くまのプーさん3

上の写真は、あべのハルカスでの「くまのプーさん展」の入口にあった看板。

入口の看板は、「くまのプーさん」の第一章の挿絵を利用して作られている。
この文章と挿絵について、「「くまのプーさん』を英語で読み直す」には次のような説明があった。

・・・・・・・・・・・・

まず本文のレイアウトだが、ミルンはシェパードと共同で作業を始めたとき、シェパードにどのような挿絵を描くか、細かい指示を出している。大きさ、形、内容、ページにおける位置など、すべてミルンが決定しているのだ。たとえば最初の章を見てみよう。ここではプーが木に登り、ハチミツを探す場面が出てくるが、その様子が描かれた絵の横には各行に一つの語が下まで書かれており、ページの一番下には短い詩が載せられている(上の絵を参照)。こうした配置は、作者ミルンの意図に基づくものなのである。普通こうした場合には、編集者や装丁をおこなう人間がレイアウトを決めるものだが、これが作者の手で行われている。いったいなぜなのだろうか?
しかしこれについては説明する必要がないだろう。ページを見ているだけでも、このレイアウトがいかに大事かが一目瞭然だからだ。実際、ディズニーにしても、あれほどいろいろな変更を加えたにもかかわらず、映画の中では同じレイアウトをつかっているのだ。

・・・・:・・・・・・

これは第7章の挿絵。これについても解説がある。

「この挿絵が含まれたページでは、カンガの動きに合わせるかのように、文章の配置も上下に動くようになっている。・・・・
 本文と挿絵に関して、もう一つ指摘すべき点がある。プーの物語では、本文と挿絵が密接に結びついて作品を構成していることだ。物語は当然ながら本文を左から右へ読んでいくわけだが、登場人物の絵の中で示されている指示が、本文と完璧に対応しているのである。つまり、もしプーがどこかへ出かけると書かれていれば、彼の姿は左から右へ動くように書かれ、文章と対応するわけだ。

これは日本語版ではわかりにくい点で、というのも本文と挿絵が違う方向に動くからである。
日本語版で感じを掴むには、挿絵を逆にするか、本文を縦書きから横書きに変えたほうがいいかも知れない。
この問題はそれほど重大なことではないけれど、考えてみれば本が読者に与える心理的効果は、大きな事柄が引き起こすものではなく、ごく小さなことがたくさん集まって生まれるものなのである。」

左は岩波文庫の「くまのプーさん」。
日本語訳は縦書きで書かれている。
そのため、カンガルーの飛んでいる方向は、文章の書かれている方向とは逆になっている。左へ文字を読んでいくことで話が展開していくのだが、カンガルーの進んでいる方向は過去の方向に向かっている、ということなのだ。

翻訳する時に、挿絵を左右反転する、そんなことは許されるのだろうか?
考えたこともなかったことだ。
とにかく、「くまのプーさん」は、作家ミルンが本のイメージをしっかりともっていて、それに基づいた細かな指示の下にシェパードが絵を描いた。それが「くまのプーさん」を誕生させ、全世界に広まったと言えるだろう。

図書館で下のような本を見つけた。

本の裏表紙には、「・・・ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で開催された大規模な展示に合わせて刊行された本書では、作者のA.Aミルトンと挿絵のE.H. シェパードが力を合わせてプーと仲間たちの物語を創り出した背景にどんな秘話があったのかを探っていきます。・・・」とある。
この本にはミルンとシェパードがどんなやりとりをしていたのかを想像できる部分が多く載っていた。たとえば、

左は「プー横丁にたった家」の第8章「コブタがとてもりっぱなことをするお話」(岩波書店 石井桃子訳)にある挿絵。
この挿絵について、ミルンとシェパードのやりとりが載せられている。

