アイルランドとジャガイモ

 映画「ブルックリン」。20世紀フォックスのホームページから。
山下直子さんの講義で、1950年代のアイルランドから移民した女性が主人公という映画が紹介された。この時代はアイルランドの六人に一人が移民していたと言われる時代だ。
早速ツタヤでレンタルした。はじめにエリス島での移民局の場面があった。
前回私のブログで、本の挿絵で紹介したところとほぼ同じだったのでびっくりした。移民局の許可を得て、ドアを出てアメリカの土を踏むエイリッシュ・レイシー。ドアから眩しいほどの光が溢れ出す。
1950年代のアイルランドの女性の生き方を知る、素晴らしい映画だと思った。

アイルランドとジャガイモ

ベルファストのホテルのそばのコンビニに行くと、ジャガイモのお菓子がいっぱい並んでいた。
日本でポテトチップスと呼んでいるものだが、アイルランドではクリスプスという。
なかでもTAYTO(テイトー)というクリスプスは1954年の発売というから60年以上の歴史がある。
たしかに美味しい。しかし日本では見たことがないお菓子だ。

ジャガイモはよく知られているように、原産地は南アメリカのチリ。コロンブスがアメリカ大陸を「発見」してから、スペイン人たちが南アメリカに上陸し、ジャガイモのことを知ったのが1570年ごろ。ヨーロッパに伝わったが食用としての栽培はなかなか広がらなかった。しかしアイルランドでは1700年代前半にはジャガイモを植えて食用にしていたそうだ。大麦や小麦などの穀物は税金としてほとんど取られてしまったが、ジャガイモは税金で取られることはなく、収穫したものは自分たちで消費することができた。ここからアイルランド人とジャガイモの長い付き合いが始まる。
山下直子さんのお話によると、現在のアイルランドでは8種類ぐらいのジャガイモが売られているそうだ(全世界では4000種というからおどろく)。特にルースターという赤いじゃがいもはホクホク系で人気があるそうだ。

上の写真は松本侑子先生の「赤毛のアンの幸せになる言葉(主婦と生活社)」から。
アイルランドでもこのような風景がみられるのだろう。
ジャガイモは花が咲く。
当たり前のようだが「えっ?」という人も多い。なぜなら「じゃがいもの種をまきました」という言葉を聞かないからだ。かわりに「種芋を植えた」という。そう、小学校の理科で、ジャガイモ地下茎で増え、さつまいもは根っこで増えると習ったことを覚えている。
ジャガイモ畑には種をまくのではなく、種芋を植えているのだ。

「赤毛のアン」のマシューとマリラはスコットランド系の移民で、ケルト的な文化を背景に持っている。そのことは「赤毛のアン」を翻訳されている松本侑子先生がよくおっしゃっている。
ここではジャガイモのことに焦点を当てると、赤毛のアンシリーズ第3巻「アンの愛情」にはこんな場面がある。

「・・・お手間じゃなきゃ、手を貸して、ジャムを配膳室にしまっとくれ。今夜中に、急いで芋を片づけちまうんでね。お嬢さんがたは、こんな仕事はしたことはあるまいね。手が荒れるんで、嫌なんだろ」
「畑を貸しに出すまでは、私もよく種芋を切りました」アンはほほえんだ。
「私なんか、今でもしてるわ」ダイアナが笑った。「先週は3日も」それから茶目っ気たっぷりにつけたした。「そのあとは、毎晩、両手にレモンジュースをぬって、子山羊革のてぶくろをはめるのよ」
(文春文庫「アンの愛情」モンコメリ作、松本侑子訳 P134〜P135)

「赤毛のアン」というと、お茶会や劇や朗読などで楽しんでいる女の子たちのはなし、と思っていたら大間違い。農村で働く女性の姿が上のようにしっかりと描かれている。アイルランドの女性たちも、アンやダイアナのように種芋を何日もかけて切っているのだろう。

上の写真は私の家の近くにある畑で撮った写真。ジャガイモの花だ。この写真はピンクの花だが白い花も咲いていた。
大阪でもジャガイモの花は咲く。しかし松本侑子先生の写したプリンスエドワード島のように一面に咲く、ということはない。

