エッシャー展

ミラクル エッシャー展 in  ハルカス
 

あべのハルカスで「エッシャー展」が開かれている。
鑑賞に先立って、ハルカス大学の案内で知った特別講座があったので参加した。

資料場配布されなかったので、私のメモにたよって振り返ってみる。
メモもあとから読み返すと、知らない単語を書いているので、自分ながら理解不足にあきれてしまう(残念!)

印象に残った言葉を書いておこう。

①トロンプ・ルイユ・・・「だまし絵」のこと。現代で言う「トリックアート」のことで、エッシャーの「3次元では実際にありえない建物」を描いた作品など。このポスターの建物がそう。

②アナモルフォーズ(歪像画)・・・アナモルフォーシスとは、ゆがんだ画像を円筒などに投影したり角度を変えてみたりすることで正常な形が見えるようになるデザイン技法のひとつである。アナモルフォシスアナモルフォースアナモルフォーズとも。(ウィキペディアよりの引用)
「エッシャー展」にあったのか、なかったのか。会場は道頓堀のような多数の人でよくわからなかった。

③ダブルイメージとメタモルフォーゼ・・・左の絵(「空と水Ⅰ」)のように、鳥の絵と魚の絵が少しづつ入れ替わっていき、絵の一番上にあった鳥が、絵の一番下になると魚になっている。
メタモルフォーゼとは「変身」「変化」「転身」のことで、このエッシャーの絵が「メタモルフォーゼ」と「ダブルイメージ」の例である。

この絵は、下にかいてあるホームページからの引用。

https://www.artpedia.jp/escher/

「近代美術の百科事典」といホームページ。

④正則分割・・・「特定のパターンや法則性にのっとって、空間を1から数種類のモチーフでうめる。並進、回転、鏡映」と私のメモに書いてある。

上の写真がその例だろう。この「メタモルフォーゼⅡ」は必見の作品だと思う。 この写真は、「美術手帖」というホームページより引用している。ハルカスでの美術展開催の前、上野の森美術展での「エッシャー展」が紹介されている。

https://bijutsutecho.com/magazine/interview/18049

この「メタモルフォーゼⅡ」は、ポスターの裏面に載せられている。長さ3.7mの絵は、実際に見ないとその迫力が伝わってこないでろう。

 

「メタモルフォーゼⅡ」について、エッシャー自身は次のように説明している。(左の「無限を求めて」より引用)

「これはたくさんの連続的な変容過程からなる絵物語なのです。Metamorphoseメタモルフォーゼという単語自体が出発点になっています。面の中で水平や垂直に置かれたこの単語が、OやMの文字を交点にして交わり、次第に黒と白の方形のモザイクへと変容し、それが次第にトカゲの形に展開していきます。もし比較のための音楽を持ち出せるのなら、そこまでは四分の二拍子のメロディで書かれているといえるかもしれません。
 ・・・リズムが変化します。白と黒に加えて、青い要素が加わり、四分の三拍子に移行しました。形はしだいに単純化して正六角形に変わります。ここで観念の連合作用が生じます。六角形の形が蜂の巣を連想させるやいなや、蜂の幼虫が個々の巣の中で動き始めます。一瞬のうちに個々の成虫が成就した蜂にまで発展して、やがて昆虫たちは戸外に飛び出していきます。
 私の蜂の寿命は短いのです。というのは、その黒いシルエットの部分がすぐにほかの機能、つまり白い魚の背景の役目につながっていくのです。さらに相互の間で融合しながら、その境界から黒い鳥が生まれてきます。それから、白い背景の中で遠くの方から赤い鳥の影が現れます。次第にそのサイズが大きくなって、まもなくその輪郭線が、仲間の黒い鳥の輪郭線と接触します。白のままで残っていた部分もまた鳥の形に発展し、3つのとりのモチーフがそれぞれ特有のかたちと色を保ちながら、今度は面全体を完全にリズミカルなパターンで埋めていくのです。・・・再び単純化がおこります。個々の鳥は菱形に変容していきます。これは第二の観念融合を導きます。3つの菱形からなる六角形が、造形的な効果を生み出し、遠近法的に立方体のように見えてくるのです。
立方体から家屋までほんの一歩にすぎません。そして家からは町がつくられます。地中海沿いにある南イタリアの典型的な小さな町で、よくアマルフィの海岸で見かけるようなサラセン用式の塔が懐中に立ち、岸との間を橋が結んでいます。
 ここで3つ目の観念連合が生じます。街と海が左側に横たわり、関心は塔に集中していきます。そしてチェス盤の上のルークや他の駒が現れるのです。
 こんなふうにして,Metamorphoseが描かれた帯状の紙面は長さ3フィートにも達し、物語を終えるときがやってきました。その機会はチェス盤の白と黒の方形が提供してくれます。最初にはそれは文字から現れてきたのですが、今やそこから同じ単語Metamorphozeに帰っていくのです。」

