桂米左独演会 2018

久々の雨模様。
ここは繁昌亭。久々の桂米左さんの独演会。

雨が降っているのに、傘をさした人が次々に繁昌亭に入っていく。 満席のようだ。

米左さんの独演会に来るのは3回目。
米左さんは大阪市出身の落語家。ウィキペディアによると大阪市立豊崎中学校、都島工業高校出身だとか。
生粋の大阪人、浪速っ子だ。高校を卒業して桂米朝さんに入門したそうだ。

入り口でもらったパンフレットに米左さんの「ごあいさつ」がある。

「・・・独演会は三席するというのが米朝一門の形です。師匠米朝が長年この形でやっておりましたので弟子も独演会は三席というのを踏襲しております。
 ですが昔は独演会というと本当に独演で、助演も入れず一人で五席、六席とやっていたそうです。・・・けどはっきりと言います。一晩で五席、六席・・・ようしません、また迷惑かと思います。
 自身が三席で助演に空気を変えてもらうというのが一番いい形ではないかなと思います。
 今日は「天王寺詣り」「質屋蔵」「軒付け」の三席でお付き合いを願います。助演で空気を変えてもらうのが、米左が最も信頼している後輩、大名跡襲名後進境著しい桂文三さん、露払いは米團治門下の慶次朗さん。この夏には名前の通り慶事があるそうです。本日のご来場感謝でございます。最後までごゆっくりお楽しみください。」

「開口一番」の桂慶次朗さんの師匠は桂米團治さんで、桂米朝さんの息子。かつての小米朝さん。2008年に五代目桂米團治を襲名している。

 慶次朗さんの噺は「桃太郎」。
子どもを寝かしつけるためにお父さんが桃太郎の話しをしてやる。
子どもは話が終わっても目を大きく開いていて,一向に眠る気配がない。そして「おとうさん、桃太郎という話は世界中で一番良く出来た話なんだ」と言う。お父さんがえっ?という顔をすると、
「そもそも昔むかしあるところにという出だしは、日本どこでも通じるようになっていて、これは普遍的なんだ・・・」と、とうとうと桃太郎の道徳的な意義を説明するという話。

この話は私が子どもの時にラジオで聞いたことを覚えている。話を聞いて「へーっ、そんな意味があるのか・・・」と、子ども心に感心したことを思い出す。

天王寺詣り

この噺は笑福亭一門のお家芸の一つだそうで、米左さんも「うちの一門の噺ではありませんが……」というようなことを言っていた。
 大阪生まれの人、四天王寺さんを知っている人、四天王寺にお参りしたことがある人には「うん、うん。そう、そう」と頷きながら聞いてしまう話だ。
四天王寺の名所旧跡のガイドのような話がいっぱいで、知っている人にはたまらないと思うが、時代もかわり、「のぞきからくり」も今はない。私も遠い昔に一度だけ見たようなおぼろげな記憶があるだけ。

私はこの噺のサゲ・おちがよくわからなかった。
妻に聞いてみると、さっとネットで調べてくれた。その内容を私の理解でまとめてみる。
・ 噺の展開は、死んだ犬の供養のためについた「引導鐘(いんどうがね)」の場面。そのときに「ああ、無下性(無礙性、むげっしょう)にはどつけんもんでんなあ」と言って終わる。

・ 無下性(無礙性)というのは、仏教用語で「手加減しない、思い切り」という意味らしい。私はこういう言葉があることは知らなかった。
この噺の前半に、犬が近所の子どもに棒で叩かれて死んでしまうところがある。ここで『無礙性にはどつけんもんでんなあ』という説明がある。ここにつながることがわかった。

 私にはへぇー?というサゲだが、多くの人が笑っていた。無礙性という言葉を知っている人なんだなあと思う。
 落語はある意味タイムマシンの役割がある。昔の大阪の生活や言葉を教えてくれる。でも私にも何か説明がないとわからない噺があるのだなあと、思った次第。

