ガリバーと踏み絵 3

左の本は Kodansha English Library (講談社英語文庫)のガリバー旅行記「Gulliver’s Travels」。

この本は原文そのままではなく、Retold されている。
本文142ベージ、そのうしろに10ベージ程度の日本語に訳する場合の注がついている。

日本が登場する場面もあり、短いが「踏み絵」のことがわかる記述があった。
この本のPart3に「The  Land  of  Wise Men 」という章がある。そこのChapter6にそのことが書かれている。

 
 I  asked  one  more  thing,  I  knew  the  emperor  of  Japan  did  not  like  Christians, so  all Europeans  in  Japan  had  to  trample  on a   crucifix  or  a  picture  of  Jesus  or  Mary  before  they  
could  trade  there.

I  did  not  want  to  do  this.
”Your Majesty,” Ì  said.   “I  don’t  want  to  trade.  I  am  just  a   lost  man  who  wants  to  go  home.   Please  excuse  me  from   this.”

trample 他動詞 ふみつぶす
crucifix  名詞 キリスト磔刑(たっけい)像の付いた十字架
(オーレックス英和辞典)

キリストがはりつけになっている像が付いた十字架、イエスかマリアの絵をふみつぶすと書かれている、これが「踏み絵」のことだろう。

ガリバーの頼みに皇帝はこたえる。

The  emperor  was  a  little  surprised  but  agreed  to  my  request.
“But don’t  tell  the  other  Dutchmaen,”  he  warned.
“They  wont’t  be  happy.”

「他のオランダ人には言うな」と警告しているのはこれまでの訳にあったとおり。この本ではここまでで、前回のときに紹介したような密告の場面は省略されている。
密告したのは船長なのかボーイなのかわからない。

今度はペンギンブックスの「ガリバー旅行記」をみてみよう。

作者のスウィフトは1667年に生まれ、1744年77歳で亡くなっている。この時代の人としてはかなり長生きしたと言える。
「司馬遼太郎の街道2」という本によると、
『・・・当時としてはずいぶん長生きでした。平均寿命の2倍ぐらいは生きています。・・・長生きには秘訣がありました。まず食べ物が良かった。さらに当時としては珍しくよく入浴し、清潔だった。もうひとつ、よくジョギングをしていました。雨の日は司祭館の3階までの階段を上がり下がりしていたそうです。(P38)』と書かた。

 

I  added  another  petition,  that  for  the  sake  of  my  patron  the  King  of  Luggnagg  his  Majesty  would  condescend  to  excuse  my  performing  the  ceremony  imposed  on  my  countrymen  of  trampling  upon  the  Crucifix,  because  I  had  been  thrown  into  his  kingdom  by  my  misfortunes,  without  any  intention  of  trading.
petition   名詞(神,国王への)嘆願
condescend  動詞(地位・身分が上の人が)(人に)へりくだってやさしく
     (親切にも)・・・する(to do )
impose  動詞 課す、押し付ける、強いる
trample  動詞 踏みつぶす
Crucifix 名詞 キリスト磔刑(たっけい)像の付いた十字架
「踏み絵」のことが記述されているところ。十字架を踏みつけるというように書かれていて、キリストやマリア像の絵のことは書かれていない。
 
He seemed  a  little  surprised, and  said,  he  believed  I  was  the  first  of  my  countrymen  who  ever made  any  scruple  in  this  point  and  that  he  began  to  doubt  whether  I  were  a  real  Hollander  or  no:  but  rather  suspected  I  must  be  a  CHRISTIAN.
scruple  名詞 ためらい、疑念
皇帝(将軍)がガリバーを疑うところ。しかラグナダ国との関係からガリバーの要望に応じる。
 
, but the  affair  must  be  managed  with  dexterity,  and  his  officers  shoule  be  commanded  to  let  me  pass  as  it  were  by  forgetfulness.  For  he  assured  me,  that  if  the  secret  should  be  discovered  by  my  countrymen,  the  Dutch,  they  would  cut  my  throat  in  the  voyage.
 

dexterity  名詞 手際の良さ、機敏さ、巧妙さ
assure  動詞 自信を持って言う。
forgetfulness  名詞 忘れやすいこと、気にしないこと

このforgetfulness が「ついうっかりと」「ぼんやりしていて見逃す」「役人がうっかり忘れたふりをして」という訳文になったのだろう。

しかしオランダ人に首を切られる、というのは納得できない話だが、それくらい「踏み絵」というものが浸透しているということなのだろうか。

Before  we  took  shipping,  I  was  often  asked  by  some  of  the crew,  whether  I had  performed  the  ceremony  above -mentioned?  I  evaded  the  qquestion  by  general  answer,  that  I  had  satisfied  the  Emperor  and  Court  in  all  paticulars.  Howerer,  a  malicious  rogue  of  a  skipper  went  to  an  officer,  and  pointing  to  me,  told  him,  I had  not  yet  trampled  on  the  Crucifix:  but  the  other,  who  had  recieved  instructions  to  let  e  pass,  gave  the  rascal  twenty  strokes  on  the  shoulders  with  a  bamboo,  after  which  I  was  no  more  troubled  with  such  questions.