 この本人自身の解説を最初に知っていたら、実物を見る時にもっと詳しく見ていたのに、と思うのはいつものこと。これも残念。

 

会場の入口にあるのは「出会い」という作品を拡大したもの。
実際の大きさは、55.1cm ✕ 65.1cm というもの。

この作品についてエッシャー自身は次のように説明している。

「右側の白いオプティミスト(楽天主義者)と黒いペシミスト(悲観主義者)のパターンが、・・・背景の灰色の壁の中で、この人物像は中心部分に近づくほど相互の間のコントラストがはっきりしてきます。白と黒のそれぞれの代表が壁面から身体を離し、床の丸い穴に落ち込まないように注意しながら、空間の中をあるき出します。ぐるっと回ると、自然に前景で出会わざるを得ません。そのあいだ中ずっと最後まで、黒のペシミストは警戒気味に指を上げてきましたが、白のオプティミストのほうは陽気にその出会いを迎え、その結果、彼らは握手するという次第になるのです。」

なんとなく不気味に見えていた絵が、エッシャーの思いを読むと「なるほど、だから入り口にこの絵をもってきたのだな」と考えるようになった。

ポスターにある不思議な階段のある部屋の絵は「相対性」という題がついている。
この絵は映画「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」に登場する。

写真はYouTubeからのもの。 映画では絵の中で登場人物が大活躍しているが、
絵の実物サイズは27.7cm ✕ 29.2cm。約30cm四方の小さな絵なのだ。
とても映画のようにこの絵の中に飛び込むことは出来ない。

しかしこの映画と同じ体験ができるサービスが「エッシャー展」にあった。
自分たちがこの絵の中で動き回る様子をスマホに撮ることができるのだ。
約30秒間のおもしろ動画がとれる。参加するのに列に並ばなくてはならないが、面白いのは確か。私はここで絵の中に入り、そのあとビデオを借りてみたが結構楽しめた。

「エッシャー展」も1月14日まで。残り少ない。まだ鑑賞していない人は是非どうぞ。ホンモノを見ておくチャンス。

 

 

 

歴史講談

上方講談 時代を駆け抜けた大阪ゆかりの物語

講談ー小中学校の頃にラジオで聞いたことがある。 落語や漫才、吉本の喜劇、歌舞伎、文楽、能などの芸能には興味があって、実際に見に行くことはあるが、「講談」、これは舞台で聞いたことがなかった。
機会があれば生の講談を聞いてみたいと思っていた。

11月24日に「たかつガーデン」で上のような事業があったので申し込んでみた。幸いにも抽選に当たり、聞きに行くことができた。

写真のような舞台が作られていた。

講談と落語、似ているようだがどこが違うのだろう。
「講談協会 オフィシャルヴェイブサイト」によると

「講談」と「落語」はどう違うの?
「講談」「落語」はことあるごとに比較されています。
その違いは一体どこにあるのでしょうか。簡単に言ってしまえば、「落語」が会話によって成り立つ芸であるのに対し、「講談」は話を読む芸という言い方ができます。勿論、読むといっても単なる朗読とは違い独特のしゃべ調子と小道具の使い方で展開される訳なのです。よく使われる小道具として有名なのが張り扇と釈台(机)です。
張り扇で釈台を叩きパパンという音を響かせて調子良く語ります。この小道具を巧みに使った芸こそ「講談」ならではのものです。
また、「講談」は「落語」と比較して歴史が古く、奈良、平安の頃にその原型が見られます。但し、一般に良く知られる「講談」の始まりは「太平記読み」とされています。食に困った浪人が老若男女を集めて「太平記」を面白おかしく読んで聞かせたというものです。
これが「講談」のルーツです。
                   http://kodankyokai.com/about.html

なるほど、講談のルーツは落語よりも古いのか。
写真にある小さな机が「釈台(しゃくだい)」といわれているもの。落語で使っている同じように見える小さな机は見台(けんだい)と言われているそうだ。

