大阪市立精華小学校跡

今年の夏に、なんば高島屋前から写した写真。

同じ場所から2018年2月末に写したもの。

現在は「エディオン」の大きなビルが建っている。
左はその建設中のものだが、もともとここには何が建っていたのだろう。

建物は建ってしまったり、壊してしまったりすると、それ以前にそこに何があったのだろうか?と疑問に思うことが多い。
人間は見ているようで、見ていない。覚えているようで、覚えていないことが多いと私は思う。

一番上の写真にあるエディオンのビルの裏側、知る人は知っている老舗の欧風レストラン「重亭」側に回ってみると、左のような入口がある。
そこにあるのが、「大阪市立精華小学校」の記念碑とメモリアルルーム。

その入り口にあるパネルには次のようなことが書かれている。

「精華小学校のおもかげをここにー明治6年に創設され平成7年3月までの122年間、地域の子どもたちの学び舎だった大阪市立精華小学校がこの地にありました。一世紀を超える年月に渡り子どもたちを育み、見守り続けた校舎でした。
昭和4年に建てられた鉄筋校舎の姿は、アーチ状の梁や天井、シャンデリア照明を備え美しく、戦時下の炎にも負けることなく立派に残り続けた文化的存在でもありました。
大阪市立南小学校との統合により役目を終え閉校となりましたが、地域の人々の心に、その姿は残っています。
そんな精華小学校のおもかげを踏襲し、子どもたちの笑顔あふれる未来へと繋げていく建築をこの地に再び造りました。
        旧精華小学校校舎概要:  
        起工昭和2年3月、竣工昭和4年11月、閉校平成7年3月  」

メモリアルルームには精華小学校で使われていたシャンデリアや照明器具が使用されているそうだ。
ここには122年の歴史が新聞記事や写真、年表などが展示されていて、地元の人達の寄付金で建てられた、東洋一の小学校校舎といわれた当時の様子がしのばれる。

私の一番の関心は「朝の給食」だった。
左の新聞記事は昭和40(1965)年10月23日号(毎日新聞)。
このメモリアルルームルームに掲示してある資料を写真にとったもの。
上の「朝の給食(地下食堂」」という写真もそうである。

新聞記事を見てみると、「学校給食あれこれ」「朝ごはんを14年」「大阪商家の子らに」という見出しが見える。

記事によると「大阪ミナミの繁華街にある市立精華小学校の”おはよう給食”はもう14年も続いている。まだ”戦後”だった昭和27年(1952年)、商売で忙しい家庭の子供たちのためにと始められた朝食給食は・・・」とある。もう少し読んでいくと、
「同校の朝食給食は(昭和)27年から始まった。教頭の川北信雄さんが朝礼で倒れるものや、昼前にボンヤリしているものが多いのを不審に思って調べたところ、朝食抜きで登校する児童が三分の一もいた。『これでは授業もロクに頭に入らない』と思い切った朝食給食が始まったわけだ。」と書かれていた。
メモリアルルームルームの年表によると「昭和24年(1949年)10月に地下給食調理室完備」「昭和25年(1950年)5月地下食堂完成」とある。
早い時期から「朝の給食」が始められたことがわかる。

 

私は精華小学校に朝の給食があることは、知っていた。小学校の担任の先生から「なんばの商店街にある学校では、夜遅くまでお店をやっていたり、家の仕事で朝ごはんを食べられない子が多いから、学校で朝の給食がある」というような話を聞いていた。
そういう学校もあるのだなあ、となんの疑問もなく受け入れていた。
今、「子ども食堂」や「朝給食」が話題になっている。地域の人の善意と好意で運営されているところがほとんどだと思う。私は精華小学校のような取り組みがなぜ当たり前にならないのかなあと思っていた。行政として、社会として、子どもの朝の食事を保障する取り組みが戦後すぐから始まっていたのに。
記念碑のそばにはソメイヨシノが旧精華小学校から移植されている。根本のパネルには「精華桜(ソメイヨシノ) かつて、地域の子供たちの成長を見守っていた旧大阪市立精華小学校の桜。再びこの地で、地域の人々と訪れる多くの人々に愛されることを願い、3本の移植を行いました。 市政100周年記念(平成元年11月)に大阪市より旧大阪市立精華小学校へ贈呈されたソメイヨシノ」と書かれている。
こういった記念碑や思い出の桜、メモリアルルームルームを残すことはとても大切なことだと思う。地域の学校として残しておくべきものだと思う。

上の写真は同じ場所から撮ったもの。左はかつて精華小学校の入り口があったところ。閉校の後、「大阪市精華学習ルーム」として使われていた。(この写真は次のブログより引用している。http://atamatote.blog119.fc2.com/blog-entry-521.html  )
右の写真は現在のもの。エディオンの入口になっている。ここからはかつてここに小学校があったとは想像もできない。

 

 

 

