藍の生葉(なまは)染め

今年も藍がよく育ったので、藍染をすることにした。
今回は一番単純で、しかも確実な「生葉染め(なまはぞめ)」をすることにした。

以前からいくつか方法を試しているが、薬品を使うのは危険なので直接生葉から染めることをやってみた。
まず大きく育った藍をほぼ根本から切る。

今年は小さな子どもたちに手伝ってもらった。
まず切りとった藍から、葉っぱだけをとる。
ハサミを使ったり、手でちぎり取り、方法はいろいろ。

今年はハンカチサイズの絹を購入したので、絹と木綿のハンカチとで染の違いを確かめてみようと思った。
以前は絹が手元になかったので、レーヨンを使って生葉染めをしたので、レーヨンと絹との違いも確かめられると考えた。

前回の資料を見ると、布10グラムに対して藍の葉が50グラム、そして水が700グラムの分量で計算すればいいことがわかる。

藍の葉を水洗いし、ゴミを取ったあとフードプロセッサーで粉々にする。

粉々にした藍の葉とプロセッサーに入っていた水ごと取り出す。資料の本には木綿の濾すための布を用意していたが、私は古いタオルで代用した。
この作業を何回か繰り返して、すべての藍の葉から染色するための液を絞り出す。

絞り出した染色液に絹、木綿をいれて15分ほど混ぜながら染色していく。
染色液は色が黄緑色から緑色に変化していく。
15分混ぜ続け、できるだけ空気に触れないように混ぜ続けると資料には書いてある。
このとき、手には手袋が必要。
そうしないと指先や、爪が藍色にそまってしまう。タンパク質に反応するためだ。
この段階でも、絹はよく染まり、木綿はそれに比べてあまり染まらないことがわかる。
生葉染めなので、その違いがよくわかる。

上の写真左が絹。右が木綿のハンカチ。染め上がりの違いがよく分かる。

上の写真の左が絹、真ん中が染めていない絹、右が木綿。
木綿もうっすらと染まっているが、絹と比べると全く違うことがわかる。

右の写真は以前にレーヨンの布を生葉染めしたもの。
染める前と染めたあとを比べた写真だが、これを見ると、レーヨンと絹とでも染まりぐあいが違うことがわかる。絹の生葉染めは鮮やかな青に染まる。二回染めるとまたその青が深くなる。
このあと、子どもたちと藍の葉のたたき染めも経験した。たたき染めのことは以前のブログに紹介している。
NHKで正倉院に収められている草木染を再現した放送があった。
永久保存用として50色以上の草木染を再現し、ロンドンの博物館に収められているそうだ。
源氏物語の姫君たちの衣装はこんなにも華やかで軽やかな色だったのだろうか、と驚くほどの鮮やかさだった。
いちど自分の目で確かめてみたいが、それはいつのことだろう。

 

 

 

 

セミの羽化

大雨と強い風が通り過ぎた朝、家の周りを掃除していた。
落ち葉をチリトリにいれていると、何か動いているものがある。
詳しく見てみようと、チリトリで集めた落ち葉を、塀のそばに並べているプランターの一つに入れて調べることにした。

黄色みがかった色、昆虫のようだ。
透明な羽も見える。
これは・・・ひよっとしたらセミではないか?!
私の家の周りに少ないが植木がある。
何年か前から、その木にセミの抜け殻がついているのを見つけることがある。それは毎年のことではないが・・・。

横になったり、斜めになったりと動いている。何か支えになる枝を探しているように見える。
人間の手で触るのは良くないだろうと思い。周りの植物の葉や枝で動かしてみた。
セミが納得した場所ではないようだ。また動き出したので、しばらくおいて、様子を見ることにした。
3時間ほどして見に行ったときの写真が上である。
色も少し濃くなってきたように見える。
草の少し太い枝?幹?をしっかりとつかんでいるように見える。

