アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 21

五日目 セントラルパーク

朝食は8階。受付のあるところ。朝食はごく控えめに。オムレツがおいしかった。
今日は終日フリーの日。午前中はオプションのセントラルパークとメトロポリタン美術館の見学に参加。
歩いて地下鉄の乗り場に向かう。初めてのニューヨーク地下鉄体験。添乗員さんが回数券を先に買っていたので、それを利用させてもらう。

地下鉄は思ったほど人は多くなかった。めざすはダコタハウス。

The Dakota,  Dakota Apartments
マンハッタン区アッパー・ウエスト・サイドにある高級集合住宅。
1980年12月8日、ここに住んでいたジョン・レノンが玄関前で射殺された場所として有名になった。
犯人のチャップマンは、現在も服役中とか。

入居基準が厳しく、これまでにビリー・ジョエル、マドンナ、など有名な人物が入居を拒否されていることでも有名らしい。

1972年にアメリカ合衆国国家歴史登録財に選ばれ、1976年にはアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定されていることでも見ておく価値のある建物である。

セントラルパークは地図を見てわかるように大きい。1811年に開発計画がたてられ、1876年にほぼ現在の形に完成している。
南北4km、東西800mの都市公園。

野鳥が水を飲みに来る都会のオアシスである。

セントラルパークには沢山の記念物がある。ここはストロベリー・フィールズ。
ビートルズのジョン・レノンの記念に捧げられた造園された区画。写真はメモリアルモザイクのイマジン。

モザイクのイマジンの周りには世界中から来たのではないかと思うぐらい、多様な人達が集まってくる。ギターでイマジンを奏でる人もいた。ビートルズの人気の凄さがわかる。

セントラルパークはマンハッタン島にある。マンハッタン島は一枚の岩盤でできた島。マンハッタン片岩と言う雲母の結晶片岩。強度は高い。だから高層ビルが立ち並んでも平気なんだ。

噴水に池、シャボン玉に喜ぶ小さな子どもたち。なんとも和やかな光景。

これはアデルセンの像。何を読んでいるのだろう?

「The Ugly Duckling 」、日本でもおなじみの「みにくいアヒルの子」だった。

続いて見えてきたのは、ルイス・キャロル作の「不思議の国のアリス」の像。
小さな子どもたちがこの象の上に乗って遊んでいた。

私は「セントラルパーク」に来るのをそれなりに楽しみにしていた。
というのは、「マジック・ツリーハウス」の第36巻「Blizzard of the Blue Moon」(日本語版は第22巻「ユニコーン奇跡の救出」)の舞台がニューヨークで、セントラルパークが最初に出てくるからだ。
左がその本。ペーパーバックで読んだが、表紙の左にある高層の建物が「エンパイア・ステート・ビルディング」。小説の舞台は1938年。
エンパイア・ステート・ビルディングは1931年4月11日が竣工の日だから歴史的事実とあっている。
この「マジック・ツリーハウス」はアメリカの歴史を子どもの視点で学ぶのに大変すぐれた本だ。

この本の挿絵には、
◯セントラルパークから見えるエンパイア・ステート・ビルディング、
◯犬のBaltoの像(ウィキペディアによる説明は以下の通り。「1925の冬、アラスカ北端のノーム市にジフテリアが発生し、血清を市に運ぶ必要があった。しかし低気圧の接近のため風速40mの猛吹雪がアメリカからアラスカの陸路を断っていた。救助隊は200頭のイヌぞりチームを作って16頭1チームで100kmをリレーする方法で、全行程1,100kmを輸送し、市民を伝染の危機から救った。困難を極めたこの行程の、最も困難であり、最も長距離の区間を走りぬいたのはリーダー犬トーゴーのチームであったが、そのチームから血清を受け継ぎ、最後の区間を輸送したチームのリーダー犬がシベリアン・ハスキー(犬種、アラスカンー・マラミュートという説もある)のバルトである。その功績を称え、現在ニューヨークのセントラルパークにバルトの銅像がある。)
◯気象観測所になっているBelvedere Castle(ベルベデーレ城)などを自分の目で見たかったけれど、時間的な余裕がなかったし、自分たちの歩いている場所がはじめてではわからない。セントラルパークは広い。ジャックとアニーが迷子になるのも当然だと思った。

「マジック・ツリーハウス」の本には、古い地下鉄の挿絵があった。
この小説の舞台は1938年。世界恐慌のあと、アメリカの「ルーズベルト恐慌」の年だった。当時の人達の様子がこのマジック・ツリーハウスでも書かれている。地下鉄に乗る人達の様子からも、不安げな雰囲気が伝わってくる。改札の方法も本と現在では違っていて、おもしろかった。