左の本は私がジャガイモとの花と実について興味を持つきっかけとなった本。
私のブログでも以前紹介した。
この本のねらいは小学生たちに「花と実によって植物は広がっていった」という基本に気づかせるために書かれている。
ジャガイモも花が咲き、実がなり、種ができる。その種からジャガイモを育てることができる、という事実に着目している。
山下直子さんのお話に「ジャガイモは全世界で8000種ある」というのも、ジャガイモの種から育てて、品種改良をしてきたから、8000もの多種多様なジャガイモができたという歴史があるからだと思う。
新しい品種を作るには種がいる。いったん新しい品種ができると、あとは種芋で増やすことができる。種芋だからクローンのようなもので、同じ性質を受け継いでいる。だから病気になると、全体にひろがってしまう。それがアイルランドのジャガイモ飢饉の原因の一つだろうと言われている。
山下直子さんのお話では、今はアイルランドでは8種類のじゃがいもをお店で見ることができるそうだ。多様な品種があれば、一つが病気になってもあとは大丈夫というわけだ。これもジャガイモ大飢饉で学んだことの一つだと思う。
 ヨーロッパでジャガイモが広がるのに時間がかかったように、日本もそうだった。「ジャイもの花と実」の本にも説明がある。日本にジャガイモが入ってきたのは、豊臣秀吉が死んだ年、1589年のことだと言われている。しかし日本でもジャガイモを食べ物と考えなかったようで、1783年の大飢饉のときに栽培がひろがってきたそうだ。しかし本当に日本で広く栽培されるようになったのは明治時代になってからだそうだ。アメリカやヨーロッパから新しいじゃがいもの品種が入ってきて、その作り方が知られるようになってはじめてたくさん作られるようになったという。たとえば北海道の男爵いもは、川田龍吉男爵によって広がったと、山下直子さんのお話にあった。男爵いもは「アイリッシュ・コプラー」いう品種だそうで、ここでもアイルランドとのつながりがあった。

アイルランドでいただいた食事はどれもおいしかった。
肉も、魚も、野菜も、デザートも。
左はランチでいただいた煮込み料理。シチューといっていいのだろう。
ジャガイモのスープや、マッシュポテトのサラダなど、ジャガイモ料理もふんだんにあった。
山下直子さんのお話では、アイルランドでは料理に合わせてジャガイモの種類も変えるそうだ。日本人がお米はコシヒカリやササニシキなど、お米そのものの味を楽しむように、アイルランドの人はジャガイモの味の違いがわかるのだろう。
時間を見つけて、アイルランドの料理を作ってみたいものだ。

 

 

 

タルト・タタン

タルト・タタン 栗原はるみさんのレシピで作る。

NHKの朝の連続ドラマ「エール」で、タルトタタンが登場した。
ドラマで、「タルトタタンというお菓子は失敗からスタートして、現在の有名なお菓子になった」という話があったので、早速調べてみることにした。

するとこの日からしばらくの間、「タルトタタン」に関わる記事がたくさんアップされていた。みんなこの朝ドラを見ているんだ、と感心した。

私も作ってみることにした。レシピはネットにあった栗原はるみさんのものを参考にした。

【材料】(15cmのパイ型)
・りんご(紅玉)  3個(600g)
・バター  25g
・砂糖  120g
・ラム酒  大さじ1
・シナモンパウダー  小さじ1~2
・パイシート(冷凍)  1枚

栗原さんのレシピではりんご(紅玉)3個、となっているが、今はリンゴは高い。また紅玉という種類のリンゴは私の周りのお店にはなかなか出回ってこない。今回は「ふじ」2個で作ることにした。したがってレシピは三分の二で計算することにした。

1.りんごの皮をむき芯を取り4つ割にする。
2.鍋にバターを溶かしてりんごを入れ、砂糖を少しずつ加える。

レシピではリンゴを4つに切っているが、私はさらに2等分して、リンゴ1個を8に切り分けた。リンゴ2個だから16個のリンゴに分けたことになる。

3.砂糖が溶けて水分が出てきたら、クッキングペーパーで落としブタをして  弱火で10分煮る。
4.シナモンパウダーとラム酒を加えて、また落し蓋をし、さらに15分煮る。 

ネットで見たレシピにはシナモンパウダーやラム酒の分量はのっていなかったので、ここは自分流 ー 適当に入れた。

5.最後に火を強めて1~2分煮る。
キャラメルソース色になり木べらで混ぜると  底が見え、飴状のとろみがついたら火を止める。  (※絶えず鍋を揺すって、こげ付きに注意!)

