ベランダには秋の気配

img_4315

img_4316

二階のベランダに植えた、オクラに実がなった。

今年ベランダに植えたのは、オクラ、ニガウリ、バジル、そして藍。

写真は初めて植えたオクラ。
オクラがこんな風に実をつけるとは全く知らなかったので、ちょっと感激。
最近の小学校では、朝顔とオクラを鉢植えしていると聞いて、私もどちらも植えてみた。
成長の速さが全く違う。朝顔は8月くらいから花が咲きだしたが、オクラは今。9月も下旬だ。

img_4320

 

img_4307

img_4323

ニガウリは昨年初めて植えて、1本しか収穫できなかった。水やりが思うようにうまくいかず、酷暑といってよい暑さのためで失敗だった。
今年は水やりに注意をしたので、いくつか実がなってきている。

こうしてみると、花が咲いて、そこから実がなるのがよくわかる。右はオクラの花。お隣さんのオクラに花が咲いていたので写真をとらせてもらった。しかし自分の家のオクラの花が咲いたことには気がつかず、実がなっているのを発見したので、ちょっと花に注意をしてみていこう。

img_4311

img_4313

藍を植えて3回目。
ベランダの暑さをよく耐えている。プランターの一つは、もう花が咲き始めている。
今年は、種をまく時に、少しいい加減だったので、密集しすぎてしまった。何回か余分な芽を抜いていったが、もう少し余裕を持って植えればよかったと反省。
今年も、種を取ることと藍染の挑戦をしょうと思っている。

img_4305一番元気なのは、バジル。 バジルはこれまで失敗したことがない。食卓のハーブとして活躍している。 最近はパンにハーブの粉末を入れて発酵させると、風味がまして美味しいことを発見した。
今年はバジルの種を巻きすぎて、あまりにもたくさんの芽が出たので、ご近所に分けた。あげたハーブのほうが元気に育っているなあ、と思っていたら、ベランダのハーブは旅行中に大きく育っていた。

img_4302

これはコーヒーの木。

タネから育てようと種を手に入れて植えることを何回かしたが全て失敗。
この苗木はプラウの花屋さんで昨年見つけたもの。
一冬を越し、この春まで持ったので、鉢を少し大きめにした。
それでも大きくならないので、土ごと変えることにして夏の初めに植木鉢から土ごと取り出してみた。すると虫の幼虫がいたのでびっくりした。
植木鉢ごと取り替えると、この厳しい夏も乗り越えながら、新しい葉をだしてきた。
これかが楽しみ。

img_4322img_2954

我が家で取れたオクラのサラダと、ゴーヤチャンプル。

ゴーヤチャンプルは沖縄で買ってきたゴーヤチャンプルの素をつかった。
量は少ないけれど、自分の作った野菜で料理するのはまた楽しい。来年も、今年以上にベランダを活用して野菜を作ってみたいものだ。

img_4327

こちらは朝顔。
朝顔の方は、そろそろ終わりに近づいている。
今年の夏も大変暑かったので、水やりに気をつけたが、旅行で家を開けると、すっかりしおれていることがあった。
お隣の人も、気を使って水をまいてくれたこともあり、それは本当にありがたかった。

今週も30度を超える日があると天気予報では言っているが、秋が近づいているのはまちがいない。

 

 

 

藍を育てる(2015年版)

乾燥葉で木綿を染める

昨年植えた藍からとれた種を使って、今年も藍を育ててみた。

5月12日。発芽している様子(写真左)。
6月2日。苗も育ってきたので、植え替える(写真右)

IMG_6173

IMG_6639

IMG_6642

昨年取れた種を使っているので、まいた種は多いので、昨年よりもプランターを1つ増やしてみた。

種をまく時に、密集して撒いたせいか、苗も密集している。
4,5本をひとかたまりにして植え直したが、結果から見ると、プランターをふやして、ゆったりと間隔をとって植えたほうが良かったかもしれない。というのは、今年の夏が厳しかったせいか、生育が昨年よりも良くなかった。来年はもう少しゆったりと植えてみようと思う。
下の写真は9月22日。
花が出できたので葉を収穫することにする。
種を取る藍以外は、根本からバッサリとハサミで刈り込む。2,3日乾かして、葉を取り、乾燥葉にする。

