金沢で外乗

金沢の内灘と千里浜での外乗

金沢の海辺を走るという外乗の案内があったので申し込んだ。

ここには内灘という海岸と、千里浜という海岸があり、そこを馬で走るという外乗だ。海辺を走るというのは魅力的なもので、いつか行ってみたいと思っていた。

サンダーバードに乗って金沢へ。

ここは金沢駅の構内。「あんやと」とか「あんと」というのは、金沢周辺での言葉で「ありがとうございます」という意味だとバスの運転手さんがおしえてくれた。
大阪弁の「おおきに」みたいなものだろう。

バスに乗って小一時間。海辺にある「クレイン金沢」にやってきた。

目の前に広がっているのが日本海。内灘だ。この日は暖かかったが、冬になると車がやってこれないほどの雪が積もるそうだ。

ここは障害のレッスン以外は屋内で行われている。

いいお天気だったが、馬にとってのコンディションはもうひとつのようだった。 私の乗った馬では、駆け足が数歩でただけ。 指導員さんも「今日は駆け足が出たらもうけもの、というぐらいです」と言っていたい。
というのは、週末のため家族連れなどが浜辺であそんでいて子どもたちの甲高い声があったり、浜辺の掃除のためかクレーン車のようなトラックが走っているからだ。
また海浜清掃で集められた色とりどりのゴミの山があちこちにちらばっている。 海や浜の上空ではタコのようのものが飛んでいる。「馬にとっては日常の空間でなくなっているので不安なようです」、と指導員さんは言っていた。

ホテルは金沢市内。階上のレストランから兼六園・金沢城公園が見える。

二日目はバスに乗って直接に千里浜に移動。馬も車に載せられて海岸に来た。

この浜は車が走ることができるので有名なところ。 そこを馬が走っているのは、車の運転手にとってもびっくりのようだ。

アクシデントがおきたので、1回目の走行で中止となり、2回目、3回目の走行はなくなった。

この馬はミニホースのトトロちゃん。みんなの人気者だ。お手ができるミニホースだけれど、体重は100Kgを超えているという!

外乗は、天候や馬の調子、施設の安全性、スタッフの対応など、考えることが多い。

さて来年に再びチャレンジしたいが、それまでにもっと練習しておこうとも思った。

右の写真は一日目の夕食のため金沢市内を歩いていた時にとったもの。月とハナミズキ。
金沢市内の街路樹は、ハナミズキが多かった。
ハナミズキが日本に広まったのは、日本がアメリカ(ワシントンDC)に桜(ソメイヨシノ)を贈ったお礼として送られてものがハナミズキだったからだといわれている。
ハナミズキはアメリカ原産のものだが、今は日本の各地に広がり、桜とともに春の花として知られている。金沢でハナミズキを見るとは予想もしていなかった。

 

 

 

 

小泉八雲旧居

ここは松江城のそばにある、「小泉八雲旧居」。

小泉八雲といえば「怪談」の作者としてたいへん有名。
ラフカディオ・ハーンの文学者としての功績はよく知られている。しかし最大の功績は「西洋人としては珍しいほど日本に対する偏見がなかったこと。好意的な眼で当時の日本を広く世界に紹介したこと」と言われている。
その小泉八雲の旧居を訪れた。

入口前の案内には次のように書かれている。

小泉八雲旧居(ヘルン旧居)
怪談「雪女」「耳なし芳一」でなじみの深い、明治の文豪・小泉八雲。英語教師として松江に赴任した八雲は、セツ夫人と結婚した後、かねてからの念願であった「武家屋敷」を求めて借りて暮らしました。当時のこの屋敷は旧松江藩士根岸家の持ち家で、あるじ干夫は簸川郡(ひかわぐん 現在の出雲市)の郡長に任命され、任地におり、たまたま空き家であったのです。部屋をぐるりと取り囲む庭は、干夫の先代根岸小石の手によるもの。自然の山水を絡めたこの庭は、八雲の名著「知られざる日本の面影」のなかでも、あますことなく、その魅力が描かれています。さあ、どうかみなさまも松江時代のヘルン先生の世界を心ゆくまでお偲びください。

門を入って、左側に高浜虚子の俳句を刻んだ石があった。

「くはれもす八雲旧居の秋の蚊に」

高浜虚子が昭和7年(1932年)に、山陰を訪れたときの句だそうだ。
高浜虚子はこの小泉八雲旧居を訪れたそうだが、本当に蚊に食われたのだろうか?