落し蓋をして弱火で10分、シナモンパウダーとラム酒を入れてさらに15分、かなり時間をかけている。リンゴにたっぷり味を染み込ませているのだろう。

6.型にりんごの皮が付いていた側を下にして並べ、隙間を埋めるようにりんごを重ね、残った煮汁を注ぐ。

私は12センチぐらいの容器を使った。
リンゴを並べて入れる前に、金属の容器の内側にバター(マーガリン)などを塗っておいた。焦げて底にへばりつくことの防止策だ。

7.6にパイシートをかぶせ、シートの周囲は容器の内側に沿って、軽くはさみこむ。

パイシートは市販のものでいいと思うが、私はこのタルトタタンを作る前にアップルパイを作っていたので、その時のパイ生地を使った。この生地は天然酵母で作ったもので、その作り方はまた次の機会に紹介したい。

8.250℃のオーブンで15分くらい焼く。

9.少し冷めたら、ひっくり返して出来上がり。

250度というのが私の予想を遥かに超えろ温度設定なので、どうしょうかなあと少し悩んだ。しかしここはレシピ通りに250度15分でやってみることにした。
が、やはり10分もしないうちにパイ生地が黒く焼けてきた。このままでは真っ黒になると予想して、アルミホイルでパイ生地の表を包んだ。アルミホイルで表を包み込んだ形で15分オーブンで焼いた。
おもては上の写真のような焼き上がりになった。

常温まで冷ましたあと、ラップに包んで冷蔵庫に一晩入れておいた。
レシピでは「少し冷めたら、ひっくり返して」と書いてあるが、私は冷蔵庫で冷やすことにした。一晩というのは約半日、12時間ぐらいと私は解釈している。
半日冷やすと、逆さにしても生地が落ちてこない。
底が外れる容器だったら便利かもしれない。
私はフキンを熱湯であたため、軽く絞って金属容器の底を温めた。
するとすぐに生地が型からはずれた。

なかなかおいしそうではないか。
リンゴに含まれたジュースが溢れ出してくる感じ。
適当にラム酒とシナモンパウダーを入れただけなのに、エールの環さんが食べているような雰囲気のタルトに仕上がった。
タルトタタンという名前の由来は、
19世紀フランスにある「タタン」という名のホテルが発祥地らしい。
アップルパイを作っていたステファニーは、仕事が忙しかったので、リンゴと砂糖を炒めすぎてしまい、焦げたようになった。失敗をごまかそうと、ステファニーは炒めたリンゴの入ったフライパンの上にタルト生地をのせ、フライパンごとオーブンに入れた。焼けた頃にフライパンを出してひっくり返すと、パイ生地が下になり、そのうえに焼けたりんごがのっている、これまでにない美味しいデザートが出来上がっていたということらしい。

今回もリンゴに念入りに火を通している。それもこのタルトタタンの歴史から来ているのかもしれない。
思いの外手軽に、といっても一晩冷蔵庫に寝かしているが、テレビに出た有名なタルトが出来上がって楽しかった。紅玉で作るともっと美味しくて、しっかりした形になるのかもしれない。しかし「ふじ」でも十分だ。これも栗原さんのレシピがいいからかもしれない。

 

 

 

プラネタリウム再開

大阪肥後橋にある「大阪市科学館」のプラネタリウムが再開した。
科学館の展示階はまだ開いていないが、プラネタリウムだけが上映を開始した。
さっそくネットで予約をして行くことにした。
プラネタリウムは平常時は定員300人だが、現在は一回の上映に60人のみの参観である。
上の写真の座席に白い紙が貼ってあるところには座ることができない。
座席は2つ開けて座り、一列とばしで座るようになっている。
三密を避けることが徹底されている。

