第48回グリーンコンサート

淀川工科高校吹奏楽部 定期演奏会

今年も淀工のグリーンコンサートに行ってきた。会場はフェスティバルホール。

私は1階席の少し後ろの方。全体がよく見える位置だった。 会場はほぼ満席状態。小中学生の団体から孫の応援に来た様子の高齢の人まで、多種多彩だった。

プログラムは、

・オープニング
・カーペンターズ・フォーエバー
・大阪俗謡による幻想曲
・東京オリンピックマーチ
・日はまた昇る
・1年生フレッシュコーナー
    休憩
・大序曲「1812年」
・故郷(ふるさと)
・ザ・ヒットパレード

というもので、ほぼ昨年通りだった。

オープニングの「翼をください」は、会場の1階席後ろに並んだ合唱隊のハーモニーと舞台の手話という演出、歌声と手話の女生徒の立ち姿は会場の空気を澄み切ったものに変えた気がした。

吹奏楽部の人気は高く、東京や和歌山から家ごと大阪にやってきて入部する子がいるということが司会との田頭さんと部員との話ででてきたので、びっくり。たいしたものだ。
私が淀工のグリーンコンサートに来るようになったのは、もう15年以上前になると思う。知り合いの小学校の先生の教え子が淀工の吹奏楽部に入り、チケットの売上に協力することからだった。その時は確か守口の市民会館だったと思う。

最初のカーペンターズ・フォーエバーは例年のプログラムだが、トランペットとトロンボーンが15人ほど立って演奏するのだから、その迫力はすごい。

1年生が学生服とブレザーで入場してきたとき、「今年の1年生は大きいなあ」と思わずつぶやいてしまった。とにかく全体的に大きな子、背の高い子が多いという印象だった。

陽はまた昇る

初めて聞いた演奏があった。「陽はまた昇る」という曲だ。 プログラムにこんな説明があった。

作曲者の言葉(概要)
 2011年3月11日、日本の東北地方太平洋沖でマグニチュード9以上の巨大地震が発生しました。この地震と津波による犠牲者は15000人を超え、2千人以上の方々がまだ行方不明になっています。
 私には、日本の数多くの楽団に携わるたくさんの友人がいますが、その一人が被災者を支援するために作品を書くことを提案してくれました。私はすぐに賛同し、以前委嘱された金管バンドの作品を吹奏楽用にアレンジしました。そして日出ずる国の友人達に敬意を表して新しい題名をつけました。『陽はまた昇る』。
 私はこの作品の印税を日本赤十字社の緊急救援基金に寄付します。楽譜を販売するデ・ハスケ社もこの作品の販売収益を全て寄付します。しかも、このプロジェクトからの支援が即座に実現されるように、赤十字社への一括送金を約束してくれたことをうれしく思います。
 この「バンドエイド」プロジェクトを通じて、世界中の吹奏楽団が、この苦難のときに、吹奏楽を愛する人々がたくさんいる日本の人々を支援することができるように心から願っています。
                  フィリップ・スパーク
 
フィリップ・スバークという人は、インターネットで調べてみると、ウィキペディアには次のように書かれていた。

「フィリップ・スパークPhilip Sparke1951年12月29日 – )は、イギリス作曲家ブラスバンドおよび吹奏楽のための作品で知られる。」
 
250曲以上の吹奏楽の曲を作曲している人で、ブラスバンドの世界では、かなり有名な人のようだ。
「陽はまた昇る」は、5分ぐらいの曲で、もう少し聴いていたいなあと思っているうちに終わってしまった。
ユーチューブに「陽はまた昇る」の演奏がアップされている。
 

私はこのような取り組みが、ブラスバンドや吹奏楽という音楽の世界で行われていたことは全く知らなかった。この「陽はまた昇る」の演奏は日本の各地で行われているようで、これからも広がっていくだろうと思うし、広がってほしいと願う。
25年前の1月17日の阪神淡路大震災、9年前の東日本大震災、それ以外にも多くの地震や自然災害の起きているこの頃。たくさんの人がボランティアとして支援に行っている。私の行きつけの散髪屋さんのマスターも、災害支援ということで被災地の人たちの散髪に行っていると聞いてびっくりした。そうか、そういうふうな支援活動があるのだなあ。

