アイルランドとジャガイモ

 映画「ブルックリン」。20世紀フォックスのホームページから。
山下直子さんの講義で、1950年代のアイルランドから移民した女性が主人公という映画が紹介された。この時代はアイルランドの六人に一人が移民していたと言われる時代だ。
早速ツタヤでレンタルした。はじめにエリス島での移民局の場面があった。
前回私のブログで、本の挿絵で紹介したところとほぼ同じだったのでびっくりした。移民局の許可を得て、ドアを出てアメリカの土を踏むエイリッシュ・レイシー。ドアから眩しいほどの光が溢れ出す。
1950年代のアイルランドの女性の生き方を知る、素晴らしい映画だと思った。

アイルランドとジャガイモ

ベルファストのホテルのそばのコンビニに行くと、ジャガイモのお菓子がいっぱい並んでいた。
日本でポテトチップスと呼んでいるものだが、アイルランドではクリスプスという。
なかでもTAYTO(テイトー)というクリスプスは1954年の発売というから60年以上の歴史がある。
たしかに美味しい。しかし日本では見たことがないお菓子だ。

ジャガイモはよく知られているように、原産地は南アメリカのチリ。コロンブスがアメリカ大陸を「発見」してから、スペイン人たちが南アメリカに上陸し、ジャガイモのことを知ったのが1570年ごろ。ヨーロッパに伝わったが食用としての栽培はなかなか広がらなかった。しかしアイルランドでは1700年代前半にはジャガイモを植えて食用にしていたそうだ。大麦や小麦などの穀物は税金としてほとんど取られてしまったが、ジャガイモは税金で取られることはなく、収穫したものは自分たちで消費することができた。ここからアイルランド人とジャガイモの長い付き合いが始まる。
山下直子さんのお話によると、現在のアイルランドでは8種類ぐらいのジャガイモが売られているそうだ(全世界では4000種というからおどろく)。特にルースターという赤いじゃがいもはホクホク系で人気があるそうだ。

上の写真は松本侑子先生の「赤毛のアンの幸せになる言葉(主婦と生活社)」から。
アイルランドでもこのような風景がみられるのだろう。
ジャガイモは花が咲く。
当たり前のようだが「えっ?」という人も多い。なぜなら「じゃがいもの種をまきました」という言葉を聞かないからだ。かわりに「種芋を植えた」という。そう、小学校の理科で、ジャガイモ地下茎で増え、さつまいもは根っこで増えると習ったことを覚えている。
ジャガイモ畑には種をまくのではなく、種芋を植えているのだ。

「赤毛のアン」のマシューとマリラはスコットランド系の移民で、ケルト的な文化を背景に持っている。そのことは「赤毛のアン」を翻訳されている松本侑子先生がよくおっしゃっている。
ここではジャガイモのことに焦点を当てると、赤毛のアンシリーズ第3巻「アンの愛情」にはこんな場面がある。

「・・・お手間じゃなきゃ、手を貸して、ジャムを配膳室にしまっとくれ。今夜中に、急いで芋を片づけちまうんでね。お嬢さんがたは、こんな仕事はしたことはあるまいね。手が荒れるんで、嫌なんだろ」
「畑を貸しに出すまでは、私もよく種芋を切りました」アンはほほえんだ。
「私なんか、今でもしてるわ」ダイアナが笑った。「先週は3日も」それから茶目っ気たっぷりにつけたした。「そのあとは、毎晩、両手にレモンジュースをぬって、子山羊革のてぶくろをはめるのよ」
(文春文庫「アンの愛情」モンコメリ作、松本侑子訳 P134〜P135)

「赤毛のアン」というと、お茶会や劇や朗読などで楽しんでいる女の子たちのはなし、と思っていたら大間違い。農村で働く女性の姿が上のようにしっかりと描かれている。アイルランドの女性たちも、アンやダイアナのように種芋を何日もかけて切っているのだろう。

上の写真は私の家の近くにある畑で撮った写真。ジャガイモの花だ。この写真はピンクの花だが白い花も咲いていた。
大阪でもジャガイモの花は咲く。しかし松本侑子先生の写したプリンスエドワード島のように一面に咲く、ということはない。

