愛蘭土紀行 24

スイフトとガリバー

この聖パトリック教会に「ガリバー旅行記」を書いたスイフトが眠っている。
上の写真の左側の像がスイフトである。

このタイルの下に棺が埋められているそうだ。人が囲んでいたのできちんと写真に取れていないが、スイフトの横にあるタイルに「ステラ」の名前が書かれている。
写真に二人の男女が写っているが、スイフトとステラだ。
そのへんの事情について、司馬遼太郎さんは書いている。

「祭壇をはるかに望む右手の床の上に四角い真鍮板が貼られているのに気づいた。スウィフト。そのように刻まれている。棺がこの真鍮板の床の下におさめられているのにちがいない。・・・・略・・・
 アイルランド人に大きな才能が宿っていることを最初に示した作家が、ジョナサン・スウィフト(1667年〜1745年)であることにたれも異存はあるまい。
かれはクロムウェルの死より10年のちに、ダブリンでうまれた。幼くして孤児になり親戚に養われて成人し、さきほどその前を通ったトリニティ・カレッジ(英国国教会の大学)に入学した。
 その入学は1682年で、日本では天下泰平、五代将軍綱吉の治世のはじめのころである。アイルランド人にとって生きるのがやっとという時代がつづいていた。
 中野好夫氏によると、怠惰放縦な学生だった。学課に好き嫌いが多く、古典や詩、歴史には熱中したが、形而上的なものや抽象的なもの(神学、哲学、数学)などはきらいで、生涯を通じてそういうものを軽蔑していたという。
 食うために国教会の僧になり、46歳の時、この教会の首席司祭になる。
 スウィフトはずっと独身で通していたが、そのかわり恋愛はした。若いころに知り合った女性に”ステラ”という愛称をあたえて愛し、また中年のころ、24も歳下の女性を愛した。
 おもしろいことに、床下のスウィフトの棺は、かれよりも早く亡くなった”ステラ”の棺と並んで埋められている。それにはさまざまないきさつもあるらしいが、ともかくも、英国国教会は粋なものである。」

完全には撮せていないが、スウィフトとステラの名前が見える。

聖パトリック教会の見学の後、いくつかの観光に行くのだが、午後の自由時間に行った本屋さんでのことを書いておこう。上の写真がその本屋さん。トリニティ・カレッジのそばにある本屋さんだけにたくさんの本があった。

ここで「ガリバー旅行記」の本を探したのだ。
以前に「ガリバーは踏み絵を踏んだのか?」で調べたことがあるが、スイフトが「ガリバー旅行記」を出版したのは1726年59歳のときだった。初版は1週間で売り切れるという大評判になった本だ。
スイフトが「ガリバー旅行記」を書くきっかけになったことはいくつかあるようだが、その中の一つに前年の1725年にデフォーが「ロビンソン・クルーソー」を出版したからだ、という説もある。スイフトの負けじ魂が感じられる説だ。

私はアイルランドで、アイルランドの人が買って読んでいる「ガリバー旅行記」が買いたかった。
写真でわかるように大きな本屋さんで、子どもの本のコーナーや歴史のコーナーなどがあり、ウロウロしたがわからない。「ガリバー旅行記」はどの分類の本になるのだろう? 妻と二人でうろうろと書棚を見ていると、アイルランドの人らしい男性が声をかけてきた。「何を探しているのだ?」という顔つきで英語で話しかけてきた(と思う)。
私は「ガリバー」「ガリバーズトリップ」などと言うが、全く通じない。
作者の「スイフト」といえばわかるだろうと思い、「スウィフト、スイフト」と繰り返すがこれも全く通じない。
そうだ携帯で撮した、聖パトリック教会のスイフトの肖像を見せればわかるだろうと思い、見せてみた。
彼は「オー、Swift , Jonatha Swift 」と言ったと思う。「Swift, Swift 」と、にっこり笑って私に正しい発音をさせるように何度も繰り返して言って、本屋さんの中を案内してくれた。

書棚から何種類もの「Gulliver’s Travels 」の本を出してきた。
絵本のような本、子ども用に短くした本、ペーパーバックの本、ハードカバーの本など数種類もの本を積み上げてくれた。
妻は日本語で「ありがとう」を繰り返していた。

私は以前から気になっていた、ラピュタの章で、ガリバーが踏み絵をしていないことを役人に告げ口したのは「船長」か「水夫」かを調べてみた。
ラピュタの章はあっても、「踏み絵」のことがのっていない本がほとんどだった。
1冊だけが注を付けていた。
それが左のハードカバーの本だ。

本文のその部分が上の赤い線で引いたところ。
注を見ると、Skipper : Cabin boy と書かれてあった。
やはり「船長」ではなかったのだ。これで私が疑問に思っていたことが解決した。
アイルランドに来て解決できるなんて、とても嬉しかったし、楽しい経験だった。