「ミルンはシェパードに細かい指示を出しています。『フクロの家が崩れたとき、壁にあるドアに付いていた郵便受け箱は、天井についた郵便受け箱になる(フクロの家の玄関は居間に続くという設定だ)。暖炉が正面を向き、コブタは右側の椅子に座っている。プーは左側だ。家が潰れた後は、右手の壁(ロバートおじさんの肖像画がかかっている壁)が床になる。左側の壁(ドアが埋め込まれている壁)は天井になる。これでわかるかい?」

シェパードは細心の注意を払って構成を考え、参考のため、嵐の前のフクロの部屋まで描きました。」
その絵が上のスケッチ、下にはシェパードの注釈が書かれている。

二人の協力がよく分かる。文章だけでなく全体構成を視覚的に考えていたミルン、その指示を注意深く絵にしていったシェパード、この二人の天才によって「くまのプーさん」シリーズは完成したのだと思う。

「ハルカス美術館」の一階上にある喫茶店で、「くまのプーさん展」にちなんだケーキセットをいただく。コーヒーの上に、ハチをかたどったラテアートというのかな?

学芸員さんの説明の後、もう一回入り直して、ゆっくりと「くまのプーさん」展を楽しむことができた。芸術鑑賞で頭が一杯になったので、胃袋に美味しいコーヒーとケーキでしばしの休憩をとった。ハルカスの「くまのプーさん」展は、今後10年は日本で見ることはできないという原画を見ることができるという、大変お得な展覧会だと思う。

 

 

 

錫器 ハルカスで体験

ハルカスで錫器の制作体験があった。

錫器といえば大阪の伝統産業。もらったパンフレットの説明によると、

「錫器の歴史は古く、紀元前1500年前のエジプト王朝の古代都市で錫の壺が発掘されている。
我が国へは約1300年前、遣隋使・遣唐使によって中国から渡来し、宝庫として名高い奈良の正倉院に数点が今の保存されています。
今も、鋳型に鋳込みロクロで挽く、昔ながらの製作方法で一つ一つ丹念に作られています。・・・・」(製造元 大阪錫器株式会社)

錫の盃やタンブラーで飲むと、お酒の味が格別だ、という話はよく聞く話だ。
本当だろうか、試してみたいが高価なのでなかなか購入まではいかなかった。

体験でタンブラーなどが作れることがわかったので、試してみようと思った。

いろんな模様が打てるような金槌が用意されていた。

写真のようにトントンと金槌で錫器に模様を打ち付けていく。
左手で無地の錫器を動かしながら、右手で模様の入った金槌を打ち付けるわけだが、思ったよりむずかしい。
隙間を開けずに打つことができない。バラバラな打ち方になって、隙間が空いてしまう。また一列が終わって下の列に模様を打ち込むときがまたむつかしい。
職人技とよく言うが、確かにそうだ。何年もの練習と修練がないと、まっすぐ、隙間なく、同じ力で金槌で打つことは簡単なことではないことがよくわかった。

一緒に来た孫にも手伝ってもらった。

トントントン、トントントン、リズミカルに打つのは簡単なことではなかった。

錫は英語ではTin、原子番号50の元素で、元素記号はSn、そう習ったことがあったなあ。
錫は銅との合金である青銅で有名。
青銅器は錫がなかったら存在しなかっただろう。
現在では鉛との合金であるはんだが有名。錫の年間使用量の45%ははんだである。はんだが発明されなかったら、電気製品もできなかっただろう。それほど重要な元素だ。
日本では飲食器として重宝されてきた。神社での瓶子(へいし、お神酒徳利のこと)、水玉、高杯などの神具に使われているそうだ。わたしたちにとっては酒器としてつかわれている方が有名だ。最近にはビアマグやタンプラーなども作られている。
今回の体験でも、ぐい呑、タンプラー、お皿、バングルなどがあった。

