滑走路・ハリネズミ・はやぶさ2

ここは梅田の映画館・テアトル梅田。
「滑走路」の映画を見に来た。
平日のお昼すぎなので、人も少ない。20人弱ぐらいだと思う。
ほとんどが私のようにお一人様。
他にはご夫婦連れのような方、女性の友だち連れの方などがいた。

この映画を見ようと思ったのは、朝日新聞11月23日号の天声人語を読んだからだ。
映画館の入り口にある写真とともに萩原慎一郎さんの歌が掲示されている。
「遠くからみてもあなたとわかるのはあたたがあなたしかいないから」
「きみのため用意されたる滑走路きみは翼を手にすればいい」
「非正規の友よ、負けるなぼくはただ書類の整理ばかりしている」

左はこの映画のパンフレット。
パンフレットに書かれている映画の内容を紹介すると、
「厚生労働省で働く若手官僚の鷹野は、激務に追われる中、理想と現実の狭間で苦しんでいた。陳情に来たNPO団体が持ち込んだ非正規雇用者のリストから、自分と同じ25歳で自死した青年の死の真相を探り始める。
30代後半に差し掛かり、将来的なキャリアと社会不安に悩む切り絵作家の翠。
子どもを欲する想いを自覚しつつも、夫拓巳との関係に違和感を覚え始める。
幼馴染を助けたことでいじめの標的になってしまった中学2年生の学級委員長。シングルマザーの母・陽子に心配をかけまいと、一人で問題を抱え込んでいる。
それぞれに”心の叫び”を抱えた三人の人生が交差したとき、言葉の力は時を超え、曇り空にやがて一筋の希望の光が差し込む・・・。」

左は原作の歌集「滑走路」
この本にご両親が「きっとどこかで」と題した文章がのせられている。その一部を抜書きしてみる。
「(前略)
ところが、中学受験をして私立の中高一貫校に入り、数人からいじめを受けてしまったのです。その苦しい時期に出会ったのが、短歌だったようです。我慢して高校2年の最後に親に話しました。大人が気づいてあげられなかっなことは、本当に可愛そうでした。学校も調査と指導をしましたが、卒業を迎えることになってしまいました。それから、彼の精神的な不調が出てきて、自宅療養と通院で、時間をかけて大学を卒業しました。そして、本人も頑張って、なんとか少しずつアルバイト、契約社員として働けるようになってきたところでした。
 最近は、つらい体験により失われたごく普通の学校生活や、自分の希望に沿った就職へのチャレンジが不可能になった事等を通して、社会を見つめていたように思います。(後略)」

この萩原慎一郎さんの詩集からインスパイアされ、オリジナルの脚本が作られて映画化されたのがこの映画「滑走路」。
萩原員一郎さんの人生そのものを映画にしたものではないが、背景に萩原慎一郎さんの自死という現実が横たわっているので、内容は重い。
しかし2時間という時間がしんどくて辛い長さとは感じなかった。
三人の中学時代を演じた若い俳優さん、大人になった三人、なかでも翠(みどり)役の水川あさみさんの演技と中学時代の翠(みどり)の木下渓(きのしたけい)さんは私の心に響いた。
映画と原作は別の世界のものなので、詳しい内容はこれ以上書かない。やっぱり映画だなあと思うところもあるし、展開で腑に落ちないところもあったが、このような社会的なテーマの映画は多くの人が見るといいと思う。でもどうして大手の映画館で上映しないのだろう。
この「滑走路」もロクグランになると思う作品だが、何かもやもやしたものが残ったことも事実だ。
いじめの被害者はこれほど苦しんでいるのに、加害者の責任はどうなのだ。
映画の中で「彼は自殺ではありません、殺されたのです」と叫ぶ彼女の声はそのとおりだと思う。私の周りに、自殺未遂の若い男の子、女の子、引きこもりになっている人がいることを聞いている。その人たちにかける言葉はないのだろうか。どのような関わりであったら良かったのだろうか。
そんなことを映画を見たあと自問自答したり話し合ったりしていけば、そこから次の一歩、自分の滑走路が見つかるかもしれない。