司馬遼太郎さんの本には、アイルランド人はとても親切だ、ということが書いてあったが、それは私にとっては真実だった。

 

 

 

 

 

愛蘭土紀行 23

聖パトリック教会

聖パトリック教会は工事中だったが、中を見学することはできた。

司馬遼太郎さんは聖パトリック教会について、「カトリックの教会だと思っていたら、英国国教会だった」と驚きのニュアンスで「愛蘭土紀行1」で書いている。
聖パトリック教会は1191年創設と言われている。最初はケルト系教会だったが、イングランドの宗教改革の影響で英国国教会系となった。「愛蘭土紀行1」には、

「教会に、カトリックの聖人の名がついているじゃないか、と思った。
聖人というのは、ローマ・カトリックの神学とながい習慣によってできたものである。新教(プロテスタント)には聖人崇拝がなく、その後、新教の影響を強くうけた英国国教会においても聖人崇拝があるはずもないと私は思っていた。
・・・・略・・・・なにしろ英国国教会は16世紀、ヘンリー8世が王妃と離婚したいがために教会をローマから独立させ、英国国教会として出発させた宗教だから、諸事、鷹揚あるいはぬえのようにできている。
 初期にはカトリックに揺れたり、プロテスタントになったり、じぐざぐをくりかえしたが、やがて中道を行くということにおちついた。たとえば儀式はカトリック、教義は新教、聖教者のスタイルは結婚生活が許されるということで、新教の牧師じみている。」

この「中道を行く」までに大きな悲劇がアイルランドにはあった。
司馬遼太郎さんの「愛蘭土紀行1」には次のようなことが書かれている。

「ただし、アイルランド人は、いまもクロムウェルを許さない。
 1649年夏、クロムウェルは”共和国軍”2万をひきいてアイルランドに押しわたり、かれらがカトリックだというだけで、大虐殺をやった。聖職者、修道女、女子供をえらばなかった。
 ドロヘダでは4千人を虐殺して、ウエックスフォードでは二千人を虐殺した。働き盛りの男をみつけると、アメリカ大陸へ奴隷(年季奉公人)として売りとばした。
「プロテスタント」という言葉が、アイルランドにおいては、悪魔もしくはそれ以上のイメージになったのは、このときからだった。
 宗教は、水か空気のようである場合はいいが、宗教的正義というもっとも悪質なものに変化するとき、人間は簡単に悪魔になる。」

聖パトリック教会の中には、美しいステンドグラスがたくさんあった。
そこはプロテスタントの教会的ではない。キリストやマリア像はないが、カトリックの教会の雰囲気がある。

司馬遼太郎さんは言う。

「つまりはいい意味でいいかげんであるため、カトリックの専売特許であるはずの”聖人”の称号をそのまま英国国教会で無断借用して、”聖パトリック教会”と名づけているのである」

私にはキリスト教のことはよくわからないが、歴史の中で右往左往させられてきたアイルランドのことを思うと、素直にはその「いいかげんさ」では理解できない部分がある。

聖パトリック教会の前庭には、美しい花壇があり花を咲かせている。子どもの遊具などもあって、楽しく明るい空気がある。
こんな風景がいつまでも続いてほしいと思う。

この聖パトリック教会には、私の見たいものがあった。
それは「ガリバー旅行記」を書いたスイフトの墓だ。

 

 

 

ガリバーと踏み絵 3

左の本は Kodansha English Library (講談社英語文庫)のガリバー旅行記「Gulliver’s Travels」。

この本は原文そのままではなく、Retold されている。
本文142ベージ、そのうしろに10ベージ程度の日本語に訳する場合の注がついている。

日本が登場する場面もあり、短いが「踏み絵」のことがわかる記述があった。
この本のPart3に「The  Land  of  Wise Men 」という章がある。そこのChapter6にそのことが書かれている。

 
 I  asked  one  more  thing,  I  knew  the  emperor  of  Japan  did  not  like  Christians, so  all Europeans  in  Japan  had  to  trample  on a   crucifix  or  a  picture  of  Jesus  or  Mary  before  they  
could  trade  there.

I  did  not  want  to  do  this.
”Your Majesty,” Ì  said.   “I  don’t  want  to  trade.  I  am  just  a   lost  man  who  wants  to  go  home.   Please  excuse  me  from   this.”

trample 他動詞 ふみつぶす
crucifix  名詞 キリスト磔刑(たっけい)像の付いた十字架
(オーレックス英和辞典)

キリストがはりつけになっている像が付いた十字架、イエスかマリアの絵をふみつぶすと書かれている、これが「踏み絵」のことだろう。

ガリバーの頼みに皇帝はこたえる。

The  emperor  was  a  little  surprised  but  agreed  to  my  request.
“But don’t  tell  the  other  Dutchmaen,”  he  warned.
“They  wont’t  be  happy.”