 

どうして「ヘルン先生」というのだろうと思っていた。ラフカディオ・ハーン(Lafcadio Hearn)の Hearn を当時の人達はヘルンと読んだことからきているらしい。

入り口でもらったパンフレットにこの家の見方が説明されていた。

小泉八雲旧居は、八雲の居間、書斎、セツ夫人の部屋などをぐるっと取り囲む庭が、観覧の対象です。八雲はこの屋敷全部を借りて住んでいましたが、公開は一部です。
ここは住宅の構造を見るだけでなく、八雲自身になって作品「知られぬ日本の面影」の舞台となっている庭を見ていただきたいと思います。日本全国各地に著名人、文化人の旧居はたくさん残っていますが、住居に付随する庭が重要な作品の対象になっている例は、他にありません。・・・略・・・西洋人である小泉八雲が日本の庭をどのように見たのかということが重要なのです。

小さな庭だけれど、とても丁寧に手が入れられていることがわかる。

小泉八雲の机。ここで仕事をしていたという。 小泉八雲は16歳のときに左目を事故で失明し、右目も強度の近視であったため、原稿を書くのに苦労したそうだ。この机は、松江で特別注文して作ったもの。机は通常より背が高く、メガネを掛けなかった八雲は、原稿に目を擦り付けるようにして仕事をしたと伝えられている。

落ち着いた雰囲気の日本家屋だ。 風通しも良く、静かな生活が想像できる。
季節の折々の変化を楽しんだのだろう。楽しめるという心が、ラフカディオ・ハーンの感性ゆえのものだろうと思う。

庭で手入れをする人の姿が見えた。 こういった人たちがこの旧居・庭を、小泉八雲がいた、もとの姿で保存しているのだろう。

小泉八雲旧居のとなりに、「小泉八雲記念館」がある。
ここは写真撮影禁止だったので、ここでは紹介できない。
もう一度訪れることがあれば、資料を集めてみようと思う。
その時までに、小泉八雲の作品を読んでおこう。そしてラフカディオ・ハーンの作品を英語で読めればなあと思う。

 

 

アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 26

番外編

25回の連載で書けなかったことをここで書いておこうと思う。

アメリカの郵便ポスト

アメリカの郵便ポストは青い。国によってポストの色は違うのだ。

文学史年表

こんな機会だからと年表を作ってみた。
画面では読みにくいが、クリックすると拡大する(はず)。
エマソン、ホーソン、ソロー、ルイーザ・メイ・オルコット、マーク・トウェイン、ロングフェロー、ハリエット・ビーチャ・ストウ、ジーン・ウェブスター、ルーシー・モンゴメリーの9人だ。
全員が江戸時代、明治時代の人たちだ。また南北戦争を経験している。
1862年の奴隷解放宣言後に生まれたのは、ジーン・ウェブスターとルーシー・モンゴメリーだけ。
ルイーザ・メイ・オルコットの少女時代にエマソン、ホーソン、ソローが大人だったこともわかる。

南北戦争の前後に、今回のツアーに関係する人たちが作品を書いている。
ロングフェローの「ポール・リビアの騎行」と南北戦争が重なっているのは、そういう時代背景があったのかと考えさせられる。

ルイーザ・メイ・オルコットの書いた「若草物語」を、ジーン・ウェブスターやルーシー・モンゴメリーが 少女時代に読んだことが想像できる。また「若草物語」に「アンクル・トムの小屋」が登場するのもうなずける。

ジーン・ウェブスターが「あしながおじさん」を書く前に世界旅行をし、日本にも立ち寄ったのは、明治時代だったこともこの年表から確かだ。
まだまだ私の知らないことが読み取れるのかもしれないが、私の力ではここまで。

