ディズニーシーそばの三角点

三角点を探る旅 43

地図を見ると、ディズニーシー駅のそばに三角点があることがわかった。
ディズニーシー駅の横にある「浦安市運動公園」の中にあるようだ。

上の写真の右フェンスの向こうにあるようだ。
行ってみると、そこは、

アンツーカーと芝生の立派な陸上競技場だった。

建物の受付で、三角点のことを聞いてみる。 「三角点?」とびっくりしたような返事。4年前というから 2014年(平成26年)この陸上競技場ができたということだ。
係の人と一緒にフィールドのまわりや、フェンス付近を歩いて調べさせてもらった。
私の見た限りでは見つからなかった。
受付の人も「三角点のことについては,まったくわかりません」という返事だった。
「以前はここは野球場だっんですよ」とおっしゃっていたが、工事の中で三角点は消えてしまったようだ。

大阪に帰ってから国土地理院のホームページをしらべると、ここの三角点の写真があった。

なるほど、野球場らしいフェンスが見える。

「平成23年12月22日」の調査の写真のようだ。
金属の蓋には「三角点 国土地理院」という文字が書かれている。
平成23年だから、陸上競技場ができる前の写真であることがわかる。

上の写真はグーグルで見た現在のディズニーシー周辺のもの。
きれいなアンツーカーの陸上競技場。以前は野球場だったということだ。
この建設工事の中で移転されたのか、埋められたままになっているのか、それはわからない。
国土地理院の写真によると、金属の蓋があったからその中に三角点があったのだろう。ひょっとしたら競技場のフィールドの周囲の芝生の中にあったのかもしれないが、そこまでは調べることができなかった。
関係者らしい受付の人の話では、三角点の移設などの話は聞いたことがないということだ。四等三角点だからマイナーな話題だったのかもしれない。

ディズニーシーのそばにある三角点、とワクワクしながら行ったが見つけることはできなかった。残念な話だ・・・・。

 

 

 

 

ディズニーシーにある、フーコーの振り子

フォーレスト・エクスプロレーションには、おもしろいものがたくさんある。

「カメラ・オブスクラ」のある建物からすぐ隣の建物にあったのは、「フーコーの振り子」ではないか。
結構な高さの振り子だ。

そばにある説明板には、

「偉大なるイタリアの天文学者、数学者、そして物理学者であるガリレオ・ガリレイは、振り子の振動の周期は振幅の大きさにかかわらず、一定であるという性質を発見した。またガリレオは近い将来、時間の計測において、振り子の性質が大いに役立つことになるだろうと述べている。
・・・(略)・・・・」とあり、「フーコーの振り子」という言葉は書かれていない。

私が本物のフーコーの振り子を見たのは、大学生の時だった。東京学芸大学に行ったとき、ホールの天井からぶら下がっているのを見て、「これがフーコーの振り子か」と感心したことを覚えている。

東京浅草にある「国立科学博物館」に行ったときも、「フーコーの振り子」を発見し、「科学館というところには、やっぱりフーコーの振り子はないとねえ」と思ったこともある。
姫路科学館にも「フーコーの振り子」があった。ここはディズニーシーの振り子と同じように、振り子の周りにピンが並べられていて、振り子の重りがピンをたおしていた。

「フーコーの振り子」は地球が自転していることを物理的に証明する素晴らしいものなのだが、そのことがここディズニーシーの「フーコーの振り子」の説明になかったのが残念だった。
フーコーがこの実験を行ったのは、1851年のことだと伝えられている。(フーコーの振り子がなぜ地球の自転を証明するのかの説明はここでは省く。インターネットで検索するといろんな説明が載っているのでそれを参照されたい。)

プラネタリウムもある。水星、金星、地球、火星、木製、土星の惑星を動かすこともできる。天井には銀河の星々が輝いており、ゆったりとした時間が流れている。

 

これはレオナルド・ダ・ビンチが考えた羽ばたき式の飛行機ではないか。
ここだけでも丸々一日かけて見学したいところだ。
フォーレスト・エクスプロレーションは、本当に面白いところだ。

 

 

 

