生きのびるために

この本は映画「ブレッドウイナー」の原作の本。

本のカバーに内容が紹介してある。
「タリバン政権下のアフガニスタン。女性は男性同伴でなければ、一歩も外へ出られない。父をタリバン兵に連れ去られ、食料もつきたパヴァーナの家族が生きのびる唯一の道は?
家族を飢えから救うため、11歳の少女パヴァーナは髪を切り、少年となってカブールの町で働き始める。
難民キャンプで取材したアフガン女性の話をもとに、タリバンに支配されるカブールのようすと人々の暮らしを描く。」

映画とは少し違うが、アフガニスタンの様子がよく伝わってくる。私の知らないことが多い。そのことを知らされる本だ。パヴァーナとショーツィア、二人の少女はどうなるのだろう。続刊を読まずにはいられなかった。

父親をなくしたパヴァーナがどのように生きていくのか。
表紙のカバーから一部を引用すると
「廃墟となった村には、生き物の気配がまったくなかった。立ちつくすパヴァーナの耳に、かすかな風に運ばれて、か細い泣き声が聞こえてきた。子ネコだろうか。村はずれの家から聞こえてくるようだ。・・・略・・・・子ネコではない。部屋のすみにいたのは、赤ん坊だった・・・。たびかさなる戦乱で荒廃したアフガニスタン。家族を探して荒野をさすらう少女が旅の途中で見たものは?」

パヴァーナと赤ん坊のハッサン、地雷で足をなくした少年アシフ。3人の困難な旅と戦いが綴られていく。この子たちに安住の地はあるのか。やっとパヴァーナの母親と出会うことができた。しかしショーツィアとの約束は果たせるのだろうか、このシリーズは続く。

母親と再会したパヴァーナは、難民キャンプのそばに建てられた「レイラの希望の学校」で学びながら働くことができるようになる。しかし女性が学ぶことを良しとしない人たちは、学校で働くもの、学ぶ人たちに偏見と差別と迫害の目を向けてくる。
母親を殺され、テロリストと疑われたパヴァーナ。

私には信じられない世界がここにはある。戦争の悲惨さという一言でくくれない、人間の醜さがアフガンにあることをつきつけてくる。
宗教は人を救わないのか。
そんな疑問が湧いてくる。
小説は後半にパヴァーナとショーツィアの再会が描かれる。フランスに行くことを夢見ながら「その前に、もう二、三人くらい女の子を助けることもできるわね」。
アフガンの少女の元気な顔がうかんでこの三部作はおわる。
しかし現実はまだまだ闘いの最中にある・・・。

このシリーズのもう一人の主人公、ショーツィアの物語。
この本のカバーにある内容の紹介。
「タリバン政権下のカプールで髪を切り少年となっていたショーツィアは、アフガニスタンを脱出し、パキスタンの難民キャンプにたどり着く。だが、泥かべに閉じ込められた生活には何の希望もない。フランスへ行く夢を実現させるため、ついには愛犬とともにペシャワールで路上生活をはじめる少女に、さらに過酷な現実がまっていた。・・・」
前作で書かれていたように、ショーツィアはパヴァーナと再開する。それまでの物語だが、この二人は頑固で、真っ直ぐで、へこたれない。それがこの地で生きる女の子の凄さなのだろうし、そうであってほしいという、作者の願いなのだろうと思う。

「きみ、ひとりじゃない」は、これまでのシリーズとは全く違う話。不法移民となった3人の若者を描いた物語。
クルド人のアブドゥル、ロマをルーツに持つロザリア、ロシアの軍事学校を逃げ出してきたチェスラプ、孤児となったイギリス人のヨナ。それぞれが重い過去を持ちながらあたらしい世界をめざして海を渡る。
映画やアニメーションの脚本になるかのような怒涛のような展開だ。
たどり着いたイギリスの現実も厳しい。そんな若者を支えるのがトランペットでありビートルズなどの音楽。
またロマへの差別と偏見、ナチスによる大量虐殺があったことをあらためて知ることもこの本でできた。

「9時の月」はこれまで紹介してきた本の中では一番新しい本。2017年7月第1刷発行となっている。

「15歳のファリンは、イランの首都テヘランの名門女子校に通う裕福な家の一人娘。学校では孤立し、運転手付きの車で家と学校を往復するだけの鬱屈した毎日を送っている。だが、美しいサディーラが転校してきたことで、フィリンの日常は一変する。
親友となった二人は、学校だけでなく休日も行動をともにするようになり、互いを想う気持ちを深めていく・・・」
ここを読む限り日本でもありそうな話だが、この本を読みイランの現実をしり、私は大きなショックを受けた。

