とりかへばや物語 吉野編

「とりかへばや物語」については、左の本のように河合隼雄さんの研究が有名である。 内容が多岐にわたっていて、私の力量では紹介しきれないので、物語の「吉野」についての部分を引用したい。

吉野は、HaruもAkiも訪れている所。そこで吉野の隠者との出会いが二人のそれからの生き方に方向づけしているように思える。河合隼雄さんからの引用を下記にしるす。

・・・・・・・・・・・・・・・

吉野の意味を体現しているのが、吉野の隠者である。彼は帝の第三子という天皇の血統に属し、唐に遊学したという。つまり、彼の「知」はこの世とは次元の異なるものであるということが示されている。そして、今や彼は浮世に対して何も望みを持たず、それと切れた生き方をしている。よほどのことがない限り、吉野と京都はつながることはないのだ。彼の二人の娘は、母親が中国人であるという事実により、その存在がどこかでこの世なるぬものとかかわっていることを示している。
・・・略・・・・
 この奥深い吉野と京都をつなぐ最初の動きは、右大将である姉君(Haruのこと)によってはじめられる。
 日常の世界から非日常の世界へ行き、そこに住む女性を獲得する話は、西洋の昔話などのお得意の話だが、そこに登場するのは男性の英雄であり、彼は目的達成のために戦うことが多い。
 ところで、この話では、ます登場したのは男装しているとはいえ女性であり、彼女はもともと世を棄てるために吉野にやってきたのである。
・・・・略・・・・。
 中将(Natsuのこと)は宇治しか知らぬと言ったが、最後には吉野の妹姫との結婚によって、吉野とも少しはつながってくる。こうなると、中将(Natsuのこと)は不可解な「右大将(姉君ーHaruのこと)の失踪」について、秘密の鍵を握っていると思われる自分の妻に問いただしたくなってくる。
 結局のところは、彼女の「事情があるのだ、とお思いになさいませな。聞いて事情が明らかになさったところで、もはや絶え果てた野中の清水は、汲み改めようとしてもむなしいことですから、御心中の苦しさも増し、悪い噂が世間に漏れるというのも、よろしくありません」と言われ、納得するのである。
 吉野の知は、何かに関する知ではなく、知ることの抑制という知であることを、中将(Natsuのこと)は知ったのである。
このようなバランス感覚を身につけることが必要なことを、姫は教えたのである。」

「・・・要するに『とりかへばや』は実に多様なイメージと多様な読みをわれわれに与え、ひとつの視点ーたとえば近代自我ーからのみ見ることを許さないのだ。 しかし、考えてみると人間の心のなかのイメージとはこのようなものであり、一筋の道に従って読みとおせるようなものではないのではなかろうか。
 モーツアルトは自分の作曲した交響曲を一瞬のうちに聴くのだと言ったという。彼の一瞬の体験を一般の人々に伝達可能な形にすると、それが演奏時間20分の曲になるのである。聴く方は20分を要するがモーツアルトの原体験は一瞬である。
 イメージというものはそのようなものではなかろうか。 瀕死体験者の報告に、一瞬の間に自分の全人生をイメージとして見たというのが割に沢山ある。一生の出来事が一瞬に凝縮されて体験されるのである。
 このようなことを考えると、『とりかえばや』にながながと語られていることも、ひょっとすると、人間の一瞬のイメージ体験なのではないかと思われてくる。
 一瞬の体験をわかりやすく話をするとひとつの物語になる。人間の心がどのように変化するか、成長するかなどというのではなく、人間の心の一瞬の在り様が『とりかへばや』という物語に語られているようにも思えるのである。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「とりかへばや物語」が、私の思っている以上に深い内容があることがわかる。
この物語は戦前は読むことが出来なかったと田辺聖子さんは後書きに書かれている。
里中満智子さんは「『とりかへばや物語』は一般の書架とは別に、カーテンで仕切られた図書室の奥の秘密めいた場所におかれていた。」と田辺聖子さんの「とりかへばや物語」の解説で書かれている。
戦時中は評価の低い作品だったようだが、川端康成さんは自分の翻訳に関わってこう書かれている。

「私は学生時代から『堤中納言物語』とこの『とりかへばや物語』とに、意外に新鮮な魅力を感じていた。明治以後『堤中納言』の文学的価値が発見されたほどには、この『とりかえばや』が光を放つことはないかもしれないが、少し不当にはづかしめられ、なおざりにされて来たことは、疑えないと思う。そういうわたしのこの物語に対する長いあいだの同情が、ここに現代訳を試みる羽目になった因縁である。この物語のおもしろさを、私の訳文がいくらか伝え得れば幸いである」