真田丸の攻防 玉田玉秀斎

玉田玉秀斎さんの講談は、そもそも講談とは、というところから説明があった。
集まっている人を見ると、私ぐらいの年齢の人、それ以上の人たちか。私は講談については全くの素人だが、何回も聞いている人がいるのだろうと思う。

玉秀斎さんは京都の大学の経済学の講義で、紀伊国屋文左衛門の講談をもとに、需要と供給の関係を説明する授業の手伝いをしているそうだ。
大学生にとって、講談も落語も雑談も区別がつかないくらい世界の違うものに映っているというイントロダクションだった。
出版社の講談社が、講談の本を印刷していた会社から出発していたこともわかり、なるほどだから「講談社」なのかと納得。
演目は「真田丸での真田幸村の活躍」をテーマにしたものだった。真田幸村の知恵が徳川家康軍を翻弄するというもので、さてこれからどう展開するというところで「丁度時間となりまして・・・・。」なるほど、さて次は?

五代友厚と活版印刷 旭堂南鷹

南鷹さんの講談は、大阪万博誘致の成功からはじまった。 東京オリンピックに講談がどう登場するか、というこれまでの野望が、今度は大阪万博に講談をどう登場させようか、という夢の登場になったというわけだ。
演目の「五代友厚」は、2016年のNHKの朝ドラ「あさが来た」で有名になった人。私も「あさが来た」で、大阪と五代友厚の関係を知った。今回は活版印刷と五代友厚の関係がわかっておもしろかった。東京よりも大阪で活版印刷がはじまったとは知らなかった。
「サラマプレス倶楽部 活版印刷アラカルト」というホームページに「古代友厚と大阪活版所」の記述があった。その中の一部を引用すると

***************

五代は「若き薩摩藩士」をひきいて江戸時代末期に英国に密航し、通称『薩摩辞書』の発行につよい関わりをもった。『薩摩辞書』の初版は上海で製造したが、再版を日本国内での製造をめざして大阪活版製造所を開設し、それを請けおった本木昌造一門に再版刊行を委託した。

****************

この史実がもとになった講談なのだろうと、帰ってから調べてみてわかった。

安倍晴明 旭堂小南陵

旭堂小南陵さんは女性の講談師。

左の写真は、小南陵さんのブログからとったもの。

小南陵さんは大阪市に講談用の劇場を作ろうとしている。その名は「此花千鳥亭」。落語などの寄席として人気のある「繁昌亭」の講談版というわけだ。写真の小屋は建設中の「此花千鳥亭」らしい。来年完成予定ということだ。完成したら一度行ってみたいと思う。

演目の「安倍晴明」はあの安倍晴明の子ども時代の活躍を描いたものだ。
少年時代は尾花丸(おばなまる)と呼ばれていたそうだ。京の帝の健康が優れず、天変地異もおこる不吉な時代。その災害を取り除くために、蘆屋道満との呪術対決がはじまった。その駆け引きを講談で演じるのだが、おもわず引き込まれてしまう小南陵さんの話術。歴史講談は本当に面白い。
さあ、これからどうなるのだろう。対決の結果は?というところで
「丁度時間となりました、、、」となる。
そうなるだろうなあと予想しながら聞くのもおもしろかった。

私は安倍晴明神社のお守りを持っている。カバンにお守りを持ちながら「安倍晴明」の講談を聞くのも一興だった。お守りの後ろには五芒星が描かれている。これもまた一興だ。

忠臣蔵大阪の義商 天野屋利兵衛 旭堂南左衛門

最後は旭堂南左衛門さんの忠臣蔵の中の天野屋利兵衛をテーマにしたもの。 歌舞伎で見たことがある。「天野屋利兵衛は男でござる」という名台詞で有名な演目。

天野屋利兵衛は赤穂浪士の討ち入りの手助けをするため、討ち入りに必要なものを集めて、提供したとして知られている。今回の演目もそれに従っていた。しかし史実かどうかは疑問だそうだ。赤穂浪士に関わっての話にはそういう事が多い。でも話としては史実がどうであったかどうかよりも、そのほうがおもしろいのは確かだ。

 

上の写真は旭堂南左衛門さんの公式ホームページによるもの。
上方講談の重鎮と言ってもいい人だと思う。
南左衛門さんの講談は、私が昔に聞いたあの講談の口調だった。
歯切れがよく、畳み掛けるような語り口、滑舌もとても良い。
話に引き込まれるというのはこういうことなのだろう。
「講釈師、見てきたような嘘を言い」なんていう言い方があるが、「嘘かなあ、嘘だろっ」と思いながらその話しぶりに引き込まれる、というのは面白いことだ。
落語と同じようにその話芸はすばらしいと思った。講談師にとっては落語のほうがずっとあとから出来た芸だから、「落語と同じように」という言い方は失礼かもしれない。繁昌亭でも講談があるようだから、行ってみたいと思った。