器の裏側も忘れずに模様をつけた。
仕上げは大阪錫器の職人さんにやってもらった。
家でビールやハイボールを飲むと、確かに美味しい。角が取れたのどごしだ。
学問的にはその理由は説明できないそうだ。人間の下の微妙なところだろうか。
これから夏のビールがますます美味しくなりそうだ。

 

 

 

驚異の超絶技巧(ハルカス美術館)


あべのハルカスで、「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」展がひらかれている。
以前に大阪歴史博物館で「超絶技巧展」があったので、それを見てから大変興味があった。

もらったパンフレットには以下のような紹介文が乗っていた。

「19世紀後半、日本では明治の時代、欧米で開かれた数々の万国博覧会で、日本の工芸品は大きな注目を集めました。自然に対する繊細かつ豊かな感受性と、それを意匠化する洗練された造形センスと超絶的な技工は世界を驚嘆させ、大量の作品が海外へと輸出されていきました。近年、そうした明治工芸の魅力に再び光を当てる機運が高まっています。さらには…明治元年から150年を経た現代アーティストの中にも、先人のDNAを受け継ぎつつ、今という時代をもその作品の中に映し出す、新たな「超絶技巧」の担い手が生まれています。
 本展では、時代を超えて人間の手が生み出す奇蹟のような技のコラボレーションを、約140点の多種多様な技法の作品によって紹介します。驚異に次ぐ驚異の連続に、ご期待ください。」

まさに、驚異に次ぐ驚異だった。
写真がほとんど禁止だったので、パンフレットなどでその一部を紹介してみたい。

なんと一木彫のお皿とサンマ。

安藤緑山による「牙彫(げちょう)ー象牙」。パイナップルとバナナ。

これも安藤緑山の胡瓜(きゅうり)。この作品についての説明がパンフレットにあった。
「どこから見ても、胡瓜。みずみずしく張った表皮、とがったイボ、蔓も葉も花もついたままで、畑から採られたばかりか。これが、人間の手で象牙から掘り出され、彩色されたものとは! 奇蹟の牙彫師、安藤緑山の技の粋が堪能できる一品」

いやいやこういった実物が140点も並べられている。

2箇所、写真撮影ができる作品があった。
右は「鉄、銀と赤銅」からできたサンショウウオらしいもの。
係の人に「重さはどれぐらいでしょう」
「持ってくるときはどのようにしたのでしょう」と質問した。
金属製なのでかなり思いそうだ。作品は分解できるので作者が組み立てたそうだ。なるほどそうした運搬するのか、と思った。

左は「陶磁」の作品。これも土からできているとはとても思えない。

2点の作品の写真撮影が許されているのはうれしかった。
できたらどんな作品でも写真撮影OKだといいのだが。
それから重さがわかるといいなあ、と思った。
目の不自由の人のために、触ってわかる「超絶技巧」作品もあるといいのに、とも考えた。

若冲の作品展のときに感じた人間の集中力の凄さと、技の素晴らしさに、ただただ「すごいな〜」の言葉を繰り返すだけだった。
細かな部品は機械で作ることができるだろう。しかしどんなデザインにするのか、どんな組み合わせにするのか、テーマは何にするのか、こういったことは人間でしかできないものだと思う。AIが発達しても、創造的なデザインは人間の側にあると思った。

入り口で単眼鏡が売られていたが、なるほど小さな作品や細かい部品をみるのにはそういったものがあるといいのだろう。
これから行く人には家にあれば双眼鏡やオペラグラスを持っていくといい。

グッズ売り場が楽しかった。
上の写真はストラップアンドキーホルダー。
なるほどこれも現代の超絶技巧じゃないか。

こういった超絶技巧はどのようにして生み出されるのだろうか。どんなふうに作っているのだろうかと疑問が湧いた。
2月9日の「美の巨人たち」の放送でそのことが少しわかった。
「名所図小箪笥 驚異の布目象嵌」という放送だった。そこで写真のように細かな作業が映し出されていた。
人間の技の素晴らしさを感じることができた展覧会だった。