二階席の前の方に、黒いカバーが掛かっている椅子が置かれている。
これは「大序曲『1812年』」のとき、応援賛助出演の吹奏楽部員が利用するところ。

『1812年』の最後は、『祝砲』に変わるものとしていろいろな工夫がされていたが、大迫力だった。
二階席や舞台上のトランペット・トロンボーンは力いっぱい、ありったけのエネルギー込めての演奏だったと思う。これでもか、これでもか、という心の声が聞こえてきそうな高校生のエネルギーが会場内いっぱいにひろがった。

「明日があるさ」「嵐メドレー」など楽しい舞台構成も高校生の若々しい姿がたのしかった。応援団長はいつも立派な体の男子生徒だが、吹奏楽部入部のとき、舞台で三三七拍子をやりたい人、と募集しているのかな?

最後の「乾杯」は今年も感動した。
今年は60人以上の3年生が舞台に並んだ。丸谷先生が「これだけ多いといろんなことがありました。しかし最後まで続けてくれました」という意味のことを言っていた。ありきたりの表現になってしまうが、「継続は力なり」という言葉通りだと思う。努力は必ず報われる、そんな世界であってほしい。

「最近の若いものは・・」「ゆとり世代はやっぱり・・・」なんて言う大人が相変わらず多いが、とんでもない。「最近の高齢者は・・・」「昭和生まれはやっぱり・・」と思うことのほうが多くなってきたと私は感じる。
さあ、丸谷先生が現役でがんばっている、私もぼーとしてられないなあ。

 

 

淀工第46回グリーンコンサート

第46グリーンコンサートがフェスティバルホールで開かれたので行ってきた。
(上の写真はフェスティバルホールのホワイエにあった、部員製作のパネル)

1週間ほど前に大フィルの新春名曲コンサートに来ていたので、今月に入って2回めのフェスティバルホール。この日は、高校生や中学生、またその保護者らしい人でいっぱい。会場の雰囲気がまた違っていた。

プログラムは以下の通り

  オープニング(翼をください)
  カーペンターズフォーエバー
  大阪俗謡による幻想曲
  ザ・ボレロ(OBの演奏)
  フレッシュコーナー
        休憩
  Introduction to Soul Symphony
       アルメニアンダンス・パート1
  故郷(ふるさと)
  歌劇「アイーダ」より凱旋行進曲
  ザ・ヒットパレード  

オープニングは恒例になったかのように「翼をください」。壇上での女子部員の手話とホール1階席の一番後ろにならんだ合唱のメンバーの美しいハーモニーが聞こえてくる。受付でもらったパンフレットには、
「グリーンコンサートは希望に満ちた新年の演奏会ですが、1年間の総括でもあります。この一年、悩みや苦しみを抱えながらみんなで一緒に考え話し合って、結果として”前向きに行動する”選択をしました。そんな思いを込めて、本日はこの曲で幕を明けたいと思います。」とあった。久々に見る「総括」という文字。確かに高校生活の総括の場となるのだろう、3年生のとってこのグリーンコンサートは。

多感な高校生時代、前向きな選択をし、翼を求める高校生たちの思いは純粋だ。

今回の座席は前から7列目だった。
「あれ? 椅子の7という番号が2列目の椅子に表示されている」
何かまちがったかな? と思ってドア付近にいたスタッフの人に聞いた。
「舞台を拡張するために、座席を前から5列をつぶして舞台にしているのです。」
へえーっ、舞台が拡張できるんだ、フェスティバルホールは。とびっくり。
拡張用の舞台設備のオプションがあるのかもしれない。椅子の部分に上からかぶせているのだろうか?と興味を持ちつつ、そんなにも大勢の楽団員が並ぶのか? とも思う。