さあ、急ぎ足でやってきたのが、「メトロポリタン美術館」。

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 20

四日目 ブロードウェイのミュージカル

私たちの乗った観光バス。ビルに写り込んでいるのをパチリ。

ロックフェラー・センターをバックに何かフィギアのようなものが。これは風船でできたバルーン人形。

左上の写真はロックフェラー・センター。走っているバスから撮影。5番街から6番街にかけてあるビル。259m、70階建て。夜の観光スポットでこのビルが再登場する。
右上の写真は、ニューヨークの二日間滞在した
NEW YORK MARIOTT MARQUIS 
(ニューヨーク マリオット マーキス)
マンハッタンのどまんなか。ブロードウェイのすぐそば。
まわりには沢山のシアターがあった。
人通りも大変多い。

このホテルのロビーは8階。1階はエレベータールームになっている。

写真の真ん中にあるボタンで自分の行きたい階を押すと、どのエレベーターに乗ればいいかをA〜Pまでのアルファベットで知らせてくれる。そのエレベーターを乗ればいいということで、初めての経験だった。

その案内図と操作方法が点字で説明されていた。

各フロアも同じ仕組みになっている。
(写真はKのエレベーターとボタン)

マリオットは点字が表記されていることで、私の印象に強く残っている。
中国で泊まったホテルでもマリオットホテルだけに点字表記があった。
このアメリカの旅で、点字を見たのはこのマリオットホテルだけだった。
道路の点字ブロックは、私の見た限りはどの街にもなかった。

夜はオプションでミュージカルに行く。私たちは松本侑子先生と一緒に「アラジン」を観劇。米倉涼子の「シカゴ」に行った人、「オペラ座の怪人」に行った人もいた。

ここはニュー・アムステルダム・シアター。これが本場のミュージカル劇場なんだ。クラシックで華やかで落ち着いている。

左からアラジンのTelly Leung、ジニーのMajor Attaway、そしてジャスミンのCountney Reed.(当日のパンフレットより)。 私たちの見た時はジャスミンはTia Altinayであった。
ジニーの踊りの激しいこと。ジニーがすごい、ということは見る前から聞いていたが、聞きしに勝るとはこのこと。「大丈夫?あんなにキレキレのダンスを長時間おどって、倒れない?」と心配するほど。これが本場のダンス、ミュージカルと納得するしかない。

松本先生の話によると、「日本でも見ましたが、歌もダンスも衣装も全く同じでした。今日の舞台を見ると、アメリカでは、役者は白人ではなくて、ほとんどがアラブ系に見える人たちで、原作に沿っていて、素晴らしいですね」

ミュージカルが終わって外に出ようとすると、出口(入口)にアラジンの魔法のランプが置かれていた。開始のときには見なかったから、終了の時に置いたのだろう。これこそが観劇記念の撮影ポイント。
沢山の人がカメラ、スマホをもって写真撮影の順番を待っている。だれもが魔法のランプと一緒に写真をとりたいのだなあ。

ニュー・アムステルダム劇場を出てホテルまで歩いて帰る。クリスマスや大晦日の心斎橋や道頓堀を歩いているような光と人の波。

ニューヨーク・マンハッタン、ブロードウェイの夜は更けていく。

 

 

アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 19

四日目 ニューヨーク

バスの中からニューヨークが見えてきた。

右の写真が昼食を食べた中華レストラン。

たっぷりの中華料理で、お腹がいっぱい。
このあとバスに乗ってのニューヨーク市内観光。
順不同になるかもしれないが、写真で紹介。

ニューヨークといえばエンパイア・ステート・ビルディング。ビルのすき間から見えたところでパチリ。443.2メートルの高さ。

ここはグランドゼロ。ワールド・トレード・センタービルがあったところ。
もともとグランドゼロという言い方は、「爆心地」という意味で、広島・長崎の爆心地などに使われていたが、 2001年9月11日の「アメリカ同時多発テロ事件」でワールド・トレード・センターが倒壊した跡地をさすようになったそうだ。
ニューヨークで2749人が亡くなったと言われている。現在その跡地にはNorth Pool, South Poolの二つのプールとメモリアル・ミュージアムが作られている。
プールを取り囲む人のぎっしり。沢山の人達があつまっている。

これはインターネットより引用した上空写真。

http://toolbiru.web.fc2.com/topic/top-12.04.01.html</p>

ここはバッテリーパーク。アメリカ人は日光浴が好きだ。

はるか向こうの島に、自由の女神像が小さく見える。

自由の女神像を見に行くための船を待つ人達。桟橋はぎっしり。
私たちは自由の女神像を遠景に見て、バスで移動する。

 