作者のあとがきには、「イランの同性愛者人権グループ、ホーマンによると、1979年以来、4000人以上のレスビアンとゲイが処刑されています。同性愛者に対して死刑を科している国は、イランだけではありません。2013年末の時点で、サウジアラビア、モーリタニア、スーダン、イエメン、ナイジェリアの一部とソマリアの一部も同様の刑罰を科しています。・・・」
私には信じられないことだ。しかしコンピューターの父と言われるアラン・チューリングはイギリス人だが、同性愛者ということで逮捕されている。1952年のことだ。人間の意識や人権の意識は時代とともに変化していることは確かだが、今も死刑が存在することに驚きと恐怖も覚えた。
作者のデボラ・エリスさんは、本の印税をストリートーチルドレンやアフガニスタンの女性のために活動するNPOに寄付しているそうだ。

私の知らないことがまだまだ多い。
もう少し知る努力をしなければならない、と思った。

 

The Breadwinner ブレッドウイナー

ブレッドウィナー、「一家の稼ぎ手」となったパヴァーナの物語。

この映画のポスターには次のような説明がある。
「2001年アメリカ同時多発テロ事件後のアフガニスタン、カブール。11歳のパヴァーナは、お話を作って聞かせるのがとても上手な女の子。しかしある日、父がタリバンに捕まり、パヴァーナたちの暮らしは一変、女性一人での外出が禁じられているため、パヴァーナは髪を切り「少年」になって、一家の稼ぎ手(プレッドウイナー)として町に出ます。パヴァーナが目にした新しい世界とは? 家族たちの運命は・・・・?

この映画のカタログに原作の紹介が載っている。 「原作者 デボラ・エリス  ・・・平和活動家として世界中を旅行し、戦争・貧困・病気・差別などによって困難を強いられている子どもたちを取材している。1997年と1999年の二度に渡ってパキスタンのアフガニスタン難民キャンプをおとずれ、たくさんの女性や子どもたちから聞き取り調査をして書いたのが、本作の原作となる「生きのびるために」、続編「さすらいの旅」「希望の学校」と合わせ、世界17カ国で翻訳、出版されている。・・・本の印税をCanadian Women for Womeh in Afganistan (アフガニスタン女性のためのカナダ女性)、ストリート・キッズ・インターナショナル、IBBY(国際児童図書評議会)のChildre in Crisis Fund (困難にある子どもたち基金)、ユニセフに寄付している。」

私はこの映画を見るまでに、アフガニスタンの現実を考えたことはなかった。
そこで生活している人たち、とりわけ子どもたち、そのなかの女の子たちのことは全くと行っていいほど考えたことはなかったし、映画の中にある事実は知らなかった。
「ボーッと生きてきた」自分に痛烈なパンチだった。

この映画のことは昨年新聞で知った。そこにアニメーションはアイルランドの「ブレンダンとケルズの秘密」を作った会社が担当した、と書いてあった。この「ブレンダンとケルズの秘密」の映画を子ども向けの本にしたのが右の本。私がアイルランドで買ってきた本だ。
これは見に行かなくては、とその時に思った。大阪での公開は1月からということで楽しみにしていたが、なかなか日がとれず、映画館もテアトル梅田だけだったのでずるずると2月になってしまった。上映時間も最初はお昼の12時ぐらいからだったのに、2月の2週になると夜の9時からになっていた。これは無理かなとあきらめかけていた。ネットで調べてみると、京都で昼に上映していることがわかった。

京都の出町柳駅のそばにある「出町座」だった。
すずさんが迎えてくれた。
はじめての映画館だったが、喫茶や本の紹介もあり、マニアにはたまらないだろうなあ、という雰囲気満点の映画館だった。土曜日の3時頃だったが、20人くらいの入りだった。この日の京都はコロナウィルスの影響か、外国人観光客の人や観光バスも少なく、鴨川も昔の京都らしい風情があるように感じられた。

怒りではなく言葉で伝えて、花は雷でなく雨でそだつからー

この映画では「物語」が重要な役割を果たしている。パヴァーナが弟や家族に話す物語は、映画のストーリーと並行しながら、困難の中に希望を見出す力があることを示している。映画の中にも紹介される「怒りではなく言葉で伝えて」「花は雷ではなく雨で育つから」、怒りに満ちたヘイトスピーチや爆弾やミサイルでは何も育たない、人の口から語られるれる民族の歴史から生まれる物語は、人の心を癒やし、力づけるのだと思う。詳しい映画のストーリーは書かないでおこう。
映画を自分の目で見て感じてほしい映画だから。

この映画で私の心をうったのは、パヴァーナの声だった。力強くて、優しくて、前を向いている声だった。カタログを見ると、声優はサーラ・チャウディリーというトロントに住むインド系カナダ人で、「レ・ミゼラブル」のトロント公演で、コゼットの子供時代を演じたという。この映画の声優を務めたのは12歳の時だという。
いずれDVDになったとき、ぜひもう一度見てみたい映画だ。
そしてこの映画の原作となった「生きのびるために」を是非読んでみたいと思った。

 

*新聞に紹介された映画「ブレッドウイナー」の記事。