その答えがOBの演奏による「ザ・ボレロ」だった。その拡大された舞台狭しと楽団員が並ぶ。それは圧巻としか言いようがない。
私は詳しくはないが、ザ・ボレロは最初の出だしが普段聞いているボレロと違っているように思えた。多分吹奏楽用に編曲されているのだろう。しかし音圧を感じるような迫力ある演奏だった。

(下の写真はパンフレットの裏表紙より。)

会場はほぼ満員。インフルエンザが流行っていて部員の中にも休んでいる子どもたちがいると丸谷先生の話にあった。幾つかの空席は、会場のチケットを買ったが風邪を引いて来られない人なのかもしれない。

フレッシュコーナーは1年生の楽器紹介を兼ねながらの丸谷先生とのおしゃべりがおもしろい。曲目当てで以前に妻があててタオルを貰ったことがあったので、今回も、と期待したが、だんだんと知らない新しい曲が出てくるので時代?を感じる。「古時計」とか「川の流れのように」などの曲になると俄然会場が賑やかになる。

曲をあてた高校生に丸谷先生が「どこの学校?」と聞く。
「鶴見橋中学校です」
「ああ、うちのコンサートマスターの」と丸谷先生。
大阪市立鶴見橋中学校のブラスバンド部は、大阪市内でも有名なブラスバンド部として活躍していたことを私は覚えている。

1年生のアンケートの中に「将来なりたい職業は」という欄があるらしく、いくつか丸谷先生が紹介していた。「新幹線に関係する仕事」「飛行機に関係する仕事」があり、女生徒が「自動車のエンジンの設計」と答えていたのにびっくりした。
そうか、ここは工科高校(昔で言う工業高校)なのだ。この子達の未来は、私が思っている以上に広いのだ、とあらためて思う。

しばしの休憩時間。 ホワイエでケーキセットなどを楽しむ。
ビールを飲んでいる年配のカップルがいたり、アットホームな感じが漂っている。

2部がはじまる。
「アルメニアンダンス・パート1」は淀工の演奏で何回か聞いている。初めて聞いたのは大阪城ホールでの演奏だった。
最初は「何かわかりにくいなあ」と思っていたが、聞く回数が増えてくると「何かおもしろいぞ」と興味が湧いてきて、最初は長い曲だなあと思っていたのが、今回は「あれ、もう終わりか」と思った。パンフレットに
「この曲を毎回取り上げるのは、丸谷先生が提唱している『アルメニアンダンスを吹奏楽の第九に!』という思いと、私たちの強い希望からです。いつの日か『一般の方々にも愛される吹奏楽曲』として、親しんでいただけるように祈って、いついとまでも伝えていきたいとおもいます。」
と書いてあった。演奏する人たちの思いが伝わるとはこのことだな、と思った。

左の写真が「アイーダトラッペット」。演奏のファンファーレ用に使われるトランペットだ。(写真はインターネットより)

東京オリンピックの時のファンファーレが私にはとても印象深く残っているが、あの時もこのようなトランペットを使っていたのだろうか。
東京オリンピックがはじまってしばらくして、ブラスバンド部の友人がトランペットでオリンピックファンファーレを吹いていた。
「楽譜があるの?」と聞くと、
「テレビで見て、指の動かし方を覚えた」と言っていたことを今でも覚えている。
ファンファーレは誰もの心をときめかすものだ。

パンフレットの説明には、
「1813年にイタリアで生まれたヴェルディが作曲したオペラです。古いエジプトを舞台にした、二つの国に引き裂かれて男女ラダメスとアイーダの恋を描いたものです。私たちの演奏する場面は、アイーダの国を倒したラダメスが自分の心とは裏腹に、母国の人に讃えられながら戻ってくるところです。
 このオペラの初演は1881年で147年も経っていますが、”アイーダ・トランペット”の奏でるメロディーはサッカーの日本代表の応援歌としてよく知られていますね。・・・略・・・21日(日)昼の公演に岡山学芸館高等学校と三重県・皇學館高等学校のみなさんに賛助出演していただきます。」
とあった。
私たちは観客席で演奏するその二つの高校とOBの演奏に囲まれながら、舞台での淀工のブラスバンド部の演奏を聞くことになった。
演奏後には大きな拍手が巻き起こった。舞台袖でアイーダ・トランペットを演奏した6人の部員は演奏の最初から最後まで姿勢を崩さず、その音色も素晴らしく、だれもが賞賛の拍手をおくった(とおもう)。