ここは五番街にある「トランプタワー」。ものものしい警戒だ。

玄関には警察犬。武装した警官もいる。入り口では手荷物検査。

トランプ・キッズ、トランプ・ストア、トランプ・バーなど、トランプばかりが目立つ。まあトランプタワーだから仕方がないか。

ブーケを持った花嫁さんらしい人が道路を渡っている。教会に向かっているみたいだ。映画のシーンみたい。さすがニューヨーク。

見るものがいっぱいあるニューヨークの市内観光。 夜はミュージカルがある。そろそろホテルに行く時間。

 

 

 

アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 18

四日目 ヴァッサー大学図書館

絵になる大学。写真のシャッターをあちこちで押す。

ここがヴァッサー大学の図書館。ジーン・ウェブスターが在籍した頃にはまだなかったそうだ。卒業後にこの図書館の前で同窓生と一緒に写した写真が図書館にあった。

写真に1901年という横幕が写っている。残念ながら、どこにジーン・ウェブスターさんが写っているかはわからない。

なんとも素敵な図書館ではありませんか。

左は図書館のロビーで松本先生と話す、この図書館の館長さん。休日だというのに私たちのために図書館を開けてくれた。ありがとうございます。
右は図書館入口にあった掲示板の一部。「LIBRARIES  ARE  EVERYONE

We are committed to welcoming everyone into the library.
We expect those who use this space to share this commitment.
If we see something, we are going to say something! 」

館長さんに蔵書の数を聞くと、100万冊はあるとのこと。これらの資料がオープンされているということは、とても素晴らしいことだと思う。

図書館を見学したあと、ジーン・ウェブスターの残した資料を見せてもらう。

これが「あしながおじさん」の初版の本。小型の本だ。館長さんに聞くと、「あしながおじさん」は子ども向けに出版されたものではなくて、最初から大人向けに書かれた本だそうだ。当時の本の大きさはたいていこれぐらいだったと言う。

これはジーン・ウェブスターが日本に旅行に来た時、アメリカに出した手紙。
便箋の上に、NIKKO HOTEL の文字が読み取れる。

日光東照宮、人力車、富士山、相撲風景の絵葉書もあった。
ジーン・ウェブスターが日本に来たことはあまり知られていない。
松本侑子さんの「私の青春文学紀行」に詳しく書かれている。
松本侑子さんはこの図書館に保存されているジーン・ウェブスターの手紙を調査されているのだ。

「明治40年に日本を旅した作者
・・・・驚いたことに、大日本帝国の切手を貼った封筒が出てきた。はやる心を抑えながら読んでみると、作者は「あしながおじさん」を書く前に来日していた。
長崎から上陸し、神戸のミカドホテル(当時)、京都の都ホテル、横浜グランドホテル(当時)、東京の帝国ホテルなどに泊まり、横浜から太平洋航路で帰米している。ヨーロッパ、エジプト、インド、東南アジア、香港をまわった世界一周の最後に日本を旅したのだ。
関連書で年譜を見ると「1906年〜7年に世界旅行」とあるだけだ。作者が日本を訪れていたことは、一般に知られていないのではないだろうか・・・。
日本からの封筒の宛先は、ニューヨークのウェブスター夫妻。内容は茶道、お花見、人力車、反政府主義者など縦横無尽で、異国で見聞するすべてに好奇心旺盛な女性のときめきが伝わってくる。ジュデイと同じように作詞本人が躍動感ある手紙を書く天才だったのだ。・・・。」

なるほど、実際にジーン・ウェブスターの写真や手紙を見て納得。現地に来なくては実際のことはわからないし、新しい発見もあるいい旅だ。

ところでジーン・ウェブスターは「あしながおじさん」で、女性参政権のことを書いている。

「わたしに選挙権があったら、りっぱな有権者になれると思いませんか? わたし、先週で21歳になりました。こんなに正直で教養があって良心的で知的な市民を活用しないなんて、この国はずいぶんともったいないことをするものです。(土屋京子訳)

「あしながおじさん」の書かれた時代には女性には参政権がなく、ジーン・ウェブスターも参政権がなかった。アメリカの女性が参政権を獲得したのは、ジーン・ウェブスターが亡くなって4年後の1920年であった。ジーン・ウェブスターがもっと長生きしていたら、どんな小説を書いていたのか、残念なことである。

正面から見ると歴史的建造物のような図書館も、後ろ側は近代的な建物。セキュリティもしっかりしていた。すばらしいヴァッサー大学と図書館を見学して、バスに乗ってニューヨークに向かうことになる。

本当に美しい大学だった。ウィキペディアによると、キャンパスは全米有数の美しさを誇る。敷地面積は1000エーカー(約4平方km)におよぶキャンパスは樹木園でもあるそうだ。歴史的建造物や近代建築が並ぶ。また全米でも「最も入学競争率が高い」と区分されたこともある大学だそうだ。
環境の良さ、学生たちの熱意、教授陣の情熱が感じられる大学だった。
さて、最後の訪問地はニューヨーク。

