懐かしの給食レシピ 55

タンドリーチキン(「おうちで作る給食レシピ」より)

大阪市で働く私の知り合いの栄養士さんから教えてもらった給食レシピ。 そのレシピを元にして懐かしの給食メニューをいただいてみようと挑戦。 レシピ通りの食材が手に入らなかったら、私独自のアレンジで創意工夫。

今回は、「おうちで作る給食レシピ」BOOKのレシピをもとにして作った。

IMG_20160502_0001

何回も書いているが、このレシピの分量は小学校の子どもたちの4人分。
大人の分量としては少ないので、そのことを考えて材料を揃えよう。

IMG_0402

今回は二人分の料理を作ったので、だいたいレシピ通りの分量でやってみた。

もも肉の皮なしを200グラムを一口大に切る。
ニンニクは1かけをみじん切り。
ヨーグルトは無糖のものを用意。
カレー粉がなかったので、カレールーを削ってみた。
塩、ケチャップはレシピどおり。

IMG_0404 IMG_0406

ニンニク、ヨーグルト、カレー粉などを混ぜあわせて、鶏肉に下味をつける。
冷蔵庫に約1時間程度いれておいた。

IMG_0409

クッキングシートにならべる。

オーブンの使うことにした。
220度で余熱をする。

15分から20分とレシピにあるので、
10分ぐらいから焼き上がりを見ながら時間を調整する。
焼き過ぎると黒くなったり、焦げるのでここは注意する。

IMG_0410

はいできあがり。

写真は、18分ぐらいで焼き上がりとした。
途中で、味見をしながら焼き上がりを判断。
それでも、少し焦げているところがある。それは個人とその家庭のお好みで仕上がり状態を決めるしかない。

IMG_0413

これは、レシピの分量で作ったものを二人分に分けたもの。
付け合せは、絹さやの卵とじ、レタスの上にならべてみた。

中までジューシーで、結構なお味でした。
子どもたちの給食といえども、ばかにしてはいけない味付けと仕上がりでした。

 

 

 

懐かしの給食レシピ 54

ホタテ貝のグラタン

大阪市で働く私の知り合いの栄養士さんから教えてもらった給食レシピ。 そのレシピを元にして懐かしの給食メニューをいただいてみようと挑戦。 レシピ通りの食材が手に入らなかったら、私独自のアレンジで創意工夫。 今回のレシピはグラタンシリーズ3回めの「ホタテ貝のグラタン」。そのレシピは下記の通り。

IMG_20160202_0003 - バージョン 2

IMG_9677 まずレシピのように材料をそろえる。
ほたて貝柱・・・80g
料理用ワイン・・・小さじ1/2
マカロニ・・・20g
玉ねぎ・・・80g
ほうれん草・・・40g
塩・コショウ・・少々
バター・・・大さじ1/2
薄力粉・・・大さじ1強
牛乳・・・80g
粉末チーズ、パン粉

しかし、これは小学校の子ども4人分の材料。
大人4人分ではこの3倍はいる。私もそのつもりで調理した。

ホタテ貝をゆで、ワインで下味をつける。ポルトガルのワインがまだあったのでサンデマンを使ってみた。

IMG_9679 IMG_9680

マカロニ、ほうれん草をゆでる。小麦粉をふるっておく。

IMG_9687 IMG_9688

フライパンにサラダ油を入れて熱し、玉ねぎ、それからレシピにはなかったが
ブナしめじも炒めた。

IMG_9692 IMG_9694

塩コショウで味付けんする。バターを入れる。
小麦粉、牛乳を入れる。牛乳は一度に入れる。

IMG_9696 IMG_9698

IMG_9700 IMG_9703

ほうれん草、ホタテ貝を入れる。
IMG_9705 IMG_9707

マカロニを加え、グラタン皿に入れる。

IMG_9709 IMG_9711

IMG_9715

粉末チーズ、パン粉をかけて、270度に余熱したオーブンで10分焼く。

オーブンの温度設定は持っているオーブンによって出来上がりが違ってくるようた。パンの時も、レシピ通りの温度で設定にすると、早く焼きあがることも多かった。

IMG_9718
このグラタンシリーズでは温度設定はレシピ通りにしている。
私の家のオーブンでは少し焦げ目がでるように思った。
ここはそれぞれのオーブンの特徴に合わすことと、できるだけひんぱんに仕上がりを見たほうが良いようだ。

