パズルをつくる 4

ザ・タイヨウ

久しぶりにパズルを作ってみた。 原本は左にある「パズルをつくる」(芦ヶ原伸之著、大月書店)。

1月にちなんでその中から選んだのが「ザ・タイヨウ」。
スライドパズルに分類できるものと思う。
これは1914年にアメリカパテントの GEY  MY  GOAT を基本として、著者の芦ヶ原さんがデザインを変えたものと説明がある。

ピースをただ滑らせるだけで、太陽のピースを真ん中にもってくるというもの。
まわりは最初の形と違ってはいけない。

簡単そうなので、やってみた。材料は発泡スチロールの工作用の板があったので、それを利用した。

 

発泡スチロールの板を張り合わせて厚みを出し、本からザ・タイヨウの絵をコピーして、発泡スチロールの上にはっていった。
見やすいようにと、太陽や炎、バックに色鉛筆で色をぬった。
その方がピースの動きがよく分かるだろうし、完成の絵もわかりやすいだろうと考えたからだ。

本についている回答を見ながら動かしてみたが、どうもおかしい。

わかりやすくするために、左の写真のようにピースに番号をはった。
回答を見ながら動かすと、2番と6番のピースが入れ替わるのが最終の形になる。
それでは炎の色とバックの青色が違っているではないか。
どこでまちがった?
なにか見落としていることはないか?
と思い、本文を読み直してみた。
「太陽の周囲の曲線は、いいかげんに描かれたものではなく、きわめてデリケートに描かれている。つまり太陽の中心から見て、右上と左下のピースは、図柄がまったく同じなのである。」と書かれている。
右上とは2番のピース、左下とは6番のピース。確かに同じ図柄だ。
ああそうか、私は色を塗ってしまったから違う図柄に見えていたのだ。

色を塗っていない、線だけのピースにしてみた。

こうして2番と6番のピースを見てみると、全くおなじ図柄であることがよくわかる。

ピースを動かして2番と6番がいれかわっても、その形は同じだ。ただ人間の理解として炎の部分とバックの部分も入れ替わっていると判断して見ているので、全体の形は動かす前と後では変わっていない、というのだ。
私は炎とバックに色を塗ったので、違いとして目に見えたということだろう。

単なるピースのスライドだけではなく、図柄にも工夫があるパズルだ。

*この本にある回答に一部間違いがあったので、ただしい手順を書いておく。

5,6、7、5,6、4、3、6、9、2,6、9,2,G
1、6、9、3,4,2,5,7、2、5,G、9、6、1
(Gは太陽のピースのこと)

 

 

 

パズルを作る 3

今回のパズルは「キュープ」。

左の写真の「パズルをつくる」の本には作ってみたいものがたくさんのっている。しかし、精巧な道具がないとなかなかつくれないなあ、と思い眺めるだけのことが多かった。
角材を切って、木製の鍵と鍵穴をつくるような感じで、自分の持っている日曜大工用のノコギリややすりでは、こんな精密な寸法を切ったり、けずったりできなあ、でも作ってみたいなあ、そんな本だった。

このキューブというパズルは、蛇のように立方体をつなぎあわせたものを、うまく組み合わせていくと、左のような立方体になる、というもの。
なんとも面白そうなパズル。

立方体だけなら、これまでのように100均で、買ってくることができる。
しかし今回はドリルで穴を開けなくてはいけない。まっすぐに穴を開けることはできそうだが、斜め45度で穴を貫通させるには、卓上ドリルのようなもの、中学校の技術家庭科の実習で使ったような道具が入りそうだ。そこで、
家具職人をめざして準備をしている友人に頼んでみることにした。

なんと素晴らしい。 本と同じものをつくってくれた。真ん中を貫いた立方体が11個。斜め45度に穴を開けたものが16個。計27個の立方体が出来上がった。
本の説明にあるように、ゴム紐でつなぐ。ヘアピンでゴムをはさんで、本の図のように27個の立方体をつないでいくわけだ。