お楽しみ

桂文三(かつらぶんざ)さんの「お楽しみ」は「動物園」として知られている噺。

ところで「桂文三」という名跡があることは知らなかった。調べてみると90年絶えていた由緒あるものらしい。五代目桂文三さんは五代目桂文枝さんのお弟子さんで、「桂つく枝」だった人。2009年に「桂文三」を襲名しているそうだ。
「ごあいさつ」に「最も信頼している後輩」とあるから、よほど仲が良いのだろう。

この「動物園」は、移動動物園で虎の皮をかぶってのアルバイトをする怠け者の噺。これもラジオで聞いて笑ったことを思い出す。ラジオは耳から聞いてその場面を想像するのだが、舞台で噺家さんが身振り手振りでその状況を説明するのを見るのも、また楽しかった。この噺はどこまでアドリブが許されるのだろう?と思うほど、自由奔放な芸だった。
最後の場面。サゲのところで「心配せんでもええ、園長の長谷川や」というところの長谷川は、文三さんの師匠の五代目桂文枝さんの本名から来ている。これも師匠あっての話だなあと、あとから笑ってしまう。

質屋蔵 軒付け

どちらも米左さんの話芸の真骨頂発揮の演目だった。はぎれのよい、滑舌の良さが噺の展開を面白くし、ぐいぐいの噺に引き込んでくれた。

「質屋蔵」では、「繻子の帯」が質屋への怨念につながっているところまでの展開が面白かった。六円の帯代のために苦労するおかみさん、そして苦労の挙句に病に倒れる。おかみさんの実家に舞い戻った妹が、病に倒れたおかみさんの看病をしてくれる。その妹へ形見にしたかった繻子の帯は質屋に入れたまま、そして「思えば恨めしいあの質屋」。ああここで質屋への怨念につながるのかと大きく頷いてしまう。
熊五郎のわびを入れる話、蔵の見張りでドタバタした出来事、そして帯と羽織の相撲と展開がおもしろい。最後に菅原道真の登場。太宰府へ流されたことと、質流れにかけたさげでおわる。

「軒付け」は江戸時代に大阪ではやったという浄瑠璃をテーマにしたもの。
軒付けというのは、浄瑠璃の練習を兼ねて家の前で語ることだそうだ。上手に語れば相応のもてなしがあるが、下手なら追い返される。
 ここで米左さんの邦楽囃子望月流名取の声がさえる。浄瑠璃の節回しが会場に広がるわけだ。大阪の伝統芸能の、いや日本の伝統芸能の文楽の世界が垣間見える。落語がさまざまな芸能を吸収していることがよくわかる。
 初めて聞く演目なのでどんな落ちがあるのかなあと思っていた。
おばあさんが「じょうずだね」というと、「適当なことを言うな」と怒る軒付けの仲間。おばあさんが言う。「食べている味噌の味がかわらない」と返事で終了。
 なるほど、下手な浄瑠璃は「味噌がくさる」という、前段のフリがここできいてくるわけだ。

独演会の翌日、図書館で左のような本を見つけた。

この本によると日本全国にいる落語家の数は約820人あまり。
江戸時代には落語家は200人を超えるぐらいだというから、800人というのはびっくりの数だ。

東京に約550人、関西に約270人と言われている。
女性の落語家も増えてきているそうだ。

落語の稽古は口伝で、台本のようなものはない。師匠や兄弟子から教わるが、ネタによっては別門の師匠のところに行き、習うこともあるそうだ。今回の独演会の「天王寺詣り」などがそうなのだろう。
お願いに行けば時間を作って教えてくれるそうだ。しかも無料で。それは自分たちもそうやって落語を教わってきたからだと言う。
20分、30分の噺、人情噺となると1時間にも及ぶ話もある。そういった噺を徹底的に暗記をし、振りを付け、話芸を磨くのにどれほどの時間をかけたのだろうと思う。慶次朗さん、文三さん、米左さん、客席を笑いに包み込む話芸の裏には、果てしない努力があるに違いない、とあらためて思った。

