パズルをつくる 6

ひっくり返る立方体

この「パズルをつくる」の著者、芦ケ原さんは「これはパズルではない。できあがったものをいじって遊ぶだけのものだ。それがまた楽しい」と書いている。さらに
「ルービック以来、立方体のパズルがぞくぞくと生まれた。そのどれもが気がめいるほどむずかしいものばかりなのに、このパズルだけは気楽につきあえてうれしい。
しや、これはそもそもぱずるとはいえそうもないしろものなのだ。
しかし、パズルとは、元来考えものという狭い意味の他に「人をまどわす」という広い意味があるのだから、いじっていて意外なところでくるりと回転するこの物体は、やはり人をパズっているのである。」と続けている。

さて作り方は本によると、「図のように立方体を並べ、太線でしめした八箇所をガムテープで両側から連結して立方体状にする。その形で表面にある色を塗る。次々と形を変えて、立方体ができたらその表面に別の色を塗る」というもの。

この本では「木の立方体を8個入手する。一辺最低5センチはほしい。入手できなけれは角材から切り出すしかない」と書いているが、画用紙でもできる。

画用紙で立方体を作る。「パズルをつくる」の本のように、セロテープで張り合わせていくと、写真のようなパズルができる。
画用紙でなくても、牛乳パックを利用すると大きな立方体を作ることもできる。
手元にある材料で工夫することもまた楽しい。

まず4個で試してみると、小学生の子どもでも喜んでくれた。
自分の好きな絵を書いてみたり、写真を貼ってみたりして楽しむことができる。
写真の上にある立方体8個が本にあるスタイルだ。

これは私の知り合いが作ってくれたもの。
立方体8個で出来てるが、中を開けるようにして開いてみると、何と星型が出てくるというすぐれものだ。
これは木では作れない(私はという意味で)。紙を使ってこんな複雑で楽しいパズルを作ることができるのがおもしろい。
いろいろと発展させてつくるのが、こういった工作の楽しみなのだろう。