Enjoy Simple English でこの「とりかへばや物語」を読まなかったら、私も田辺聖子さんの訳、鈴木裕子さんの訳、桑原博史さんの訳に出会わなかったろう。そして川端康成さんが翻訳されていたことも全く知らないままだったと思う。
河合隼雄さんの研究にも触れることはなかっただろう。
そういう意味では、この「とりかへばや物語」は、私の世界を広げてくれた作品だといえる。

 

 

 

 

 

 

 

The Torikaebaya Tale とりかえばや物語10

The sister and brother looked at each other.
Aki said to his sister,
“From tonight, we will change places.
You will become me, and I will become you.”
Haru was very surprised to hear this.
They talked and decided it was the best idea.

 

原作では、Akiはいったん家に帰り、父親にHaruを発見したことと、今は女の姿になっていることを伝える。父親は夢のお告げ(男と女がいれかわったのは天狗の仕業であり、それももう解決するという夢)と同じだと喜び、こう答える。

よし、この人を尚侍にと聞こえて、そこにこそは、代りし給はめ
 よいよい、その女を尚侍にしようと申し上げてくれ。あなたが右大将(Haruのこと)の代わりをなさい。

日を決め、二人はこっそりと宇治の邸を抜け出した。すぐに京にもどるのではなく、しばらくは吉野の山で準備する計画である。

So they had to prepare for the cnage.
They taught each other about their lives.
During the day, Haru told Aki about the people at the emperor’s palace and taught him how to play the flute.
During the night, Aki gave lessons to Haru on how to play the Japanese harp and how to write like him.

このあたりを川端康成さんはこのように訳している。

「私の代わりに大将として、世に交らひになろうと思はれるならば、容貌や姿は、あまり違いはございますまい。大体の表向きのことが違って、よく分からぬとお思いになるならば、利口ぶるようですが、私の承り、また行っていました公事や、某々の人の申しましたこと、またお答えになるべきことなど申し上げますわ。」
などと、すこしも利口ぶらずによく教えて知らせる。琴笛の音、手蹟などはまもなく上手になる。大将と同じように吹きならし、弾きならす様は、また手蹟なども、まして書き似せようと学ばれると、まったく違うところもない。声の様子は、もとは尚侍の方で、男が女の真似をし、大将の方では、女が強い声に使いならしたのだから、よく似ているので、その気配は何処が違はう。驚くべきあはれな兄妹の縁だとおもわれる。」

Haru made a special request for Aki.
She said, “Please take care of Fuyu for me.
Please love her as your wife.”
Aki agreed.

 

入れ替わる準備をする二人は、これまでのお互いの生活をすべて語り合い、教えあった。

げに、すべてつゆ飽なゆ事なくいみじうすぐれてめでたきを、権中納言の事思ふに、心より外の事にぞ侍りけるかし。今はうけばり、わが物といみじう思ひとどめて扱ひ給ひしを、昔ながら物宣ひ寄らむこと

実際、四の君(Fuyuのこと)にはまったく欠点なくたいそうすぐれて立派な女ですが、権中納言(Natsuのこと)は気負って、わが物とたいそう熱愛しお世話していますが、あなたが元通りにお声をかけてくださいませんか

この辺の状況を田辺聖子さんの「とりかえばや物語」より引用する。

「『じつはねえ、春風、ぼくも女東宮のことが心配なんだ。ぼくは尚侍としておそば近くお仕えしているうち、東宮を愛するようになってしまった。きみは男社会で生きてきた人間だ。おどろかないで、冷静にこれからの相談に乗ってくれ。春風、仲間として』
『いいわ。・・・いいから話しなさい。苦労はふたりで分けたら半分になるわ』
・・・略・・・

『右大臣の姫(Huyuのこと)はどうする? あたしは冬日を、あなたが夫として愛してあげてほしいと思うわ。右大臣はあたしの愛が薄いといつもおうらみだったけど、夏雲とのことは、冬日がわるいのじゃなくて、夏雲のよこしまな浮気から出発したこと。夏雲はいま、気負って冬日の世話をしてわがものにしているけど、やっぱりあなたがほんとの夫として愛してあげるべきだと思うわ』
『そうしよう』
秋月は日ごとに、男の気持ちになっていく。」

平安時代は男は笛、女は琴が演奏できることが求められた。二人はどちらの楽器もマスターし、書き文字もそっくり書けるようになる。声はもともと男が女の声を、女が男の声を出すようにしていたのだから元に戻れば、誰もその違いがわからない。
HaruはAkiにFuyuの世話を頼み、AkiはHaruに女東宮の世話をたのむ。こうしてHaruとAkiの「とりかえばや大作戦」は秘密裏に進んでいく。

 

 

The Torikaebaya Tale とりかえばや物語9

Meanwhile, Haru was very lonely.
She had given birth to a son and had finally decided to live as a woman.
But her baby’s father, Natus , was not with her.
He was with Fuyu and his other baby.
How funny her destiny was. She had only lived her life as a woman for a short time and she was already tired of it!
The only thing that kept Haru alive was her.son.

