驚異の超絶技巧(ハルカス美術館)


あべのハルカスで、「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」展がひらかれている。
以前に大阪歴史博物館で「超絶技巧展」があったので、それを見てから大変興味があった。

もらったパンフレットには以下のような紹介文が乗っていた。

「19世紀後半、日本では明治の時代、欧米で開かれた数々の万国博覧会で、日本の工芸品は大きな注目を集めました。自然に対する繊細かつ豊かな感受性と、それを意匠化する洗練された造形センスと超絶的な技工は世界を驚嘆させ、大量の作品が海外へと輸出されていきました。近年、そうした明治工芸の魅力に再び光を当てる機運が高まっています。さらには…明治元年から150年を経た現代アーティストの中にも、先人のDNAを受け継ぎつつ、今という時代をもその作品の中に映し出す、新たな「超絶技巧」の担い手が生まれています。
 本展では、時代を超えて人間の手が生み出す奇蹟のような技のコラボレーションを、約140点の多種多様な技法の作品によって紹介します。驚異に次ぐ驚異の連続に、ご期待ください。」

まさに、驚異に次ぐ驚異だった。
写真がほとんど禁止だったので、パンフレットなどでその一部を紹介してみたい。

なんと一木彫のお皿とサンマ。

安藤緑山による「牙彫(げちょう)ー象牙」。パイナップルとバナナ。

これも安藤緑山の胡瓜(きゅうり)。この作品についての説明がパンフレットにあった。
「どこから見ても、胡瓜。みずみずしく張った表皮、とがったイボ、蔓も葉も花もついたままで、畑から採られたばかりか。これが、人間の手で象牙から掘り出され、彩色されたものとは! 奇蹟の牙彫師、安藤緑山の技の粋が堪能できる一品」

いやいやこういった実物が140点も並べられている。

2箇所、写真撮影ができる作品があった。
右は「鉄、銀と赤銅」からできたサンショウウオらしいもの。
係の人に「重さはどれぐらいでしょう」
「持ってくるときはどのようにしたのでしょう」と質問した。
金属製なのでかなり思いそうだ。作品は分解できるので作者が組み立てたそうだ。なるほどそうした運搬するのか、と思った。

左は「陶磁」の作品。これも土からできているとはとても思えない。

2点の作品の写真撮影が許されているのはうれしかった。
できたらどんな作品でも写真撮影OKだといいのだが。
それから重さがわかるといいなあ、と思った。
目の不自由の人のために、触ってわかる「超絶技巧」作品もあるといいのに、とも考えた。

若冲の作品展のときに感じた人間の集中力の凄さと、技の素晴らしさに、ただただ「すごいな〜」の言葉を繰り返すだけだった。
細かな部品は機械で作ることができるだろう。しかしどんなデザインにするのか、どんな組み合わせにするのか、テーマは何にするのか、こういったことは人間でしかできないものだと思う。AIが発達しても、創造的なデザインは人間の側にあると思った。

入り口で単眼鏡が売られていたが、なるほど小さな作品や細かい部品をみるのにはそういったものがあるといいのだろう。
これから行く人には家にあれば双眼鏡やオペラグラスを持っていくといい。

グッズ売り場が楽しかった。
上の写真はストラップアンドキーホルダー。
なるほどこれも現代の超絶技巧じゃないか。

こういった超絶技巧はどのようにして生み出されるのだろうか。どんなふうに作っているのだろうかと疑問が湧いた。
2月9日の「美の巨人たち」の放送でそのことが少しわかった。
「名所図小箪笥 驚異の布目象嵌」という放送だった。そこで写真のように細かな作業が映し出されていた。
人間の技の素晴らしさを感じることができた展覧会だった。

 

 

 

 

壽初春大歌舞伎

千穐楽(1月26日) 藤原紀香さん発見

1月26日土曜日、松竹座の「壽初春大歌舞伎」に行ってきた。千穐楽の日だった。
坂田藤十郎さんの米寿を祝っての興行でもある。
入り口のテーブル受付に背の高い和服の女性がいる。藤原紀香さんだった。
「愛之助さんが出てるからね」と妻が言う。

私が見た演目は、お昼の部で、

玩辞楼十二曲の内 土屋主税    11:00-12:15

幕間 35分

坂田藤十郎米寿記念
寿栄藤末廣           12:50-1:10

幕間 25分

心中天網島
玩辞楼十二曲の内 河庄      1:35-3:00

という三つの舞台だった。

演目の「土屋主税」は、忠臣蔵のスピンオフ(サイドストーリー)

