2016年1月1日 初日の出

IMG_0107

2016年の初日の出。
国立天文台のホームページでは、大阪の初日の出は7時5分となっているが、上の写真は7時21分頃のもの。 葛城山から昇ってくるので、それだけの時間が必要なのだ。写真の左端にあるのが二上山。

IMG_0024

左の写真は6時40分頃の写真。

上に見える星は金星。
明けの明星と呼ばれている。
日の出は7時5分でも、太陽の光は偉大。
写真で撮るともう東の空は明るんできている。

太陽が昇る頃には、最初の写真のようにもう金星は見えない。

金星といえば惑星探査機「あかつき」の奇跡的な軌道修正成功が昨年の年末の明るいニュースだった。
今年には「あかつき」による金星観測がはじまる。また「はやぶさ2」のスイングバイ成功も忘れてはならない。「はやぶさ2」は2020年のRygu(リュウグウ)到着まで、秒速約32km(時速11万5200km)で突っ走っている。

IMG_9914

1月1日の朝は、月に木星が接近していた。

月と金星の間には、火星が赤く光っていたが、写真にはうまく撮れなかった。まだまだ天文写真の腕は未熟なのを実感。

火星といえば、今年は火星が昨年よりは接近する年。最接近は5月31日。地球と火星の距離は0.503天文単位(天文単位は地球と太陽の平均距離を1とする。1天文単位が約1億5000万km)なので、地球ー太陽の距離の約半分ということ。
大接近は二年後の2018年7月31日だそうだ。その時の距離は0.385天文単位というからかなり接近することがわかる。

モンキー星雲

さて今年は申年。
星座で申年に関係するものはないかと調べてみると、あった。
「モンキー星雲」
この写真はインターネットの

http://www.astroarts.co.jp/photo-gallery/obj?k=モンキー星雲

から引用させてもらった。
オリオン座とふたご座の間にある星雲だそうだ。(星としてはオリオン座に属しているらしい。)
どうしてこんな星雲ができたのだろうか。
ところで、十二支の名前を持つ星や星雲があるのだろうか、と疑問に思う。
牡牛座、牡羊座はあるなあ。
ネズミ座、トラ座はないようだ。
卯はウサギ座があった。
辰はりゅう座がある。
巳はへび座、みずへび座、うみへび座がある。
馬はペガサス座かな。
申はモンキー星雲を発見。
酉はニワトリ座はないが、鳥に関係するなら、わし座、はくちょう座とある。
犬はおおいぬ座とこいぬ座かな?
亥はしし座はあるが、イノシシではないなあ。
詳しく調べればもっとあると思うが、ざっと思い浮かんだものを書いてみた。

さて、初日の出といえば、日本は南北に長いので日の出の時間も場所によって違ってくる。以前のブログにも書いたが、今回は海上保安庁のデータを紹介しておく。
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOHO/hatsuh

初日の出昼夜境界線自分の住んでいる場所から見て、原則的には、南東の位置にあるところのほうが日の出の時間が早くなっていることがわかる(もちろん山や高地では変わってくる)

初日の出昼夜境界線

日の出の時間が季節によって変わってくる原因の一つが、地軸の傾き。地軸が全く傾いていなかったら日の出の時間も変わらなく、毎日が春分・秋分の日のような一年になることが予想できる。
試しに上の図を傾けてみた。

昼夜境界線が南北になるように動かしてみる。左の図は約23度傾けたもの。
地軸の傾きにほぼ近い。
そういえば冬至が12月22日だった。冬至から10日ほどたっているからこういう感じになるのかなあと思った。

今年の天文現象で気になるのは、
3月9日の部分日食、お昼ごろなのでお天気が良ければ見るチャンス。
3月23日、8月18日、9月17日の半影月食。地球の本影にはいる月食ではないので、はっきりとわかるかどうか?と言われている。
11月14日のスーパームーン。平均38万kmといわれている地球−月の距離が、35万6500kmまで近づく、68年ぶりの大きな満月になるという。

天界の星たちは、粛々と大宇宙を移動している。
地上の星たちに、平和が訪れることを祈らずにはいられない。

 

 

 

 

 

日の出とRyugu(りゅうぐう)

IMG_8456

10月16日の朝日。 二上山のほぼ中央から太陽が登ってきた。
私の家の隣の人が、毎朝ウオーキングで近くの池の周りを回っている。
「今日の朝日は二上山の間から登ってきたよ」、
と聞いたのでさっそく次の日に写真を撮りに出かけた。いい天気だった。
その時に撮った写真が上の写真。

MG_4201

この写真は9月の秋分の日の写真。 同じ位置から日の出を撮っている。この写真と比べると、わずか一月の間に太陽の日の出の位置が南の方向にずっと動いていることが分かる。

昔の人は、この太陽の動きによって季節の移り変わりを実感し、予測していったのだろう。
太陽の影によって1日の時間の流れを把握しようとした1つが、日時計だと思う。
前回のブログで作った日時計のお昼前の写真がこれ。

