秋のグリーン・ゲイブルズ

以前に、松本侑子さんの主催する赤毛のアンツアーに一緒に行った人から、上のようなオンラインツアーの取り組みの紹介があった。

講師は上記写真の左から二人目の人、増田かつ江さん。この人は私達の赤毛のアンツアーでもガイドをしてもらった人。松本侑子さんの知り合いで、赤毛のアンの大ファンそうだ。
秋の風景の中にあるグリーン・ゲイブルズが見たくって、このオンラインアカデミーに申し込んだ。
以下の写真はオンライン上のものをカメラでうつしたもの。増田さんに問い合わすと、現地の了解ももらっているのでブログで使っても良い、ということなのでここで使わせていただく。

グリーン・ゲイブルズの部屋の中から外を望んだところ。
窓枠の赤いお花、ガラス越しに見える庭、差し込んでくる朝の太陽の光は、私達が行ったときのことを思い出させる。

2020年10月9日、朝9時過ぎのグリーン・ゲイブルズ。 パソコンの画面なのですこし歪んで見えるが、青空と白い雲は秋の空だ。
私達がグリーン・ゲイブルズに行ったときは6月だった。アンの部屋は2階にあり、東向きに窓がある。
朝日が窓に反射してキラリと光るところを私はカメラで撮そうと苦労したことを思い出す。
この日の大阪は台風の影響で雨が降り続き、鬱陶しい感じだったが、プリンスエドワード島の青空を見て心も晴れてきたように感じた。
日本とプリンスエドワード島の時差は12時間。このオンラインアカデミーは午後9時からはじまったが、プリンスエドワード島は朝の9時だったのだ。

アンの部屋。
袖がふくらんだ赤い服など小説「赤毛のアン」の世界を再現している。

増田かつ江さんの話によると、プリンスエドワード島も新型コロナウイルスの影響で例年の観光客の9割減だそうだ。コロナの感染者は61人。入院者や死者はゼロ。感染拡大防止に全力をそそいでいるのが想像できる。

これは台所にある薪ストーブ。暖房のためだけではない。お湯を沸かしたり、パンを焼いたり、アイロンを温めたり、一台で何役もするすぐれものの薪ストーブ。
現在NHKで「アンという名の少女」が放送されているが、そこでもこの手の薪ストーブが登場する。私はどのようにして小麦粉からパンに仕上げていくのか、このストーブをどのように使ってパンに焼き上げるのかを知りたいと思っていたが、ズームの機能がうまく使えないので、質問できなかったのが残念だった。

プリンスエドワード島は木々に花が咲き、色とりどりの花が咲き誇っている。
私達が行ったのは6月というのに、季節外れの寒さで、花はほとんど咲いていなくて
モンゴメリーさんのお墓の前は黒い土だけだった。上の左の写真はモンゴメリーさんのお墓。今は秋の草花で飾られている。やっぱりこうじゃなくっちゃあ。

世界中が新型コロナウイルスの影響で下を向きがちだが、グリーン・ゲイブルズの青空を生中継でみると、少し元気が出てくる。

モンゴメリー公園にある、赤毛のアンの作者モンゴメリーさんの像。最近できたそうで、私達がカナダに行ったときにはなかった。
赤毛のアンの時代には、私達が当たり前のように使っている電気はなかった。水もそうだ。しかしアンの生活はなんと豊かだったのだろう。アンという人間の心の豊かさがその世界をつくったのだろう。そのことを感じさせるのが小説「赤毛のアン」なのだと思う。
日本を遠く離れて仕事をされている増田かつ江さん、アイルランドの山下直子さん(山下直子さんもこのオンラインアカデミーに参加かされていた)、そのたくましさに私はとても励まされる。ありがとうございました。
さあ台風も過ぎ去ったし、がんばらなくっちゃあ。

 

 

 

カナダ・赤毛のアンツアー 11

_MG_0357_MG_0358

ここはモンゴメリさんが働いていたという郵便局を再現した「グリーン・ゲイブルズ郵便局」。
モンゴメリさんを育てた祖父は、農園を経営しながら自宅に郵便局をひらいていた。
モンゴメリさんは祖父がなくなった時、残された祖母の介護のために教師をやめ、キャベンディッシュにもどってきて祖父の郵便局を引き継いだという。
結婚するまでの13年間、郵便局の仕事をしながら小説を書いたそうだ。
この郵便局は他の地に移築され、キャベンディッシュには新たな「グリーン・ゲイブルズ郵便局」が建てられた。そこには昔の郵便局を再現した展示コーナーもあり(それが上の写真)郵便業務を行っている。