開花宣言

大阪の桜開花宣言は3月27日

3月27日が桜開花宣言だったが、その日は桜の写真が撮れなかった。 今回の写真はすべて3月29日の写真。

ここは難波宮跡公園。花見を予想してか、地面もきれいに草が刈られている。

はとやコマドリなどの鳥がなにかの実をついばんでいるようだ。春が近づいている。

東住吉区役所周辺の街路樹はこぶし。こぶしの白い花も開花のようだ。

辛夷(こぶし)の花。
木蓮の花にとても良く似ている。
調べてみると、「モクレン科モクレン属」だから木蓮に似ていて当たり前だった。
高さ18m、幹の直径は60cmにも達するそうだからかなりの大木になる。

こぶしと木蓮の花の違いはおおきさ。こぶしのほうが小さい。
また写真でわかるように、辛夷の花は下向きにについている。
木蓮は花が上を向いている。と言われている。

街路樹に利用されることが多く。東淀川区役所の周りの街路樹もこぶしの木らしい。

かつての初芝高校前の道路の桜並木。
住宅建設の影響か、桜の木の枝が短く切られているのが残念。

3月29日の開花の様子を写真に撮った。
開花宣言というのは、大阪の場合は大阪城公園の西の丸庭園にある「標本木」を観測して、開花の基準となる5輪以上咲いているのを確認して宣言がだされるそうだ。

ちなみに3月27日を「日本さくらの会」が「さくらの日」と制定している。
「さんく27」から来ているのではないかと私は思っている。

百人一首で「桜」という言葉を出して歌にしているのが、

伊勢大輔の

「いにしへの 奈良の都の 八重桜 今日九重に にほひぬるかな」

大江匡房の

「高砂の 尾上の桜 咲きにけり 外山の霞 たたずもあらなむ」

が有名。

桜の日本はきっても切れなない関係のようだ。
満開の見頃は4月の第1週らしい。たのしみだ。

 

 

 

 

カカオとコーヒー

咲くやこの花館 三つのイベント

久しぶりに「咲くやこの花館」に行った。
「カカオ)と「コーヒー」についての特別展。以前にも来たことがあるが、勉強することは多い。

「コーヒーノキ」が日本での正式名だからおもしろい。

コーヒーノキの基本データを調べてみると、

学名:Coffea arabica
科名:アカネ科 属名:コーヒーノキ属
原産地: エチオピア
和名:コーヒーの木 英名:Arabian Coffee
生育適温:15〜25℃

樹高は9m〜12mにもなるそうだ。農園では実を取るために4m程度にされているそうだ。咲くやこの花館にあったコーヒーノキもそれくらいの大きさなのだろう。

コーヒーの赤い実がなっていた。
「コーヒー」についての絵本の読み聞かせがあった。イスラムのお坊さんが、夜のお勤め中に眠らないように、コーヒーの赤い実を食べていたというお話だった。
赤い実のなっているコーヒーノキのそばで、読み聞かせをしてくれたお姉さんに質問をした。
「コーヒーの実を食べたら、本当にシャキッとするのですか?」と聞いた。
「私はこの赤い実を食べてことがありますけれど、目がさめるほどシャキッとは・・・・」と、笑って答えてくれた。

こちらはカカオの木。学名などを調べてみると、
一般名:カカオ(Cacao)
学名:Theobroma cacao L. 分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱アオイ目アオイ科カカオ属
原産地:熱帯アメリカ
別名:カカオノキ、Chocolate tree
栽培分布:世界の熱帯~亜熱帯地域 
樹高:4~10m 
花色:薄緋色、薄黄 
葉長:20~30cm 
結実期:3~6月 
果実形:長楕円形 
果実長:30cm 
果実直径:10cm 
 果実色:緑→褐色 

「カカオノキ」という別名があるとは知らなかった。「コーヒーノキ」と同じなのがおもしろい。

ここにきた目的の一つは「コーヒーノキ」を買うことだった。 家には3年目の冬をこす「コーヒーノキ」があるのだが、元気がなく、葉が落ちてくる。この冬を越せるのか心配なので、新しきコーヒーノキを買っておきたかったからだ。
コーヒーノキの苗木の横にあるのは、「ニューヨーク・カフェ」というコーヒー。この展示場であった世界のコーヒーの販売で買ったもの。「深煎りコーヒーにヘーゼルナッツ・シロップ・フレッシュ・クリームに挽きたてシナモンの香り」とメニューに書いてあった。

ガーナ共和国の子どもたちの絵が展示されていた。

カカオの原産地、ガーナ共和国の子どもたちがカカオをテーマにして書いた絵だ。

ガーナの子どもたちがどんなふうにカカオノキを見ているのか、栽培をどんなふうにしているのか、それが想像できるような絵画展だった。

建物の中で、大阪市内、近畿の中学生の造形展・美術展が開かれていた。

「コーヒーノキ」の苗木を買うのが目的だったのに、ガーナ共和国の子どもたちの絵、大阪市・近畿の中学生の絵などの造形を見ることができたのは想定外の楽しさだった。

コーヒーやカカオのように私たちの生活は全世界とつながっている。
そしてガーナの子どもたちや大阪市・近畿の中学生の作品を見て、この取り組みを通してつながりということについて、あらためて考えることができた。
収穫の多い咲くやこの花館だった。