ハイジとドレミの歌 番外編

トラップ一家のその後

サウンド・オブ・ミュージックのトラップ一家は映画の人ではない。 実際にオーストリアからアメリカに亡命している。

旅行中、松本侑子さんはアメリカに亡命したあとのトラップ一家の様子を紹介された。
左がアメリカでのトラップ一家のようすを教えてくれる本だ。「サウンド・オブ・ミュージック」という題で2冊の本が出版されている。1冊目が映画で私達が知っている内容のもの。2冊目が左の本で「アメリカ編」となっている。図書館で借りてきて現在読んでいるところ。

1938年にオーストリアはドイツに併合される。トラップ一家が渡米したのはこのとき。映画でその場面があった。翌年1939年に第二次世界大戦がはじまっている。アメリカに渡った一家の様子が、マリアの手によって書かれたのがこの本。マリアはアメリカに来たことをきっかけに英語を学んだ。そしてこの本はマリアが学んだ英語で書かれている。
映画「サウンド・オブ・ミュージック」で、ドイツナチスの非道さを知ったが、オーストリアが戦争後10年間連合軍によって占領されていたことは、今回の旅行で初めて知ったことだ。
アメリカにいたトラップ一家は、「トラップ・ファミリー・オーストリア救援隊」を組織し慈善活動をしていたそうだ。そのことをこの本で知った。

オーストリアで買った星座盤

上の写真が自然史博物館で買った星座盤。 この星座盤を買うとき、私は棚に並んでいる星座盤の一番正面にあるものを持っていくと、レジの人は多分こう言っていたと思う。
「これは中がわかるようにしてある展示品だから、ちゃんとシールされた商品にとりかえましょう」
と言いながら新しい星座盤を持ってきてくれた。
裏には使い方が書いてある。広げてみると太陽系の星などが説明されていた。
なにぶん全部ドイツ語で書いてあるのでよくわからないが、最座名でわかるところもある。

北極星の位置を見ると、日本に比べるとかなり高度が高い。これは緯度が高いからだ。世界中の星座盤を比べてみたいものだが、今まで行った国で星座盤を見たことがなかった。やはり自然史博物館のような建物に行かないと見つからないのだろうか、と思う。

飛行機から見た富士山

今回は東京に行くときも大阪に帰るときも富士山がよく見えた。
上の写真が大阪から東京に向かうときに見えた富士山。
下の写真が東京から大阪に帰るときに見えた富士山。
東海道線に乗ったとき、富士山が見えたらいいことがある、なんて中学校の修学旅行のときに言っていたが、今は飛行機から富士山を見る時代だ。
行きも帰りも富士山を見ることができたということは、私にとってはとってもいい旅になったと、富士山も言ってるのだろう。

 

 

 

ハイジとドレミの旅 12

ザルツブルグはドイツに近いところにある。
旅も四日目、これからは「サウンド・オブ・ミュージック」の世界に入っていく。

ホテルのレストランで朝食を食べ、散歩に出ることにした。

雨が降り続いている。ザルツブルグの街は路面電車が走っている。電車のデザインもいろいろあり、2つの車両を連結した電車も走っていた。

大きなパッカー車がゴミを集めていた。日本のパッカー車よりもかなりの大型。雨が降ってもこういう仕事は休むことはできない。大事な仕事だ。

私達の持っているガイドブックに、
「ザルツブルグは東アルプス山脈を望む、ドイツと国境を接するオーストリアの都市です。街はザルツァッハ川によって二分され、左岸には中世やバロック様式の建物がある旧市街があり、右岸には19世紀の新市街があります。」と書かれている。

私達が歩いているのは、世界遺産ザルツブルグ市街の歴史地区。
目指しているのは映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台、ミラベル庭園。

映画「サウンド・オブ・ミュージック」で、マリアと子どもたちがドレミの歌を歌ったところ。
左側の建物は市の建物で、中を見学することはできなかった。
しかし庭園は素晴らしく管理されており、雨に煙るミラベル庭園はとても趣があった。雨の中を歩くのは大変だが、こういった風景は雨でしか味わえない。

ドレミの歌を歌っていた階段。
ベガサスの像のある池もあり、映画の場面を思い出させる。

一緒のツアーの人で、ノートパソコン?タブレット型のパソコン?に、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の資料を沢山入れて持ってきている人がいた。
時々その資料を見せてもらい、「ここがあの場面のところか」「ここでマリアが・・・」と画像データと実物の建物や風景を見比べながら見学することができた。映画と映画のロケで使われた場所の相乗効果で、サウンド・オブ・ミュージックがぐっと身近に思えた。