私の見たプログラムは「はやぶさ2」をテーマにしたもの。 ホームページの解説には、次のように紹介されている。

小惑星探査機「はやぶさ2」は、小惑星「リュウグウ」の探査を行いました。「リュウグウ」へ着陸し、その岩石を地球へ持ち帰ることが、「はやぶさ2」の任務です。それは、太陽系や地球の歴史を知るための大切な手がかりになります。しかし、その任務を達成することは、簡単なことではありませんでした。「リュウグウ」への2回の着陸をはじめ、困難な探査活動を果たした「はやぶさ2」の活躍をリアルなCGで解説します。 ◇

HAYABUSA2のリュウグウへのタッチダウンがリアルにCGで表現されている。
私はネットの生中継でタッチダウンに取り組む相模原の管制室の様子を見ていた。
リュウグウでこんなふうにHAYABUSA2は自力で飛行していたのかと感慨も新たに見ることができた。タッチダウン後に巻き上がった岩の粒子や破片がHAYABUSA2の本体に傷つけていたとは知らなかった。
科学館のプラネタリウムのホームページには、動画で紹介されている。

https://www.sci-museum.jp/planetarium/program/general/

地球に向けてイオンエンジンを吹かしているHAYABUSA2。地球到着は11月頃か。
新型コロナウイルスで不安な気分が蔓延している地球に、明るい希望を運んでくれるような気がする。

今回は2回連続してチケットの申込みをしていた。
午後4時からの最終映像が「学芸員スペシャル」。5月31日までの土曜と日曜日に投影されている。開始まで少し時間があったので喫茶室でコーヒーを飲む。
そこには上の写真のような「ファイトイッパーツ 小惑星探査機「はやぶさ2」」の垂れ幕が飾られていた。沢山の人の応援メッセージがのせられていた。

なんとプラネタリウムで「はやぶさ2」を見た人には、リポビタンDのサービスがあった。いろんな人や企業が応援しているのだなあと感心する。

学芸員スペシャルのプログラムは「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」
初号機はやぶさの小惑星イトカワへのタッチダウン、九死に一生を得て地球に帰ってきた感動のドラマをCGにしたもの。
以前にここでみたものだが、あらためて見るとまた感慨深い。10年前、オーストラリア上空を地上に向かって飛ぶカプセルと、炎になって流星のように飛び続けるはやぶさ本体の姿をテレビで見た時の感動が蘇ってきた。私はそのカプセルが見たくってJAXAで公開されている時に神奈川県まででかけた。駅からタクシーで行ったがもう満員の列だった。川口先生のお話も会場では聞けず、廊下で聞いた。今回見た映像は、前回見た映像にカプセル帰還後のことが追加されていた。JAXA前の長蛇の列、川口先生の嬉しそうな顔。はやぶさ2のカプセルが戻ってきたらJAXAに行こうと思う。初号機の苦難を乗り越えた活躍と、今地球に戻ってきているHAYABUSA2の素晴らしい成果を上げての帰還を続けて大きなスクリーンで見るというのは、なかなかのプログロムだと思う。HAYABUSAファンの人達にはたまらないプレゼントだろう。

プラネタリウム上映中もマスク着用

フランス製のいすに座って、はやぶさを姿を見ていた時、マスク着用も少し暑くなってきたのであごの下にやっていると、係の人がやってきてマスクを付けるようにと身振りで注意された。こんな暗いのによくわかるなあとびっくり。
科学館はプラネタリウム再開に向けて、念入りな対応をしている。
見学者は大阪府内の人に限る、体温のチェック、同伴者や連絡先を記入するシート、マスクの着用となっている。
緊急事態宣言が解除され、少しゆるくなっている私の意識を厳しく注意された感じだ。
再開するためには、科学館のスタッフ、係の人たちは何重にもチェックされているのだろう。フェイスマスクの係の人もいた。ここでコロナウイルスが発症したら大変なことになるからだ。緊張感がよみがえるおもいだった。

プラネタリウム上映が終わったあとの科学館。60人の人達の姿はない。
各階にある展示場にはまだ入れない。入口前は人の姿もまばらだ。
プラネタリウムが再開になったことはとてもうれしい。早く子どもたちや、科学好きの人たちが集まる科学館にもどってほしいものだ。
そのためにも、私達自身の気の緩みに気をつけよう。