あびこ観音でおみくじ 2020

今年のあびこ観音は日曜日に参拝に行った。

いいお天気だった。

さて恒例のおみくじ。今回は親戚の子どもたちと行ったので一緒におみくじを引いた。その結果は

見よ。第71番の凶、第88番の凶、第64番の凶、私のを含めて3枚が凶だった。

あびこ観音のおみくじは凶が出る。というのは私達家族の中で定番となっているが、こうも続くと驚くほかはない。
過去に私一人で3回引いて、3回連続して凶が出たことは以前にこのブログに書いたことがあると思う。今回は京都の八坂神社に続いてあびこ観音と場所を変えての凶。

3人が凶だと、もう笑うしかなく、これからはいいことばっかり起こるぞ、と言いながらおみくじを枝にくくりつける。

いました、芭蕉せんべいのおじさんが。
お元気そうだった。
「来るのん待ってたんやで」と、愛想のいい声でおじさんが言う。
私も負けずに
「今宮戎には来なかったの? いてるかなと探したのに」
というと、
「堀川戎にいってたんや」と芭蕉せんべいをサービスしてくれる。
私は300円を渡して、新しい芭蕉せんべいを注文した。
あざやか手さばき、芭蕉せんべいがどんどん大きくなっていく。そばを通る女性に声もかける。いつもの会話が続き、私達のそばにいた大人の男性が
「このおっちゃんがいないと、さびしいなあ」と声をかける。
えべっさんやあびこの観音さんは縁日の雰囲気がいっぱいあり、それが楽しい。

堺包丁の店はないかと探したが、地下鉄までの道にはそのお店はなかった。
食べ物の店がほとんどで、ここに包丁のお店は出しにくいのかも。

あびこの由来は?

日本各地に「あびこ」という地名がある。
インターネットを見ると、「あびこ」という地名についてしらべたブログがいくつかある。
千葉県の人が熱心なようで、それようのホームページもあった。
10年ほど前の記事もあり、少し古い資料なので、実際に今の地図にあるかどうか調べてみた。

1.大阪市住吉区の「我孫子」

2.大阪府泉大津市の「我孫子」

3,滋賀県愛知郡秦荘町の「安孫子」

4.埼玉県羽生市今泉の「我孫子」

5,秋田市金足黒川の「阿彦沢(あびこさわ)」

6、仙台市泉区松森の「阿比古」

7、宮城県女川町の「鮑子」(あわびのこ、と書いてあびこ)

8、千葉県の「我孫子市」

古い地名や小字(こあざ)に「あびこ」という名前が残っているかもしれないが、
2020年の2月現在、ヤフーの地図に「あびこ」(漢字は上のようにいろいろあるが)という地名が確認できたのは上の8つの地域だった。

「我孫子」という地名について調べいる本があった。
「千葉地名の由来を歩く」(谷川彰英著 K.Kベストセラーズ)
その本の第2章に「我孫子市」の記事がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「我孫子」は難物である。「我孫子」を「あびこ」と読むことはだけは知られているが、その由来となると、諸説あっていまぁ決定的と言える説はない。・・・略・・
私が最初に手掛けた「我孫子」地名は大阪市住吉区の我孫子である。・・・かつては「東成郡依羅村(ひがしなりぐんよさみむら)」一帯のエリアである。現地には我孫子一族を祀る大依羅神社神社があり、小学校名にも「依羅小学校(よさみしょうがっこう)」がある。全国にあるかなりの数の我孫子地名の中でも「依羅」という地名をのこしていることから言って、まずこの大阪の我孫子が中心的な役割を果たしていたことは間違いないことと考えてよい。

・・・・・・・・・・・・・・・・

この後には「日本書紀」の記載、「古事記」の記載と続く。
著者の谷川さんの説は「我孫子一族は全国に広がっているが、千葉県の我孫子市に依羅神社がないので、大阪から移住してきたとは考えにくい」ということのようだ。
 しかし私達大阪に住む者にとっては、全国にある「あびこ」の地名・人名のルーツがここ「あびこ観音」にあると考えるのは、大変気持がいい。

「あびこ観音」は、地下鉄御堂筋線の「我孫子駅」が最寄りの駅。「我孫子」と漢字で書かれている。
ホームページには「あびこ観音」とひらがな表記。
お寺の入口には「総本山 吾彦観音」と書かれた石柱が立っている。

この「我孫子でも吾彦でも平仮名でも、なんでも引き受けます」という姿勢が大阪らしい。このおおらかさがいいのだが、どうしておみくじは凶が多いのだろう。

 

 

 

 

あびこ観音2019

今年の節分2月4日は日曜日。いつもより早い目に行くと、普段は出口になる門から入ることができた。

お参りをする。 ウィキペディアによると、

****************************

百済と交易をしていた依網吾彦の一族が百済の聖明王から一寸八分の観音像を贈られ、欽明天皇7年(546年)にこの地の人々がその像を祀る堂を立てた。そして、推古天皇14年(607年)に聖徳太子がこの地に来、その観音像を祀る観音寺を建立したとされる