白いご飯とサラダ、そしてこのホタテ貝のグラタンは立派な定食。どこかの一膳飯屋さんに入ったようだ。

さてグラタン3回シリーズはここまで。次はどんな給食レシピに挑戦しようかなあ。

 

 

 

懐かしの給食レシピ 53

ほうれん草のグラタン

大阪市で働く私の知り合いの栄養士さんから教えてもらった給食レシピ。 そのレシピを元にして懐かしの給食メニューをいただいてみようと挑戦。 レシピ通りの食材が手に入らなかったら、私独自のアレンジで創意工夫。
グラタンシリーズの第2弾は、「ほうれん草のグラタン」。レシピは以下のとおり。

IMG_20160330_0001

さて、レシピ通りに材料をそろえる。
IMG_9559

ベーコン 30g
マカロニ 30g
玉ねぎ 120g
ほうれん草 60g
これで4人分。小学生子ども4人分なので、家庭にあわせて3倍から4倍するほうがたっぷりと食べることができる。
私も手持ちの材料に合わせて、レシピを3倍ほどして調理した。

IMG_9561

ほうれん草はこれぐらいにした。一束ぐらい。
塩を少々いれての塩茹で。
さっと水にさらして、2cmぐらいに切る。

ほうれん草を塩ゆでしたお湯でマカロニを茹でる。お湯がもったいないので。

 

IMG_9564

IMG_9565

IMG_9567

 

ここからはレシピ通りに、ベーコンは乾煎りする。

サラダ油を加えて玉ねぎを炒める。

塩・コショウであじつけをする。

 

IMG_9569

IMG_9574

IMG_9572

IMG_9576

IMG_9578

IMG_9582

最後に、ほうれん草、マカロニを加える。

グラタン皿はバター等をぬっておく。
グラタン皿に入れて、粉末チーズ、パン粉をふりかける。

IMG_9584

 270度に余熱したオーブンで10分焼く。

ちょっと焼き過ぎかな。

パン粉が黒くなって見えるは、自作のライ麦粉入の食パンをパン粉にしたため。それをパン粉にしたので黒っぽい色になった。

 

見栄えよく焼いげられなかったのが残念。でも材料にしっかりと味がつき、火も通っているので、おいしくいただいた。
次回もグラタンの予定。

 

 

 

 

懐かしの給食レシピ 52

なすのミートグラタン

今日は4月1日。
新しい年度がはじまる。
保育所、幼稚園、小学校、中学校で給食がスタートするのは今日からではないだろうが、今年度の給食レシピは今日からスタート。

大阪市で働く私の知り合いの栄養士さんから教えてもらった給食レシピ。 そのレシピを元にして懐かしの給食メニューをいただいてみようと挑戦。 レシピ通りの食材が手に入らなかったら、私独自のアレンジで創意工夫。
今回は「なすのミートグラタン」

レシピは「おうちで作る給食レシピ Book」より。

IMG_20160202_0003

前回書いたように、このレシピの分量は「大阪市の小学生4人分」の分量。 IMG_9380

合いびき肉 100g
マカロニ 15g
なす 100g
玉ねぎ 80g

と言う分量は左の写真のようになる。
これで大人4人分は少なすぎる。
なるほど小学生4人分の分量であることはよくわかる。

料理の本を見ると、大人4人分のグラタンでは、ミンチ肉が300g以上になっていたので、今回はレシピの約3倍になるようにして材料を用意した。
調理中の写真はその分量のものになっている。

マカロニはかために塩ゆでする。マカロニの説明書きにしたがって湯で時間をきめる。小麦粉(薄力粉)は、あらかじめふるいでふるっておき、弱火で色づかないようにからいりしておく。(今回はこの乾煎りを忘れてしまった! そのまま混ぜあわせているので、写真もそのようなものになっているので注意)

IMG_9382 IMG_9383

なすは半月切りをし、さっとみずにさらしてアクを抜く。塩ゆでしたマカロニにサラダ油(私はオリーブ油を使用)をかけておく。 IMG_9387IMG_9390

フライパンにオリーブ油を入れて熱し、ニンニクを香りよくいためる。合いびき肉をいため、ワインをかける。さらに細切りした玉ねぎを炒める。

IMG_9396 IMG_9397

IMG_9399

IMG_9401

なすを入れ、塩・コショウ、ケチャップ、ウスターソースで味付けをする。 レシピにあるトマトピューレがなかったので、ケチャップの量を増やした。

IMG_9404IMG_9407

小麦粉(初めに書いたように、本当は炒った小麦粉)を入れて炒め、最後にグラタンを加える。

IMG_9409 IMG_9413

よく混ぜて炒める。
バター(マーガリン)をぬったグラタン皿に具を入れて、粉末チーズ(とろけるチーズを使用)、パン粉を上にまぶす。

IMG_9415

IMG_9418

IMG_9420

写真のように4人分ができあがった。

材料の分量はレシピのほぼ3倍で作っている。

230度に余熱したオーブンで10分間焼く。
パン粉がパリパリになって香ばしい、チーズもとろりと溶けている。

IMG_9423

 