こんな時に、パズルの本「立法バズると思考ゲーム パズルコレクション」を発見した。

その10号にこの「キューブ」が付録としてついていたのだ。

上の写真の11号の本には、このパズルの組み立て方がのっていた。
このパズルの本は隔週に発行されているもので、さまざまなパズルの紹介と、付録が一つついていて面白そうな本だった。
ここでは「スネーク・キューブ」として紹介されていて、左の写真のような実物模型がひとつ付録としてついている。

さっそくこの「スネークキューブ」を買ってきて、「パズルをつくる」の「キューブ』と同じものなのか、違うものなのかを調べてみた。

全く同じものだとわかった。
「パズルをつくる」(1984年10月29日第1刷)の本では、著者の芦ケ原さんは「これは、10年くらい前、フランクフルトの駅近くのおもちゃやで買った。名前もメーカーもわからないパズル。ただのポリ袋にはいってだけのもの」と紹介されている。

わたしが友人に作ってもらった角材でできた「キューブ」は、木の色だけのものだが、着色するとたのしいパズルになりそうだ。

さてこのキューブの組み立て方は、3次元のものなので絵で表すのがむずかしそう。
「立体パズルと思考ゲーム パズルコレクション」第11号には、3ベージにわたる組み立て方が絵で紹介されている。この解法は現在発売中なので、ここでの紹介は遠慮することにして、30年前の本「パズルをつくる」の解法を紹介することにする。

3次元のものだから、解法の絵も、3次元的に書いてあるのがおもしろい。この図で結構早く組み立てることができた。
精密なパズルを自作するにはある程度の技術力がいるなあ、と実感。

さて次はもう少し簡単にできそうなものにしょうか。

 

 

 

パズルをつくる 2

恐怖のバラバラダイス

前回のパズル、ミナグチズ・キューブは、立方体を4個、5個を組み合わせてパーツをつくり、それを組み合わせて大きな立方体を作るというものだった。

今回は小さな立方体を3個組み合わせて、同じパーツを9個つくり、それを組み合わせて前回と同じ大きさの立方体をつくるというもの。
100均で同じ大きさの立方体を手に入れられるということは、大変ありがたい。

用意する部品は下のようなもの。

立方体3個を同じL字形になるように組み合わせてある。 上の写真は、組み立てた後、同じ面になるところに同じ色を塗り、サイコロになるようにシールが貼ってある。
本にある図面は下の通り。

本の解説には、次のように書かれている。

「サイコロのパズルといえば、普通は1✕1✕3のもの9本でできていて、10通り以上が世界中で売られている。3本ずつ普通にかさねたもの、あるいは段ごとに3本を直角方向に変えたものなど、たくさんあるが、茅ヶ崎の鬼才・丸尾学氏は、思いきってL字型に改作した。ずっとむずかしくなっているはずだ。氏はこれ以外にも数作つくっているが、そのうちいちばん気に入ったのがこれだという。」

組み立ての一例が、下の写真。

のこっている面が見やすいように、部品を見る角度を変える。

今見えているのは、赤とピンクの面。
これ以外に、黄色、緑、青、橙の4面がある。
写真では色がぬってあるので、組み立てるのに迷うことは少なくなっているが、これが全て同じ色だったら、手がかりはシールだけになる。そうすると手強い。

出来上がりの6面は次の通り。

サイコロになるように、1の裏は6、2の裏は5、3の裏は4になっている。

今回は、6つの面に色をぬることによって、組み立てが簡単になるように工夫した。
色を塗らずに、シールを面ごとにそろえてみると、少し難しくなる。
色を塗らず、シールを黒丸にしたのが、本にある「恐怖のパラパラダイス」。
私も最初はそれを作ってみたが、本の解答を見ることなしには組み立てられなかった。
その解答が下の図。

こういったことを考える人ってどんな人なんだろうなあ、と思ってしまう。