ベランダで藍を育てる 2018 ①

2018年5月5日、今年もベランダのプランターに藍の種をまいた。 上の写真はそれから約1週間後。目が一面に出てきている。
今年の藍の種はこれまでのものとは違う。
ある作品展で藍染の展示があった。その時、藍の種が箱に入って展示?されていた。
欲しい人はどうぞ、という紹介文があったので、ありがたくいただいてきた。
その種だ。少し品種が違うのかもしれない。そんな期待もあり植えてみた。

左上の写真は6月はじめに植え替えをしたところ。株の間をこれまでよりも広い間隔で植えるようにした。 右上の写真は8月はじめ。すっかり葉が大きくなってきている。そろそろ1回めの刈り込みの時期だ。

8月1日に第1回目の刈り込みをした。
バッサリとカットして太陽光で乾燥させる。

藍を育てて、自分で藍染めをする作業ができるのは、この本のおかげ。
「そだててあそぼう18
アイの絵本」農文協の本。

使う薬品はハイドロサルファイトナトリウムと炭酸ナトリウム。
炭酸ナトリウムは重曹を使った。
乾燥葉100グラムに対して
炭酸ナトリウム・・・15グラムを3回分(計45グラム)
ハイドロサルファイトナトリウム・・・15グラムを3回分(計45グラム)

実際の量はとれた乾燥葉によって比例計算して、薬品の量が決まる。

乾燥葉100グラムに対して2リットルの水を注ぎ、およそ10分から15分煮る。
煮汁を布(私は使い古したタオルを3枚ほど重ねて使用)でこして、煮汁はすてる。
本には「下水にすてる」と書かれているが、私は植木のまわりにまいた。

こした葉に、もう一度水1.5リットル(乾燥葉100グラムあたり)で煮て、
そこへ炭酸ナトリウム15グラム、ハイドロサルファイト15グラムを入れて、10分から15分煮る。
においがとても強いので、換気に注意するようにと本には書かれている。
薬品が飛び散らないように注意して作業をすすめた。

液の表面がこい青色になったら煮汁をこし、バケツにうつす。
バケツにうつした液は、表面はこい青色だが、中は黄色だ。
こした葉に水、炭酸ナトリウム、ハイドロサルファイトをいれて煮たあとにその煮汁をこす、という作業をさらに2回くりかえし、藍の葉から染料を引き出す。

染めるTシャツを準備する。 綿100%のものを買ってきた。同じ綿100バーセントと表示されているが、生産国とメーカーによって色が違うのがおもしろい。
染める前に水洗いをしておく。
これで準備完了。

 

 

 

 

 

 

藍を育てる 5

3.生葉のたたき染め

「アイの絵本」にたたき染めの方法が紹介されている。 その本にあるイラストを見るだけでやり方がわかると思う。

IMG_20140911_0001 IMG_20140911_0001_2 IMG_20140911_0001_3

 

用意するものは、
染めるもの(今回は木綿の布を使用)、生葉、古新聞、ハンマー、セロテープ、ラップ・ポリ袋など、洗剤、トレッシングペーパー
新聞紙の上に布を置いて、生葉をならべてセロテープで止める。

 

IMG_20140911_0002 IMG_20140911_0002_2

ラップやポリ袋を葉の上においてかなづちでとんとん叩く。 葉の汁が染みこんだらラップやポリ袋を除き、しばらくそのままにしておく。できれば一日くらい。 

IMG_20140911_0002_3 IMG_20140911_0002_4

洗剤液で洗い、水洗いをして、乾かす。

では、実際にやってみよう。

IMG_2073

IMG_2074

生葉をならべて、一枚づつかなづちで叩いていく。 私はラップを使った。また机の上では大変やかましいので、畳の上にカッターマットをおいて作業をした。

IMG_2076 IMG_2077

葉の細胞に含まれているインディカンを出すので、細胞を壊すイメージで。かなづちの広い面を使うよりも、細い方でトントンと細かくたたいていくと、たたいた跡が薄くなり、どこをたたいたかよくわかる。

IMG_2080

IMG_2081

トレッシングペーパーで型紙を切り抜き、その上に生葉をたっぷりのせる。Aの字を切り抜いたが、真ん中部分は小さいのでよくわかるように青の色をぬったというわけ。 

IMG_2084 IMG_2086

生葉の上にラップをかけて、かなづちでトントンとたたく。ここではインディカンを叩き出すイメージで。葉の形に染め出すわけではないので遠慮なく叩くことが出きる。 

IMG_2087

上の写真はAではなく、Kで葉が四枚のモデル。
1時間以上おいてから(本ではできれば1日、これは色を固定するためらしい。早くするためにオキシドールに浸して酸化をはやめる方法もある)石鹸で洗い、水洗いをして、天日干ししたもの。
緑の色素の葉緑素が洗われ、藍の色素が出てきている。 色の変化があり、草木染めの奥の深さがわかる。

_MG_3713

 藍の花が咲き始めている。
種が取れれば、来年は本格的な藍染めに挑戦してみよう。