evade 動詞 はぐらかす、そらす
malicious  形容詞 悪意のある、意地の悪い
rogue  名詞 悪党、ならず者
skipper  名詞 (漁船、小型商船などの)船長
オーレックス英和辞書には上のように、skipper は船長とあった。
しかしペンギンブックスのこの本には注がついていて、skipper → ship’s boy
と書かれている。船長ではなく船に乗っているboy、という注だ。

これで日本語訳に違いが出る理由がわかった。
一般的な辞書では、skipper は船長だ。しかしペンギンブックスの注によると「ship’ boy 」ということで船長ではない。

スウィフトの書いたガリバー旅行記の原文,原作の表記についてはこれ以上私の力では調べられない。ペンギンブックスの本が原作と同じだとしたら、スウィフト時代のskipper の使い方が ship’s boy の意味だったら、「船長ではなくボーイ、船付き給仕」と理解したほうがいいのだろう。

 

 

 

ガリバーと踏み絵

ガリバーは踏み絵を踏んだのか

アイルランドへの旅行が決まったので、なにかアイルランドに関係する小説は?と探すと、スウィフト作の「ガリバー旅行記」があるではないか。
久々に「ガリバー旅行記」に目を通すことにした。
高校の時に「抄訳ではなくて全訳を」と思い読んだことがある。今回は左の岩波文庫と原民喜訳の「ガリバー旅行記」を読むことにした。

今回私の興味を引いたことの一つは、ガリバーが日本に立ち寄ったこと。このことは高校のときに気づいた。そして今回気がついたことは「ガリバーと踏み絵」の関係だ。
ガリバーが日本を訪れた時代は江戸時代。キリスト教が禁止されていた時代だ。岩波文庫(平井正穂訳)を見てみよう。

第三篇「ラピュータ、バルニバービ、ラグナダ、グラブダブドリッブおよび日本への渡航記」がある。その第十一章の最初に要約が書かれている。
『著者、ラグナダを後にして日本に航海する。その地からオランダ船に乗ってアムステルダムに帰り、ついでアムステルダムを後にしてイギリスに帰る。』とある。

1709年5月6日に、ガリバーはラグナダの国王から親書を預かり日本に向けて出発する。15日の航海の後に日本に到着する。親書を持っているガリバーは公式の使節として扱われ江戸に行くことになる。江戸についたガリバーは皇帝(将軍のこと)に拝謁する。将軍はラグナダ国王への信義を重んじて「願いがあればなんなりと申し出るがよい」と声をかけられる。
そこでガリバーが願い出たことは、自分はオランダの商人なので彼らがヨーロッパに帰るときに一緒に帰れるように長崎まで無事に送り届けてほしいことと、

私の庇護者であるラグナダ王との誼(よしみ)に免じて、オランダ人に課せられている例の儀式、つまりあの「踏絵」の儀式を行うことを私に対して免除するという、陛下の特別のご承諾があれば有難い、・・・

と言う。ここで「踏み絵」が登場してくる。
私は以前に読んだときはあまり気にすることもなく読んでいたと思いかえす。

ガリバーの願い事を聞いた将軍は、

この問題でそんなに気を揉むのはオランダ人の中でもお前が最初だと思う、正真正銘のオランダ人だかどうだかどうも怪しくなってきた、本当はクリスチャンではないのか、どうも心配だ、

と言うようになった。しかし親書を持ってきているのだからラグナダ国に恩を売っておこうと考えたのか、将軍はガリバーの要望に応じるが、次のように言っている。

事態の処理にはよほどの知恵を働かせなければならない、そこで、いわばついうっかりしたということにして、お前を見逃すようにと、役人には命じておこう、もしこの秘密がお前の同国人であるオランダ人たちに嗅ぎつけられると、航海中に彼らはお前の喉を搔ききらないとも限らない

踏み絵のことをここまでスウィフトは知ってガリバーを書いたのかと思った。
日本の「踏み絵」というのは、かなりヨーロッパに知られているのではないかと私は考えた。
このあとも踏み絵の話題は出てくる。

出帆の前のことだったが、2、3人の乗組員から、あの儀式(つまり前に述べた例のことだが)はもうちゃんとすませたのか、とうるさく訊ねられ、私は皇帝やその宮廷の人々の気のすむように万事滞りなくすませてきたとか何とか言って、質問をはぐらかしておいた。ところが一人の質(たち)の悪いボーイがいて、そいつが役人の所に出かけて、私だまだ「踏絵」に儀式をすませていないと訴え出たのだ。私を見逃すようにとかねてから指図を受けていた役人は、逆にその不届者に対して竹で肩を20回たたくという笞刑(ちけい)を申し渡した。このあと、私は二度とこういった問題で煩わされることはなかった。
 
こうしてガリバーは5年6ヶ月ぶりに祖国の土を踏むわけであった。
 
上の地図は岩波文庫「ガリバー旅行記」にあったもの。
 JAPANの文字と、Iedoという地名がある。これは江戸のことと思われる。
(赤字・赤丸等は私が記したもので、原図にはない)スウィフトが「ガリバー旅行記」を出版したのが1726年のことだから、江戸時代中頃にはヨーロッパにJAPANや江戸の名前が知られていたことがわかる。
 
ガリバー旅行記に「踏絵」のことが書かれていたことがわかったが、他の翻訳ではどうなっているのだろう?
原文でスウィフトはどのように書いているのだろうか?ということが気になってきたので調べてみよう。