IMG_8088

 

IMG_8094

取れた乾燥葉は、66グラムだった。思ったより少ない。 IMG_8521

今年は薬品を使い、木綿を染めることにする。 参考にした本がこれ。

IMG_20151009_0001

この本の例は、乾燥葉が100gとして説明されていたので、その量の60%に置き換えて作業をした。

用意するもの
・染めたい木綿のシャツ(今回は幼児用のシャツ3枚と大人用のシャツ2枚を染めてみた)
・藍の葉をこすための布(本ではさらしの袋をつかっているが、わたしは使いふるしのバスタオルを使った)
・藍の葉を煮るためのなべ(本ではホーロー鍋をつかっているが、そんな大きなホーロー鍋はないので、古くなった普通の鍋を使った)

IMG_8531

・染めるときに使うバケツ(普通使っているポリバケツを使った)
・温度計、菜箸、ぞうきんなど。
・ビニールの手袋(昨年は手袋なしで作業すると、染まった爪が元に戻るまで1ヶ月ほどかかった。手袋は必需品だと思う)
・炭酸ナトリウムとハイドロサルファイトナトリウム(左の写真)

最後の薬品はアマゾンで買った。近くのスギ薬局で聞いてみたが、なんと通販をすすめられた。

藍染の方法を本にそって紹介する。
本では藍の乾燥葉100gで藍染めがなされているが、私が取れた乾燥葉は66gだったので、実際の作業は6割の計算で行った。

1.乾燥葉100gを鍋に入れ、水2リットルを注ぎ、およそ10〜15分煮てから布でこし、煮汁をすてる。(1回めの煮汁は捨てるということ)

この煮汁は下水に捨てることができる。私は庭にまいた(自然のものだから大丈夫と思って)。
IMG_8526IMG_8527

2.1でこした葉に、もう一度水1.5リットル、炭酸ナトリウム15g、ハイドロサルファイトナトリウム15gを入れて、10〜15分煮る。匂いが強いので、換気扇は必ずまわす。本では外でやるほうがいいと書いてあった。
煮汁をこしてポリバケツにうつす。
この作業(煮汁を絞り、絞った葉に水と薬品を加えて煮るという作業)を3回くりかえし、こした煮汁をポリバケツにためる。
IMG_8529 IMG_8533 IMG_8536

IMG_8538

三回目になると、藍の葉の色が抜けてくることが分かる。 ポリバケツには表面が青い染液がたまってくるというわけだ。下の写真のように葉を煮ている時の色や絞った藍の葉の色が変化していることがわかる。

IMG_8544 IMG_8546 IMG_8549

こうして染色液ができる。 染めるときにはこの煮汁(染色液)を40〜45度くらいに温めなおして染める。
煮汁の色は、表面は青色をしているが、実は黄色をしているのだ。
空気に触れて藍色特有の青色のなることが、この作業でよくわかった。

染めるシャツは先に水で洗っておく。シャツに含まれているノリなどの成分を洗い流しておくというわけ。そのほうが染まりやすいと思ったのでそうした。

IMG_8556 IMG_8550 IMG_8552

IMG_8555

40度〜45度の煮汁に、シャツを静かに入れる。5分くらいそのままつけておく。
菜箸でかき回したり、取り出す時はビニールの手袋をして、直接藍の煮汁にふれないように注意した。
5分たったら取り出して広げて、空気に触れるさせる。空気に触れると黄色がどんどんと青くなっていくことに驚いてしまう。