ちょっと焦げているような感じで、見た目がも一つ。でもサラダをつけると本格的なグラタン料理。調理段階ですべてに火が通っているので、安心して食べられる。

また料理のレパートリーが増えた。このレシピ本をみると「なすのミートグラタン」以外にもグラタン料理がある。グラタン料理の幅が増えそう。

 

 

 

懐かしの給食レシピ 51

牛肉と大豆のカレーライス

大阪市で働く私の知り合いの栄養士さんから教えてもらった給食レシピ。 そのレシピを元にして懐かしの給食メニューをいただいてみようと挑戦。 レシピ通りの食材が手に入らなかったら、私独自のアレンジで創意工夫。

今回は「牛肉と大豆のカレーライス」
レシピは前回紹介した「おうちで作る 給食レシピBook」から。

IMG_20160128_0001

IMG_9298

栄養士さんからのアドバイス。

「ここにのせている分量は、小学校の給食用の分量です。大人には少ないので、多めにしてください。」

なるほど、レシピ通りの分量は左の写真のようになる。これで大人4人分は少なすぎる。

このレシピ本は、あくまでも大阪市の小学校の給食レシピで、普通の家庭でそのままつかえる分量になっていないそうだ。だからわざわざ「給食での4人分」と注釈を入れているというわけだそうだ。

なお、これまでこのブログで紹介してきた「懐かしの給食レシピ」は、私の知り合いの栄養士さんが家庭用に換算した分量で紹介しているので、あらためて計算する必要はない。

IMG_9304

IMG_9301

普通作っている分量にすると、左の写真のようになった。レシビの2倍から3倍になっている。緑の野菜はセロリ。
私はセロリのシャキシャキ感とさっぱり感が好きなので、カレーにはよく入れている。

肉は料理用のワインで下味をつけておく。
ジャガイモは角切りとかいてあるが、小さく切ると最後にはとけてしまって、姿かたちがなくなることが多いので、小さいジャガイモはそのまま、少し大きいと思うジャガイモは半分に切るだけにした。
玉ねぎはレシピ通りに大切り、にんじんはイチョウ切りにした。

IMG_9305 IMG_9307

サラダ油を熱し、ニンニクとショウガを炒める。ワインで下味をつけた牛肉を入れて炒める。(レシピにないショウガも入れることにした)

IMG_9308 IMG_9310

玉ねぎ、にんじんの順に炒める。

IMG_9313 IMG_9315

IMG_9317

ジャガイモと大豆を入れて煮るのは、圧力鍋を使った。
ジャガイモも短い時間で柔らかくなる。ルーの指定する分量の水、セロリ、ローリエの葉を入れて、圧力をかける。時間は自分が使っている圧力鍋によってあわせる。

左の写真のようにトロトロに仕上がる。私の使っている圧力鍋はラゴスティーナで、もう30年ほど使っている。IHに対応していないので、コンロに付いている電熱コンロで使用。シューッといって5分。それでもジャガイモはとろとろになっていてくだけそう。

火を止めて、カレールーを入れる。あとにヨーグルトを入れたり、インスタンのコーヒーの粉を入れたり、りんごをすりおろしていれたり、各家庭の味をどうぞ。
私はよくヨーグルトを入れている。辛味も収まり、食べやすくなるというのが実感。

IMG_9318

野菜サラダをつけると、立派なカレーライス。 大豆もたっぷり入れた。缶詰なので全部入れたが(140グラム)、多すぎるという気もなかった。
ジャガイモはかき混ぜればかき混ぜるほど砕けてくるので、取り出しておいて、食べるときに電子レンジて温めてからご飯の上に乗せて、カレーをかけることにした。

豆類があまり好きでない娘もしっかり食べ、次の日の弁当にカレーを持って行った。
職場で温めて食べるらしい。
給食レシピは本当に食が進むし栄養たっぷり。今年も「給食レシピ」にお世話になりそうだ。