アイルランド独立戦争

カルチャー講座も第5回目となった。 今回のテーマは「第1次世界大戦とアイルランド独立」。
「アイルランド独立」については恥ずかしながら知識がなかったので、とても良い勉強の機会となった。独立戦争について私なりに理解できたことをまとめておこう。

アイルランドの独立については、知ればしるほど大変なことに気づく。現在のアイルランドにまだまだ、様々な影響を与えている。
「アイルランドはケルトの国、妖精の国」などという甘いイメージに染まっていた私にショックを与えてくれた映画が左の映画。講義の中で紹介のあった、映画「マイケル・コリンズ」だ。(写真はYahoo の映画紹介から引用)。
この映画で、アイルランド独立戦争時代のことがわかった(ような気がする)。アイルランド独立に向けての血のにじむような(実際多くの人が犠牲になった)努力と情熱と、戦いがあったことがよくわかる映画だった。

アイルランド独立への道
1171年 イギリスによるアイルランド征服               1649年 クロムウェルの侵略                     1690年 ボイン川の戦い(イギリス側の勝利、イギリスの圧力強化)   1798年 ウルフトーンの乱 3万人の死者といわれている。       1801年 連合法によりイギリスに併合される。             1829年 ダニエル・オコンネルによる「カトリック解放法」                         

ダブリン市内にある「ダニエル・オコンネルの像」。私が見たときには、オコンネルの頭に白い鳩がとまっていた。
アイルランドのカトリック教徒は、公職から締め出されていて、国会議員や大臣、裁判官などの国の重要な地位につくことは許されていなかった。これと戦ったのがダニエル・オコンネルであった。カトリック教徒解放法によって、ほとんどの公職がカトリック教徒にも認められるようになった。しかし民族問題としてのアイルランド問題が解決したわけではなかった。

1914年 第一次世界大戦起こる
1916年 イースター蜂起                       
1919年〜1921年 アイルランド独立戦争              
1921年 英愛条約 (北部6州を切り離して独立)           
1922年〜23年 アイルランド内戦                  
1968年〜98年 北アイルランド紛争

アイルランド独立への機運が高まっていくのだが、1914年に第一次世界大戦がはじまる。アイルランドの独立のために、という考えで多くのアイルランド人がイギリス軍に参入していった。その数は30万人といわれ、戦士したアイルランド人は約5万人になったと山下直子さんの講義での説明があった。
丁度そのときにイースター蜂起、アイルランド独立戦争が起きた。

上の写真は、イースター蜂起のときに作られた「アイルランド共和国宣言」。この写真はトリニティ・カレッジの図書館に展示されていたもの。イースター蜂起100周年を記念してアイルランド政府は多くの国の言語で翻訳したそうだ。アイルランド大使館のHPに日本語訳があることを山下直子さんから紹介があった。

 https://www.dfa.ie/irish-embassy/japan/news-and-events/2016/the-1916-proclamation-in-japanese/

イースター蜂起、アイルランド独立戦争を経て、1921年にイギリス・アイルランド条約が結ばれる。しかし全島独立ではなく、北アイルランド6州を除くものだったので、そのあと「全島独立を目指すために批准反対側」と「条約をこれからの戦いの一里塚としての批准を目指す側」との内戦が起きる。
この内戦のなかで「マイケル・コリンズ」は暗殺されてしまう。内戦では独立戦争時よりも多くの死者が出たという。内戦は比較的早く収まったといわれているが、後遺症は長く、深く、アイルランドの人たちに残っていると想像される。

第一次世界大戦へイギリス兵として出兵したアイルランド人は、アイルランド独立のあとに故郷に帰ってくる。アイルランド独立のために、と戦いに出たのに、敵国イギリスに協力したとレッテルを貼られ、忘れられた英雄となった。
また、南極探検で有名なスコット隊を協力したトム・クリーンは、勲章をもらったことを家族にも話さなかったという。それはイギリス海軍に協力したことを知られなかったからだという。知られるといわゆる愛国主義者から家族を含めて攻撃されることが予想されたからそうだ。
上の戦没者慰霊庭園は1939年に完成し、第一次世界大戦でなくなった約5万人の慰霊のために作られたのに、公開されたのは1988年だという。あいだに第二次世界大戦があったことも関係があったのかもしれないが、公開までに約50年の歳月がかかっている。それもイギリスに味方をした人を英雄視するのはいかがなものかな、というタブー意識によるものだろうと山下直子さんは說明された。

アイルランド独立を目指していながら、どうして内部分裂とテロと破壊になっていくのかと不思議に思うが、世界の歴史には同じようことが多く起こっている。日本でも明治維新、戊辰戦争などで多くの若者が命を失っている。会津出身の年配の知り合いは、お酒を飲むたびに会津藩の無念さを口に出していた。