左の本は私がジャガイモとの花と実について興味を持つきっかけとなった本。
私のブログでも以前紹介した。
この本のねらいは小学生たちに「花と実によって植物は広がっていった」という基本に気づかせるために書かれている。
ジャガイモも花が咲き、実がなり、種ができる。その種からジャガイモを育てることができる、という事実に着目している。
山下直子さんのお話に「ジャガイモは全世界で8000種ある」というのも、ジャガイモの種から育てて、品種改良をしてきたから、8000もの多種多様なジャガイモができたという歴史があるからだと思う。
新しい品種を作るには種がいる。いったん新しい品種ができると、あとは種芋で増やすことができる。種芋だからクローンのようなもので、同じ性質を受け継いでいる。だから病気になると、全体にひろがってしまう。それがアイルランドのジャガイモ飢饉の原因の一つだろうと言われている。
山下直子さんのお話では、今はアイルランドでは8種類のじゃがいもをお店で見ることができるそうだ。多様な品種があれば、一つが病気になってもあとは大丈夫というわけだ。これもジャガイモ大飢饉で学んだことの一つだと思う。
 ヨーロッパでジャガイモが広がるのに時間がかかったように、日本もそうだった。「ジャイもの花と実」の本にも説明がある。日本にジャガイモが入ってきたのは、豊臣秀吉が死んだ年、1589年のことだと言われている。しかし日本でもジャガイモを食べ物と考えなかったようで、1783年の大飢饉のときに栽培がひろがってきたそうだ。しかし本当に日本で広く栽培されるようになったのは明治時代になってからだそうだ。アメリカやヨーロッパから新しいじゃがいもの品種が入ってきて、その作り方が知られるようになってはじめてたくさん作られるようになったという。たとえば北海道の男爵いもは、川田龍吉男爵によって広がったと、山下直子さんのお話にあった。男爵いもは「アイリッシュ・コプラー」いう品種だそうで、ここでもアイルランドとのつながりがあった。

アイルランドでいただいた食事はどれもおいしかった。
肉も、魚も、野菜も、デザートも。
左はランチでいただいた煮込み料理。シチューといっていいのだろう。
ジャガイモのスープや、マッシュポテトのサラダなど、ジャガイモ料理もふんだんにあった。
山下直子さんのお話では、アイルランドでは料理に合わせてジャガイモの種類も変えるそうだ。日本人がお米はコシヒカリやササニシキなど、お米そのものの味を楽しむように、アイルランドの人はジャガイモの味の違いがわかるのだろう。
時間を見つけて、アイルランドの料理を作ってみたいものだ。

 

 

 

カナダ・赤毛のアンツアー 31

アンとジャガイモ

IMG_20140813_0001

この写真は 松本侑子さんの「赤毛のアンのプリンス・エドワード島紀行」からとったもの。私たちがプリンスエドワード島に行ったのは、初春だからこれからジャガイモが植えられる時だった。収穫の様子を知りたかったので、さがしてみるとちゃんと松本侑子さんの本にあった。

プリンスエドワード島の名産物ジャガイモは、「赤毛のアン」ではどのように書かれているのか気になって調べてみた。

「赤毛のアン」「アンの青春」「アンの愛情」の3冊を調べてみた。 

IMG_20140811_0003

第4章

“I never in all my life saw or heard anything to equal her,” muttered Marilla, beating a retreat down to the cellar after potatoes. “She is kind of interesting as Matthew says. I can feel already that I’m wondering what on earth she’ll say next. She’ll be casting a spell over me, too. She’s cast it over Matthew. That look he gave me when he went out said everything he said or hinted last night over again. I wish he was like other men and would talk things out. A body could answer back then and argue him into reason. But what’s to be done with a man who just LOOKS?”

(訳は松本侑子さんの本から。)
「こんな子は、金輪際、知らないね」マニラはつぶやきながら、馬鈴薯を取りに地下貯蔵庫へ退却した。「マシューの言うように、確かに面白い子ではあるがね。私ときたら、今ではあの子が次に何を言い出すか、心待ちにしている有り様だ。どうやら私にも、魔法をかけるつもりかね。マシューはすっかりかけられてしまったけどね。朝、畑に出かけた時の兄さんのあの顔つきといったら、ゆうべ兄さんが口にしたり言葉にしないまでもほのめかしたことを、今度は顔つきでしてみせるんだから、引き取りたいってね。兄さんもせめて、世間並みの男くらいには胸の内を口にしてくれると、こちらも言いかえしたり、理にかなうように説きふせることもできるけど、顔つきでしかものを言わない男なんて、どう対応すればいいのかね」

第16章

“No. The sitting room will do for you and your company. But there’s a bottle half full of raspberry cordial that was left over from the church social the other night. It’s on the second shelf of the sitting-room closet and you and Diana can have it if you like, and a cooky to eat with it along in the afternoon, for I daresay Matthew’ll be late coming in to tea since he’s hauling potatoes to the vessel.”