「他のオランダ人には言うな」と警告しているのはこれまでの訳にあったとおり。この本ではここまでで、前回のときに紹介したような密告の場面は省略されている。
密告したのは船長なのかボーイなのかわからない。

今度はペンギンブックスの「ガリバー旅行記」をみてみよう。

作者のスウィフトは1667年に生まれ、1744年77歳で亡くなっている。この時代の人としてはかなり長生きしたと言える。
「司馬遼太郎の街道2」という本によると、
『・・・当時としてはずいぶん長生きでした。平均寿命の2倍ぐらいは生きています。・・・長生きには秘訣がありました。まず食べ物が良かった。さらに当時としては珍しくよく入浴し、清潔だった。もうひとつ、よくジョギングをしていました。雨の日は司祭館の3階までの階段を上がり下がりしていたそうです。(P38)』と書かた。

 

I  added  another  petition,  that  for  the  sake  of  my  patron  the  King  of  Luggnagg  his  Majesty  would  condescend  to  excuse  my  performing  the  ceremony  imposed  on  my  countrymen  of  trampling  upon  the  Crucifix,  because  I  had  been  thrown  into  his  kingdom  by  my  misfortunes,  without  any  intention  of  trading.
petition   名詞(神,国王への)嘆願
condescend  動詞(地位・身分が上の人が)(人に)へりくだってやさしく
     (親切にも)・・・する(to do )
impose  動詞 課す、押し付ける、強いる
trample  動詞 踏みつぶす
Crucifix 名詞 キリスト磔刑(たっけい)像の付いた十字架
「踏み絵」のことが記述されているところ。十字架を踏みつけるというように書かれていて、キリストやマリア像の絵のことは書かれていない。
 
He seemed  a  little  surprised, and  said,  he  believed  I  was  the  first  of  my  countrymen  who  ever made  any  scruple  in  this  point  and  that  he  began  to  doubt  whether  I  were  a  real  Hollander  or  no:  but  rather  suspected  I  must  be  a  CHRISTIAN.
scruple  名詞 ためらい、疑念
皇帝(将軍)がガリバーを疑うところ。しかラグナダ国との関係からガリバーの要望に応じる。
 
, but the  affair  must  be  managed  with  dexterity,  and  his  officers  shoule  be  commanded  to  let  me  pass  as  it  were  by  forgetfulness.  For  he  assured  me,  that  if  the  secret  should  be  discovered  by  my  countrymen,  the  Dutch,  they  would  cut  my  throat  in  the  voyage.
 

dexterity  名詞 手際の良さ、機敏さ、巧妙さ
assure  動詞 自信を持って言う。
forgetfulness  名詞 忘れやすいこと、気にしないこと

このforgetfulness が「ついうっかりと」「ぼんやりしていて見逃す」「役人がうっかり忘れたふりをして」という訳文になったのだろう。

しかしオランダ人に首を切られる、というのは納得できない話だが、それくらい「踏み絵」というものが浸透しているということなのだろうか。

Before  we  took  shipping,  I  was  often  asked  by  some  of  the crew,  whether  I had  performed  the  ceremony  above -mentioned?  I  evaded  the  qquestion  by  general  answer,  that  I  had  satisfied  the  Emperor  and  Court  in  all  paticulars.  Howerer,  a  malicious  rogue  of  a  skipper  went  to  an  officer,  and  pointing  to  me,  told  him,  I had  not  yet  trampled  on  the  Crucifix:  but  the  other,  who  had  recieved  instructions  to  let  e  pass,  gave  the  rascal  twenty  strokes  on  the  shoulders  with  a  bamboo,  after  which  I  was  no  more  troubled  with  such  questions.

evade 動詞 はぐらかす、そらす
malicious  形容詞 悪意のある、意地の悪い
rogue  名詞 悪党、ならず者
skipper  名詞 (漁船、小型商船などの)船長
オーレックス英和辞書には上のように、skipper は船長とあった。
しかしペンギンブックスのこの本には注がついていて、skipper → ship’s boy
と書かれている。船長ではなく船に乗っているboy、という注だ。

これで日本語訳に違いが出る理由がわかった。
一般的な辞書では、skipper は船長だ。しかしペンギンブックスの注によると「ship’ boy 」ということで船長ではない。

スウィフトの書いたガリバー旅行記の原文,原作の表記についてはこれ以上私の力では調べられない。ペンギンブックスの本が原作と同じだとしたら、スウィフト時代のskipper の使い方が ship’s boy の意味だったら、「船長ではなくボーイ、船付き給仕」と理解したほうがいいのだろう。