愛蘭土紀行 その14

「赤毛のアン」と「ナルニア国物語」

イギリス領の北アイルランドから南のアイルランド共和国にやってきた。アイルランド共和国というのは正式名ではないが、日本ではアイルランド、アイルランド共和国の両方が使われているので、このブログではアイルランド共和国としている。

さて、北アイルランドは「ナルニア国物語」の作家C.S.ルイスに関係する地であり、物語の舞台のモデルになったのではないかと言われる場所もあった。ところでこのツアーを企画した松本侑子さんといえば「赤毛のアン」の翻訳で有名な人。「赤毛のアン」と「ナルニア国物語」の関係はどこにあるのだろう。少し考えてみた。

ナルニア国物語は全7巻の物語である。
出版の順と、物語の時代順とは違っている。作者のC.S.ルイスの意向もあり、最近は物語の時代順に出版されることが多いそうだ。

左は光文社文庫のナルニア国物語2。
題名は「ライオンと魔女と衣装だんす」で、これは原作のThe Lion, the Witch and the Wardrobe からきている。
しかし岩波書店の瀬田貞二訳が定着しているので、私は「ライオンと魔女」という題でなじんでいた。

7巻目は「さいごの戦い」The Last Battle

ここで物語は終わる。私は読んでいて「えーっ、こんな終わり方ってあるんか?!」
とびっくりして、もう一度最後の部分を読み返した。
いやいや、少年少女が喜んで読んでいる小説で、こういった締めくくりを最後に持ってくるなんて・・・という疑問を松本侑子さんに尋ねると、

「それはジョージ・マクドナルドの『北風のうしろの国』の影響です。」とおっしゃる。

私は日本に帰ってからその「北風のうしろの国」を読んでみた。
この話は、やさしいダイアモンド少年と北風との心温まる交流を描いた、古典的名作。ジョージ・マクドナルドはC.S.ルイスや『指輪物語』を書いたトールキンに影響を与えた人物と言われている。
「北風のうしろの国」の話の展開や内容はここでは省略させていただく。
 読んでみると、たしかに「ナルニア国物語」のラストは、「北風のうしろの国」の最後の影響を受けていると思った。

さて、そのジョージ・マクドナルドの「北風のうしろの国」と「赤毛のアン」とは関係があるのだろうか。

松本侑子さんは「ある」とおっしゃる。「モンゴメリーはジョージ・マクドナルドの『北風のうしろの国』を読んでいた」ともおっしゃっていた。
左の本は「アンの幸福」。
大学を卒業したアンは、サマーサイドの校長となる。レドモンド医科大学で学ぶ婚約者ギルバートにあてた手紙が中心になっている。
ここに「北風のうしろの国」がでてくるのだ。

 

「以前からあたしはジョージ・マクドナルドのあの美しい昔話に出てくる、北風といっしょに飛んで行った男の子がうらやましくてなりません」(訳注「北風のうしろで」英国の作家ジョージ・マクドナルドの作。1824〜1905)
                             P26〜P27

この本は平成24年10月15日 六刷の奥付があり、村岡美枝・村岡恵理さんの「改訂にあたって」という文章がついている。

「北風のうしろの国」は1868年から2年間子どもの読み物雑誌に連載され、1871年に出版されている。
「アンの幸福」は1936年に出版されていて、アンの年齢は22歳〜25歳、物語の時代設定は1888年〜1891年頃である。
ちなみに作者のモンゴメリは1874年生まれで、1942年に亡くなっている。

こういったことから、「赤毛のアン」の作者モンゴメリ自身がジョージ・マクドナルドの「北風のむこうの国」を読んでいて、それが「アンの幸福」に反映されているというわけだ。

ネットで「赤毛のアン」と「北風のうしろの国」を検索していると次のような記事がヒットした。産経新聞のホームページにリンクしている。

https://www.sankei.com/life/news/180923/lif1809230046-n1.html

赤毛のアン」色あせぬ魅力 出版から110年 くすぐる大人の知的好奇心

 
カナダの女性作家、ルーシー・モード・モンゴメリ(1874~1942年)の小説「赤毛のアン」が米国で出版されて今年で110年。来月、モンゴメリの孫娘が製作総指揮を執った映画が公開されるほか、人気作家による翻訳絵本刊行など、日本でも根強い人気が続く。長く読み継がれるアンの魅力を調べた。 (永井優子)
 
・・・・・略・・・・・

平成5年に詳細な注釈付きの全訳を刊行し、現在までにアン・シリーズ3冊の翻訳(集英社文庫)がある作家の松本侑子さん(55)は、両親を亡くし、厳しい境遇で育った少女が、「未来に夢を持ち、自分の力で人生を切り開いていく力強さがすばらしい」という。一方で「中年を過ぎたマシュウとマリラが新しい幸福をつかむ後半生への生き直し、成長の物語でもある」と魅力を語る。