自分には励ましてくれる人がいると気づく、それが前を向く一歩になるかもしれない、と思いながら次の日に読んだ本、それがあさのあつこさんの「ハリネズミは月を見上げる」だった。

この本は新潮社の「波」で知った本。新潮社の月刊紙「波」に「高校生の満足度93パーセント」と書かれていたので図書館に予約していた。
私が借りたあとも20人近くの人が待っている本だ。
新潮社のホームページに、あさのあつこさんがこの本のことを紹介している。

少女よ、心に針を持て。

 引っ込み思案な高校生・鈴美が出会った、凛とした雰囲気を纏う同級生の比呂。本作は、そんな二人の少女が悩みながら成長する姿を描いた青春小説です。        
同世代である高校生からどんな反応が返ってくるのか知りたく、刊行前に読者アンケートを実施しました。
しかも、予備知識のない状態で読んでもらうために、著者名とタイトルを伏せて敢行!ご協力いただいた埼玉県立浦和第一女子高等学校の生徒のみなさんから熱い感想が寄せられましたので、 
一部をご紹介します。 

とある。その高校生の感想を一部引用すると、   

「私も今年高校生になり、新しい環境で自分らしく生きていこうと決めていたので、この作品に背中を押してもらったような気持ちになりました。私のようにこの作品に救われる人はたくさんいると思います。」(高1)

「鈴美の気持ちがだんだん強くなっていっているところが、読んでいて気持ちよかった。弱いままで終わるのではなく、いろいろなことを経験して、感じて、新しく生まれ変わるようなとても爽快な物語でした。」(高2)

「気づいたら深夜までページをめくっていたほど、ストーリーから目が離せなかったです。 登場人物が不器用ながらも懸命に、自分のことを話す場面では目頭が熱くなるのを感じました。まさに、言葉の暴力が問題となっている現代に向けた本だと感じました。」(高1)

「読書が苦手な私が一気読みをしてしまいました。それくらい、この小説を読めば読むほど続きが気になり、どんどん世界に引き込まれていきました。高校2年生でこの小説に出会えて良かった、書いてくれてありがとう、それが読み終えた今、私が一番思うことです。」(高2)

私も一気読みしてしまった。人間関係のこと、セクハラ、パワハラと映画と重なる部分がある。高校生の感想にあるように、とにかく最後まで読んでしまいたい、と思う本だった。ハリネズミというのはこの本の登場人物鈴美が創作した小説「森の王国」の主人公。ハリネズミの針、「少女よ、心に針を持て」それが作者あさのあつこさんのメッセージなのかもしれない。
映画「滑走路」でのもやもや、どうすればよかったのか、言葉の力とは何なんだ、と思って肩に力がはいっいたが少し楽になった気がした。
文学や芸術には確かに力があると感じているところに「はやぶさ2」のニュースが飛び込んできた。

はやぶさ2は2014年12月3日に打ち上げられ、3億km先の小惑星「リュウグウ」に2回のタッチダウンをして、砂の採取に挑んだ。
そしてその砂が入っていると思われるカプセルを積んで地球に帰ってきた。
2020年12月5日午後2時半ごろにカプセルを地球に向けて発射。
2020年12月6日午前2時54分にそのカプセルはオーストラリアに着陸した。総飛行距離は52億4千万キロメートル。
左の写真はテレビから撮ったカプセルが火球となって砂漠に降下してくるところ。サザンクロスとケンタウルス座のそばを通過している。

カプセルを分離したはやぶさ2の本体は、次の目的地「1988KY26」に向かって地球を出発した。片道11年の飛行だ。

「はやぶさ2は走って帰ってきて『ただいま!』と言いながら玄関にランドセルを放り投げて、『行ってきまーす!』と言いながら走っていったみたいです」とJAXAの人が解説していた。
そのはやぶさ2が再出発したときに地球の植生写真を撮った。カプセルの着陸したオーストラリアと自分の生まれた日本が映っている。初号機のはやぶさも最後に地球にカメラを向けて地球を撮影をして(「はやぶさくんに地球を見せてやろう」という川口プロジェクトマネージャーの決断だったと伝えられている)、大気圏に突入した。JAXAの思いが伝わってくるような運用だ。