「いいや、あんた方は居間だよ、でも、先だっての晩、教会の集まりに出した木苺水が瓶に半分残っているよ。今の戸棚の二段めにあるから、よかったらダイアナとお飲み。おやつにクッキーと一緒に食べてもいいよ。というのも、マシューはお茶には遅れるだろうからね。船にじゃが芋を積みに出ているんだよ』

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

“How is your mother?” inquired Anne politely, just as if she had not seen Mrs. Barry picking apples that morning in excellent health and spirits.
“She is very well, thank you. I suppose Mr. Cuthbert is hauling potatoes to the LILY SANDS this afternoon, is he?” said Diana, who had ridden down to Mr. Harmon Andrews’s that morning in Matthew’s cart.
“Yes. Our potato crop is very good this year. I hope your father’s crop is good too.”

「お母様は、ご機嫌いかが?」アンは澄ましてたずねた。まるで今朝、パリー夫人が元気溌剌として林檎をもいでいたところなど、見なかったというように。
「おかげさまで、とても元気ですわ。そういえばカスパートさんは、今日はリリー・サンズ号にお芋を積みにお出かけでしたわね』ダイアナも言った。彼女の方は、朝方、マシューの荷車にのせてもらって、ハーモン・アンドリュースさんのところまで行ってきたのだが。
「ええ。そうですの。今年はお芋の収穫がとてもいいんですの。お宅のお父様のお芋も、良い出来だといいですね」

 

IMG_20140811_0004

第16章

“Then I’ll have peas and beans and creamed potatoes and a lettuce salad, for vegetables,” resumed Anne,

「野菜料理にはエンドウ豆といんげん豆、ジャガイモのクリーム煮、レタス・サラダをお出しするわ」アンが話をもどした。

第17章

Then the girls tripped out to the kitchen, which was filled with appetizing odors emanating from the oven, where the chickens were already sizzling splendidly. Anne prepared the potatoes and Diana got the peas and beans ready. Then, while Diana shut herself into the pantry to compound the lettuce salad, 

アンとダイアナが軽やかな足どりで台所へ行くと、オーヴンではローストチキンがこんがり焼けてじゅうじゅう音をたて、おいしそうな匂いがたちこめていた。
アンはジャガ芋を下ごしらえした。ダイアナはグリーンピースとインゲン豆の支度にとりかかり、それから配膳室に閉じこもって、レタス・サラダの材料をまぜにかかった。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

“Yes,” said Anne, mashing the potatoes with the air of one expected to do her duty.

『入れたわよ」アンは、その義務を果たすよう期待されている人のような悲壮なそぶりでジャガ芋をつぶしていた。

 

IMG_20140811_0005

第4章

“Wait till next year,” comforted Priscilla. “Then we’ll be able to look as bored and sophisticated as any Sophomore of them all. No doubt it is rather dreadful to feel insignificant; but I think it’s better than to feel as big and awkward as I did?as if I were sprawled all over Redmond. That’s how I felt?I suppose because I was a good two inches taller than any one else in the crowd. I wasn’t afraid a Soph might walk over me; I was afraid they’d take me for an elephant, or an overgrown sample of a potato-fed Islander.”

「来年まで待つのよ」プリシラが慰めた。

「そのころには、あの二年生たちのだれよりも、あきあきして世なれした顔もできるわ。小さな存在だって感じるのは、たしかにつらいけど、私みたいに、図体が大きくて、不格好だって気がするよりましよ・・・だって、大勢の中で、私だけ、背丈が二インチ(約五センチ)は高かったのよ、さすがに、二年生に踏みつぶされる心配はないけれど、像と間違えられるんじゃないか、とか、ジャガイモばかり食べて、でかくなりすぎたプリンスエドワード島民の見本だって思われやしないか、きがかりだったわ」

 

第11章

Late as it was Aunt Atossa was cutting potato sets in the Wright kitchen. She wore a faded old wrapper, and her gray hair was decidedly untidy. Aunt Atossa did not like being “caught in a kilter,” so she went out of her way to be disagreeable.

遅い時間というのに、アトッサおばは、ライト家の台所で、種イモにするジャガイモを切っていた。色のさめた古い部屋着をきて、白髪頭は、ぼさぼさだった。「無理して感じよくふるまう」のが嫌いで、わざと無愛想にするのだった。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

”・・・I’m in a hurry to get these spuds done tonight. I suppose you two LADIES never do anything like this. You’d be afraid of spoiling your hands.”

“I used to cut potato sets before we rented the farm,” smiled Anne.

“I do it yet,” laughed Diana. “I cut sets three days last week. Of course,” she added teasingly, “I did my hands up in lemon juice and kid gloves every night after it.”