 

 

 

 

スーパー歌舞伎 ワンピース

ここは松竹座、今話題になっているスーパー歌舞伎「ワンピース」を見に行った。

11時からの公演に行ったが、ウィークデーなのに行列ができていた。
4月1日から25日までの公演だが、1階のS席はチケット販売が始まって数分でソールド・アウトといううわさが飛び交っているぐらいの大人気だ。
この日のお客さんの層も、普段の歌舞伎と違って多様な年代、服装も着物もカラフルな洋服もあり、スーパー歌舞伎の幅の広さを感じさせるものだった。

猿之助さんが舞台で骨折したことで話題になった。 大阪では4バターンでの公演。 A ルフィ・ハンコック 市川猿之助。イワンコフ 浅野和之。
  サディちゃん・マルコ 尾上右近。シャンクス 平岳大
B ルフィ・ハンコック 市川猿之助。イワンコフ 下村青。
  サディちゃん・マルコ 尾上右近。シャンクス 平岳大
C ルフィ・ハンコック 尾上右近。イワンコフ 下村青。
  サディちゃん 坂東新悟。マルコ 中村隼人。シャンクス 市川猿之助。
D ルフィ・ハンコック 尾上右近。イワンコフ 浅野和之。
  サディちゃん 坂東新悟。マルコ 中村隼人。シャンクス 市川猿之助。

私が見たのはDの配役。ルフィは尾上右近さんだった。

公演が始まる前の舞台。ルフィのフィギアが両手を上げてたっている。あちこちで携帯で写真を取っている。公演中の写真撮影は禁止だが、幕間はオーケーのようだ。

ワンピースのあらすじを紹介する必要はないだろう。漫画は全世界といっていいほどの大人気になったし、映画にもなった。

家に帰って夕刊を見ると、ちょうどこの「スーパー歌舞伎 ワンピース」の舞台評論がのっていた
(朝日新聞夕刊)

この評は、3日の夜の部を見てのものだが、おおいに参考になる。3日の夜というと、配役はAの構成になる。
ルフィを演ずるのは猿之助さんだ。

猿之助さんは舞台番付にこのように書いている。
「・・・・最後に、この曲(ゆずの歌うTETOTEのこと)の『開けない夜など絶対にありはしない』という歌詞に励まされ、仲間たちに支えられ、今日という日を迎えることができました。本当にありがとうございます。今の僕には、ルフィの気持ちが痛いほどわかります。なので、心から叫びたいと思います。
『仲間がいるよ!!!!!』
今回も更なる進化と深化を目指し、様々な仕掛けを散りばめています。どうぞ最後までお楽しみください。」

幕間の舞台に流れるタンバリンの宣伝。なんだこれは?
劇場内にも左のようなポスターがはってある。
「Far Far Time で盛り上がろう!
スーパータンバリン」と書いてある。

その部分の新聞記事を引用すると、

「エースが海軍本部へ移されたため、ジンベエ(市川猿弥)とルフィは後を追う。ルフィはサーフボードに乗って海へ。ここで宙乗りになる。ゆずの歌う主題歌「TETOTE」が流れ、光が交錯すると、観客は総立ちになって大歓声。巨大なクジラが中を浮遊し、劇場全体が大祝祭空間に。盛り上げる猿之助の役者ぶりがひかる。」

サーフボードに乗って花道に出る右近さん。ジンベイがひもを持っているので、このままずるずると花道を引っ張っていくのかなあ、それも愛嬌かなあ、と思っていたところが、ここから宙乗りになったのだ。松竹座の4階の高さまで上がっていく。しかもスケートボードに乗っている仕草をしながら。バックにはゆずの歌声。
ここでスーパータンバリンが活躍する。会場の様々方向からタンバリンのたたく音が響く。見ているお客さんもスタンディング。
歌舞伎というよりもオペラのステージみたい。
巨大なクジラが劇場の空間をゆうゆうと漂い始めると、ここはどこだ?
時代はいつだ? 過去か未来か現在か? ワンピースの世界にはまりこんでしまう。