IMG_8683 IMG_8673 IMG_8674

IMG_8677 IMG_8678

江戸時代には、携帯用の日時計があったそうだ。

明石天文科学館の展示には、全世界から集めた日時計のコレクションが展示されていた。
昔の時代の人達も、時間、時刻を知りたかったし、そのための工夫をしてきたのだろうと思う。

RYUGUをめざす
        「はやぶさ2」

さてこの大宇宙を日本のロケットが打ち上げた探査機が目的地に向かって飛び続けている。そのひとつが「はやぶさ2」。
「はやぶさ2」のめざす小惑星「1999JÙ3」の名称が決まった。
JAXAのホームページに詳しく載せられている。

***********************************

小惑星探査機「はやぶさ2」の目指す小惑星1999 JU3の名称決定について

                              平成27年10月5日

                    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 小惑星探査機「はやぶさ2」が目指す小惑星1999 JU3の名称が「Ryugu」に決定しました。

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、平成27(2015)年7月22日から8月31日までの期間、この小惑星の名称案を募集しました。ご応募いただいた名称案は有識者による選考委員会で選考させていただき、次の通り候補を選定しました。

1.選考結果

「Ryugu」

2.選定理由

  • 「浦島太郎」の物語で、浦島太郎が玉手箱を持ち帰るということが、「はやぶさ2」が小惑星のサンプルが入ったカプセルを持ち帰ることと重なること。
  • 小惑星1999 JU3は水を含む岩石があると期待されており、水を想起させる名称案であること。
  • 既存の小惑星の名称に類似するものが無く、神話由来の名称案の中で多くの提案があった名称であること。
  • 「Ryugu」は「神話由来の名称が望ましい」とする国際天文学連合の定めたルールに合致し、また、第三者商標権等の観点でも大きな懸念はないと判断したため。

3.応募状況

応募総数 7,336件(確定値)  「Ryugu」提案者数は30件 (類似した提案として、「Ryugujo」 5件、「Ryuuguu」5件、「Ryuguu」1件、「Ryugujyo」1件、「Ryugujou」1件、「Ryugu-zyo」1件)

4.選考委員会 メンバー

委員長 高柳 雄一 多摩六都科学館 館長
委員 渡部 潤一 国立天文台 副台長
委員 月尾 嘉男 東京大学 名誉教授
委員 津田 雄一 はやぶさ2プロジェクトマネージャ
JAXA宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 准教授
委員 吉川 真 はやぶさ2ミッションマネージャ
JAXA宇宙科学研究所 宇宙機応用工学研究系 准教授

 

5.選定後、決定までの経緯

 選考された名称案は、小惑星1999 JU3の名称提案権をもつ米国のLINEAR(リニア)チームに伝えられ、リニアチームから名称決定権を持つ国際天文学連合に提案されていました。
 小惑星の名称は、通常、審査に3ヶ月程度かかります。今回、小惑星1999 JU3の名称「Ryugu」は異例の早さで審査を終え、太陽系内小惑星の名称を管理するMinor Planet Centerの小惑星リストに「Ryugu」として名称が掲載されました。

***********************************

「Ryugu」は「りゅうぐう」と読む。
玉手箱を手にして、地球に戻ってくる「はやぶさ2」の姿が見られるのは2020年末と予定されている。
そのための地球スイングバイが12月3日19時7分ごろ(日本標準時)に実施される。このスイングバイで「はやぶさ2」はスピードを上げ、進路を「Ryugu」に向ける。この時に日本から「はやぶさ2」が観測できるかも。でもとても暗いから私が持っている双眼鏡では無理。その日のテレビや新聞、インターネットに写真が載るかもしれない。これもたのしみのひとつ。
*スイングバイの詳しい説明はJAXAのホームページを参照されたい。

http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20151014/

ryugu1

 

左の写真は、JAXAのホームページにあった「Ryugu」と「イトカワ」の大きさ比べ。

こんな小さな小惑星をめざして飛んでいるんだと、あらためて驚いてしまう。

「はやぶさ2」の前に地球を飛び立って、観測の機会を待ち続けている探査機がいる。その最終ミッションもこの12月7日の予定。JAXAも忙しいだろうなあ。詳しくは次の機会に。

 

 

はやぶさ2宇宙へ飛び立つ!

挑戦が力を生み、継続が力を深める

はやぶさ2

「三菱重工業株式会社および宇宙航空研究開発機構は、種子島宇宙センターから平成26年12月3日13時22分04秒(日本標準時)に、小惑星探査機「はやぶさ2」(Hayabusa2)を搭載したH-IIAロケット26号機(H-IIA・F26)を予定通り打ち上げました。  ロケットは計画通り飛行し、打上げ後約1時間47分21秒に「はやぶさ2」を正常に分離した事を確認しました。(JAXAのホームページより)」(写真はインターネットより)

いやーほんとに良かった。
3度目の正直とはこのこと。2回の発射延長でやきもきしていたが、天候も回復し、計画通りの発射と飛行、「はやぶさ2」の分離が成功した。
これからが本格的な「はやぶさ2」の旅がはじまる。
この6年間、目が離せない。