吉良上野の屋敷の隣に土屋主税の屋敷がある。討ち入りの日に俳句の句会があり、そこで主税は其角から大高源吾が士官をしたという話を聞く。
其角は大高源吾の不甲斐なさをののしるが、そのときに読んだ下の句が「あしたまたるるその宝船」というのを知って、主税はその真意を察するという話。
この時の主税の表情と演技がこの演目の見せ場というわけだ。
土屋主税を中村扇雀さん、大高源吾を片岡愛之助さんがつとめた。
仮名手本忠臣蔵は吉良邸から見た高灯籠だが、この「土屋主税」は主税邸から見た高灯籠であり、忠臣蔵の人気の高さが伺われる舞台だった。

坂田藤十郎米寿記念
寿栄藤末廣(さかえことほぐふじのすえひろ)

坂田藤十郎さんの米寿記念の踊り。
女帝に坂田藤十郎さん。
鶴に中村鴈治郎さん
亀に中村扇雀さん
従者に中村壱太郎さんと
中村虎之介さん。

若い二人の見栄えよく、きもちがいいものだった。成駒屋ご安泰が伝わってくるような演目だった。

左から虎之助さん、扇雀さん、藤十郎さん、鴈治郎さん、壱太郎さんの写真。

今回の歌舞伎で一番心に残ったのは、

心中天網島
玩辞楼十二曲の内 河庄

だった。

「河庄(かわしょう)」というのは、新地のお店の名前。ここで主人公の紙屋治兵衛(かみやじへい)と遊女小春のやり取りが中心になっている。
実際にあった心中事件を近松門左衛門が人形浄瑠璃にし、大評判となった。それを歌舞伎にしたのがこの演目。紙屋治兵衛を中村鴈治郎さん
小春を中村壱太郎さん
粉屋孫右衛門(治兵衛の兄)を坂東彌十郎さん
が演じている。

小春の心変わりに怒りと絶望の波に巻き込まれる紙屋治兵衛をなだめ説得する粉屋孫右衛門のやりとりが面白い。
上方の旦那、色男とはこんなものです、という感じがよく伝わってくる。
心に何かを隠したような小春。耐える女を演じる壱太郎さんもまた魅力的だった。若いからあの耐える姿勢が続けられるのかなあ、とも思った。

舞台では、いったん河庄をでた二人が、花道で「やっぱりあのことだけは小春に言いたい!」と戻る戻るなと言い合った末に治兵衛は小春に文句を言いにもどるのだが、
(その場面の二人の上方風の言い合い、口げんかの言い回しは、またおもしろかった)原作はそうではない。

左の本は、図書館で借りた本。
この話の全体を知りたかったので借りてきた。
「曽根崎心中」や「女殺油地獄」、「冥途の飛脚」など、文楽や歌舞伎で見たことはあるのだが、全体を通して見ていない。私の頭の中ではあちこちの場面がばらばらにあるので全体を通して勉強してみようと思った。

さて、原文は以下のようである。

++++++++++++++

治兵衛・・・ ハアハアうぬが立の立ぬとは人がましい。是兄者人、片時も彼奴が面見ともなし。いざ御座れ。去ながら此無念口惜さどふもたまらぬ。今生の思ひ出、女が面一ツ踏。御免あれ。

語り・・・ と、つつと寄て地団太踏。

治兵衛・・・ エ、エ、しなしたり。足かけ三年戀し床しも最愛可愛も、今日といふ今日、たった此足1本の暇乞

語り・・・ と額ぎはをはつたと蹴て、わつと泣出し兄弟つれ歸る姿もいたいた敷、跡を見送り聲を上、歎く小春も酷らしき、無心中か心中か、誠の心は女房の、其一筆の奥深く、誰が文も見ぬ戀の道、別れてこそは三重歸りけれ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このように、原作では小春の顔を蹴っているのだ。
そこは現代の歌舞伎なので演出は変えてあるのだろう。

演じ方はその時の演出によって変わるそうだ。アドリブもあるのだろうなあ、と思いながら鴈治郎さんと坂東彌十郎さんのやりとりを聞いていて思った。

この二人は「心中天の網島」の名の通り、心中することを選び、実行する。
どうしてそんな道を選んだのだろう。心中物を見るたびに思ってしまう。
それは時代のせいか、社会のせいか、取り巻く意識のせいか、
こんなテーマの演劇は世界の中でも珍しいのか、普遍的なものなのか。
そんなことを考えてしまった。

めずらしく松竹座前の消防署から消防自動車が出動していた。
お正月といえども世界は動いている。
私たちのまわりは目まぐるしく動いているなあ、と思った歌舞伎見物だった。

 

 

 

第47回淀工グリーンコンサート

今年は創部60周年記念だった。

2019年1月19日と20日、4回の公演がフェスティバルホールであった。私が行ったのは、1月20日の日曜日、午後12時からの公演だった。

今年も丸谷先生がニコニコしながら走って舞台に登場。
無理しなくてもと、つい思ってしまう。
「翼をください」の手話は、今年も美しい手話だった。
私の座席が前から4番目ぐらいだったので、手話をする部員さんの表情がよくわかる。
練習量を誇る淀工だから、手話もみっちりと練習をしたのかもしれない。
座席は私が見ている限りは満席だった。補助席らしいのも出されていた。