Haruは光り輝くばかりの男の子を出産した。NatsuはしばらくはHaruにつきそっていたか、四の君(Fuyuのこと)が出産間近ときくとすぐさま京都に戻ってしまう。
いつ出産があるかわからないと、NatsuはしばらくはHaruのいる宇治にはもどらなかった。

かくのみこそはあるべきなめれ。わが心ひとつにこそ、よろづの事につけて嘆き絶えせぎりしか。おほかたの世につけては、傍なくなりにし身を、あいなくもて静めて類なくだにあらず。かくのみ待遠に思ひ過ぐさむ事もこそ、あほあるべきにもあらね。
所詮男心はこのようなものだ。わたし一人だけが、万事につけ嘆きの絶えぬ思いをするのだった。大体の世間で、傍に立つ人もないくらいに栄達したわが身を、不本意にも身を隠し、類なくよくなったというのでもない。こんなふうにばかり男を待ち遠に思って日を過ごすというのも、やはり本来のあるべき生活とも思えない。

田辺聖子さんの「とりかへばや物語」ではこんなふうに説明している。

「女は、いつもこんなふうに生きていかねばならないのだろうか。
なげくことが多かったとは言いながら、男姿のときの私は、肩を並べるものもないくらいに世間にもてはやさて、栄達していた。
それを惜しげもなく捨てたのではないか。
それなのに、女に戻ればそのへんの、つまらぬ普通の女としか、あつかわれない。
あの男は私だけを愛しているんじゃない。
心を二つに分け、私への愛は二分の一だ。
女は男を待つだけの存在なのか。
こんなこと、どこかまちがっている。
ただ一人の男に、ただ一人の女、と愛されるべきだ。
Fuyu(四の君)の父の右大臣も、世間への思惑から勘当していられるけれど、もともとかわいがっていらした娘だから、いつかはまたもとのように引き取って、丁寧にお世話なされるだろう、 Natsuもいつかは婿として待遇されよう。・・・略・・・
だからといってもとの男姿でいきるわけにはいかず、やはり吉野山へはいって尼になることにしよう」

ここに登場する吉野山というのは、HaruがNatsuとHuyuの子どもを見て、Natsuにそっくりなのにひどく失望したとき、吉野山にいる隠者に相談に行くという場面が以前にあったことに関係している。

この吉野山にいる隠者という人物は、先帝の第三皇子で、唐の国に遊学し様々な学問を身に着けて日本に帰ってきた人である。
中国で結婚し、二人の娘とともに日本に帰ってきた。しかし政争に巻き込まれ謀反の疑いもかけられ、吉野の山に隠遁したのである。
その吉野山の隠者とHaruは懇意になり、いろんな助言をもらう。
また、Haruが姿を消したとき、AkiがHaruを探し求めた時に頼りにした場所であり、人物だった。

男姿に戻り、吉野山の隠者からHaruのいる場所を教えてもらったAkiは、宇治の邸を訪ねる。

Then one night, she had a guest.
It was her brother Aki dressed as a man.
“Aki, my brother, what are you doing here?”
“I’m here to take you back home.”

物語のこの付近の様子を川端康成さんの訳からみてみよう。

「・・・この吉野の山に出家して身を隠そうと思っております」と(Haruは)泣いて云う。
「そんなことをおっしゃいますなよ。父母の君のご在世の間は、私(Akiのこと)もあなたも(Haruのこと)世を思ひあきらめるべきではありませぬ。あなたのために、父上は非常に心配のあまり呆然としておられたのを、見すてて置いて出てまいったのです。本当に何のためにこんな様に忍びかくれていらっしゃることがありましょう。といって男姿におなりになっては、人の噂も具合が悪いでしょう。私は女房等に、留守だと人にはいわないで置けと言いおいて出てきましたから、誰にも見られ知られる事もない身なので、私が居る居ないの区別を知る人もいないでしょう。私の身代わりとしてそのままいらっしゃいませんか。・・・略・・・」

ここからHaruとAkiの「とりかえばや大作戦」がはじまる。