ハイジとドレミの歌 15

湖水地方 ザルツカンマーグート

バスを降りて湖畔のレストランに向かって歩く、小ぶりの雨が降り続いている。

近くでアウディの車のショーがあるらしく、スポーツカーがレストランの前に止まっていた。

湖岸のレストランはとても開放的で、出てきたメイン料理は「マス料理」だった。 モーツアルトの「マス」と関係があるのかなあと独り言をいう。
大きなマスで食べきれない。
昼食の後、散歩しながらお土産物を買う。

 

観光船に乗って、ヴォルフガング湖の見学。パンフレットには、 「美しい湖水地方として世界的に知られるザルツカンマーグート。アルプスの山々と複数の湖からなり、その自然美とカラフルな家々や真っ白な教会が緑と湖に映える景色は、世界遺産に登録されています」と書かれている。

晴れ渡った青空ではないが、かえって風情のある湖と街々を見ることができた。

ザンクト・ヴォルフガングの街の見学のために下船する。 さあ船から見えた町並みを歩いてみよう。

 

 

 

ハイジとドレミの歌 14

湖水地方 モントゼー教会

バスに乗ってザルツブルグからザルツカンマーグート地方に向かう。

目的地はモントゼー教会。

映画の何処かで出てきたかのような小道。

実がなっている。木の名前は・・・忘れてしまった。

これがモントゼー教会。

トラップ大佐とマリアはノンベルク修道院で結婚式を上げている。映画でもその予定だったそうだが、撮影の許可が降りなかったそうだ。ということで映画での結婚式の様子はここ、モントゼー教会が使われることになったそうだ。

内部は結婚式場にふさわしい豪華さと、華やかさだった。 ロバのおもちゃがあったのはどうしてだろう?

教会の前のスペースが不思議な幾何学模様だった。

教会前のパステル調の家並みがなんともかわいい。

駐車場にサウンド・オブ・ミュージックの関係のある名勝地を回る観光バスがとまっていた。松本侑子さんは始めてきた時にこのバスに乗って映画ロケ地の跡をめぐったそうだ。

風光明媚なモントゼー教会をはなれ、バスで近くのザルツカンマーグートへ向かう。