタイルだ。

これは私の知り合いが作ってくれたもの。
立方体8個で出来てるが、中を開けるようにして開いてみると、何と星型が出てくるというすぐれものだ。
これは木では作れない(私はという意味で)。紙を使ってこんな複雑で楽しいパズルを作ることができるのがおもしろい。
いろいろと発展させてつくるのが、こういった工作の楽しみなのだろう。