講談を聞いた帰りに、上六の近鉄百貨店に寄った。
地下で買い物をしたあと、地下鉄に向かう出口を探していると、なんと「五平餅」を売っていた。
NHKの朝ドラ「半分、青い」が放送されていたとき、あちこち五平餅を探したが、どこにも売っていなかったのに、ここにあるとは。
「『半分、青い』の時はもう大変でしたよ。」と店員さんが笑って言った。みんな「五平餅」を探していたのだろうなあ。
「クルミもはいってますよ。朝ドラのおじいさんがつくっていたようにね」とたっぷりとタレをぬってくれた。
 「五平餅」は私が期待していたようにおいしかった。
耳にも胃袋にも栄養のある一日だった。

 

 

 

 

 

 

 

桂米左独演会 2018

久々の雨模様。
ここは繁昌亭。久々の桂米左さんの独演会。

雨が降っているのに、傘をさした人が次々に繁昌亭に入っていく。 満席のようだ。

米左さんの独演会に来るのは3回目。
米左さんは大阪市出身の落語家。ウィキペディアによると大阪市立豊崎中学校、都島工業高校出身だとか。
生粋の大阪人、浪速っ子だ。高校を卒業して桂米朝さんに入門したそうだ。

入り口でもらったパンフレットに米左さんの「ごあいさつ」がある。

「・・・独演会は三席するというのが米朝一門の形です。師匠米朝が長年この形でやっておりましたので弟子も独演会は三席というのを踏襲しております。
 ですが昔は独演会というと本当に独演で、助演も入れず一人で五席、六席とやっていたそうです。・・・けどはっきりと言います。一晩で五席、六席・・・ようしません、また迷惑かと思います。
 自身が三席で助演に空気を変えてもらうというのが一番いい形ではないかなと思います。
 今日は「天王寺詣り」「質屋蔵」「軒付け」の三席でお付き合いを願います。助演で空気を変えてもらうのが、米左が最も信頼している後輩、大名跡襲名後進境著しい桂文三さん、露払いは米團治門下の慶次朗さん。この夏には名前の通り慶事があるそうです。本日のご来場感謝でございます。最後までごゆっくりお楽しみください。」

「開口一番」の桂慶次朗さんの師匠は桂米團治さんで、桂米朝さんの息子。かつての小米朝さん。2008年に五代目桂米團治を襲名している。

 慶次朗さんの噺は「桃太郎」。
子どもを寝かしつけるためにお父さんが桃太郎の話しをしてやる。
子どもは話が終わっても目を大きく開いていて,一向に眠る気配がない。そして「おとうさん、桃太郎という話は世界中で一番良く出来た話なんだ」と言う。お父さんがえっ?という顔をすると、
「そもそも昔むかしあるところにという出だしは、日本どこでも通じるようになっていて、これは普遍的なんだ・・・」と、とうとうと桃太郎の道徳的な意義を説明するという話。

この話は私が子どもの時にラジオで聞いたことを覚えている。話を聞いて「へーっ、そんな意味があるのか・・・」と、子ども心に感心したことを思い出す。

天王寺詣り

この噺は笑福亭一門のお家芸の一つだそうで、米左さんも「うちの一門の噺ではありませんが……」というようなことを言っていた。
 大阪生まれの人、四天王寺さんを知っている人、四天王寺にお参りしたことがある人には「うん、うん。そう、そう」と頷きながら聞いてしまう話だ。
四天王寺の名所旧跡のガイドのような話がいっぱいで、知っている人にはたまらないと思うが、時代もかわり、「のぞきからくり」も今はない。私も遠い昔に一度だけ見たようなおぼろげな記憶があるだけ。

私はこの噺のサゲ・おちがよくわからなかった。
妻に聞いてみると、さっとネットで調べてくれた。その内容を私の理解でまとめてみる。
・ 噺の展開は、死んだ犬の供養のためについた「引導鐘(いんどうがね)」の場面。そのときに「ああ、無下性(無礙性、むげっしょう)にはどつけんもんでんなあ」と言って終わる。

・ 無下性(無礙性)というのは、仏教用語で「手加減しない、思い切り」という意味らしい。私はこういう言葉があることは知らなかった。
この噺の前半に、犬が近所の子どもに棒で叩かれて死んでしまうところがある。ここで『無礙性にはどつけんもんでんなあ』という説明がある。ここにつながることがわかった。