旅の後で読んだ本

たまたま図書館で目に入った本。この本の著者のパトリシア・マキサックさんのあとがきを紹介する。

「この物語の中のできごとは、テネシー州ナッシュビルで育ったわたしの子供時代にほんとうにあったことです。
 ナッシュビルには、1950年代のたいていの南部の町と同じように、人種差別法がありました。ホテル、レストラン、教会、遊園地には、ジム・クロー法という法律によって人種を差別する看板が出され、アフリカ系アメリカ人を排除していました。さらに、バスがわれたり、公園にある水飲み場も別などという侮辱に耐えねばなりませんでした。しかし、1950年代の後半、ナッシュビル公共図書館運営委員会は、すべての図書館は人種に関係なく、だれでも使えることを議決しました。街の中心にある図書館は、ジム・クロー法の看板をとりはずし、黒人でも敬意をもって迎えられる場所となりました。
 たいていのアフリカ系アメリカ人の親たちは、子どもが人種差別を受けても対処できる年齢になるまでは、共同体の外に1人で出ていく危険を許さなかったものです。わたしの場合には、12歳になってやっと、1人で図書館に行かせてくれました。本書のパトリシアとおなじょうに、そのころのわたしはどんな状況でも乗り越えられるだけの愛と自尊心を身につけていました。図書館へ行く途中で、わたしはあらゆる形の人種偏見や差別に向かい合わなければなりませんでした。でも、図書館は、どんな苦労をしてでも訪れる価値のある、たいせつな場所でした。・・・・後略」

ボストンで見た公共図書館、ハーバード大学の図書館、ヴァッサー大学での図書館、どの図書館も市民に開放されていて、建物自体も魅力ある図書館。図書館の果たしてきた役割の素晴らしさに気付かされる。
それにしてもジム・クロー法は1964年まで存続していたと言う。奴隷解放宣言は1862年に出されている。100年以上も実質的な人種差別は続いていたのだ。
法律的な差別がなくなって60年ほどしかたっていない。アメリカの取り組みはまだまだ始まったばかりだし、それは全世界に共通なことであることに気づいた本だった。

これはアメリカのネイティブアメリカン本人が書いた本。

原題は The Absolutely True Daily of a   Part-Time Indian

訳者あとがきから紹介すると、
「これは、北米先住民のスポーケン族の保留地で生まれ育ち、生き抜いていくためにさまざまな冒険をせざるをえなかった少年の、ホントにホントで、ちょっぴりフィクションの自伝的物語です。(ちなみに後のホーンブック賞を受けたときのスピーチでは、78パーセントが事実だとアレクシーは言っています。)

訳者のさくまゆみこさんは、面白くて食事も忘れて一気に読んだ、というようなことも書いている。ホントかな?よくそういう本の宣伝があるが?と疑り深く読み始めた。ホントに一気に読んでしまった。電車のなか、喫茶店の待ち時間、ずっと読み続けてしまった。たしかにこの本はおもしろい。
ネイティブアメリカンの現実については、私は全く知らなかった。自分の世界を切り開くアーノルドの語りと行動は魅力的で、読む人が元気になってくる本だ。
少数民族の現実とそこで「がんばる」若者。闘う人間の姿と闘うことができるようになった現代のアメリカ、そのことが共感できるようになった現在の世界に、未来への希望を感じる本だった。

見のがした絵

左はメトロポリタン美術館にある「デラウェア川を渡るワシントン」(エマヌエル・ロッツェ作)。
見るのを忘れていた絵。

忘れていたと言っても、実際は、あまりにも見るものが多く、時間がないというなかで、日本に帰ってから、この絵はメトロポリタン美術館にあったのか、と気づいた絵。(絵はウィキペディアより)
ボストン美術館で見たワシントンの絵と、同じテーマの絵だ。

1776年12月25日、ワシントンが軍隊を率いてデラウェア川を渡る場面が、モチーフとなっている。このデラウェア川を渡ったり、トレントの戦いに勝利するきっかけをつくったワシントンの決断は有名なのだろう。

この戦いのことが頭にひっかかっていたのは、「マジック・ツリーハウス」の22巻、Revolulionary  War  on  Wednesday  (日本語版では11巻「戦場にひびく歌声」の中の第2話「託された手紙」)を読んでいたからだ。

左の写真がペーパーバック版の表紙。メトロポリタン美術館の絵を参考にしてこの表紙が書かれていることがよくわかる。主人公のアニーとジャックがワシントンのそばにいる兵士たちに置きかわっているが、全体の構図はそのままだ。
アメリカに行ったらこの絵が見ることができるかも、と本を読んでいる時は思っていたが、どこにあるのかまでは調べていなかった。もう少し事前に調べていれば、いつもそう思う。

ブログを書きながら、あれも見ておくべきだった、これも聞いておくべきだったと後悔するのも、旅の楽しみだろう。
来年は「ハイジ」と「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台スイス方面へ。
「ハイジ」の本を買って、勉強しょう。これもいつも思うこと、、、。
若草物語とあしながおじさんの旅もこのへんで中締め。

 

 

 

アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 25

六日目 日本へもどろう

まるで宇宙船のようなエレベーター。

エレベーターがホテルの真ん中にある。各階のエレベーターのボタンを押すと、どのエレベーターに乗るかをアルファベットで知らせてくれる。そのエレベーターに乗るのだが、エレベーターのデザインが写真のような未来的なもので楽しくなる。

