タラの丘 HILL OF TARA

アイルランド・カルチャー講座 第4回

アイルランド・カルチャー講座も4回目、後半に入ってきた。
アイルランドで行ってみたいところといえば、「風と共に去りぬ」の「タラの丘」。
多くの人がそう思っていると思う。
山下直子さんのお話によると、日本人の観光客が圧倒的に多いそうだ。

タラの丘はダブリンから北西36キロメートルのところにある。
ここには4〜5世紀ごろの土の砦が残っている。ケルトの人たちがやってくる前からこの地は聖なる場所としてあったらしい。


聖パトリックの像の写真を取り、サンザシ(英語名はホーソン)の樹の下を通り抜ける。サンザシは赤い実がたくさんついていた。

広い、草原のような丘。みわたす限りの草原、という雰囲気。
丸く盛り上がっているのは古墳らしい。古墳の中には新石器時代にさかのぼるものもあると山下直子さんは說明されていた。日本の古墳時代のずっと前から、ここで文化が栄えていたのだ。

この石柱は王の中の王が戴冠式を行ったと伝えられている。「運命の石 Lia Fail (リアフォール)または Stone of Destiny 」と言われ、「真実の王が触ると、唸りをあげる」という伝説があるそうだ。私は触ったけれど何もなかった(残念!)。ツアーの男性の添乗員さんに触るように促すと、「いやー、私が触って王になったら、みなさんと一緒に日本に帰れませんから遠慮します」と笑って答えてくれたことを思い出す。

土曜日の講座の後の追加のユーチューブで、山下直子さんは石柱には豊穣のシンボルとしての意味があることをおっしゃっていた。アイルランドでは大地は女性を表すそうだ。
近くの泉の紹介もあった。私は行っていないけれど、タラの丘周辺には7つの泉があるそうだ。また石柱の近くには泉が多いという、これもまた豊穣のシンボルとしての伝説が広がる背景にもなったのだと思う。

現在のタラの丘の紹介がビデオであった。 フェンスで囲まれているのにびっくり。
なにか修理中なのか、ひよっとしたら「新型コロナ感染予防」のため、観光客などが触らないようにしているのかもしれない、と山下直子さんの説明にあった。こんなところまで「新型コロナ」の影響があるのかと驚いてしまった。

山下直子さんの講義によると、「風と共に去りぬ』を書いたマーガレット・ミッチェルは、父方がスコットランドで母方がアイルランド出身だそうだ。曽祖父が農園主で作中のタラ農場のモデルとなっている。祖母がアイルランド移民と結婚し、南北線層の話をよく聞いていたらしい。それもこの作品に反映されているそうだ。物語の設定として、30年アメリカにいてもアイルランド訛りの抜けない父親、タラという地名をつけるなど、こてこてのアイルランド人が思い浮かぶようになっているらしい。

「愛蘭土紀行1」で司馬遼太郎さんは次のように書いている。
「・・・アイルランド人の形質や気質について・・・形質としては『アイリッシュ・ブルーの大きな目』(映画『ブルックリン』のシアーシャ・ローナンの青い目がそうだと思う)、民族性としては「アイルランド人が卑怯者だということはきいたことはない」、・・・さらには『アイルランド人はたとえ敗北に直面しようとも敗北を認めない。
 スカーレットは、百敗する。南軍が破れ、家も町も焼かれ、最初の夫も二度目の夫も戦いでうばわれ、三度目の夫のレッドバトラーも失踪した。すべてを失いながら、さいごに、昂然と顔をあげる。 『タラへ帰ろう。ー』 それは、彼女が父からゆずりうけた農場の名というだけではなかったろう。アイルランド人としての不撓の血が流れていることをわすれるな、ということをその地名をとなえることによって暗喩したのちがいない。再生への祈りでもあったはずである。」

アイルランド人の「土地への愛着」、土地を奪われてきた歴史的背景が、小説「風と共に去りぬ」にある、と山下直子さんはいう。
360度見渡せるタラの丘に立つと、スカーレット・オハラの気持ちが何となくわかるような気がする。草原のような大地と吹き抜ける風、広い空の下にいると、「よし、がんばろう」という気力がわいてくる。

「風と共に去りぬ」の続編として、「スカーレット」(アレクサンドラ・リプリー作、森瑤子訳)が紹介された。(左の写真はアマゾンのホームベージより)
私はこの本を読んでいないので、内容については触れることはできない。
しかし山下直子さんのお話で、アイルランドの西海岸側の町や史跡が写真とともに紹介されて、とても興味深かった。
行ったこともないところなので、機会があればと思っていると、この講座の質問に答えるユーチューブで、「司馬遼太郎さんのアイルランドツアーがあれば行ってみたい」という参加者からの意見が紹介された。「今はないけれど、皆様のご希望を聞いて・・・」という旅行社からの返答もあり、これは期待が・・・・。
ますますこの講座が面白くなってきた。