雨のためか、観光客もそれほど多くなく、ゆっくりと庭園や彫刻、池や噴水を見てまわることができた。
下の写真は映画の中でマリアと子どもたちが歌って踊っていた銅像でのショット。時間の経過が銅像の色を変えていた。

銅像を通り、ミラベル庭園を出ると、道路向こうに見えるパステルカラーの建物、赤い旗が見える家がモーツアルトが住んでいた家だそうだ。

モーツアルトが住んでいた家の隣にあるこの家は、なんとドップラー効果を発見したドップラーの家。「へえー、ドップラーってザルツブルグの人だったんだ!」私は一人感心してカメラのシャッターを押した。

家の二階部分にはってある掲示板のようなものを拡大すると、写真のように、
CHRISTIAN DOPPLER 
の文字が読み取れる。

ドップラー(1803年〜1853年)はオーストリアの物理学者であり数学者であり天文学者であった人。
モーツアルトは1756年〜1791年の人だから二人の交流はなかった。でもこの二人の家が隣同士になっているなんて、なんと偶然なんだと感心した。
スイス・オーストリアは、世界の文化の中心だったんだなあと思う。

このあとショッピングストリートへまわり、ノンベルク修道院のほうに向かう。

 

 

 

 

ハイジとドレミの旅 1

毎年の恒例になってしまった「松本侑子さんとの旅」。 今回は「ハイジ」と「サウンドオブミュージック」の舞台となった「スイス」と「オーストリア」の旅。

今回の旅行のテキストとなるのは松本侑子さんの「私の青春文学紀行」。ここに「ハイジ」と「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となるスイスとオーストリアでの取材による著作がのせられている。

この旅では、現地ガイドさんからの丁寧な説明や現地の紹介があったが、松本侑子さんによる「ハイジ」や「サウンド・オブ・ミュージック」の文学作品としての紹介やご自身の書かれた「私の青春文学紀行」の朗読もあり、単なる観光旅行の枠を超える「スイス・オーストリア」の旅となった。

時間を追って旅行の様子を紹介してみたい。

成田空港を午前10時35分発のエアフランス275便にのる。ここから約12時間の飛行機の旅がスタートする。

この飛行機はボーイング777、300人以上が乗れるジャンボ旅客機。私達は今回も主翼近くのエコノミーの座席。機内食は2回出た。

間にアイスキャンデーがまわってきたので、それもいただいた。

高度1万メートルくらいのところを、時速900Kmぐらいのスピードで飛んでいる。それでもパリまでおよそ12時間あまり。当初の予定は12時間35分だったが、実際は12時間少々だった。気流の関係かもしれない。

12時間の間に見た映画は3本。

「ピーターラビット」
絵本そっくりのビーターラビットの実写版。
どのような撮影方法かわからないが、人間とうさぎの動きがぴったりだった。文部省推薦にはならないと思うが、走り、飛び、考えるピーターラビットがおもしろかった。

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」・・・最新作。ツッコミどころマンサイ。だんだんとおもしろくなくなってきたスター・ウォーズ。あとはレイの活躍に期待するしかないようだ。

「シェイプ・オブ・ウォーター」・・・アマゾンで神として崇められた半魚人のような不思議な生命体。手話でコミュニケーションを図ろうとする女主人公。ストーリーはよくある展開だったが、どうして意思をつたえることができるのかというところが面白かった。映画「メッセージ」は宇宙人とのコミュニケーションだった。最近こんな映画が多いように思える。それは時代のせいか?

フランスのパリ・シャルル・ド・ゴール空港に着陸。
「ド・ドーン!!」と、これまで経験したことのないすごい衝撃。座席からも「ええーっ!?」という声が上がる。窓を見ると翼がグラグラと動いている。

羽のスポイラーと呼ばれる部分が上がって空気抵抗をうみだしているのがわかる。フラップが思い切り下がっているのもわかる。エンジンがすごい勢いで逆噴射。体が前に飛び出すくらいの逆加速。びっくりするようなパリ・シャルル・ド・ゴール空港のお迎えだった。

ここで飛行機の乗り換え。行き先は「チューリッヒ」。