はじめのうちは家族や、親戚の応援がてらの参加者が多かったと思うが、最近は中学校、高等学校の吹奏楽部、ブラスバンド部らしい参加者が目につくようになった。
今回は小学生の姿もあり、小学校から吹奏楽部やブラスバンド部があるようだ。ブラスバンドの存在感が着実に広がっている。

開演前のホールの様子。 満員御礼のようだ。

プログラムは以下の通り。

・オープニング
・翼をください
・カーペンターズ・フォーエバー
・アルメニアン・ダンス・パート1
・幻想曲 シルクロード・・・OBによる演奏
・1年生 フレッシュコーナー (曲あてクイズも)

 休憩

・Introduction to Soul Symphony (楽器紹介)
・交響詩「ローマの松」
・故郷(ふるさと)
・ザ・ヒットパレード

ほぼ例年どおりのプログラム。プログラムにはない演奏もあったが、曲名がよくわからなかったので、ここでは省略。
丸谷先生は「私はあまり変えたくないのです。子どもたちは変わっていきますからね」
とおっしゃる。

プログラムに2016年7月7日の朝日新聞の記事が挿入されていた。
1年生の矢野さん、森口くんのトランペットの練習の様子が記事になっている。
この二人も今日のグリーンコンサートでは3年生として登場している。最後の演奏会になるわけだ。

受付でもらったプログラムに、ホルンの中本侑希さん、トランペットの矢野晶子さん(上の記事の矢野さん)の文責になる一文が載せられている。

***************************

感謝。「新たな挑戦」

 皆様のおかげで60週年を迎えた淀工吹奏楽部ですが、私たちの過ごす環境にも大きな変化が訪れています。今までの”当たり前”がそうではなくなり戸惑うことも多い中、それでも私たちは情熱を強く持ち、前に進んでいこうと思います。
 これまでのご支援に深く感謝しつつ、これからの淀工の「新たな挑戦」を暖かく見守っていただければ幸いです。

***************************

練習量日本一を誇ってきた淀工がむかえる新たな挑戦とは、それはクラブ活動としての限界が示されたからかもしれない。府立高校では部活動を行わない日を週に一日設けるようにという指示がでているというニュースを見た。それは運動部がメインのようだが、ブラスバンド部にも影響してくるのかもしれない。

演奏はきらびやかで、迫力があった。
前の座席なので、部員の姿がはっきりと見える。
コントラバスの一音一音がはっきりと聞こえてくる。低音の魅力と迫力がよく分かる位置だったので、よけいに音に包まれるという感じだった。

3年生の演奏はさすがだった。一人ひとりが楽しみながら一生懸命に演奏しているのがよくわかった。打楽器の部員が本当に楽しそうに口を大きくあけて、歌を口ずさみながら、タンバリンを叩いている。ソロで演奏する部員の誇らしげな姿が、私の体もピシッとさせてくれる。

OBの演奏する「シルクロード」はNHKのTV番組を見ているようだった。私の直ぐ側にみえたコントラバスの演奏者は、楽譜を食い入るようにして見ながら演奏していた。その迫力はまたブラスバンドの新しい魅力を発見したみたいに思えた。

淀工の吹奏楽部は男子が女子よりも多い。 多くの学校では女子のほうが多いようだが、ここ最近の淀工は男子生徒の部員が多い。体力勝負になると男子が多いと得なのかもしれないと思ったりする。
左の写真はプログラムの裏表紙からのもの。

恒例の三三七拍子の応援、1年生部員のダンス、年々上手になる。丸谷先生は「そろってません」とおっしゃるが、中学校でダンスが体育で教えられるようになってからぐっと上手になったと思う。それ以前のコンサートでのダンスもみているが、それは確かに「そろっていません」でした。

・・・・・ 山の頂上は、人にその道の険しかったことを忘れさせます。
 その最後のステージに立って、君たちは何を感じているのでしょうか。
 いろんな苦しかったことは、今は懐かしい思い出ですね。  
・・・・・君たちの前途に幸多からんことを祈ります。

最後の「乾杯」はいつ聞いても感動する。
「苦しかったことが、今は懐かしい」
そんなふうに思える人生を生きてほしい・・・・多くの人たちのメッセージが伝わってくるような演奏であり、観客の人たちだった。

チコちゃんから「ぼーっと生きてるんじゃないよ!」と怒られないように、しっかりと生きていこう。高校生のエネルギーによって、私の背骨がしゃんとなったような気がした。