「・・・今夜中に、急いでイモをかたづけちまうんでね。お嬢さんがたは、こんな仕事はしたことあるまいね。手が荒れるんで、いやなんだろ?」

「畑を貸しに出すまでは、私もよく種イモを切りました」アンはほほえんだ。

「私なんか、今でもしてるわ」ダイアナが笑った。「先週は三日も」それから茶目っ気たっぷりにつけ加えた。「もちろんそのあとは、毎晩、両手にレモンジュースを塗って、子ヤギの革の手袋をはめるのよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「赤毛のアン」「アンの青春」「アンの愛情」の三冊から「ジャガイモ」の文字があるところを抜き出してみた(見つけ出せていないところもあるかも知れないが・・)

ジャガイモがアンやプリンスエドワード島に住む人にしっかりと根ざしていることがよく分かる。

とりわけ「アンの愛情」では、アンやダイアナが種イモを切って、家の仕事を手伝っていたことがえがかれている。
あの広い赤土のジャガイモ畑に植える種イモは、何百、何千個になるだろう。
きっとグリーンゲイブルズの納屋で、アンは何日も何日も種イモを切ったのだろうと想像すると、違った意味で「赤毛のアン』の世界が身近に感じられる。
そしてアンもダイアナもその仕事を全く嫌がっていなかったことが読み取れる。
カナダの人たちは、自分たちの生活と重ねあわせながら、微笑みもうかべて読んだに違いない。そこが「赤毛のアン』の魅力かもしれないと思った。

 

 

 

カナダ・赤毛のアンツアー 26

IMG_4270

「ふいに、ジェイムジーナおばさんの予言通り、雨が音をたてて激しく降りだした。アンは傘をさして坂をかけおりたが、港通りへ出たところで、一陣の突風がふきつけ、傘はたちまちあおられて裏返った。なすすべもなく傘にしがみついたそのとき・・・間近で声がした。
「失礼ですが・・・ぼくの傘に入りませんか」
アンは顔をあげた。すると、背が高く、ハンサムで、ひときわ上品な顔だち・・・黒々として憂いをふくんだ謎めいた瞳・・・心とろける音楽のような感じのいい声・・・そう、まさにアンの夢描いてきたヒーローが、生身の肉体をまとって、目の前に立っていたのだ。わざわざあつらえても、これほど理想通りにはできなかっただろう。
「ありがとう」アンはうろたえた。
「さあ、岬の小さなあずまやへ、急ぎましょう」
・・・・・
松本侑子さんの朗読は続く。
松本侑子さんはバスの中で、時々自分の訳された「赤毛のアン」シリーズから、見学に適した場面を朗読された。
私は夕方のレストランで、「アンのシリーズを全部朗読して、CD化したらどうですか」と言ったくらいに、松本侑子さんの朗読はたのしかった。
さて、その「あずまや」のモデルが上の写真。

_MG_1670 _MG_1676

あずまやのある高台の向こうはもう海。現在は海岸付近の施設の赤いクレーンが背景に見える。ハリファクスを直撃した台風の爪あとなとだろうか、木々が立ち枯れたりしている。

_MG_1684 _MG_1682

ハリファクスはプリンスエドワード島のずっと南だから、さすがに温かい。ガイドさんから「これは野いちご、これは・・・」と説明を聞いて写真を撮ったが、どれがどれだかわからなくなった・・・。

_MG_1697

上の写真は、ダルハウジー大学のホール入口にある階段。

「男子の新入生は、自分たちの青春時代と仲間に対して、女子の新入生よりも知恵があり、玄関ホールの大階段に集まり、若者の声を限りにして、威勢のいい歓声をはりあげていた。」(「アンの愛情」松本侑子訳 P43) にある「大階段」のモデルとなったと思われる階段。

_MG_1686_MG_1696

現在は看護学部の建物として使われているようだ。 ダルハウジー大学(「アンの愛情」ではレッドモンド大学)の図書館に、モンゴメリさんが入学時に署名した書類が保管されていて、それを見ることができるというので、図書館に向かう。 _MG_1709 _MG_1711IMG_4280

IMG_4281

建物の中には、カフェがあり、外国の大学だなあ、とため息まじりに図書館4階へ。 _MG_1715

IMG_4292

左が当時の入学書類?
係の人が記入した項目の最後に、一人ひとりが署名している。
Lucy Maud Montgomery と筆記体のきれいな署名が上の写真の中ほどにあるのが分かるだろう。

 

_MG_1717

_MG_1716

_MG_1720

モンゴメリさんに関係する図書や新聞も見学させてもらった。その部屋には男子学生が静かにパソコンで調べ物をしていた。 出る時気づいたのがこの注意書き。 「This is a QUIET study floor」  外国人がたくさん訪れて,学生さんのお勉強の邪魔をしてしまいました。ごめんなさい。