喜びに湧く管制室の様子をネット中継で見ていると、物理法則だけに支配されている「はやぶさ2」に感動とロマンと、人と人との信頼が大きな力になっていることを教えられる。
人間もよくやるじゃないか、ハリネズミくんにも教えられたような気がした。
映画「滑走路」、小説「ハリネズミは月を見上げる」、「はやぶさ2」、色々と考えることの多い3日間だった。最後に水川あさみさんが萩原慎一郎さんの歌集から選んだ歌を紹介しておく。
「自転車のペダル漕ぎつつ選択の連続である人生をゆけ」

 

 

 

隆祥館書店(セブンルール)

私のよく見るテレビ番組に「セブンルール」というのがある。
様々な分野で活躍している女性をとりあげた番組た。
つい最近書店を取り上げた放送がなされた。
その書店が「隆祥館書店」という本屋さんだ。
番組を見ていると、場所が谷町六丁目ということにびっくりした。
大阪城や大阪府警のちかくだ。また松屋町筋もそばにある。
こんなところに本屋さんがあったかなあ、と思いながら番組を見て、これは行ってみる価値はあると思った。

ビルの1階にある小さな本屋さん。 私の学生時代には家の近所や駅前にはいくつも本屋さんがあった。人との待ち合わせのときにでも「〇〇書店の中で」とか「△△堂の本屋さんの前で」とよく言ったものだ。
しかしこの数年の間に街の本屋さんの姿がどんどん消えていった。
駅前の本屋さんがなくなって、コンビニや弁当屋さんにかわって、びっくりしたことが何度もある。
ここ「隆祥館書店」はそんな昔の本屋さんの雰囲気があふれる書店だった。

この書店の歴史や背景は左の本によくまとめられている。
図書館にあったので、番組を見たあとすぐに借りて読んでみた。
1952年に開業して70年になる老舗の本屋さん。親子二代に渡る経営で地元に定着して、ファンも多いそうだ。
今の店主の二村知子さんは元シンクロナイズドスイミングの日本代表でもあり、オリンピックでメダルも獲得した経歴がある。
父親のあとをついで店主となり、独自の活動で読者層をふやす努力をされている。左の本には、その経過と努力が詳しく紹介さている。

独自の取り組みとして二つあるようだ。
その一つが「ママと赤ちゃんのための集い場〜絵本と遊びでこころを育む〜」という毎月第3水曜日のとりくみ。
そしてもう一つが、本の作者・著者とのトークイベント。このトークイベントは250回をこえている。最近は本の著者からのオファーあるそうだ。読者と作者のあいだの壁をこわし、溝を埋める作業はどちらの方からも望んでいるからだろう。

私が買おうと思っていたのが左の本。
新聞の朝刊にこの本の広告が載せられていたからだ。
関東大震災のあと憲兵に逮捕され虐殺されたといわれている伊藤野枝をモデルにした小説である。
隆祥館書店に来たときは、書籍名や著者のメモを持って行ってなかったので、「伊藤野枝の伝記が出版されたと新聞で見たので」と店主の二村知子さんにたずねた。
パソコンや関係する本で調べてくれるが、何分私が著者も言えないので申し訳ない。
私もスマホで検索して見つけることができた。
その画面を二村さんに見せると「ああーっ、この本、今朝二冊仕入れました!」と笑顔で本を取り出してくれた。
さっそく買ったのが上の写真の本。
「風よ あらしよ」村山由佳著(集英社)
これだな、本に対する愛情がなみなみならない。本を買いに来たお客さんに親身になって相談に乗ってくれる。これが70年におよぶ小さな本屋の真骨頂なのだと思った。

育休明けで仕事に復帰している知り合いの女性に、この隆祥館書店のことや「ママと赤ちゃんのための集いの場」のことを紹介すると、
「母が孫のプレゼントに本を買うとき、相談に行った本屋さんがこの本屋さんです。」と返事がかえってきた。
赤ちゃん用の本から関東大震災の本まで、読者のニーズに答えてきたのがこの隆祥館書店なのだ。
私の家からは遠い本屋さんだけど、谷町六丁目に行く用事があれば寄りたいお店ができた。しかもそれが本屋さん。ありがたいことだ。

 

 

 

 

コルカノン(アイルランド料理)

アイルランドのポテト料理・コルカノン

アイルランドで買ったレシピ本から今回はコルカノン。
この本でのコルカノンの紹介がおもしろい。

This has similarities with the British  bubble and squeak, but this dish is cooked from scratch, not with leftovers.