_MG_0366

_MG_0368

_MG_0363

1800年代のプリンスエドワード島での郵便の仕事をみてみると、冬の長いこの地での業務は大変だったと思う。

プリンスエドワード島は島なので、橋のない時代では船が唯一の交通機関だった。プリンスエドワード島の周りの海は冬には凍ってしまうという!
砕氷しながら海を渡り、ソリで郵便物を運ぶ苦労があったそうだ。
「赤毛のアン」の原稿も、このようにして船や蒸気機関車でボストンなどに運ばれたのだろう。

このキャベンディッシュ郵便局から郵便を出すことはもちろん出来る。

さっそく日本の自宅あてに絵葉書を出してみた。

_MG_0372

_MG_0373

IMG_20140609_0003

ハガキ2

上のグリーン・ゲイブルズの全景写真が絵葉書の裏。
表の切手と消印からカナダのグリーン・ゲイブルズから出したことがわかる。消印には Anne of Green Gables の文字がスタンプされている。

モンゴメリさんは郵便局の仕事をしていたので、誰にも知られずに原稿を書き、出版社に送ることができたということだ。 なるほど、ここに来て仕事ぶりを想像できた。 次の見学地はモンゴメリさんの母方の実家、マクニール家跡だ。

 

 

 

カナダ・赤毛のアンツアー 10

IMG_20140617_0001

このイラストは、松本侑子さんの「赤毛のアンのプリンスエドワード島紀行」からとったもの。私たちの泊まったKindred Sprits Innは、このイラストの右側すぐにある。

_MG_1501

私たちが「グリーン・ゲイブルズ」と呼んでいるこの家は、かつてはモンゴメリさんの親せきが営む農場だった。
そこを赤毛のアンたちが住んでいたらこうなっているだろうと、リメイク・再現したもの。
文学の世界の赤毛のアンが、実際にこの農場に住んでいたのでは、と思わせるほど完璧だ。
アンの世界を実際に体験できるようになっているし、1800年代のプリンスエドワード島の生活を知ることができる。
この母屋には、緑の切妻屋根と破風(三角屋根と屋根の中の明かり窓)がある。切妻屋根と破風は英語てゲイブルズ(複数)というそうだ。
グリーン・ゲイブルズとは「赤毛のアン」の世界で、アンが暮らす農場の屋号で、ダイアナの家の屋号はオーチャード・スロープ。日本で言えば、越後屋さん、山城屋さんという言い方になるのかもしれない。

_MG_0262 _MG_0264 

朝の散歩で、グリーン・ゲイブルズの周辺は散策したが、グリーン・ゲイブルズの家の中を見学するために「グリーン・ゲイブルズ ビジターセンター」から正式に入場。ここでは写真や映画でモンゴメリさんのことがわかるようになっている。ギフトショップもある。添乗員さんが大型客船でやって来たたくさんの外国人(カナダから見れば私たちは外国人だし、アメリカからの観光客は私たちから見て外国人)観光客がくるというので、急いでグリーン・ゲイブルズに移動する。

_MG_0314_MG_0315

有名なアンの部屋。可愛い!という声が周りでしきりに聞こえる。右がパフスリーブのドレス。パフスリーブってどんな袖なのかなあ、と思っていたが、なるほどロマンチックなドレスだ。

_MG_0322 _MG_0324

二階の裁縫室。ミシン、糸繰り機、毛糸を巻き取る道具などがあった。
アンの時代にミシンはあったのかなあ、日本に帰ってから調べてみた。

「赤毛のアン」の時代は1877年から1882年まで、アンが11歳から16歳までがえがかれている。
ミシンの歴史は古く、1589年にイギリスのウイリアム・リーが編み機を発明したことが出発。現在とほぼ同じ構造のミシンを発明して特許が取られたのが1850年、シンガーミシンで有名になったアイザック・シンガーによる。そうすると「赤毛のアン」の中で、ダイアナがミシン会社のひとからもらった「水色のドレスを着た女の人の絵」をアンにくれる場面があるが、そのことから時代背景を明確に反映していることがよく分かる。

_MG_0342 _MG_0345

納屋には、アンがハリソン氏の牛と間違えて売ったドリーも登場。
へーっ、こんなに大きな牛だったのか、とびっくり。
納屋の隣に小さな飲み物ショップがあったので、コーヒーとブルーベリーパイを買ってちよっと休憩。

さあ、次はモンゴメリさんが働き、「赤毛のアン」を送ったという郵便局に行くことになる。