IMG_8559 IMG_8558

IMG_8562 IMG_8563

私はこの作業を3回くりかえした。 煮汁につけては空気に触れて発色させていく回数をふやすほど、濃い青色になると本に書いてあったからだ。

3回染めたものをしっかりと水洗いし、かげぼしをした。
一晩ほしておくと、緑っぽかったシャツがみごとな藍色にそまっていたのにびっくりした。

IMG_8608

残っていた煮汁で、大人用のシャツを染めてみた。 このシャツは絞り染めをしてみたが、藍の乾燥葉の分量が少なかったせいか、染めは淡い藍色になった。でも絞り染めの効果でていることはわかった。 IMG_8602

残った染色用の煮汁は下水に捨てて良い、と本には書いてあった。 私は薄めて庭木の水やりにつかった。藍は防虫効果があるとどこかで聞いた記憶があったからだが、本当だろうか? でも天然のものだから植木に悪いはずがないだろう。

昨年は生の葉をつかって藍染めをし、羊毛やレーヨンをつかた実験だったが、今回は薬品を使って木綿を染めるという、少し本格的な藍染めに挑戦してみた。

薬品を入れて煮ている時や、シャツを入れて染めている時は、徳島での藍染体験の時のような藍染め特有のにおいがした。私は煮る時は、台所しか火気がないので台所を使ったが、換気扇全開状態にした。またシャツを染める時は、鍋をガレージに持って行ってそこで染色した。

IMG_8728

藍の花が咲き、実がなってきている。

今年もタネができるようだ。

来年はもう少しゆったりと植えよう。プランターの数も増やして、採れる藍の葉の分量をたくさんになるようにしてみよう。
そしてもう少し大型のものを染めたいものだ。

ベランダで藍をそだてるのは、暑さ対策を考えなくてはならないようだ。今年の夏は暑かった。そして南向きのベランダは、藍にとって砂漠のように暑かったと思う。

 

 

イチゴ狩り

IMG_5097

 白い五弁の花の上でミツバチが忙しそうに動いている。
何の花だろう? 実はイチゴの花。

IMG_5103

 

堺市内の真ん中でイチゴ狩り。
そんな体験ができた。

IMG_5073

そこは清潔なビニールハウス。

IMG_5068

IMG_5071 IMG_5075

イチゴはもともと日本にはなかった植物らしい。 日本に伝わったのは江戸時代。1830年代にオランダから伝わったそうだ。オランダイチゴといわれるのはそのためということだ。
イチゴの原産は北米東部と南米チリ。
別々のルートでヨーロッパに伝わって、17世紀中頃これらを交配して現在の栽培種の原型が生まれたと言われている。

これは桃の香りがするイチゴ。桃薫(とうか)と名付けられているイチゴ。
なるほど、ほのかに桃の薫りが。これも食することができたのでラッキー。

IMG_5083

IMG_5082

30分食べ放題。 イチゴを十分に堪能することができた。 周りにはいくつかの有料駐車場があったので、車でも行くことができる。 スタッフの人たちも大変親切で、泣いている孫に優しく声をかけてくれたりして、楽しい時間をすごすことができた。 詳しくはホームページ「いちごの堺」を。

http://www.ichigonosakai.com/

 

 

桜の襖絵

 難波高島屋で開催されている高野山に納められる「桜」の屏風の原画を見に行った。

IMG_20150223_0003

IMG_4860

 「高野山祈りの美」と題しての展覧会。パンフレットには次のように書かれていた。 「2015年は、弘法大師空海が高野山に密教の道場を開いてから1200年目にあたり、高野山では春に執り行われる大法会を中心として、さまざまな行事が予定されています。記念行事の一つとして開催される本展覧会では、明治時代以降、歴史の節目を迎えるたびに高野山に奉納されてきた美術品の数々を一同に集めてご覧いただきます。なかでも現代日本がを代表する作家の中島千波氏が、今回の開創1200年にあわせて制作した金剛峯寺奥殿の襖絵12面は、本展で初めて公開されます。・・・・」

