ニュージーランドで外乗9

香港経由で日本へ

行きと同じ航路で日本に戻る。ニュージーランドの緑の山々、青い海ともお別れ。

機内食は2回あった。 帰りの飛行機で見た映画は、

◯メッセージ・・・これは見たかった映画。地球に来た大型宇宙船のエイリアンたちは何を伝えようとしているのか。地球人と宇宙人のコミニュケーションはどのようにして進められるのだろうか。言語学者の役割は?、その方法は?興味深く見た。でも最後に解決方法がわかるのだが、それってどうなの? という映画だった。

◯ゴーンガール・・・映画評論で紹介があったので見てみようと思っていた映画。これは大変な映画。見たらいいよ、と進められない映画。俳優さんが上手なので引き込まれたが、怖い映画だった。

◯ファンタスティックビーストと魔法使いの旅・・・ハリーポッターの続編?。新しい世界観の魔法の物語。特撮はさすがに素晴らしかったが、この後どのように展開するのだろう。人間界と魔法界の接点はどこにあるのだろう?と考えてしまう。続編が計画されているらしいが様子を拝見という映画だった。

◯エイリアンコブナント・・・エイリアン物。第1作の衝撃は映画館で味わった。今回はその前日談。エイリアン発生の謎に迫るわけだが、あまりにも安易、ヘルメットなしに未知の惑星に降り立つの? 冷凍睡眠の千人以上の人間をほっておいて進路を変えるパイロットに植民地計画をまかせられない、とツッコミどころ満載だった。この映画も人に進められない映画の一つ。リプリーのエイリアンがなつかしかった。

 

香港で乗り継ぎ。ここで残っていたお土産物を物色する。
香港発午前1時50分の飛行機に乗る。
午後11時をすぎるとさすがのお店も閉まっていく。閉まる前にコーヒーショップで最後のお買い物。

椅子の前にあるディスプレイで地図を見るのもおもしろい。
ロサンゼルスから東京、香港は夜。
シドニー23時35分で、香港が20時35分。時差3時間がよくわかる。
ホノルルの午前2時35分というのは前日の午前2時35分。間に日付境界線があるので一日戻っている。

少し動かすと昼夜境界線がわかる。インドのデリーは夕方の午後6時すぎ。
カイロは午後2時すぎでお昼真っ只中。ディスプレイで世界の時間を考えるのは楽しい。便利な機械だ。

関西国際空港に近づいてきた。

無事日本に到着。Wellcome! 歓迎! 

初夏の国から初冬の国への帰還。寒いだろうなあと思っていたが、それほど寒くはなかった。ありがたい。空港ロビーで朝の珈琲を飲んで、無事に帰ってこれてよかったとホット一息。落馬された方たちも病院で手当をされ、一緒に帰っとこれてよかった。JTBの添乗員さんは本当に大変だったと思う。ご苦労さまでした。

さあ、次はどこに行こうか。

 

 

 

 

ニュージーランドで外乗8

モーテル周辺の町並み

私たちが泊まったモーテルの全景。 最後の日は時間にゆとりがあったので、この周辺を散歩する。

モーテルの隣りにある、新しそうな住宅。
黄色のフタのゴミ箱がアクセントになって楽しい雰囲気。

すぐそばにちょっと歴史を感じさせる住宅がある。
アジア系の男の子がスケートボードで遊んでいた。

その住宅が並んでいる間に、路地のような細い道がある。この道を抜けると、 広い道路と大きな住宅が並ぶ町並みがある。

ガレージが二つあるような家がならんでいる。 ここは高級住宅地らしい。日本円で数千万円の住宅だそうだ。 だからオークランドの市内のようなホームレスの姿もない。

あじさいの花や、桔梗のような花が咲いている。ここはこれから初夏を迎える。

大きな木がモーテルの庭にあった。

オークランドの歴史を調べてみると、ウキペディアによると
**************

1839年9月からはヨーロッパ人の入植が始まり、翌年1840年2月6日にはマオリ族とイギリス政府が「ワイタンギ条約」を締結して、正式にニュージーランドがイギリスの植民地となった。 この時、イギリス海軍のウィリアム・ホブソンがニュージーランドの初代総督となった。オークランドの町が建設された土地はマオリから総督のホブソンへ友好の証として寄贈された(JTBのガイドブックには6ポンドで買い取ったとある)。ホブソンはワイテマタ湾の南岸に大型船が停泊できることを見つけ、そこを1841年にニュージーランドの首都と定めてオークランドと名づけた。この名前は、当時インド総督を務めていた政治家の初代オークランド伯爵ジョージ・イーデンに由来している。・・・1865年に首都はウェリントンへと移された。第二次世界大戦がおわった1945年以降、太平洋諸島の数多くの人々が移住し、1996年にはオークランドの人口が100万人を突破した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニュージーランドの歴史は新しい。先住民族との軋轢はどのようなものだったのだろう。今回の旅行は乗馬にしぼったものだったので、社会的なことについてふれる機会はなかった。ただテレビで、