 私にはへぇー?というサゲだが、多くの人が笑っていた。無礙性という言葉を知っている人なんだなあと思う。
 落語はある意味タイムマシンの役割がある。昔の大阪の生活や言葉を教えてくれる。でも私にも何か説明がないとわからない噺があるのだなあと、思った次第。

お楽しみ

桂文三(かつらぶんざ)さんの「お楽しみ」は「動物園」として知られている噺。

ところで「桂文三」という名跡があることは知らなかった。調べてみると90年絶えていた由緒あるものらしい。五代目桂文三さんは五代目桂文枝さんのお弟子さんで、「桂つく枝」だった人。2009年に「桂文三」を襲名しているそうだ。
「ごあいさつ」に「最も信頼している後輩」とあるから、よほど仲が良いのだろう。

この「動物園」は、移動動物園で虎の皮をかぶってのアルバイトをする怠け者の噺。これもラジオで聞いて笑ったことを思い出す。ラジオは耳から聞いてその場面を想像するのだが、舞台で噺家さんが身振り手振りでその状況を説明するのを見るのも、また楽しかった。この噺はどこまでアドリブが許されるのだろう?と思うほど、自由奔放な芸だった。
最後の場面。サゲのところで「心配せんでもええ、園長の長谷川や」というところの長谷川は、文三さんの師匠の五代目桂文枝さんの本名から来ている。これも師匠あっての話だなあと、あとから笑ってしまう。

質屋蔵 軒付け

どちらも米左さんの話芸の真骨頂発揮の演目だった。はぎれのよい、滑舌の良さが噺の展開を面白くし、ぐいぐいの噺に引き込んでくれた。

「質屋蔵」では、「繻子の帯」が質屋への怨念につながっているところまでの展開が面白かった。六円の帯代のために苦労するおかみさん、そして苦労の挙句に病に倒れる。おかみさんの実家に舞い戻った妹が、病に倒れたおかみさんの看病をしてくれる。その妹へ形見にしたかった繻子の帯は質屋に入れたまま、そして「思えば恨めしいあの質屋」。ああここで質屋への怨念につながるのかと大きく頷いてしまう。
熊五郎のわびを入れる話、蔵の見張りでドタバタした出来事、そして帯と羽織の相撲と展開がおもしろい。最後に菅原道真の登場。太宰府へ流されたことと、質流れにかけたさげでおわる。

「軒付け」は江戸時代に大阪ではやったという浄瑠璃をテーマにしたもの。
軒付けというのは、浄瑠璃の練習を兼ねて家の前で語ることだそうだ。上手に語れば相応のもてなしがあるが、下手なら追い返される。
 ここで米左さんの邦楽囃子望月流名取の声がさえる。浄瑠璃の節回しが会場に広がるわけだ。大阪の伝統芸能の、いや日本の伝統芸能の文楽の世界が垣間見える。落語がさまざまな芸能を吸収していることがよくわかる。
 初めて聞く演目なのでどんな落ちがあるのかなあと思っていた。
おばあさんが「じょうずだね」というと、「適当なことを言うな」と怒る軒付けの仲間。おばあさんが言う。「食べている味噌の味がかわらない」と返事で終了。
 なるほど、下手な浄瑠璃は「味噌がくさる」という、前段のフリがここできいてくるわけだ。

独演会の翌日、図書館で左のような本を見つけた。

この本によると日本全国にいる落語家の数は約820人あまり。
江戸時代には落語家は200人を超えるぐらいだというから、800人というのはびっくりの数だ。

東京に約550人、関西に約270人と言われている。
女性の落語家も増えてきているそうだ。

落語の稽古は口伝で、台本のようなものはない。師匠や兄弟子から教わるが、ネタによっては別門の師匠のところに行き、習うこともあるそうだ。今回の独演会の「天王寺詣り」などがそうなのだろう。
お願いに行けば時間を作って教えてくれるそうだ。しかも無料で。それは自分たちもそうやって落語を教わってきたからだと言う。
20分、30分の噺、人情噺となると1時間にも及ぶ話もある。そういった噺を徹底的に暗記をし、振りを付け、話芸を磨くのにどれほどの時間をかけたのだろうと思う。慶次朗さん、文三さん、米左さん、客席を笑いに包み込む話芸の裏には、果てしない努力があるに違いない、とあらためて思った。