IMG_20141203_0001

上の写真はJAXAの広報誌。 「はやぶさ2」の実物と、プロジェクトマネージャーの國中均教授のツーショット。
この写真で「はやぶさ2」の大きさが想像できる。
車1台よりも一回り小さい体に日本の最新の技術が詰まっている。思ったより大きいと見るのか、思ったより小さいと感じるのか、それは人それぞれ。
今回のミッションについてこの冊子に要領よくまとめられている。

はやぶさ2
基本設計は「はやぶさ」と同じ小惑星探査機。サイズは1✕1.6✕1.25m、質量約600kg。イオンエンジンは長寿命化、推力を25%向上、通信はX帯(8GHz)にKa帯(32GHz)追加。姿勢安定装置リアンションホイールも3台から4台に増設。化学推進系はトラブル回避を工夫。「はやぶさ」では「イトカワ」に着地できなかった「ミネルバ」は「ミネルバ2」として3機を搭載。タッチダウンの目標とするターゲットマーカーは5機を装備。光学航法カメラ、レーザー高度計、分離カメラなどミッション機器が運用を支える。再突入カプセルは信頼性が向上し「はやぶさ」ではなかった飛行環境計測装置も搭載した。

ミッション予定
2014年冬にH2Aロケットで打ち上げ後、太陽を1周し2015年11月〜12月に地球近傍をかすめるスイングバイを実施。その後太陽を2周し、2018年6月〜7月に「1999JU3」に到着。約18ヶ月間、小惑星とともに太陽を約2周するランデブー。サンプル採取は3回実施、「滞在」が長いため数多くの科学探査を行う。2019年11〜12月に小惑星を出発、太陽を1周した後2020年11〜12月に地球帰還。全行程は5年、約52億㎞。分離カプセルは「はやぶさ」と同じくオーストラリアのウーメラ砂漠に到着するが、探査機本体はさらに宇宙探査を継続。

科学目的
ターゲットは地球近傍小惑星「1999JU3」。直径約1kmの球形と推定され、自転周期は約7時間半、公転周期は約474日。有機物や水を含む物質があるとされるC型小惑星で、そのサンプルリターンにより太陽系の誕生と進化、生命の起源を探る。衝突装置(インパクタ)により小惑星の地表にクレーターをつくり宇宙風化を受けていない内部物質を得る大胆な試みも行う。近赤外線分光計、中間赤外カメラによる観測も実施。

今回の打ち上げはH2Aロケットなので、前回に比べて推力に余裕がありその力を利用して3機の小型衛星 ー 相乗り小型ペイロードが搭載されている。以下はウィキペディアよりの資料。

  • PROCYON(東京大学・JAXA)
    高さ63cm、幅55cm、奥行き55cm、重さ約65kgの超小型探査機[。複雑な宇宙探査を小型機でどれだけ可能かを検証する。超小型のイオンエンジン「I-COUPS」を使って小惑星探査を行い、小惑星から数十kmという接近距離から高速でフライバイしながら撮影を行う計画。
  • ARTSAT2-DESPATCH(多摩美術大学)
    各寸法約50cm、重さ約30kg。東京大学との共同開発。3Dプリンタを使い出力された、衛星そのものが「深宇宙芸術作品」となっており、地球脱出軌道に投入することで「深宇宙彫刻」となる。また搭載センサーから、独自開発されたアルゴリズムを用いて宇宙空間から詩を生成し、CWビーコンとして地球に送信する。そして世界のアマチュア無線家に協力を仰ぎ、送信された微弱電波を世界中でキャッチしSNSなどで共有するテレメトリ共同受信(協調ダイバシティ通信実験)を行う。
  • しんえん2(九州工業大学)
    直径約50cmの14面体の形状をした重さ約17kgの超小型人工衛星。太陽を楕円形に周回して約38万kmの距離でデータ通信の実験を行う。

宇宙彫刻やアマチュア無線など、ユニークな取り組みもあって楽しい。
また、「はやぶさ2」本体にはドイツとフランスの協力でできた小型着陸機MASCOTも搭載されていて、日本のミネルバ2とドイツ・フランスのMASCOTの活躍も楽しみだ。

IMG_3656

この写真は着陸の予想図。科学館の展示を写真でとったもの。

夢とロマンをのせて「はやぶさ2」は約52億kmの旅にでた。

こんな時にも「税金の無駄遣い」とか「宇宙のゴミになる」という発言がでてくる。人はパンのみにて生くるにあらず、未来を生きる子どもたちのために、そして明日を夢見て生きる私たちにとって、宇宙空間を全力で突き進む「はやぶさ2」は力を与え続けてくれる存在だ。

一番最初に書いた「挑戦が力を生み、継続が力を深める」はこの「はやぶさ2」のミッションのキーワードだそうだ。「はやぶさ2」プロジェクト・運営に関わる全てのみなさんにエールをおくりたい。2020年、「はやぶさ2」帰還まで応援し続けたい。