****************************

身の丈一寸八分の観音像をこの場所から見ることができないが、家族の健康と世界平和を祈る。

加持祈祷も大賑わい。これからどんどん人が出てくるのだろう。天気もよいし絶好のお参り日和。

お楽しみの「おみくじ」。あびこ観音は100円なのがうれしい。

さて今年のおみくじは「吉」だった。昨年と同じ。ということは今年の運勢は昨年並みかな。

あびこ観音は「凶」がでることで私の中では有名だか、昨年・今年と凶はでなかった。
ネット情報を見ると、やはり「あびこ観音のおみくじは凶」ということが知られているらしい。
「本当にに凶がでるの?」という声もよく聞くが、私の経験では本当に「凶」が出る。
さてさて、来年はどうだろう。
そんな期待をもたせるのが「あびこの観音さん」。

いましたいました。芭蕉せんべいのおじさんです。

「ちょっとまちいな。一枚やくから」 とサービスで、いつもの身振り手振りと腰つきで芭蕉せんべいを焼いてくれた。
「今宮戎に店なかったね?」
「野田のえべっさんに行ってたんや」
「来年は今宮えびすに行く?」
「うーん、場所が・・・」
話を聞いてみると、お店を出す場所がないような口ぶりだった。
長年お店を出していても、永久ではないらしい。
「次は21日の四天王寺さんや」

芭蕉せんべいのおじさんのスケジュールは多忙なようだ。

いつものお店で「厄除まんじゅう」を買う。
近くのスーパーなどでも「厄除け」と名前をつけた「だんご」なども売られている。
でも、やっぱり「厄除けまんじゅう」はここのお店で。
列を整理している人が
「まだ並んでいる人は少ないで。これからや」
と言っていた。早くに来ると少し福がある。

今年もいい年でありますように。
世界中の厄を払ってくださいよ、あびこの観音さん。

 

 

あびこ観音

地下鉄御堂筋線「あびこ」駅からすぐのところに、厄除けで有名な「あびこ観音」がある。2月4日、日曜日なのでさすがに人が多かった。

「あびこ観音」というと、ひらがなの「あびこ」を書く場合が多いが、ここの地名は「我孫子4丁目」。

ずーっと昔、東京に出張に行った時に「我孫子」という表示を見て驚いたことがある。関東にも「我孫子」という地名があることを初めて知ったときだ。
「我孫子」と書いて「あびこ」と読むなんて、日本広しといえども大阪の我孫子しかないだろうと思っていたからだ。

「あびこ観音」の入口には「総本山吾彦観音寺」とかいてある。「我孫子」とは書かれていない。いったいどうなっているのだろう。

インターネットで調べてみると、大阪の我孫子と関東(千葉県)の我孫子とは直接の関係はないようだ。
「あびこ観音」の我孫子は、古代にこの地域を支配していた豪族であった依羅吾彦(よさみのあびこ)から来ているというのが有力らしい。
また「網曳子=網を曳く人=漁師」から来たという説もある。これは太古の時代のこの付近は海に面していて、漁業が盛んだったということから来ているらしい。
とにかくかなり昔からある地名、人名に由来があるようだ。(「大阪難読地名がわかる本」などより)

「あびこ観音」そのものの歴史も古く、創建は546年(大化の改新より以前)、日本最古の観世音菩薩の寺院とされている。私も「厄除けといえばあびこ観音」として知っていた所。

身内に後厄の人がいるので、油之不動明王を祀っている護摩堂で護摩を焚いてもらう。なぜ「油之不動明王」と呼ばれているのだろう。
受付で申込用紙に記入し、護摩木に願主や願い事を書いてもらう。結構ここで時間がかかったが、護摩木を焚いて呼ばれるのには10分程度の時間だった。
山伏姿の人が、祈祷をしてくれる。「臨兵闘者皆陣列在前」と九字を切ってもらって厄除けの終了。

恒例のおみくじを引く。

あびこ観音は「凶」がでることで有名。
私たちは毎年のように「あびこ観音」にお参りに来ておみくじをひくが、恒例といっていいほど「凶」がでる。
妻と二人共が「凶」が出ることも珍しくはない。
以前に両方が「凶」だったので、もう一度引き直しても、また両方共「凶」だったこともある。
それくらいに私たちにとっては「あびこ観音」のおみくじは「凶」がでるところ、となっている。
さて今年は私は「吉」だったが、妻は「凶」だった。
今年はちょっとはいい年になるのかなあ。妻にとっては今年はいつもの年ということだ。

ありました、ありました。
芭蕉(ばしょう)せんべいのおじさんの店が。
今宮戎の屋台で、2年ほど姿を見ていないおじさんの姿があった。
元気な声で通りゆく人に声をかけていた。
ちょっと一安心の気持ち。
今宮戎では店を出す場所が変わったのかもしれない。
来年を楽しみにしよう。

これも恒例の「厄除けまんじゅう」を買う。

二種類の色のおまんじゅうがあり、ふかしたての水蒸気がまいあがるような温かいおまんじゅう。
今回も長い列ができていた。
ここで買う、と決めている人が多いのだろう。

2月の「あびこ観音」へのお参りは、1年中で一番寒い時のお参りというイメージがある。
節分とは、立春、立夏、立秋、立冬の前日という意味。2018年の立春は2月4日。
暦の上での春の始まりに「あびこ観音」にお参りしたということだ。

お参りの後は、地下鉄入口のすぐそばにあったマクドナルドに直行。
幼稚園の子にとってはここが一番の目的だったようだ。