パズルをつくる 4

ザ・タイヨウ

久しぶりにパズルを作ってみた。 原本は左にある「パズルをつくる」(芦ヶ原伸之著、大月書店)。

1月にちなんでその中から選んだのが「ザ・タイヨウ」。
スライドパズルに分類できるものと思う。
これは1914年にアメリカパテントの GEY  MY  GOAT を基本として、著者の芦ヶ原さんがデザインを変えたものと説明がある。

ピースをただ滑らせるだけで、太陽のピースを真ん中にもってくるというもの。
まわりは最初の形と違ってはいけない。

簡単そうなので、やってみた。材料は発泡スチロールの工作用の板があったので、それを利用した。

 

発泡スチロールの板を張り合わせて厚みを出し、本からザ・タイヨウの絵をコピーして、発泡スチロールの上にはっていった。
見やすいようにと、太陽や炎、バックに色鉛筆で色をぬった。
その方がピースの動きがよく分かるだろうし、完成の絵もわかりやすいだろうと考えたからだ。

本についている回答を見ながら動かしてみたが、どうもおかしい。

わかりやすくするために、左の写真のようにピースに番号をはった。
回答を見ながら動かすと、2番と6番のピースが入れ替わるのが最終の形になる。
それでは炎の色とバックの青色が違っているではないか。
どこでまちがった?
なにか見落としていることはないか?
と思い、本文を読み直してみた。
「太陽の周囲の曲線は、いいかげんに描かれたものではなく、きわめてデリケートに描かれている。つまり太陽の中心から見て、右上と左下のピースは、図柄がまったく同じなのである。」と書かれている。
右上とは2番のピース、左下とは6番のピース。確かに同じ図柄だ。
ああそうか、私は色を塗ってしまったから違う図柄に見えていたのだ。

色を塗っていない、線だけのピースにしてみた。

こうして2番と6番のピースを見てみると、全くおなじ図柄であることがよくわかる。

ピースを動かして2番と6番がいれかわっても、その形は同じだ。ただ人間の理解として炎の部分とバックの部分も入れ替わっていると判断して見ているので、全体の形は動かす前と後では変わっていない、というのだ。
私は炎とバックに色を塗ったので、違いとして目に見えたということだろう。

単なるピースのスライドだけではなく、図柄にも工夫があるパズルだ。

*この本にある回答に一部間違いがあったので、ただしい手順を書いておく。

5,6、7、5,6、4、3、6、9、2,6、9,2,G
1、6、9、3,4,2,5,7、2、5,G、9、6、1
(Gは太陽のピースのこと)

 

 

 

最近読んで心に残った本

ずっと読みたい0才から100才の広告コピー

図書館で左の本を発見し、借りて読んでみると、手元においておきたい本だったので、買うことにした。

この本に収められているのは広告で使われたコピー。

コピーというのは複写や真似をするという意味のコピーではない。
キャッチコピー、キャッチフレーズで使われるコピーのことだ。
この本の題名になっている「広告コピー」がその内容をよく伝えているとおもう。

生まれてから(0才)から死ぬまで(ここでは100才)の大切なことが、広告コピーで表されているという視点で作られた本。

6歳のページ。
小学校に行くとき。学校に行きたい子どもたちの気持ちをはげましてくれるのは、学校の先生であってほしい。そして先生や大人から「すごい!」と褒めてもらうことで、子どもの意欲や自身が育っていく。
そんな世界であってほしい。子どもの虐待や学校でのいじめの報道を見るたびに、そんな気持ちが大きくなっていく。

最後だとわかっていたら

*8歳のページには、2011年3月11日におきた東日本大震災のコピーが載せられている。それは私の胸をうつ。

**************************************

最後だとわかっていたなら

あなたが眠りにつくのを見るのが 最後だとわかっていたら
わたしはもっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように 祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが 最後だとわかっていたら
わたしは貴方を抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あたなが喜びにみちた声を上げるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしはその一部始終をビデオにとって
毎日繰り返して見ただろう

あなたは言わなくても分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛している」と
わたしは伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でも もしそれが私の勘違いで
今日ですべてが終わるのだとしたら
わたしは今日 どんなにあなたを愛しているか伝えたい

そしてわたしたちは忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日はだれにも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日がくるのを待っているなら 今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスするための
ほんのちょっとの時間をどうして惜しんだのかと
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちをしっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも 大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や 「許してね」や
「ありがとう」や 「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