ゆずの北川さんは番付にこう書いている。
「・・・初演では、主題歌『TETOTE』が流れる二幕後半、ルフィの宙乗りのシーンで『Far』のコーラスに合わせてお客さんが総立ちになり、とても感動したのを覚えています。お客さんと『ワンピース』が『TETOTE』で繋がったと感じた瞬間でした。・・・今回はゆずとして、僕ら自身がその曲を歌わせていただきます。・・・あの感動を思い描きながら、心をこめて歌いました。・・・後略・・・」

2幕と3幕の間に「To be continued 」の文字。その後ろにいるのが巨大クジラ。
このクジラが客席に漂ってくると、その大きなこと。

宙乗り、早変わり、大量の水を使ったアクション、スーパー歌舞伎の醍醐味がふんだんに散りばめられている。練習も大変だったろうなあ、しかも40回の公演。その体力にも感心する。

番付には主役以外の人達約70人の名前。そしてその人達の写真が7ベージ。
スーパー歌舞伎「ワンピース」が、猿之助さんや右近さんのようなスーパースターだけでなく、様々な役者さんたち、多くの仕事で支えている人たちの活躍があってこそ成立している、そのことがわかるような番付のつくりになっている。

私が「歌舞伎だなあ」と感じたのは、市川右團次さんの演技。
その台詞回しは目をつぶっていると歌舞伎の舞台そのもの。
声の調子、言い回し、そして私のいる2階にまではっきりと聞き取れる滑舌の良さ。これがあってこそ「スーパー歌舞伎」だと思った。

番付に市川右團次さんは書いている。
「新たなものを取り入れつつも根幹である歌舞伎の部分がなければスーパー歌舞伎にはなりません。そして白ひげは『ワンピース』のさまざまなキャラクターの中でも、最も歌舞伎的な部分を担っている役だと思います。歌舞伎をよくご存知の方には申し上げるまでもありませんが、白ひげの鎧や籠手、脛当ては古典の『義経千本桜』の『大物浦』で平知盛が身につけているものです。歴代の先輩方がお召になり受け継がれてきたものですから、ちょっと袖を通しただけでも手に白粉がつきます。・・・・略・・・・。」

歌舞伎の古典と未来を繋いでいる姿を体現したものだといえる。

普段の歌舞伎には珍しいフィナーレで終わる。
役者さんたちの楽しそうな顔。手話でお礼を言っている人もいる。ポーズを決めている人も、それぞれが「今度はこんなことをしよう」「次はこんな形で喜びを表そう」などと考えているに違いない。役者さんの気持ちが伝わってくるようなフィナーレだった。

ふと思ったことがある。「正義」と書いたマントを羽織っていた海軍の士官たちの姿は、権力者が云うことが正義なんだ、と今の時代を風刺するようにも思えた。こんな時代こそ「スーパー歌舞伎ワンピース」の意味があると思う。

舞台を見終わったお客さんの多くは笑顔だ。公演が終わって外に出ると、道頓堀の風景はちょっと明るいように見える。
松竹座の「ワンピース」の看板の写真を撮っている西洋人らしい人も多い。
4月1日〜25日までの40回の公演。松竹座の収容数は約1000人。
かんたんに計算してみても4万人の人がこの「ワンピース」を見るのだと思うと
4万人の人たちの笑顔が想像できる。笑顔が自然に浮かんでくる世界へ、新しい宝物をさがす旅、未来を信じる勇気を考えさせるエンターテイメントがこの「スーパー歌舞伎 ワンピース」だと思った。

 

 

 

