ハイジとドレミの歌 24

ベルヴェデーレ宮殿

 

ベルヴェデーレ宮殿とは? 今回もウィキペディアよりの参照。

「もともとハプスブルク家に仕えたプリンツ・オイゲンが、当時の代表的な建築家であるヨーハン・ルーカス・フォン・ヒルデブラント(Johann Lukas von Hildebrandt)に、夏の離宮として造らせたものである[1]。1714から1716年にかけて下宮(Unteres Belvedere)、1720から1723年にかけて上宮(Oberes Belvedere)が建設された。プリンツ・オイゲンの死後1752年に、ハプスブルク家のマリア・テレジアに売却された。現在はオーストリア絵画館になっている。オーストリアで2番目に大きな美術館である。」

そう、美術館なのだ。

教科書で見た覚えがあるナポレオン像。 ジャック・ルイ・ダビッド作「サン・ベルナール峠を越えるナポレオン」。なんでも5枚同じような絵があることを知ってびっくり。そのうちの1枚はベルサイユ宮殿にもあるらしい。

数ある名作の中で、ここベルヴェデーレ宮殿の宝といえば、クリムトの「接吻」だろう。国外には出すことはないといわれている作品。まさに至宝だ。

左は「ユディトはホロフェルネス」。神戸の展示会で見た覚えがあるが、実物だったのかレプリカだったのか?

ネットで検索してみると、グスタフ・クリムトは世紀末ウイーンを代表する帝政オーストラリアの画家だそうだ。(1862年7月14日〜1918年2月6日)
またその画風は、

**************

『接吻』に代表される、いわゆる「黄金の時代」の作品には金箔が多用され、絢爛な雰囲気を醸し出している。

クリムトは、同時代の多くの芸術家同様、日本や東アジアの文化の影響を強く受けている。日本文化への深い傾倒は、甲冑や能面などの美術工芸品を含むプライベートコレクションからも明らかで、1900年分離派会館で開かれたジャポニズム展は、分離派とジャポニズムの接近を象徴するイベントであった。特に浮世絵や琳派の影響は、クリムトの諸作品の基調あるいは細部の随所に顕著に見て取れる。
**************************************

日本の影響がある、というだけで親しみがわき、じっと見入ってしまうのはちょっと安易かな?と思いながらも、やっぱり見てしまう。

上の作品は「フリッツアー・リードラー」。

この絵はだれのかわからない。説明を聞いていたが、日本に帰ってネットで調べれば思い出すだろうとおもっていた。 日本に帰ってインターネットで調べてみるが、現時点ではわからないまま。メモしておくんだった。

窓から見える庭もきれい。しかしこの庭を埋め尽くす国民が集まってことがあるとはしらなかった。それは、

美しい庭の見える大理石の間の床に金属板が埋め込まれている。 ガイドさんの説明によると、第二次世界大戦でドイツが降伏した時(1945年)、オーストリアはそれから10年間連合国に占領されたそうだ。 私はそういう歴史的事実を知らなかった。

オーストリアはイギリス・アメリカ・フランス・ソ連の四カ国によって分割統治された。そして10年後の1955年に、永世中立宣言を行い独立を回復した。
そのとき、このベルヴェデーレ宮殿で独立宣言が国民に向かってなされたそうだ。
宮殿の庭を埋め尽くしていた国民は大歓声をあげたと言う。

その記念碑が上の写真の金属板。オーストリア国家条約がかかれているようだが、ドイツ語が読めないのでこれ以上のことはわからない。

ベルヴェデーレ宮殿は、美術館になっているが、歴史の証人として存在している。
ハプスブルク家の繁栄、ヒットラーが生まれた国、そして美術と芸術の観光地となっても、戦争の悲劇と独立の喜びが刻まれているのだ。

家族連れの観光客がいる。小さな子どもたちが階段で遊んでいる。
平和を大切にしたいとあらためて思う。

さあ、ハイジとドレミの歌の旅もこのベルヴェデーレ宮殿が最後の場所となった。
ここから空港に向かう。
さらば、ベルヴェデーレ宮殿。

 

 

 

 

 

ハイジとドレミの歌 23

美術史博物館へ

オーストリアのパトカーはベンツ製。 ドイツ製だから? 日本のパトカーにトヨタ製が多いみたいなものか。

昨日の散歩で私の目を引いていたパン屋さんに行く。天然酵母のパンを売っている。

なかなか美味しい。オーストリアで天然酵母のパンを食べるとは予想してなかった。

ウィーン美術史美術館の全景。自然史博物館とよく似た建物。

玄関ホールはとても美しい。さすが美術館。

これは15世紀頃の作品。 若い時、中年の時、老年の時の女性の姿。すべて1本の木から掘り出されているそうだ。
国外の美術館に出品されていたのもだが、私達が来たときには国内に戻ってきたところだったそうだ。大きな彫刻ではない。40センチぐらいの大きさだろうか。
ガイドさんの話によると、老人の女性の足にはヨーロッパの女性の特徴である静脈瘤がえがかれているそうだ。

ここは世界で最も美しいカフェの一つだそうだ。ツアーの人の中で、ここのカフェに入りたいという人がいた。しかし館内の見学をあきらめないと無理と言われていた。それほどいいところらしい。

左の写真は「自然史博物館」の中にあるカフェ。
よく似ていますね。
こちらのカフェならゆっくりとお茶を飲めそう。でも私達はそんなことを思いつかなかった。
あの時入っていれば、、、旅というものはそんなものだ。

美術史博物館は1881年に完成したもので、ネオ・ルネッサンス形式の建物だそうだ。
自然史博物館と美術史博物館は「双子の博物館」とよばれているらしい。
どちらも見学できたことは幸運だった。

ガイドさんの説明によると、ここの美術史博物館の展示はユニークだそうだ。
同じテーマで過去の作品と現在の作家の作品がならべて展示されている。
その例が上の展示。女性の表し方が時代によって変わってきている。絵画の果たしてきた役割、果たす効果、表現方法がどのように変化してきたのか、そんなことを考えるチャンスを私達に与えてくれる。

私の見たかった「バベルの塔」がここにあった。 日本で見た「バベルの塔」のもう1枚がここにあった。ゆっくりと近づいて見ることができた。感激だった。

「バベルの塔」以外にも多くのブリューゲルの作品が展示されていた。写真やアルバムではわからない迫力、実物大の大きさを実感できた。
上の写真の真ん中の女性が現地ガイドさん。その語り口が大胆で、博識で、国家ガイド資格?の実力を持つガイドさんだ。

ここウィーン美術史美術館で圧巻だったのはクリムトだった。
上の写真でわかるように、壁に金属製の廊下が作られている。そこにあがるとクリムトの壁画が手に触れるぐらいの近さで見ることができるのだ。

美術史博物館の価値も相当なものだから、その壁に金属製の廊下を取り付けるなんて、日本ではまあ考えられないだろう。 ガイドさんの説明によると、ここの館長さんの決断だそうだ。少しでもクリムトの作品を知ってもらうために計画したそうだ。もちろん永久的なものではなく期限付きのものだそうだ。私達はたまたま運が良かったのだ。

まだまだブログで紹介したい写真があるが、次の目的地であったベルヴェデーレ宮殿に行かなくてはならない。
世界一美しいカフェに行くか、展示品を見るか、そんな選択を迫るのも無理もない、内容が豊富な美術史博物館だといえる。