隆祥館書店(セブンルール)

私のよく見るテレビ番組に「セブンルール」というのがある。
様々な分野で活躍している女性をとりあげた番組た。
つい最近書店を取り上げた放送がなされた。
その書店が「隆祥館書店」という本屋さんだ。
番組を見ていると、場所が谷町六丁目ということにびっくりした。
大阪城や大阪府警のちかくだ。また松屋町筋もそばにある。
こんなところに本屋さんがあったかなあ、と思いながら番組を見て、これは行ってみる価値はあると思った。

ビルの1階にある小さな本屋さん。 私の学生時代には家の近所や駅前にはいくつも本屋さんがあった。人との待ち合わせのときにでも「〇〇書店の中で」とか「△△堂の本屋さんの前で」とよく言ったものだ。
しかしこの数年の間に街の本屋さんの姿がどんどん消えていった。
駅前の本屋さんがなくなって、コンビニや弁当屋さんにかわって、びっくりしたことが何度もある。
ここ「隆祥館書店」はそんな昔の本屋さんの雰囲気があふれる書店だった。

この書店の歴史や背景は左の本によくまとめられている。
図書館にあったので、番組を見たあとすぐに借りて読んでみた。
1952年に開業して70年になる老舗の本屋さん。親子二代に渡る経営で地元に定着して、ファンも多いそうだ。
今の店主の二村知子さんは元シンクロナイズドスイミングの日本代表でもあり、オリンピックでメダルも獲得した経歴がある。
父親のあとをついで店主となり、独自の活動で読者層をふやす努力をされている。左の本には、その経過と努力が詳しく紹介さている。

独自の取り組みとして二つあるようだ。
その一つが「ママと赤ちゃんのための集い場〜絵本と遊びでこころを育む〜」という毎月第3水曜日のとりくみ。
そしてもう一つが、本の作者・著者とのトークイベント。このトークイベントは250回をこえている。最近は本の著者からのオファーあるそうだ。読者と作者のあいだの壁をこわし、溝を埋める作業はどちらの方からも望んでいるからだろう。

私が買おうと思っていたのが左の本。
新聞の朝刊にこの本の広告が載せられていたからだ。
関東大震災のあと憲兵に逮捕され虐殺されたといわれている伊藤野枝をモデルにした小説である。
隆祥館書店に来たときは、書籍名や著者のメモを持って行ってなかったので、「伊藤野枝の伝記が出版されたと新聞で見たので」と店主の二村知子さんにたずねた。
パソコンや関係する本で調べてくれるが、何分私が著者も言えないので申し訳ない。
私もスマホで検索して見つけることができた。
その画面を二村さんに見せると「ああーっ、この本、今朝二冊仕入れました!」と笑顔で本を取り出してくれた。
さっそく買ったのが上の写真の本。
「風よ あらしよ」村山由佳著(集英社)
これだな、本に対する愛情がなみなみならない。本を買いに来たお客さんに親身になって相談に乗ってくれる。これが70年におよぶ小さな本屋の真骨頂なのだと思った。

育休明けで仕事に復帰している知り合いの女性に、この隆祥館書店のことや「ママと赤ちゃんのための集いの場」のことを紹介すると、
「母が孫のプレゼントに本を買うとき、相談に行った本屋さんがこの本屋さんです。」と返事がかえってきた。
赤ちゃん用の本から関東大震災の本まで、読者のニーズに答えてきたのがこの隆祥館書店なのだ。
私の家からは遠い本屋さんだけど、谷町六丁目に行く用事があれば寄りたいお店ができた。しかもそれが本屋さん。ありがたいことだ。

 

 

 

 

コルカノン(アイルランド料理)

アイルランドのポテト料理・コルカノン

アイルランドで買ったレシピ本から今回はコルカノン。
この本でのコルカノンの紹介がおもしろい。

This has similarities with the British  bubble and squeak, but this dish is cooked from scratch, not with leftovers.

  • British bubble and squeak ・・・イギリスの牛肉とキャベツ・ジャガイモなどのいためもの(Eゲイト英和辞典)

イギリスの料理に似ているけれど、イギリスのように残り物を使って作るのではない、という意味のことが書いてあると私は読んだ。

レシピを原文のまま書き写すと、

Put the milk into a saucepan, add the onions and cook over a low heat for 5 minutes. Bring a saucepan of lightly salted water to the boil, add the cabbage, bring back to the boil and cook for 5 minutes, until just tender. Drain and add to the potatoes, mixing to combine.
Add the onion and milk mixture and half the butter. Beat the mixture, season well and serve with remaining butter dotted on top.

材料は

200ml milk
6 spring onions, trimmed and finely chopped    (日本にはないので細ねぎを使用)
450g shredded green cabbage (キャベツを細切りにする)
450g potatoes, peeled, cooked, drained and mashed.
55g of butter
salt and freshly ground black pepper

アイルランドのレシピ本を見ると、キャベツの量がとても多いと思った。
450グラムのキャベツというとかなりの量になると思う。
ネットでキャベツについて調べると、キャベツの葉一枚は50グラム〜60グラムで計算するようだ。そうすると450グラムだと、キャベツの葉が10枚近くになる。
そこで山下直子さんが紹介された「世界のじゃがいも料理」にあったコルカノンのレシピを参考にした。

材料 3〜4人分
じゃがいも(男爵薯系)大3個
キャベツの外葉(なるべく緑の濃いもの)3枚
細ねぎ・・2本
バター・・20グラム
牛乳・・・1/2カップ
塩・コショウ・・・適量