「山の頂上は、人にその道の険しかったことを忘れさせます。
 その最後のステージに立って、君たちは何を感じているのでしょうか。
 いろんな苦しかったことは、今は懐かしい思い出ですね。  
・・・・・君たちの前途に幸多からんことを祈ります。」 

最後のステージにたつ3年生が歌う「乾杯」。
毎年恒例の場面だが、いつ見ても感動的だ。
とりわけ今年は最前列といっていいほどの前の席だったので、こちらが恥ずかしくなるぐらいに高校生の部員たちの表情がわかる。
紅潮した頬、まっすぐに伸ばした指先、遙か遠くを見るかのような眼差し、この瞬間にしたできない表情が私たちの胸を打つ。

最後の演奏は行進曲「ウェリントン将軍」。
丸谷先生はいつものように言う。
「ありがとうございました。お急ぎ方はこの曲に合わせてご退席ください・・・」
もちろんだれも退席しない。頑張って演奏している淀工のブラスバンドを最後まで聞きたいから。
この日は寒さの続く中にほっと生まれたかのような少し暖かい日だった。
身も心も暖かくなってフェスティバルホールを出た。

 

 

本物を聴く、見る

上方演芸特選会

1月の歌舞伎の後、観劇に行く機会が多かった。
まずは文楽劇場の小ホールであった「上方演芸特選会」。
たまたま知り合いで、チケットを購入したが用事ができて行けなくなったというチケットが、まわってきた。
文楽劇場へは、文楽を見に行くことはあったが、小ホールへ行くことはなかった。
小ホールは、繁昌亭ぐらいの大きさで寄せとしては手頃な大きさだと思った。
プログラムは右のポスターのとおり。
会場の雰囲気は、繁昌亭とはすこし雰囲気が違うような気がした。

落語の桂坊枝(かつらぼうし)さん、ああなつかしい。桂きん枝さんや、桂文珍さんたちが若いときに一緒に活躍していた人ではなかったか。ご本人には失礼だと思うが、久しぶりに聞く名前だった。しっかりとした古典落語で、妻が「ずーっと落語をやってはったんや」と感心した口ぶりで話していた。

奇術のキタノ大地さん、初めて見る手さばきに感心した。会場から万雷の拍手がわく。
マジックと言わずに奇術というのがいい。またバックの音楽がそれらしくシャレードなどが流れてきて雰囲気が盛り上がった。
私は目の前で鳩が出てきたときには、「あーっ、本物の鳩や!」と思わず声が出た。テレビや映画でマジックを見ることは多いが、自分の目の前で鳩が出たり消えたりするのを見たのは初めて。

ラストの海原はるか、かなた師匠の漫才は、テレビでネタだけのものをみたことはあるが、20分におよぶ本格的な芸を見たのは初めて。
さすが師匠の芸だ。話のはこびやボケとツッコミの見事さなど、「ああ、これが本物の漫才だ」と感心することしきり。
会場の大きな拍手がそれを証明していた。

リバティー・アートフェスティバル

リバティおおさかで、大阪市内の小中学校を中心とした子どもたちの演奏・演劇の発表会があった。私が見た演奏プログラムは以下の通り。

・平野北中学校軽部       「Believe」・「HEIWAの鐘」
・住吉川小学校芸能クラブ
   和太鼓演奏
・天王寺中学校夜間学級
   ウリマダン
・中浜小学校民族クラブ
   プンムル
・カッチコルム
   サムルノリ
・長橋小学校和太鼓クラブ
   和太鼓演奏
・中野中学校軽音楽部
   ハピネス・愛をこめて花束を