淀工第46回グリーンコンサート

第46グリーンコンサートがフェスティバルホールで開かれたので行ってきた。
(上の写真はフェスティバルホールのホワイエにあった、部員製作のパネル)

1週間ほど前に大フィルの新春名曲コンサートに来ていたので、今月に入って2回めのフェスティバルホール。この日は、高校生や中学生、またその保護者らしい人でいっぱい。会場の雰囲気がまた違っていた。

プログラムは以下の通り

  オープニング(翼をください)
  カーペンターズフォーエバー
  大阪俗謡による幻想曲
  ザ・ボレロ(OBの演奏)
  フレッシュコーナー
        休憩
  Introduction to Soul Symphony
       アルメニアンダンス・パート1
  故郷(ふるさと)
  歌劇「アイーダ」より凱旋行進曲
  ザ・ヒットパレード  

オープニングは恒例になったかのように「翼をください」。壇上での女子部員の手話とホール1階席の一番後ろにならんだ合唱のメンバーの美しいハーモニーが聞こえてくる。受付でもらったパンフレットには、
「グリーンコンサートは希望に満ちた新年の演奏会ですが、1年間の総括でもあります。この一年、悩みや苦しみを抱えながらみんなで一緒に考え話し合って、結果として”前向きに行動する”選択をしました。そんな思いを込めて、本日はこの曲で幕を明けたいと思います。」とあった。久々に見る「総括」という文字。確かに高校生活の総括の場となるのだろう、3年生のとってこのグリーンコンサートは。

多感な高校生時代、前向きな選択をし、翼を求める高校生たちの思いは純粋だ。

今回の座席は前から7列目だった。
「あれ? 椅子の7という番号が2列目の椅子に表示されている」
何かまちがったかな? と思ってドア付近にいたスタッフの人に聞いた。
「舞台を拡張するために、座席を前から5列をつぶして舞台にしているのです。」
へえーっ、舞台が拡張できるんだ、フェスティバルホールは。とびっくり。
拡張用の舞台設備のオプションがあるのかもしれない。椅子の部分に上からかぶせているのだろうか?と興味を持ちつつ、そんなにも大勢の楽団員が並ぶのか? とも思う。

その答えがOBの演奏による「ザ・ボレロ」だった。その拡大された舞台狭しと楽団員が並ぶ。それは圧巻としか言いようがない。
私は詳しくはないが、ザ・ボレロは最初の出だしが普段聞いているボレロと違っているように思えた。多分吹奏楽用に編曲されているのだろう。しかし音圧を感じるような迫力ある演奏だった。

(下の写真はパンフレットの裏表紙より。)

会場はほぼ満員。インフルエンザが流行っていて部員の中にも休んでいる子どもたちがいると丸谷先生の話にあった。幾つかの空席は、会場のチケットを買ったが風邪を引いて来られない人なのかもしれない。

フレッシュコーナーは1年生の楽器紹介を兼ねながらの丸谷先生とのおしゃべりがおもしろい。曲目当てで以前に妻があててタオルを貰ったことがあったので、今回も、と期待したが、だんだんと知らない新しい曲が出てくるので時代?を感じる。「古時計」とか「川の流れのように」などの曲になると俄然会場が賑やかになる。

曲をあてた高校生に丸谷先生が「どこの学校?」と聞く。
「鶴見橋中学校です」
「ああ、うちのコンサートマスターの」と丸谷先生。
大阪市立鶴見橋中学校のブラスバンド部は、大阪市内でも有名なブラスバンド部として活躍していたことを私は覚えている。

1年生のアンケートの中に「将来なりたい職業は」という欄があるらしく、いくつか丸谷先生が紹介していた。「新幹線に関係する仕事」「飛行機に関係する仕事」があり、女生徒が「自動車のエンジンの設計」と答えていたのにびっくりした。
そうか、ここは工科高校(昔で言う工業高校)なのだ。この子達の未来は、私が思っている以上に広いのだ、とあらためて思う。

