2月1日 金星に月が接近

午前6時頃の写真。 もう少し拡大してみると、

木星から離れて南側にアンタレスがあるのだが、うまく写真に撮れない。

少し時間が経ったところ。金星はさすがによく輝いている。
どんどん明るくなってくるので、アンタレスが見えなくなり、木星も見えにくくなる。

月と金星と木星が入るようにトリミングしたもの。
地球照(地球に照らされて、月のかけている部分がうっすらの見える現象)が、写真には写っている。

国立天文台の「今日の星空」による2月1日朝6時の星空の予想図。
国立天文台のホームページよりの引用。
小さいので拡大してみると、

図にかいてあるものと、実際の星空ではその距離感が違って見える。 土星は山の付近にあるので、確認できなかった。
肉眼でいるものと、写真に撮ったものを比べると、まだまだ私の写真ではわかりにくい。
今年は天体写真に挑戦してみるか。

 

 

 

2019年1月4日の朝

月、金星、木星、さそり座のアンタレス

1月4日の夜明け。午前6時すぎ。 金星、木星は昨日と同じぐらいのところに見えるが、月はずっと東の空に低いところに見える。

金星と木星がよく見える。 少し拡大してみると、木星の右側に、方角でいうと南側に、赤っぽい明るい星がある。

昨日までの写真には写すことができなかった、さそり座のアンタレスだ。
わかりやすいように印をつけてみる。

四日間朝の写真を撮ってみると、月の出の時間の変化がよく分かる。

明日、1月6日の月の出は午前6時10分だからこの4日間のような時間帯では、月は地平線から顔を出した頃になる。日の出が7時6分だから、
明日からはこの時間帯での月の姿は写真iとれない。

さて、今日も東の空は雲ひとつ見えない快晴だった。

iPhoneのポートレートモードで撮った写真が2枚。
今日はだれも日の出の写真を撮るために来た人はいなかった。
ジョギングの人が一人、散歩の人が一人だけだった。
仕事始めで通勤が始まったのだろう。

いよいよ2019年が動き始める。