 

 

 

月齢早見盤4

これはインターネットて紹介されていた「月齢早見盤」。 山上企画というところが載せている。ここには詳しい解説がのっていて、作り方も紹介されていて、その仕組が丁寧に解説されている。
メトン周期のことものっていて、月齢早見盤の考え方を勉強することができる。

詳しいことは下記のホームページを是非参照してほしい。

http://yamagamiplanning.sakura.ne.jp/guide/texts/moonboard

鬼鬼西(おに おに にし)とは?

月齢の求め方にはいろいろとあるようだ。
ウィキペディアの月齢には、次のような式が紹介されている。

グレゴリオ暦からの月齢計算

グレゴリオ暦の日付から月齢を求める略算法として、堀源一郎氏が『天文月報』1968年7月号で発表した簡易月齢計算法がよく知られている

  • 西暦年数から11を引き、その値を19で割った余りを求め、11を掛ける。この値をaとする。
  • 月数から、以下の表に従って値を求める。この値をbとする。
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
0 2 0 2 4 5 6 7 8 9 10
  • 覚え方は、6月までは「おにおににし」と語呂合わせで覚え、7月以降は(月数-2)で求める。a+bに日数を加える。求めた値を30で割った余りが、その日のおおよその月齢である。但し、最大2程度の誤差がある。

ウィキペディアで紹介されている、堀源一郎さんの論文は

http://www.asj.or.jp/geppou/archive_open/1968/pdf/19680704.pdf

にPDFファイルで見ることができる。

ウィキペディアにある表は、堀源一郎さんの原本では次のようになっている。

堀源一郎さんがこの論文を発表されたのは1968年。1968年は上のウィキペディアにある計算式のaを求めてみると、
1968 – 11 = 1957
1957 / 19 = 103 
となり、余りはゼロになる。したがって a = 0
そのため堀源一郎さんの提示する式は f(月) と日の数とで計算でき、たいへんスマートである。

この0,2,0,2.2,・・・と続く数字はどのような考え方から出てきたのかを見てみよう。

月齢とは?

もう一度基本に帰って、月齢とは何だっのかを復習しておこう。
これもウィキペディアによると、

暦法における月齢(げつれい)とは、直前の朔の瞬間からの経過時間を日を単位として表したものである。

では、ある年の1月1日をスタートにして考えることにしよう。2020年は「うるう年」なので、平年で考えることにする。

そしてこれまで考えてきたように、朔望月の日数は変化するので、平均を取り 29.5 日で一巡するとして計算することにする。実際の月の経過による日数と、29.5 日を一ヶ月として計算したものを表にすると次のようになる。

表の解説をすると、
現在の暦が月の朔望月と同じなら、毎月同じ日には同じ月齢になることはわかる。
しかし現在の暦は月によってその日数は違うので、月齢と日にちは一致しない。
また 29.5 日という、平均値を利用しているので「誤差がある」ということも忘れないでおこう。

2021年1月1日の月齢は、「こよみハンドブック」によると 17.4 である。

2月1日は、上の表によると 1.5 の差があるので
17.4 + 1.5 = 18.9 
となり、「こよみハンドブック」を見ると 18.9 である。

5月1日を見てみよう。上の表によると5月1日は2の差がある。
17.4 + 2 = 19.4 
「こよみハンドブック」によると 19.0 である。

12月1日を見てみよう。上の表によると12月1日は 9.5 の差がある。
17.4 + 9.5 = 26.9 
「こよみハンドブック」によると、26.2 である。

12月31日は
17.4 + 9.5 + 31 = 57.9
57.9 – 30 = 27.9
「こよみハンドブック」によると、 26.8 であり、約1の誤差である。

これは誤差が1から2ある簡便な式であることを忘れないでおこう。

現在の暦と平均の月の動きとの差を考えてきたので、その数を覚えるための一工夫をしている。
「1.5 を2,3.5 を4、5.5 を6、7.5 を8、9.5 を10と見なす。
ゼロを『お』と読み、『2』は『に』とよんで、『お、に、お、に、に、し』と続け7月の5からは順に、5,6、7、8、9、10」としたのが、この「おに おに
にし5678910」という覚え方」なのである。
この覚え方で12月31日を計算すると、(ハンドブックでは26.8 )

17.4 + 10 + 31 = 58.4
58.4 – 30 = 28.4
となり、誤差は2の範囲内におさまっている。

このようにして、調べたい年の1月1日の月齢がわかっていれば、任意の月日の月齢が、概算だけれども誤差2以内で計算することができる、というのが堀源一郎さんの論文の言わんとしていることだと私は思う。