 

マオリ語の放送が流れていた。NHKの教育番組のような内容で、マオリ語で進められている。これまで私が馴染んだことのないリズムで踊りを踊ったり、パフォーマンスがなされている。文化というのは多様だなあ、とあらためて思う。
ニュージランドの国技であるラグビーの、ニュージランド代表(オールブラックス)のハカは、マオリ族の伝承と言われている。(下の写真はウキペディアから)

朝の散歩も終え、日本への帰国の準備をする。

空港まで私たちを運んでくれたバスの運転手さんは日本人の女性だった。
私たちのトランクをバスの中にのせてくれたのも、この女性だった。
「重くて大変でしょう」と声をかけると
「私は見かけより丈夫で力があるんですよ」と笑って答えた。
この人も長い間ニュージーランドで働いているそうだ。
オランダで乗馬のレッスンをしているクレインの指導員さんの話のように、外国での仕事では私の想像できないようなストレスがあるだろうなあ、と感じた。
おもわず「ありがとう」と感謝の声が出た。

オークランドの空港へ

空港に向かうバスから見えるオークランドのビル群。

空港に到着。 搭乗手続きを済ませ、JTBが用意した日本食の弁当を食べる。
時間は12時をすぎている。

これは何弁当というのだろう。幕の内弁当らしい。
お茶も日本から空輸されたものだった。

日本食を食べさせるレストランでの幕の内弁当による昼食。

here ra というのが、マオリ語でgoodbye さようならという意味だそうだ。

ニュージランド航空の飛行機が飛び立った。シルバー・ファーンのロゴマークが鮮やかに見える。

さあ香港まで11時間の旅が始まる。

どんな映画を見ようかな。

 

 

ニュージーランドで外乗7

外乗二日目の午後

昼食を食べ、休憩をしたあとは同じ道を帰ることになる。 どれだけ駆け足をするのかなあと楽しみ半分、不安半分。 クレインの指導員さんから、左の腰をもっと前に出すように座るようにとアドバイスをもらう。 かなり右に体重がかかりバランスを崩しているそうだ。

さてここからはPakiri Beach Horse Rides のホームページの写真を拝借して紹介する。

広くて、白い浜辺。ほとんど人の姿が見えない。 釣りをしている人がいたが、浜辺で遊んでいる人影はなかった。

速歩よりも駆け足の回数が増える。 左足に重心を置き、左腰を前に出す。 手綱は引っ張らずに、馬の動きにあわせてゆるめに持つ。

写真のような駆け足をする馬が十数頭。浜辺から見たら壮観だろうなあ。
途中で後ろの馬が先頭近くまで走ってくることもあり、馬も少し興奮しているのか、あるいは乗っている人が興奮してしまったのか、ストップの号令がかかる。

私は先頭から2番め、インストラクターのすぐ後ろを走っているので、ただただ落馬しないことを考えながら、体のバランスが崩れないように駆け足で走る。

浜辺のはしまで来て林の中に入る。ふーっとため息が出る。
さあ林の中をトレッキングしてもとに戻る。
ここからの写真は私のiPhoneで撮ったもの。

馬から荷物をおろしてホット一息。馬たちはさっさと自分で厩舎の方へ歩いて行く。

ごろんとひっくり返って砂浴びをしている。自由だなあ。

草原に割いている白い小さな花を見ながら、バスに乗ってモーテルに戻る。

モーテルにもどりシャワーを浴びて夕食までのしばしの休憩。
チャーターしたバスに乗ってレストランへ。

乾杯をして食事を始める。 ビュッフェスタイルで、新鮮なカキからお肉、アイスクリームまで食べ放題。

現地ガイドさんに「アイスクリームがおいしかった!」と言うと、
「そうでしょ! おすすめなのです」 と親指を立てて嬉しそうな顔。ここはお祝い事でよく使われるレストランだそうだ。なるほどそういえば、マオリ族の家族らしい人たちが、おばあさんの80何歳かのお祝いをしていた。大きなバルーンなどがテーブルの周りを飾っていた。
現地ガイドさんによるニュージランドの人柄は、「たいへん人なつっこい」そうだ。ニュージランドに来たばかりの時、夜の町を歩いて帰っていると「送ってあげようか」とか「食事していかないか」と声がかかるのでびっくりしたという。最初は不安だったけれど、それが国民性ということがわかってきた、と言っていた。
クレインからの二人の指導員さんのうちの1人も、このツアー中で添乗員さんを待つために夜の街に出たら、「一緒に飲みに行かないか」とカップルが乗った車から声をかけられた、という話もされた。指導員さんはことわったそうだが、たしかに外国で見も知らない人から声をかけられたら、ちょっと不安になると思う。

