蝶の足は何本?

緊急事態宣言がまだ出されていない時の奈良、大仏殿。
3月の下旬。桜もやっと咲き始め、満開になるのはもう少しかなあ、という時。
平日なのもあわせて、観光客はとても少ない。
外国からの観光客はほとんど見ない。

大仏さんの右にある飾りに注目。
花瓶に花と虫の姿が見える。

姿形は蝶のような虫。

一見したところ蝶のように見える。
しかしこれは学問的に言うと蝶ではない。
なぜかというと「足が8本」あるからだ。
足が8本ある虫は現在では「クモ綱」に分類される。
蝶は「昆虫綱」に分類され、足は6本。いわゆる昆虫の仲間である。
では大仏殿にあるこの虫は何なんだろう。
まわりにはこれについての説明を書いたものは見当たらなかった。

この蝶のような飾りを見て、「蝶?、でも足が8本もある」とつぶやいている親子連れの小学生もいた。よく勉強していると感心、感心。

ブログを見ると、「8本足の蝶」についていろんな意見がある。
神格化してみたり、異型の生き物であったり様々な意味づけがあるようだ。

私の思うところは「この飾りを作った人は蝶の形の飾りを作ろうと思った」と思う。
ただ「蝶について正しい姿を知らなかった」と思う。
頭の中にある蝶のイメージで作ったというのが私の意見。

なぜかというと、明治維新までの日本人には「昆虫」という概念がなかったからだ。
「虫」という概念で、蝶もトンボもクモもムカデもとらえていた。
「蝶は昆虫の仲間」という考え方が広まったのは、明治維新以後のものであると私は思う。
生物の分類学の基礎を作ったリンネは1700年代の人。江戸時代の人だ。
大仏殿は二度の焼失でそのたびに再建されている。現在の大仏殿は江戸時代ものだ。

大仏の横の花瓶と蝶のような飾り物もこの時期に作られたのではないだろうか。
そうすると江戸時代の日本人の感覚、「蝶も虫一般」だから足による分類があることは知らなかったと思う。
「足が6本でも8本でもそんなに違いがない」と多くの日本人が考えていたから、この8本足の蝶のような虫を見ても違和感がなかったのでなないだろうか。

遠足や修学旅行で訪れる小中学生はこの「不思議な生き物」の飾りを見てどんな事を言っているのだろうか?と気になるし、質問をぶつけられた先生は何と答えているのだろう?
大仏殿でこの「蝶のような不思議な虫」を見て、日本人の虫にたいする見方をいろいろと意見を出し合うのも面白いとも思う。

この日は学校の遠足も修学旅行生もいない静かな大仏殿だった。

柱くぐりも人が少ないので、何度も楽しんでいる人もいた。 これがいつ頃からあったのか、諸説あるそうだ。再建前にもこのような柱があった、という文献もあるそうだ。 そうすると、再建する時にわざわざこの柱を作ったのかもしれない。

とにかく、こんなに静かな大仏殿は初めてだった。

お昼は「釜飯」で有名な「志津香」でいただく。
行列ができていたが、それほど待つことはなかった。

興福寺の五重塔、国宝館の「阿修羅像」を見て帰ることにした。

3月末の奈良の様子は静かだったが、5月の連休中の奈良はどうなのだろうか。
緊急事態宣言がはやく解けてほしいが、それには私達一人ひとりの行動にかかっているのだろうと思う。

 

 

 

 

 

 

スカイミラーの旅9

スカイミラーへ行くボートの発着場。 私達が帰る頃には、バスが2台停まっていた。
スカイミラーに上陸できる時間は限られているため、観光客も殺到するのだろう。

昼食は川の上に、京都の川床のようにはりだしたレストラン。

川で取れた貝の料理などが出た。砂が残っていて、十分に砂抜きがなされていないなあ、と思いにながらも食べた。その夜、少しおなかの調子が悪くなった。
他の人にはそんな症状がなかったようだが、私はあの貝が悪さをしたと思っている。

昼食後、バスに乗ってホテルに帰る。 日本へ帰る飛行機は22時40分発の予定。 ホテルでフィットネスクラブのシャワーを浴び、着替えて空港へのバスを待つ。
ロビーではハープの演奏がされていた。

飛行機の座席は最前列だったのでゆとりがあった。
日本とマレーシアの空路は片道6時間ほどだが、私はこの旅行では映画を全く見なかった。それは小野不由美著「十二国記」の最終巻を読んでいたからだ。18年ぶりの新作、しかも4冊。3冊めの後半で「やっとここで王の生死が・・・」と思わず声をだしたくなるほどの、読みだしたら止まらないシリーズ最新作。
この旅行の往復で読み切ろうと思っていたから、映画を見なかったわけ。

飛行機は地球の夜の部分を飛んでいる。

マレーシアから乗ってきた飛行機にお別れ。関西空港はまだ暗い。時刻は5時40分頃、予定通りに日本についた。

手続きに1時間ほど。 電車に乗っている途中で日が昇ってきた。
今日は日本晴れになるかもしれない。

スカイミラーの旅も終了。スカイミラー、これから有名になるだろうなと思う。

 

 

 

スカイミラーの旅8

写真でわかるように、どこでもポスターにあるような鏡面になっているのではない。
 人が歩くと砂浜の砂はまいあがり、凸凹になる。
 それでも見る角度を変えていくと、きれいに反射して見えるところがある。
 それは砂と海水の層の厚さと太陽の光の強さがうまく言っている場所、そして何よりも砂が平らになって、鏡の面を作っているところだと思う。
 ではポスターのような美しいミラーになった写真は撮れるのだろう?

それがわかるのがこの写真。
箱のようなものがある。この中にカメラマンが入り、低い角度から写真を取る。
写真を撮る前に、被写体となる人とカメラマンの前の砂を丁寧に平らにしている。
平らにした砂の上に人が入らないように注意をしている。距離も大切なようだ。
現地の若い青年がカメラマンになって、箱の中に入ってねそべるような低い姿勢で、まず専用のスマホで写真を取る。
ポーズを変え、注文に答えていろんな写真を撮っている。
最後には希望があれば各自のスマホで写真を撮ってくれる。
何組もの写真を取るのは大変だなあ、と私は思った。
つらそうな顔もせず、黙々と写真を撮ってくれる。

別のグループの様子を写真に撮ってみた。
箱に入ったカメラマンが撮ると、下の写真のようになる。

このような写真は、データーして各自のスマホに送られてくる。
また各自のスマホで撮ってもらった写真もきれいに撮影されている。

遠近効果を利用すると、高さ10センチくらいのバズーと同じぐらいの大きさで写真になることあって、ツアー参加者はいろんな工夫をしていた。
逆立ちで写真を撮る人、どっちが上か下かと楽しめる。
パラソルにまたがって飛び上がった瞬間を撮ってもらうと、魔女の宅急便になる。
見ていても楽しかった。

スカイミラーは私の予想よりもずっと大きな島だった。 満潮になったらこのあたりはすっかり海水につかってしまうのだろう。 大きな船はたぶんこの付近は通行できないと思う。そんなところからこのスカイミラーは発見されたのかもしれない。
さて、帰る時間となった。

ボートはスピードを上げて、陸地に戻る。 このあとは少し遅めの昼食となる。