 

 

 

アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 17

四日目 ヴァッサー大学

朝食を取って周りを散歩。アメリカの道路。車がビュンビュンと走る。エンジン音、風切音も大きい。写真には写っていないが、大型車ばかりだ。下の写真の奥にハドソン川が流れているが、この信号ではちょっと横断しにくいので、あきらめる。

目的地のヴァッサー大学へバスで行くが、地図で見るとかなり近いところにある。 だからこのモーテルに泊まったのだろう。

ここは「あしながおじさん」の作者、ジーン・ウェブスターが通った大学。
松本先生のお知り合いの大学の先生(日本人の女性)に、この日は休みの日なのに、校内を案内をしていただいた。感謝、感謝。

ジーン・ウェブスターについては、光文社古典新訳文庫「あしながおじさん」(土屋京子訳)にこのように書かれている。

Jeon Webster  1876〜1916
米国ニューヨーク州出身の小説家。母は文豪マーク・トウェインの姪で、父はマーク・トウェインのビジネスパートナー。寄宿学校時代に18歳でアリスからジーンに改名。名門女子大ヴァッサー・カレッジに進み、経済学と英文学を専攻する。在学中、新聞に「女子大生のおしゃべりコラム」を連載して好評を博すと、卒業後、その文体を活かした初の小説『パティ大学に行く』を出版。一方、社会改革にも深い関心を持ち、イタリアの貧困問題を取り上げた小説『小麦姫』も執筆している。1912年には『あしながおじさん』が雑誌に連載され、同年これが書籍化されると一躍ベストセラーとなった。その後も「あしながおじさん」の戯曲化、続編「ディア・エイミー」の執筆など精力的に活動を続けたが、長女出産の翌日、産褥熱により39歳で死去。

学生たちの寮がこの上の階にある。
現在は男女共学の大学になっているが、ジーン・ウェブスターが通っていた頃は女子大。
廊下が写真で見るように幅が広い。2mはありそうな広い廊下。どうしてだろうか?
それは裾の広いドレスを着た女子大生が並んで歩けるようになっているからだそうだ。

「若草物語」の映画で、4姉妹が、大きくすその広がったロングスカートをはいていたが、たぶんそういったスカートやドレスを着ていたのだろう。100年前の大学の廊下を歩いている女子大生を想像してみると、「あしながおじさん」の世界に入っていったような気になる。

ここが面会室。女子大だから父親以外の男性は寮の中には入れなかった。
「あしながおじさん」の小説では、ジャーヴィス・ペンドルトンが帽子とステッキと手袋という正装でジュデイを待っていたところ。

キャンパスの中にある教会。さすがキリスト教の国だ。
「あしながおじさん」のジュデイが聞いた礼拝堂の鐘は、この教会がモデルかもしれない。
「1月20日
・・・あら、やだ! 礼拝堂の鐘が鳴っています。礼拝のあと、委員会に出なくてはなりません。きょうはとっても楽しい手紙を書こうと思っていたのに、ごめんなさい。
さようなら(ドイツ語)
だいすきなおじさまへ(フランス語)
おだいじに(ラテン語)・・・・」
のように。

ここはシェークスピアに登場してくる植物を栽培してあるところらしい。 ひとつひとつの植物に、名前とシェークスピアの作品を引用した立て札がある。たとえば、

 LAVENDER
  ”Here’s flowers for you:
  Hot lavender, mints, savoury,
  marjoram…”
         - The Winter’s Tale, Ⅳ,4

日時計があった。日時計マニアとしてはたまらない。何の説明もないが、こういった風景にはぴつたりな日時計だ。大阪より緯度が高いのがわかる。

なんとも、美しいキャンパス、大学の建物。古いものと新しいものがバランス良く同居している。

大学は夏休みなので講義はない。真ん中にみえる学生は演劇の練習に来ているらしく、オーディションに通ると、ブロードウェイのショーに出ることができるというのでがんばっているそうだ。

歴史を感じさせる大木。「London plane tree Platanus x acerifolia」と表示があった。日本でいうならプラタナスの木なのだろう。
ヴァッサー大学は1861年に創立されたリベラル・アーツ・カレッジで、著名女子大学群セブンシスターズの一校。
大山捨松がこのヴァッサー大学を卒業している。大山捨松はアメリカの大学を卒業した最初の日本人女性。
一時在籍していた人では、ジャクリーン・ケネディ、ジェーン・フォンダ、アン・ハサウェイ。すごい大学ということがわかる。
ジーン・ウェブスターはこの大学を卒業し、ここでの経験を「あしながおじさん」執筆に生かしたと言われている。