今回の外乗したビーチのグーグルからの写真。この海岸線を走った。
馬の写真は下記のホームページなどからの引用。

https://www.newzealand.com/in/plan/business/pakiri-beach-horse-rides/

 

ニュージーランドで外乗5

海岸を走る

のんびりと休憩中の馬。 これは私がiPhoneでとった風景。
さあ午後のトレッキングの開始。

午後は海岸を走ったが、私たちの様子を写した写真は残念ながらない。午前に落馬があったので、カメラを出すことはとてもできない。Muriwai Beach Horse Treks Aucklandのホームページからよく似た場面を拝借して紹介する。

林を抜けて海岸に出る。松の木らしい木の根っこがいたるところにある。

まずは並足で海岸を歩く。広い海岸。人の姿もほとんどみえない。

上の写真のような犬がずっと私たちのトレッキングについてきた。犬はなれているらしく、先に走っていったり、戻ってきて横を走ったり、水を入れた桶のような容器があると、中にはいって水浴びをしている。本当に自由で楽しんでいるみたい。

海岸の後半では、少し速歩で走る。
身体が右の方に振られるようなってお尻が浮く。
添乗員さんから「左足に重心をおいて」と言われる。
クレインの指導員さんからは「右足のあぶみの長さを短くしましょう」と縮めてもらう。そうすると体重が左足にかかるようになる。
落馬しないようにと気をつけながらも、海岸線を速歩を交えて走ることができた。

わたしの乗った馬ストロベリー、妻の乗った馬ブレンダと先頭を走った女性インストラクターとの記念写真を撮る。

ニュージーランドの子どもたちは小学生から馬に乗っているという。
バスでここに来る時に窓から見えた学校には、馬や羊が放牧されている農園のような敷地が付属してあった。学校の中でも馬に乗れるようになっているのかもしれない。私たちが乗馬の練習をするために郊外に出ていく環境とは、全く違うのだ。

ここからバスに乗って宿舎のモーテルに戻る。
シャワーを浴びて(この部屋にはバスタブがなく、シャワーで体を洗う。)、夕食に備える。

モーテルから歩いて十数分のところに小さな町がある。 そこにあるタイ料理店で夕食。ニュージーランドにはアジア系の人が多く移民して商売や生活をしているそうだ。ここもそうなのだろう。

いろんな肌の人達がいる。髪の色もバラエティ。

全員がそろっていないなあと思う。聞いてみると、私たちと違うグループでも落馬があったそうだ。私たちのグループで落馬した人も含めて、検査と手当をしてもらうために病院へいっていることがわかった。大事がないようにと、みんなの思いは同じ。

ビールで乾杯。飲めない人はお水やソフトドリンクで。
料理もバラエティにとみ、いろんな味が楽しめた。

デザートも付いていて、外乗の疲れがとれる。アルコールと美味しい料理で身体が重くてモーテルまで歩いて帰れるだろうか。みんなそんな思いがあったようで、モーテルからバスのお迎えがきた。ありがたいありがたい。

クレインからの指導員さんからの話が印象に残っている。
それは現在オランダで研修中の指導員さんで、日本人が外国で乗馬練習する時のストレスのこと。
広くない練習場なので、馬の行き違いの誘導が大変で、ぶつかりそうになるそうだ。
日本なら気配りをして、お互いに譲り合って馬を誘導するところが、オランダでは全くそんな空気を読むことはないらしい。馬と馬のすき間を狙って練習場に入っていかねばならない。ぶつかると抗議の声が聞こえる。そのストレスが日本では体験したことがない、と言っていた。神経を太くしないとやっていけない、と笑って言っていた。なるほど、国民性というか、大陸と島国の違いというか、いろいろあるのだなあ、と感心しながら聞いた。

明日はまた違うコースでの外乗。
お天気は昨日より雲が多そう。雨にならないようにと思いながらモーテルに帰る。

 

 

 

 

ニュージーランドで外乗4

外乗 一日目

このモーテルには食堂がない。最初のプランでは近くのレストランに行くと書いてあったが、営業時間との関係で朝食は各自の部屋で食べることになった。 冷蔵庫にあるパン、ジャム、牛乳、ヨーグルトなどで自分のお好みの焼き方、食べ方でどうぞ。

部屋には冷蔵庫、電磁調理器、電子レンジ、トースター、湯沸ポット、ナイフとフォークのセット、簡単な食器がそろっている。アウトドアのためのモーテルのようだ。
材料さえあれば、簡単な調理ができるようになっている。
パンなどは前日に冷蔵庫に用意されているが、近くにコンビニやスーパーマーケットがあり、時間があればここで食事が作れそうな感じ。でもわたしたちにはその時間がない。ということで用意されているもので朝食をつくることになる。