 翻訳を手がけて以来、訴えてきたのが、「20世紀カナダ英語文学の作家」という側面だ。「赤毛のアン」には、シェークスピアやアーサー王伝説など、英米文学と聖書の名句が100カ所も引用されている。英ビクトリア朝の詩人、ブラウニングの題辞に始まり、「神、そらに知ろしめす、すべて世は事も無し」という上田敏の名訳でも知られる詞章で巻が閉じられる。カナダの社会状況との関連も含め、謎解きのようなおもしろさがある。

 

 

 

 

 

愛蘭土紀行 その8

ダンルース城

 

ナルニア国物語のケア・パラベル城のモデルではないかといわれている、このダンルース城について、現地ガイドのナオコさんが書いているブログが大変参考になる。

http://naokoguide.com/blog-entry-3046.html

そこから一部引用させていただく。

「C.S.ルイスは1901年、3歳の夏に、お母さんに連れられて兄と共にダンルース城近くの海辺の町、キャッスルロック(Castlerock)を訪れています。その後も2度の夏をそこで過ごしているので、おそらくその時にダンルース城を訪れたのではないかと思われます。
しかし、大好きだったお母さんとは、たったの9歳で死別。その後のルイスの人生に大きな影を落とすことになります。
ダンルース城を含むアイルランド北海岸は、お母さんとの限られた思い出がいっぱい詰まった、特別な場所だったのかもしれませんね。」

「ちなみに、ナルニアの城、ケア・パラヴェル(Cair Paravel)の「ケア(Cair)」とは、「要塞」とか「城」を表すアイルランド語。
ケルトを意識して『ナルニア』を読み返したら、いろいろは発見がありそう。」

「ダンルース城の歴史にもちょっと触れておきますね。
城の発祥は13世紀にさかのぼりますが、現在の建物は1500年頃、マッキラン(McQuillan)一族が建てたもの。1550年頃には海の向こうのスコットランドから勢力を伸ばしてきたマクドネル(MacDonnell)一族の手に落ち、彼らのアイルランド支配の拠点となります。1600年代初めなると、小さな城下町にまで発展したそう。
実際に、ここからスコットランドは海の向こうに肉眼で見えるほど近く、40~50キロ程でしょうか。当時、緊急時にのろし火をたいてスコットランドの親族に合図を送ると、ガレー船をこいで援軍が駆けつけた…というのもうなずけます。」

 

中には資料が展示されている建物があり、昔の様子が想像できる。

上の左の写真は、台所ではないかといわれているところ。右の写真のようにして食事を楽しんでいたのだろう。

ダンルース城はナルニア国物語のケア・パラヴェルのモデルではないかと言われている。
ナルニア国物語では、ケア・パラヴェルはこんなふうに説明されている。

「・・・何キロも先の方に、海が見えた。海のかなたに空が広がり、群雲が沈む夕日を受けてバラ色に染まっていた。ナルニアの国土がちょうど海と出会うところー大きな川の河口にあたる場所ーに小さな丘があり、キラキラと輝くものがみえた。輝いて見えたのは城で、西日を受けた窓という窓に光が反射したせいなのだが、ピーターの目には海辺に大きな星が降りたように見えた。
『見るがよい』アスランが言った。
『あれが4つの王座を持つケア・パラヴェルだ。・・』」
(ナルニア国物語2 ライオンと魔女と衣装だんす)

 そしてそれから1300年後(ナルニアにとっての時間)、四人は再びナルニアによびもどされる。そこて四人が見たのは廃墟となった城だった。

『いいかい』ピーターがあらたまった口調で言った。『そろそろ、みんな、頭を働かせてもいい頃じゃないか?」
『どういうこと?』エドマンドが言った。
『ここがどういう場所か、だれも気づいていないのかな?』
『続けて、続けて』ルーシーが言った。『さっきからずっと、この場所には何かすごい秘密があるような気がしてたのよ』
『話して、ピーター』エドマンドが言った。『みんな聞いているよ』
『この場所はほかでもない。ケア・パラヴェルの廃墟なんだ』
(ナルニア国物語4 カスピアン王子)光文社文庫 土屋京子訳

ピーターたち四人が見たケア・パラヴェルは、今私達が見ているダンルース城のようだったのかもしれない。

上の絵は「This is Ireland 」という絵本からの引用。(作 ミロスラフ・サセック、ブルース・インターアクションズ出版)

周りは緑の牧草地。白く見えているのは、羊、羊、羊、羊・・・・
いったい何頭いるのだろう。
外務省のホームページを見ると、世界で一番羊を飼っているのが中国。約1億6000万頭以上らしい。イギリスは約3400万頭と書いてある。アイルランドもそれくらいはいるだろう。
といってもここはイギリス領の北アイルランドだから、上の数字には私達が見た羊が入っているのかもしれない。

さあ、これからはバスに乗ってそばにあるらしいジャイアンツ・コーズウェーに向かう。