明日が来るのは 当たり前ではない
3月11日を、すべての人が大切な人を想う日に

   「岩手日報社」2017年 コピーライター
                                河西智彦

**************************************

今年2019年も、自然災害や事件で多くの人が亡くなったり、家族や親戚を失ったり、被害にあった人が多い年だった。

その時々、年月にあった時代背景を映し出しているのが「広告コピー」。その力は私の思っていた以上に大きい。

私が中学の時だったと思う。将来どんな仕事をしたいか?ということを考える課題があった。その中で「コピーライター」という子がいた。
「コピー」といえば、当時はゼロックスのコピー機しかしらなかった私には全く想像できない仕事だった。
今思えば最新の仕事だったんだ。
コピーライターは人々の思いや歴史を文字にして残す力がある。その文字を読むことによってその時の時代や時間にもどる事ができる。

私はあらためて「文字の力」について考えた。
そんなことをかんがえさせる本だった。

自分の現在の歳のページを見たり、青年時代や成年になってからのページをみたりすることで、励まされることも多い。
だれかにこの言葉を贈ってあげたい、とおもうページもあった。

この本は100歳のページで終わっている。
100歳の広告コピーには、どんなことが書かれているのだろう。

それは本と手にとって自分で確かめてほしい。

久々に「本を読むのは楽しい」と思える本だった。

 

 

 

愛蘭土紀行 23

聖パトリック教会

聖パトリック教会は工事中だったが、中を見学することはできた。

司馬遼太郎さんは聖パトリック教会について、「カトリックの教会だと思っていたら、英国国教会だった」と驚きのニュアンスで「愛蘭土紀行1」で書いている。
聖パトリック教会は1191年創設と言われている。最初はケルト系教会だったが、イングランドの宗教改革の影響で英国国教会系となった。「愛蘭土紀行1」には、

「教会に、カトリックの聖人の名がついているじゃないか、と思った。
聖人というのは、ローマ・カトリックの神学とながい習慣によってできたものである。新教(プロテスタント)には聖人崇拝がなく、その後、新教の影響を強くうけた英国国教会においても聖人崇拝があるはずもないと私は思っていた。
・・・・略・・・・なにしろ英国国教会は16世紀、ヘンリー8世が王妃と離婚したいがために教会をローマから独立させ、英国国教会として出発させた宗教だから、諸事、鷹揚あるいはぬえのようにできている。
 初期にはカトリックに揺れたり、プロテスタントになったり、じぐざぐをくりかえしたが、やがて中道を行くということにおちついた。たとえば儀式はカトリック、教義は新教、聖教者のスタイルは結婚生活が許されるということで、新教の牧師じみている。」

この「中道を行く」までに大きな悲劇がアイルランドにはあった。
司馬遼太郎さんの「愛蘭土紀行1」には次のようなことが書かれている。

「ただし、アイルランド人は、いまもクロムウェルを許さない。
 1649年夏、クロムウェルは”共和国軍”2万をひきいてアイルランドに押しわたり、かれらがカトリックだというだけで、大虐殺をやった。聖職者、修道女、女子供をえらばなかった。
 ドロヘダでは4千人を虐殺して、ウエックスフォードでは二千人を虐殺した。働き盛りの男をみつけると、アメリカ大陸へ奴隷(年季奉公人)として売りとばした。
「プロテスタント」という言葉が、アイルランドにおいては、悪魔もしくはそれ以上のイメージになったのは、このときからだった。
 宗教は、水か空気のようである場合はいいが、宗教的正義というもっとも悪質なものに変化するとき、人間は簡単に悪魔になる。」

聖パトリック教会の中には、美しいステンドグラスがたくさんあった。
そこはプロテスタントの教会的ではない。キリストやマリア像はないが、カトリックの教会の雰囲気がある。

司馬遼太郎さんは言う。

「つまりはいい意味でいいかげんであるため、カトリックの専売特許であるはずの”聖人”の称号をそのまま英国国教会で無断借用して、”聖パトリック教会”と名づけているのである」

私にはキリスト教のことはよくわからないが、歴史の中で右往左往させられてきたアイルランドのことを思うと、素直にはその「いいかげんさ」では理解できない部分がある。

聖パトリック教会の前庭には、美しい花壇があり花を咲かせている。子どもの遊具などもあって、楽しく明るい空気がある。
こんな風景がいつまでも続いてほしいと思う。

この聖パトリック教会には、私の見たいものがあった。
それは「ガリバー旅行記」を書いたスイフトの墓だ。