予定があったので途中で退席したが、このあとに演劇や教職員の演奏がプログラムにはあった。
久しぶりに子どもたちの(夜間中学校の生徒さんもいたが)元気な姿を見た。
小学校の低学年から和太鼓や民族楽器を使って演奏しているのは、見ていても清々しかった。学校でのいろんな課題や困難を聞く事があるが、そのなかで真面目に熱心に取り組みを進めている子どもや教職員がここにいる。
そしてその取り組みを交流し、演奏会をもつ機会がある。
そこで汗を流す人達がいるのを見て、まだまだすてたものじゃないとホッとした気持ちになった。

第45回淀工グリーンコンサート

1年ぶりのグリーンコンサート。
フェスティバルホールは大入り満員だった。
淀工吹奏楽部の演奏会には1年に1回ぐらいは来るようになってもう数年になる。来るたびにその人気の凄さに驚くが、今回もそう。でも見に来る人達の年齢層が高齢化しているような気もする。子どもがブラスバンド部だから、という時代から、孫がブラスバンドをやっているから来た、という人達が増えているからだろう。

指揮者の丸谷先生も、いつもお元気な姿を舞台で拝見するが、先生も歳を重ねてこられたなあと思うが、曲当てクイズで3階からの声を聞き分けるのはさすがだと思った。

曲目は恒例のものだったが、今回は第45回という記念の演奏会なので、淀工吹奏楽部のために作曲されたという、真島俊夫さん作曲の「コンサートマーチNumber1」からはじまった。
私がとりわけ印象深かった曲は、「大序曲1812年」。賛助出演として、岡山学芸館高等学校、三重県の皇學館高等学校のブラスバンド部が協力演奏をした。
総勢200人を超えると思う演奏は、フェスティバルホールを音楽の響きで満たした。この曲目は淀工の演奏会で何回か聴いたことがあるが、今年の演奏は圧巻だった。体温が上がってくるような感動を覚えた。

最後の「ザ・ヒットパレード」は、アルゴリズム体操やラジオ体操、そして稀勢の里の優勝を祝った三三七拍子など、笑いや手拍子のある、高校生ブラスバンドの若々しさのある演出だった。
最近感じるグリーンコンサートは、歌がうまくなったこととダンスが以前と比べてたいへん見栄えがするようになった。以前は「楽器は上手だが、このダンスは、この歌い方は?」と思うこともあったがこの数年はたいへん上手。これも中学校の体育でダンスが必修になったからか?と中学校教育の成果を見る思い(?)。

いつも感じるのは部員たちの姿勢の良いこと。演奏する姿、楽器を持っている姿、移動する時の姿勢の良さ。最初の「翼をください」の手話をする部員さんの立ち姿も良かった。それは淀工部員だけではない。協力演奏をした岡山学芸館高校、三重の皇學館高等学校の部員さんもそう。楽器を持ったらピタリとして動かない。演奏し終わった後もその姿が続く。

「山の頂上は、人にその道の険しかったことを忘れさせます。
 その最後のステージに立って、君たちは何を感じているのでしょうか。
 いろんな苦しかったことは、今は懐かしい思い出ですね。
 ・・・・・君たちの前途に幸多からんことを祈ります。」

卒業する3年生が舞台最前列にならび、演奏される「乾杯」はいつもながら感動を呼ぶ。

演奏会の後、喫茶店でお茶を飲んでいたとき、初めて淀工のグリーンコンサートを聴きに来た人が、「本当に良かった。私は思わず涙が出てきました・・・」と話されていた。本物は感動を呼ぶ、あらためて私はそのことを実感した。
3D映画、4Kテレビなど、高密度・高画質の映像やハイレベルの再生音が宣伝されていて、身近ですばらしい芸術作品が鑑賞できると言われている。ついその気になっていたがとんでもない。本物はやっぱり本物。本物の力は凄い。
機会を見つけて本物に触れるということをしなければ、と思わされ三つの舞台だった。