しばしの休憩時間。 ホワイエでケーキセットなどを楽しむ。
ビールを飲んでいる年配のカップルがいたり、アットホームな感じが漂っている。

2部がはじまる。
「アルメニアンダンス・パート1」は淀工の演奏で何回か聞いている。初めて聞いたのは大阪城ホールでの演奏だった。
最初は「何かわかりにくいなあ」と思っていたが、聞く回数が増えてくると「何かおもしろいぞ」と興味が湧いてきて、最初は長い曲だなあと思っていたのが、今回は「あれ、もう終わりか」と思った。パンフレットに
「この曲を毎回取り上げるのは、丸谷先生が提唱している『アルメニアンダンスを吹奏楽の第九に!』という思いと、私たちの強い希望からです。いつの日か『一般の方々にも愛される吹奏楽曲』として、親しんでいただけるように祈って、いついとまでも伝えていきたいとおもいます。」
と書いてあった。演奏する人たちの思いが伝わるとはこのことだな、と思った。

左の写真が「アイーダトラッペット」。演奏のファンファーレ用に使われるトランペットだ。(写真はインターネットより)

東京オリンピックの時のファンファーレが私にはとても印象深く残っているが、あの時もこのようなトランペットを使っていたのだろうか。
東京オリンピックがはじまってしばらくして、ブラスバンド部の友人がトランペットでオリンピックファンファーレを吹いていた。
「楽譜があるの?」と聞くと、
「テレビで見て、指の動かし方を覚えた」と言っていたことを今でも覚えている。
ファンファーレは誰もの心をときめかすものだ。

パンフレットの説明には、
「1813年にイタリアで生まれたヴェルディが作曲したオペラです。古いエジプトを舞台にした、二つの国に引き裂かれて男女ラダメスとアイーダの恋を描いたものです。私たちの演奏する場面は、アイーダの国を倒したラダメスが自分の心とは裏腹に、母国の人に讃えられながら戻ってくるところです。
 このオペラの初演は1881年で147年も経っていますが、”アイーダ・トランペット”の奏でるメロディーはサッカーの日本代表の応援歌としてよく知られていますね。・・・略・・・21日(日)昼の公演に岡山学芸館高等学校と三重県・皇學館高等学校のみなさんに賛助出演していただきます。」
とあった。
私たちは観客席で演奏するその二つの高校とOBの演奏に囲まれながら、舞台での淀工のブラスバンド部の演奏を聞くことになった。
演奏後には大きな拍手が巻き起こった。舞台袖でアイーダ・トランペットを演奏した6人の部員は演奏の最初から最後まで姿勢を崩さず、その音色も素晴らしく、だれもが賞賛の拍手をおくった(とおもう)。

「山の頂上は、人にその道の険しかったことを忘れさせます。
 その最後のステージに立って、君たちは何を感じているのでしょうか。
 いろんな苦しかったことは、今は懐かしい思い出ですね。  
・・・・・君たちの前途に幸多からんことを祈ります。」 

最後のステージにたつ3年生が歌う「乾杯」。
毎年恒例の場面だが、いつ見ても感動的だ。
とりわけ今年は最前列といっていいほどの前の席だったので、こちらが恥ずかしくなるぐらいに高校生の部員たちの表情がわかる。
紅潮した頬、まっすぐに伸ばした指先、遙か遠くを見るかのような眼差し、この瞬間にしたできない表情が私たちの胸を打つ。

最後の演奏は行進曲「ウェリントン将軍」。
丸谷先生はいつものように言う。
「ありがとうございました。お急ぎ方はこの曲に合わせてご退席ください・・・」
もちろんだれも退席しない。頑張って演奏している淀工のブラスバンドを最後まで聞きたいから。
この日は寒さの続く中にほっと生まれたかのような少し暖かい日だった。
身も心も暖かくなってフェスティバルホールを出た。