8階のロビーに朝食レストランやチケット売り場やショップがある。ロビーに座ってエレベーターを見上げると未来都市のようだ。

ニューヨークの表通りは案外きれいだった。写真のように朝に清掃をしている人たちがいる。写真左には靴磨きのスタンドがある。

ニューヨークの摩天楼が遠くに見える。

ここはジョン・エフ・ケネディ空港。

カレーを食べながらビデオを見る。
帰りの飛行機で見たビデオを3本。

◯左の写真に写っているのが
「ラ・ラ・ランド」
2016年公開の作品。第89回アカデミー賞で6部門受賞の有名な映画。期待通りの映画だった。
映画の定石どおりの進行。人生の春・夏・秋・冬が描かれていて、なるほどなあ、とちょっとセンチメンタルになる作品だった。

◯モアナと伝説の海
あまり期待していなかったが、おもわずのめり込んでしまったアニメ。
モアナの歌声がとてもよかった。
声優はハワイ出身のアウリー・クラバーリョ。今後活躍が期待されているらしい。

◯パッセンジャー・・・日本でのキャッチコピー「乗客は5000人、目的地まで120年、90年も早く二人だけ目覚めた、理由は一つ・・・」
SF映画の王道をいく映画。美男美女だから成立するストーリー。でも映像は美しかった。ツッコミどころ満載なのだが、ジェニファー・ローレンスの魅力と、人類が生き残るという終わり方でよしとしよう。

日本航空だから朝のおかゆもおいしい。

ニューヨークは夜になった。東京は昼。昼夜境界線がよくわかる。

日本上空に戻ってきた。

荷物を引き取る。時刻は16時20分。全員無事、病気になった人、怪我をした人はいなかったと思う。天候もよく、多少の雨もあったが、そのあと虹が見え、いい思い出になった。
勉強がメインのこのツアー、とても楽しかった。
羽田空港なので、ここから飛行機で伊丹まで。荷物は別便、年齢と経験で少しでも楽な旅を考えるようになる。さて来年の松本先生のツアーは「ハイジ」と「サウンド・オブ・ミュージック」の世界。とても楽しみ。

 

 

アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 24

五日目 マンハッタンぶらぶら

ここは知る人ぞ知る、あのカーネギーホール。

玄関のガラス越しに写真を撮る。中には入れなかった。
中島みゆき、高橋真梨子などが出演したことがある有名なホール。

米倉涼子の出ている「シカゴ」のポスターと劇場。

アラジンの他に、ミス・サイゴン、オペラ座の怪人、ライオンキング、オン・ヨア・フィートなどのミュージカルが上演されている。 日本のように「ライオンキング」だけ、というのではなく、ブロードウェイにある劇場でいろんなミュージカルが上演されているのだ。
道頓堀に、中座、朝日座、角座などの芝居小屋があったようなものなのだろう。

チョコレートで有名な HERSHEY’ CHOCOLATE のお店でお土産を買う。

向かいがわには、m & m’s のお店が。ここにもよってお買い物。

ニューヨーク最後の夜のお食事会。みなさん少しドレスアップをして、楽しそう。

これでもか、というぐらいに沢山の料理が出てくる。またそれが美味しい。

デザートも出て、最後はコーヒーと紅茶。完食ならず、もうお腹がいっぱい。

ディナーのあとは TOP OF THE ROCK.
ロックフェラーセンター70階にある展望台に昇る。チケットを買うのにもかなりの列。ここも人気スポットのようだ。

このTOP OF THE ROCK. は、自由行動なのでガイドさんがいない。360度の視界でも、どれがどのビルだかよくわからいのが残念。お昼だったらわかったかも知れない。 月も出ていて写真に取るが、三脚がないのでうまくとれない。ガラスの映り込みもあり、夜の写真は難しいなあ。

左が夜のロックフェラーセンター。ライトアップが美しい。
昼に見たときとまた雰囲気が違う。

ここから地図を見ながら歩いてホテルに戻る。

まるでクリスマスのようなイルミネーション。 バスから見たバルーン人形はロックフェラーセンターをバックにし、大きかった。
道がわからなくなったので、地図を見せてホテルを聞く。指をさしてあの道路へ行け、といった感じで教えてくれた。無事にホテル到着。
アメリカ最後の夜。明日は日本に向けての旅。