 

 

 

 

 

 

月齢早見盤3

上の図は前回「ものづくりハンドブック10」で紹介した「立体月齢早見盤」の型紙。この型紙は「ものづくりハンドブック10」に載っているが、出版元の仮説社のホームページから無料でダウンロードできる。

2000年以降の式 C=((Y-2009)%19)×11+M+D  

前回上記の式が成り立つ、という記事の紹介をした。
この式の計算方法は次のようになる。

2020年6月20日の月齢を求めてみることにする。

(2020ー2009)%19=11%19=11
 これは11÷19の余りを計算している。(0余り11)

11✕11=121
121+M+D=121+6+20=147
147ー30=117
117ー30=87
87ー30=57
57ー30=27・・・・計算の結果による月齢

「こよみハンドブック」によると2020年6月20日の月齢は28.4

「一日前後の誤差はある」ということだから、十分な結果だと思う。

ではこの計算式はどのような考え方から出てきたのだろうか、と考えるのが私の好奇心のなせる技。
前回紹介したホームページに従って、私が理解したものをここに紹介してみよう。

http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0250.htm

1.日数から月齢を推測する考え方

月の満ち欠けを朔望という。そして朔(新月)から次の朔(新月)までの周期を朔望周期という。この朔望周期は一定のものではない。朔望周期の計算は私の手には負えない。ここではホームページに有るように、平均の朔望周期を使って考えていく。

平均朔望周期は29.53059日。
朔(新月)の日がわかっていれば、平均朔望周期の2倍経過した日も朔と予想ができる。同様に平均朔望周期の3倍、4倍、5倍と整数倍経過した日も朔と予想できる。

この考え方を使って考えてみよう。
たとえばY年M月D日が朔の日だとする。この時の月齢は0。
100日後の月齢を予想してみよう。

100 / 29.53059 = 3  余り 11.4

平均朔望周期の3倍と11.4日という計算結果が出る。
この11.4日が朔の日から経過した日数だから、これが月齢だと考えられる。

2.実際に計算してみよう。

では2020年7月1日の月齢から、1日後、1月後、1年後の月齢を推測してみよう。 「こよみハンドブック」によると「2020年7月1日の正午の月齢は 9.8 」

1.1日後の2020年7月2日の月齢は

1日後の月齢は殆どの場合現在の月齢プラス1となる。したがって
「2020年7月2日正午の月齢は10.8」
「こよみハンドブック」も6月2日正午の月齢は 10.8 とある。
 このへんは「当たり前」のところ。

 計算の途中で30を超えるときは30の整数倍を引く。
(これはホームページによると、途中で朔がはいってくると、そこが0になって計算をはじめていくことになる。そして朔望周期は30をこえることがないので、計算結果が30を超える場合に上のような修正のための処置をするという注意が書かれている。)

2.1月後の2020年8月1日の月齢を計算してみよう。

 7月1日から8月1日までの日数を数えればいいわけだが、1月後の月齢なら日数を数えるのは簡単だが、何ヶ月後の月齢となると大の月と小の月、さらに2月と、間隔が広がってくると7月1日からの日数を計算する手間がかかってくる。
ここで朔望周期の平均を考えたように、「1月の平均日数を考え、30.5 日」とするという概略計算の方法をとることにする。

 7月1日から8月1日までの日数を 30.5 日とすると、

 30.5 / 29.53059 = 1 余り 0.97

 カレンダーの上で1月が経過すると、この「余りの分」だけ月齢が増えることを意味している。そうすると

 2020年8月1日正午の月齢= 10.8+ 0.97 = 11.77

「こよみハンドブック」で調べると、2020年8月1日正午の月齢は 11.4
 平均を使っての概略計算でこれぐらいの結果がでるのなら、この方法を信用しても良さそうだ。

3.1年後の2021年7月1日の月齢を計算してみよう。

 平年は1年は365日、うるう年は4年毎に366日。一年を平均すると 365.25 日と考えることができる。

 365.25日の月齢の進み方を計算する。平均朔望周期を 29.53059 とすると、

 365.25 /  29.53059 = 12 余り 10.88

 1年で平均して月齢は 10.88 進むことがわかる。
1年後の2021年7月1日正午の月齢は

 9,8 + 10.88 = 20.68

 「こよみハンドブック」によると2021年7月1日正午の月齢は 20.7
   これはなかなかの結果ではないか。

この計算方法はますます信頼できることがわかる。
さて私が理解できた任意の年月の月齢の出し方は次回に説明したい。