これがモーテルの入口付近。

モーテルの全容。といっても2台のバスでよくわからないが・・・。このバスに乗って二つのグループに分かれて目的地に移動する。 外乗するのはニュージーランドのオーストラリア側と太平洋・南アメリカ側の二つの場所。日を変えて交代で場所も変えるわけだ。

モーテルに面している道路の反対側に学校があった。
PINEHURST SCHOOLという文字が読める。小学生から高校生ぐらいの子どもたちの姿が見える。 親(と思う)が車で送ってきている。大きなスクールバスがやってくる。黄色いプレートにSCHOOLと書かれていた。

モーテル前の茂みに黒い鳥がいた。
ニュージーランドでよくみかけた鳥。名前はブラックバード。そのまんまんまだね。
在来の鳥ではなく、ヨーロッパから移入した鳥だそうだ。

さあ出発。

私たちが今日いく場所は、Muriwai Beach Horse Treks Auckland というところ。車で約45分とガイドブックには書いてあった。

到着。ここがMuriwoi Beach Horse Treks Auckland. 馬を運ぶトラックがあった。
ここで馬に乗ってトレッキングに出発する。

準備は万全に

乗馬中は写真は取れない。iPhoneはウエストポーチに入れているが、動きながらカメラの操作はできない。 以前にモンゴルで外乗した時、両手を放してカメラを出そうとした人が、ファスナーの音にびっくりした馬が急に走り出して落馬するのを見たことがある。馬がどんな音にびっくりするのかを注意して聞いておかないととんでもないめにあう。

私たち以外の人の服装を見てびっくり。 全員が乗馬ブーツをはいている。自分のヘルメットを持ってきた人も多い。プロテクターをしている人もいる。
「ムチと拍車はいらない」と言う注意は、「それ以外は自分で用意しなさい」と読み取らなくてはいけなかったのだ。
もし普通のズボンで、運動靴できていたらどんな風に見えたのだろうかと思うと、ちょつと恥ずかしかった。
借りたヘルメットも頭にフイットしない。昼休みの時に、タオルを入れて調整するがもうひとつ、と言う感じ。

さてここからのトレッキング中に私が撮った写真はない。スタッフの人が撮ってくれていると思ったが、特にあとから写真をもらえるということはなかった。ということで、行程などはMuriwoi Beach Horse Treks Aucklandのホームページより写真を拝借する。

午前中は山の中。林の中のトレッキング。写真のように見通しのある広場もあるが、林の中を、すすんでいくかなりワイルドな行程。だんだんなれてくると、「ここから速歩で行きます」とインストラクターの声。
下の写真のような林の中の細道を速歩で走りはじめる。
「こんなの初めての経験・・・」と驚きながら馬を走らせる。
少々の坂道も馬は速歩で駆け上がっていくのにもうびっくり。

頭の上にある枝がヘルメットが当たったり、木の枝に足のすねをぶっつけたり、こすったりして思わず「痛い!」と声が出ることも。
飛び出している木の枝に、たすき掛けをしていた肩ひもがひっかかり落馬した人がでた。荷物はウエストポーチにしておいてよかったと思う。

山の上で昼休み。ここから4枚の写真は私がのPhoneで撮ったもの。ここでサンドイッチとクッキーと果物・お水のランチタイムでしばし休憩。いいお天気だ。

馬たちも牧草を食べての昼食休憩。乾燥した牧草は独特の匂いがあった。

出発前に水を飲ませる。本当のことを言えば、馬たちが水が飲みたいので勝手に水のある場所に行ったということ。

右足のふくらはぎが痛いので昼休みに見ると、赤く縦にすじがいっている。
馬の鞍を止めている金具が鞍の両側にあるのだが、その金具が足のふくらはぎを圧迫していたようだ。
乗馬用のブーツをはいていたらこんなことにはならなかっただろう。「乗馬用のブーツはそのためにあるのか」とあらためて感心する。痛み止めのためにタオルをふくらはぎに巻きつけて乗馬ズボンをはきなおす。このおかげで後半は、それほどの痛みを感じなかった。

この馬が私が乗った「ストロベリー」と言う名前の馬。馬車馬のような体型。
身体が大きくて、足は長い毛がおおっている。
馬力は強そうだが、のんびりと列についていく。クレインから来ている指導員さんから「あいだを開けないように」と何回か注意を受ける。
午後からの走りの時に、最後尾(といってもストロベリーの後ろに、クレインからの指導員さんと現地のスタッフの馬がついていたが)を走ることになる。
後半の様子は次回に。

https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g2599027-d4263423-Reviews-Muriwai_Beach_Horse_Treks-Muriwai_Beach_North_Island.html