パンフレットの桜の一部を拡大すると、(クリックすると拡大する)IMG_20150223_0003

 桜の花びら一枚一枚が丁寧に描かれているのにびっくりする。
資料によるとこの桜の木のモデルは、宇陀の又兵衛桜、上賀茂神社の斎王桜、仏隆寺の千年桜だそうで、朝の又兵衛桜、昼の斎王桜、夜の千年桜と時間の流れも表されているそうだ。
インターネットでそのモデルとなった桜を調べてみた。

宇陀の又兵衛桜(Wikipediaより)
又兵衛桜

斎王桜(http://kyoto-k.sakura.ne.jp/index.html#kyoto
斎王桜

千年桜(http://www.tree-flower.jp/29/butsuryuji/sennenzakura.htm
千年桜

 どれもこれもすばらしい桜の木だ。

スケッチから実際の襖絵までどれくらの桜の花びらを描いたのだろうか。考えるだけでも気が遠くなりそうだ。

 桜の襖絵は以前にもこの高島屋の展示会でみている。
それは東大寺本坊の襖絵。
2011年の2月だった。この展示の後、4月に東大寺本坊に設置された襖絵も公開され、私はどちらも見に行く機会があった。ホールでの襖絵の原画を見た後、どうしても東大寺の襖になったその桜を見たかったからだ。
若い人たちと東大寺に咲くヤマザクラと襖絵の桜を見たことがもう6年も前の事になるのが嘘のようだ。この絵を描いた小泉淳作画伯が翌年の2012年に亡くなっていたことを知ってますます感慨深い。
youtubeにこの桜の襖絵の奉納のようすが紹介されていた。

https://www.youtube.com/watch?v=D9LJtj4I-Bw

東大寺襖絵1 東大寺襖絵3

桜はなぜか私たちの心をざわめかす花だ。
源氏物語も、梅よりも桜に関する記述が多い。
紫の上も、
 春のあけぼのの 霞の間より、
  おもしろき樺桜の 咲き乱れたるを 見る心地す・・
と表現されている。 

東大寺本坊の襖絵も公開される。

IMG_20150223_0005

いい機会だから行ってみようかと思う。

 

 

カナダ・赤毛のアンツアー 41

アンとChestnut(栗)

IMG_2943

写真はChestnut cake 、クリのケーキ。

栗の実をもらったので、クリを使ったスイーツを、とおもって調べてみた。 ホットケーキミックスを使った簡単に作れそうなクリのケーキがあったのでそれをつくってみた。
クリは圧力鍋をつかって柔らかくし、皮をむいた。

参考にしたレシピは以下のとおり。マロンペーストの作り方ものっていて、とてもありがたかった。

http://cookpad.com/recipe/1977105

このケーキを作りながら、フット考えた。
アンは秋にクリを使ったお菓子や料理をしたのだろうか。

そこで「赤毛のアン」「アンの青春」「アンの愛情」の三冊について調べてみると、なんと植物のクリ Chestnut の単語があるのは、「赤毛のアン」の一冊だけだった。

アンとクリ2

「アンの青春」「アンの愛情」には、 chestnut curls という言葉が出てくる。
これは「栗毛色したカール(巻き毛)」のこと。

 松本侑子さんの訳を見てみよう。

「もうすぐ1年度が終わるなんて、信じられないわ」アンが言った。「去年の秋には、ずっと先のような気がして、冬の間中、勉強や授業に励むんだと楽しみにしていたのに、それが、来週は、いよいよ試験だなんて。でもね、みんな、今度の試験ですべてが決まるような気がするけど、あの栗の樹では若葉が大きくふくらんでいるし、通りのむこうには青い霞がかかっているでしょう。そんなのを眺めていると、試験なんか、半分も大したことじゃないって気もするの」
その場にいたジェーンとルビーとジョージーは、そんな暢気なことは言っていられなかった。彼女らにとって、目前に迫った試験は、いつ何時も頭から離れない最重要課題で、栗の新芽や五月の霞どころではなかった。アンにとっては、少なくとも及第は間違いなしだから甘く見てかかっても大丈夫だったが、この試験に全生涯がかかっているーと、この三人は本気で思っていたー者にとっては、そんな哲学的に達観してなどいられなかった。」