  • British bubble and squeak ・・・イギリスの牛肉とキャベツ・ジャガイモなどのいためもの(Eゲイト英和辞典)

イギリスの料理に似ているけれど、イギリスのように残り物を使って作るのではない、という意味のことが書いてあると私は読んだ。

レシピを原文のまま書き写すと、

Put the milk into a saucepan, add the onions and cook over a low heat for 5 minutes. Bring a saucepan of lightly salted water to the boil, add the cabbage, bring back to the boil and cook for 5 minutes, until just tender. Drain and add to the potatoes, mixing to combine.
Add the onion and milk mixture and half the butter. Beat the mixture, season well and serve with remaining butter dotted on top.

材料は

200ml milk
6 spring onions, trimmed and finely chopped    (日本にはないので細ねぎを使用)
450g shredded green cabbage (キャベツを細切りにする)
450g potatoes, peeled, cooked, drained and mashed.
55g of butter
salt and freshly ground black pepper

アイルランドのレシピ本を見ると、キャベツの量がとても多いと思った。
450グラムのキャベツというとかなりの量になると思う。
ネットでキャベツについて調べると、キャベツの葉一枚は50グラム〜60グラムで計算するようだ。そうすると450グラムだと、キャベツの葉が10枚近くになる。
そこで山下直子さんが紹介された「世界のじゃがいも料理」にあったコルカノンのレシピを参考にした。

材料 3〜4人分
じゃがいも(男爵薯系)大3個
キャベツの外葉(なるべく緑の濃いもの)3枚
細ねぎ・・2本
バター・・20グラム
牛乳・・・1/2カップ
塩・コショウ・・・適量

私は圧力鍋を使って、じゃがいもを茹で、皮を向いた。 圧力鍋は種類によって加熱時間がかわるが、私が持っているのはラゴスティーナというイタリア製。 シューッといってから10分ほど加熱し、自然にピストンが下がるのを待った。
そのあいだにキャベツの葉を茹でる。キャベツの葉は3枚で160グラムぐらいだった。450グラムだとこの3倍ぐらいになる。でもアイルランドの人はそれぐらい食べるのだろうか。

茹でたキャベツを細切りにし、細ねぎを小口切りにしておく。

皮を向いたジャガイモをもう一度鍋に入れて熱して水気を取る。 そこへバター(マーガリン)を加えてじゃがいもを潰しながら混ぜる。

温めた牛乳、キャベツの細切りを加えてまぜる。

ボウルに移し替え、塩・コショウで味付けをする。
細ねぎを散らす。

カレーライスの付け合せとした。 「おいしい。マヨネーズなしでこんなに味がでるのね」 とまずまずの評判だった。

山下直子さんが講座の中で映画「イン・アメリカ」を紹介されていたので、レンタルビデオを借りてきた。そこにハローウィンのときに隣人を夕食に招待する場面がある。そのときに出た料理の一つがコルカノン。
そしてデザートのケーキの中からコインが。
これはNHKの朝ドラ「マッサン」の場面で見たのと一緒だ!とびっくり。
マッサンはスコットランドでウィスキーの修行をしていたのだが、ケーキに指輪やコインなどを入れるという風習はアイルランドにもあったのかと思った。
調べていると、山下直子さんのブログにこの映画のことが紹介されていた。

http://naokoguide.com/blog-entry-3356.html

そこには映画の背景などが詳しく紹介されている。

アイルランドに旅行して1年近くたつが、山下直子さんの講座や、松本侑子先生企画のズームを使っての写真交換会など、こんなに深くアイルランドについて学べるとは思いもしていなかった。新型コロナウィルスのなかで、前向きに頑張っている人たちとつながることができて有意義な体験だった。