長く続いた北アイルランド紛争は話し合いでの紛争解決となった。
現在、新型コロナウイルスの中での総選挙で、内戦の敵味方だったフィネーゲル党とフィナフォーレ党の連立内閣となった。
マスコミは「内戦政治の終焉」と報道され、任期の半分を交代して首相をつとめるそうだ。執務室にマイケル・コリンズの写真と、デ・ヴァレラの写真が並んで飾られるのかとマスコミの話題となっている、というのは山下直子さんの解説。

連立内閣の出現、北アイルランドでのカトリック教徒とプロテスタント教徒の人口の逆転、イギリスのEU離脱によるアイルランド島内の国境や貿易の課題など、アイルランドの統一が少し近づいたのでは、という観測も生まれているそうだ。

歴史と伝統のある国、圧政と抑圧に戦ってきた国、そして豊かな自然とおいしい食べ物と文学者を多く輩出してきた国、さらに妖精の国アイルランド。
日本のほぼ反対側にある国のことがますます知りたくなってきた。

*参考にした資料「アイルランド史」(山川出版)、「図説アイルランドの歴史」(河出書房新社)

 

 

愛蘭土紀行 27

アイリッシュ・ダンス

夕食の会場に向かう途中にダニエル・オコンネルの像があった。上の写真の左。司馬遼太郎さんの「愛蘭土紀行1」にオコンネルのことが書かれている。

「かれが生まれた1775年のころは、すでに英国国教会が前前世紀に成立していて、アイルランドにおけるカトリック教徒がーつまりは庶民がーもっともみじめな時代だった。(P197〜)」。このあとアイルランドの悲惨な歴史が書かれている。たたえば「カトリック刑罰法」「結婚への制約」「カトリックはあらたに土地を購入できない」「収入の1/10を自分の教会でない英国国教会に税として収めなくてはならない」など「しめあげるようにしぼりとられた(P199)」。

「オコンネルが25歳のとき、イギリスはアイルランドを併合した(1800)。
ダブリンで法律家としていたオコンネルは、むろん併合に反対だった。ただかれは暴力的手段を嫌い、あくまでも”併合法を撤回せよ”とさけんだ。・・・・略・・・・
1843年8月15日、オコンネルは、
『タラの丘へ!』
と叫んで、ひとびとをその田園の丘陵の丘にあつめた。歴史的な大集会だった。
(P201〜P202)」

「タラの丘」とはブログ「愛蘭土紀行その17」で書いた、あの「タラ」である。
「タラ」というものが、アイルランド人にとってとても大切なものであることがわかる。スカーレット・オハラが「タラへ帰ろう」と思わず声が出たのもこういった歴史的な背景があるからだろう。

ダニエル・オコンネルの像の頭には、鳩がとまっていた。鳩にとってもここが安心な場所なのだろう。

ここは「アイリッシュダンス」を見ながら、夕食が食べられるレストラン。

ケルティック・ナイトショーが楽しめる場所。アイルランドの人のために、というよりも私達のような外国人の観光客向けの大きなレストランだった。

アイリッシュダンスの歴史を調べるとまたもやイギリスの圧政が登場する。ウィキペディアによると、

「16世紀にイギリスからゲール語を禁止され、踊る事も禁止されて、窓を通して外から見られた時に、上半身を動かさず下半身でリズムを刻むダンスが誕生した おそらくアイリッシュ・ダンスの伝統は、アイルランド伝統音楽との密接な関係の中で発展したものと思われる。誕生はキリスト教が伝わる前で、後に、大陸のダンス形式、とりわけカドリーユから強い影響を受けた。遅くとも1900年代の初めには、旅回りのダンス・マスター(ダンシング・マスター)がアイルランド中に教えて回っていた。」

ここに書かれているように上半身を動かさずにタップを踏むダンスとして有名だと思う。日本で知られいるダンスの団体では「トリニティ・アイリッシュ・ダンス」が有名だが最近は来ていない。ガイドさんの話によると中国で爆発的なブームになり、現在は中国各地をまわっているらしい。中国は広いからなあ、日本にはなかなか来ないだろうなあ、と思っていたら来年2020年6月に日本公演があるとネットで紹介されていた。大阪公演があれば、ぜひ見に行きたいものだ。

http://trinity-japantour.com/

私達は少し奥の席にいたので、写真がわかりにくいかもしれない。民族衣装を来た男女のダンスは迫力があり、アイルランドの音楽も楽しかった。
会場の半数以上はアメリカ人だった。私達のような日本人の団体は2組ほどきていたようだ。

食事もおいしく、アイルランドの最後の夜を楽しむことができた。
アイリッシュ・ダンスのように、伝統に息づく文化は、虐げられたり苦しんできた歴史を背景にしたとき、現在に伝えられている意義は大きいと思った。
そういった文化と歴史を学ぶことができるのが、このツアーだと思う。

さあ、いよいよ明日は日本に向けて出発だ。