上の写真を少し拡大したのがこの写真。 黄色みが買った胴体、頭はまだ黒くなっていない。 羽も緑がかってみえる。たいへん華奢な感じがする。

それから3時間後の写真。
かなり色が濃くなっている。このまま順調に羽化が進んでくれることを願う。
猫や犬が家の周りを通るし、カラスも飛んでくる。

買い物に行って、すっかりセミのことを忘れていた。
夕方になってプランターを見ると、セミの姿は見えない。
羽化が終わって飛んでいったのかもしれない。
そう思いながらプランターの中のゴミを取り出そうとすると、
バタバタバタという羽音がして黒いものが飛び出し、向かいの家の2階のパラボナアンテナの方へ飛んでいった。
セミだ! 羽化したあと場所を移動して、葉の下にいたのだ。
私がプランターの草木を動かしたので、びっくりして飛び出したのだと思う。
その時、いっしょにプランターの外に出てきたのが下の写真。

セミの抜け殻だ。 飛んでいったセミの抜け殻に違いない。 私の予想は、 プランターの上に枝を伸ばしている木でこのセミは羽化しようとしていたのだろう(一番最初の写真)。 羽化は夕方から始まって深夜になるという。 他の動物から身を守るためだ。

そんなときに大雨と大風で木からとばされ、ちょうど下にあったプランター周辺に落ちたのだと思う。そこで脱皮したところを私がプランターの中に入れたのだと思う。
セミは土の中で5年、6年をすごすという。
地上に出てからのセミの寿命は1月ばかり。その間に卵を生み、次の世代にバトンタッチをする。
私も今の家に住んでかなりの年月になる。その間にセミが卵を生み、私の庭木の下で地上に出るのを待つ幼虫が育つようになったのだろう。
新型コロナウィルスで人間は大あわてだが、昆虫や植物はゆっくりと自分の時間を生きている。自然の息吹を感じたような1日だった。

 

 

 

 

錫で作ったカカオとコーヒー豆

「咲くやこの花館」で、今年も「カカオとコーヒー展」があった。
2月1日から3月1日まで開かれている。
たくさんのイベントが用意されていて、ワークショップも数多くあった。
「世界一おいしいコーヒーを淹れよう」や「アマゾン・カカオのおいしい話」なども興味があったが、日にちが限定されているので参加することはできななかった。
そんななかでも私が興味を持ったのは「錫で作るカカオとコーヒー豆」というワークショップ。これも一日だけの体験だったが、たまたま行ける日だったので体験することにした。

錫のお皿と、カカオ・コーヒー豆をつくることにした。
まず渡された錫の円盤をハンマーでたたく。下の写真の右上のあるのが完成モデル。

休みの日なので小学生の親子連れも多い。錫の体験には小さな子も、中学生くらいの子も、高齢者も参加している。やはりこういった体験は珍しいから、興味を持つ人は多いようだ。

カカオとコーヒー豆は溶かした錫を型に入れて作る。

錫を溶かす装置の温度計は250度を示している。右側のような型を合わせてすきまに錫を流し込んでいる。

ベンチやヤスリで周りの余分な錫を取り除く。

スプーンの裏側をつかって磨くと、光沢が出てくる。
こんな方法があるとは知らなかった。

これができあがり。 流し込んだときは、カカオが三個、コーヒー豆が四個ぐらいできあがる。しかしもらえるのはカカオは一個、コーヒー豆は二個。上の写真は子どもが作ったものも並べているので三個になっている。
錫の値段は高い。以前にハルカスで錫でカップを作ったときも、マレーシアで錫の容器を見たときもそうだった。
今回の体験は、錫の重さで体験の料金を決めているため、持って帰れる量が決まっていると職人さんが話してくれた。
しかし、こんな体験ができるのは大歓迎だ。大阪の伝統産業である錫の容器が、小さなお皿や、アクセサリーになるカカオやコーヒー豆を作って楽しめることは、錫が身近に感じることができてとても良い取り組みだと思った。

ガーナ共和国の子どもたちの図工展もあり、ガーナの子どもたちがどのようにカカオを栽培しているのかもそこからわかるようになっている。
毎年いろんな工夫をしていることがわかる。
おみやげにいつものようにコーヒーの苗を買うことにした。