そうするとアンのいるプリンス・エドワード島には栗の樹があったのだろうか。栗の実はどのように利用していたのだろうという疑問が出てきた。
ネットで調べてみると、とても詳しく研究した記事があったので、詳しいことはそのブログを見ていただくことにして、

http://www.h3.dion.ne.jp/~a-garden/plants/chestnut.html

ここに書かれていることと、私の調べたことを、まとめて書いておくことにする。

結論から言って、

★「赤毛のアン」に書かれている Chestnut tree  は、日本で言う栗・クリではなく、Horse chestnut らしい。これは日本で言う「マロニエ」の樹であって、その実は食べられない。

★ 「マロニエ」は「パリのシャンゼリゼ」の街路樹で有名。フランス語で「マロン」と言っている。

マロニエの木2

マロニエの木1マロニエの実

マロン、マロニエは、日本名では「セイヨウトチノキ」と言い、トチノキ科トチノキ族の植物で、英語で Horse chestnut と言う。クリはイガの中に数個の実をつけているが、セイヨウトチノキ・マロン・マロニエの実は1個で、食用ではない。
日本の栗は「ブナ科クリ属」に分類される。

 

★マロングラッセのマロンは日本ではクリを使っているが、本来はマロンとよばれている実である。このマロンという呼び名が混乱の元凶のようだ。

マロングラッセなどのように、食用に使われているのは、シャテニエとよばれる樹の実で、ブナ科クリ属のもの。日本の栗と同じ仲間だ。
このシャテニエの実は食べることができて二つに分類される。一つはシャテーニュとよばれ、イガの中に小型の実が2、3個はいっている。
もう一つはマロンとよばれ、一つの大きな実が一つなる。

シャテニェ1

写真はシャテーニュ。日本の栗とよく似ている。
そしてイガの中に1個の実がなっているものをマロンとよんでいる。
つまり、マロンという言葉が二つの違った場面でつかわれている。 一つはマロニエの樹になる実のマロン。
二つ目は、日本の栗と同じ種類のシャテニエの樹になる実で大きな1つの実がなるもの、その実もマロンとよばれている。
つまり、マロンには食べられないものと、食べられるものがあるということがわかった。 そしてこの食べられるシャテニエの実を使ったお菓子がマロングラッセという。

表に書いてみると、

マロニエ(セイヨウトチノキ)(Horse chestnut )・・・トチノキ科トチノキ族
    実・・・マロン(大きな一つの実 食べられない)

シャテニエ(ヨーロッパグリ)・・・ブナ科クリ属(日本の栗と同じ)
    実・・・①シャテーニュ(イガの中に2〜3個 食べられる)
        ②マロン(一つの大きな実 マロングラッセに使われている)

★「赤毛のアン」で書かれている樹は、日本のクリの仲間のシャテニエか、それともセイヨウトチノキのマロニエのどちらだろう。

まず、クリの木はプリンス・エドワード島のような緯度の高いところ、寒い地方に育たない。 
現在のプリンス・エドワード島にはマロニエの木はよくみられるという。そしてこのマロニエは1900年代初頭に持ち込まれたという記録があるそうだ。

★これらのことから、最初に書いたように、「赤毛のアン」で Chestnut tree とアンが言っているものは、日本のクリの仲間ではなくて、パリのシャンゼリゼ通りで有名なマロニエだったと推測される。Chestnut という名前から、カナダの人は今もマロニエとクリを混同しているそうだ。なるほど、プリンス・エドワード島に行かれる人は是非ともマロニエの木を見てきてほしい。私はこのことを知らなかったので、全く見た記憶が無い。残念。

*植物の写真はインターネットより。