私は圧力鍋を使って、じゃがいもを茹で、皮を向いた。 圧力鍋は種類によって加熱時間がかわるが、私が持っているのはラゴスティーナというイタリア製。 シューッといってから10分ほど加熱し、自然にピストンが下がるのを待った。
そのあいだにキャベツの葉を茹でる。キャベツの葉は3枚で160グラムぐらいだった。450グラムだとこの3倍ぐらいになる。でもアイルランドの人はそれぐらい食べるのだろうか。

茹でたキャベツを細切りにし、細ねぎを小口切りにしておく。

皮を向いたジャガイモをもう一度鍋に入れて熱して水気を取る。 そこへバター(マーガリン)を加えてじゃがいもを潰しながら混ぜる。

温めた牛乳、キャベツの細切りを加えてまぜる。

ボウルに移し替え、塩・コショウで味付けをする。
細ねぎを散らす。

カレーライスの付け合せとした。 「おいしい。マヨネーズなしでこんなに味がでるのね」 とまずまずの評判だった。

山下直子さんが講座の中で映画「イン・アメリカ」を紹介されていたので、レンタルビデオを借りてきた。そこにハローウィンのときに隣人を夕食に招待する場面がある。そのときに出た料理の一つがコルカノン。
そしてデザートのケーキの中からコインが。
これはNHKの朝ドラ「マッサン」の場面で見たのと一緒だ!とびっくり。
マッサンはスコットランドでウィスキーの修行をしていたのだが、ケーキに指輪やコインなどを入れるという風習はアイルランドにもあったのかと思った。
調べていると、山下直子さんのブログにこの映画のことが紹介されていた。

http://naokoguide.com/blog-entry-3356.html

そこには映画の背景などが詳しく紹介されている。

アイルランドに旅行して1年近くたつが、山下直子さんの講座や、松本侑子先生企画のズームを使っての写真交換会など、こんなに深くアイルランドについて学べるとは思いもしていなかった。新型コロナウィルスのなかで、前向きに頑張っている人たちとつながることができて有意義な体験だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ギネスシチュー

アイルランド料理に挑戦してみよう。
左の本はアイルランドで買ったレシピブック。
ギネスビールを使ったシチューを作ろうと思って探してみるが、そのような表題のレシピはない。
Irish Stew という項目はあるが、ここにあったのはラム肉を使ったもので、ギネスビールは使っていない。伝統的なシチューのレシピだと思う。
ギネスビールを使ったシチューは、一番上に上げた写真、Mickey Gill’s Beef Braised with Stout のようだ。アイリッシュスタウトとレシピに書いてあるからこれがギネスビールのことだと思う。
この本に紹介されている材料を原文(私の解釈いりで)を紹介すると、
2 tbsp olive oil (オリーオイル大さじ2)
2 bay leaves (ローリエ2枚)
1.25 kg stewing beef, cut into chunks
small onions, or 1 large onion, sliced (玉ねぎ1個を使った)
1 garlic clove, crushed
2 tbsp seasons flour (味をつけた小麦粉・・日本にはないので普通の小麦粉を使う)
150 ml Irish stout
225 g carrots, thickly sliced
115 g button mushrooms, sliced (まだ傘の開いていない小さなキノコ)
1/2 tsp dried mixed herbs (ミックスハーブ小さじ1/2 家にあったハーブを利用)
Salt and freshly ground black pepper (塩と黒胡椒)
chopped fresh parsley, to garnish mashed potatoes, to serve (付け合わせのポテト、刻んだパセリ)

以上が本で紹介されている材料。いったい何人分なのか? 本のあちこちを斜め読みするがどうも書かれていないみたい。
日本のシチューのレシピを見ると、4人分で牛肉400グラムと書いてあるのが多いので、1.25 kg となると相当に多い。しかし他の野菜は4人分ぐらいなので、牛肉400g程度を用意した。(アイルランドの人は日本の3倍ぐらいの肉を食べているのかなあ・・・)

写真のように材料を用意した。

オリーブオイルを熱し、小麦粉を混ぜた牛肉を加えて焼き色を付けるように熱する。
(レシピ本では大きな煮込み用の大きな鍋を使っているが、フライパンを使った。またこのときにローリエを入れる指示が書いてあったが、私は煮込むときにローリエを入れた)

肉を取り除いて、にんにくを炒めて玉ねぎをしんなりとするまで加熱。(until softened と書いてある)
きのこがなかったので、じゃがいもをいれる。

ギネスビールを入れる。レシピでは150 ml だが、ここは気前よく1本分のギネスビールを投入。
蓋をせずに加熱して、沸騰させてアクをとる。
私は圧力釜を使ったので、蓋をして加熱。シューッといいだしたら火を小さくして、15分間加熱し、あとは自然にピストンが落ちるまで待った。

なかなかいい色に仕上がっている。 これはギネスビールの色のせいだろうか。

お皿に入れるとなかなか美味しそう。 家で育てたレモンバジルをちらしてみた。
ギネスビールの苦味はまったくなく、牛肉もとても柔らかく仕上がっている。冬にもう一度つくってみよう。
付け合せのマッシュポテトのサラダも作ってみた。この本にあった Colcannon (コルカノン)だが、その調理方法は次の機会に紹介してみたい。
ところでこのレシピ本にある「 MICKEY GILL’S 」とはどういう意味なのだろう。
ネットで調べてみるが全くわからない。
山下直子さんの講義のときに質問してみると、
MICKEY GILL という名前は、アイルランドの人にとってはとてもなじみがふかいそうだ。この名前だけで、「ああ,アイルランドだ」と連想するようなネーミングと教えてもらった。世界的に有名な「ミッキーマウス」も、アイルランドを連想させるミッキーを意図的にウォルト・ディズニーは使ったという話もあるそうだ。実はウォルト・ディズニーのルーツもアイルランドにあることも初めて知った。
山下直子さんの講義が料理にも生かされるという、貴重なレシピだった。