 

 

 

 

ディズニーシーにある、カメラ・オブスクラ

ひさしぶりにディズニーランドとディズニーシーに行ってきた。
上の写真は飛行機の中から写した富士山。
「頭を雲の上に出しー」という歌の通りの写真になった。

目的地はフォートレス・エクスプロレーション。ここに長年の間、是非実物を見たいと思っていたものがある。

カメラ・オブスクラだ。私の思っていた以上に大きかったし、画像も鮮明だった。
これならこの画像を利用して写生画を描くことができたことが理解できる。

天井に穴があり、そこから鏡とレンズを通して外の風景を写しているのだ。

上の写真はウィキペディアからの資料。
ディズニーシーにあるフォーレスト・エクスプロレーションに、この資料にあるようなカメラ・オブスクラがつくられている。

鏡の部分をアップすると、

よく磨かれた鏡と、精度の良いレンズが有るに違いない。 これだけ鮮明な画像が映し出されるというのは、レンズの大きさと精度の良さからくるものかもしれない。 私の自作のカメラ・オブスクラでは、これほど美しい画像は映し出されなかった。 ディズニーシーに来てよかった、思えた瞬間だ。

ディズニーシーの案内の人に「カメラ・オブスクラは?」と聞くとすぐに教えてくれた。ただ、「カメラ・オブスクラとは何か」という説明は私の見た限りどこにもなかった。カメラの原点となったカメラ・オブスクラ。説明パンフとか説明のボードがあればなあと思った。
カメラ好きな人には必見の場所だと思う。

 

 

 

金沢で外乗

金沢の内灘と千里浜での外乗

金沢の海辺を走るという外乗の案内があったので申し込んだ。

ここには内灘という海岸と、千里浜という海岸があり、そこを馬で走るという外乗だ。海辺を走るというのは魅力的なもので、いつか行ってみたいと思っていた。

サンダーバードに乗って金沢へ。

ここは金沢駅の構内。「あんやと」とか「あんと」というのは、金沢周辺での言葉で「ありがとうございます」という意味だとバスの運転手さんがおしえてくれた。
大阪弁の「おおきに」みたいなものだろう。

バスに乗って小一時間。海辺にある「クレイン金沢」にやってきた。

目の前に広がっているのが日本海。内灘だ。この日は暖かかったが、冬になると車がやってこれないほどの雪が積もるそうだ。

ここは障害のレッスン以外は屋内で行われている。

いいお天気だったが、馬にとってのコンディションはもうひとつのようだった。 私の乗った馬では、駆け足が数歩でただけ。 指導員さんも「今日は駆け足が出たらもうけもの、というぐらいです」と言っていたい。
というのは、週末のため家族連れなどが浜辺であそんでいて子どもたちの甲高い声があったり、浜辺の掃除のためかクレーン車のようなトラックが走っているからだ。
また海浜清掃で集められた色とりどりのゴミの山があちこちにちらばっている。 海や浜の上空ではタコのようのものが飛んでいる。「馬にとっては日常の空間でなくなっているので不安なようです」、と指導員さんは言っていた。

ホテルは金沢市内。階上のレストランから兼六園・金沢城公園が見える。

二日目はバスに乗って直接に千里浜に移動。馬も車に載せられて海岸に来た。

この浜は車が走ることができるので有名なところ。 そこを馬が走っているのは、車の運転手にとってもびっくりのようだ。

アクシデントがおきたので、1回目の走行で中止となり、2回目、3回目の走行はなくなった。

この馬はミニホースのトトロちゃん。みんなの人気者だ。お手ができるミニホースだけれど、体重は100Kgを超えているという!

外乗は、天候や馬の調子、施設の安全性、スタッフの対応など、考えることが多い。

さて来年に再びチャレンジしたいが、それまでにもっと練習しておこうとも思った。

右の写真は一日目の夕食のため金沢市内を歩いていた時にとったもの。月とハナミズキ。
金沢市内の街路樹は、ハナミズキが多かった。
ハナミズキが日本に広まったのは、日本がアメリカ(ワシントンDC)に桜(ソメイヨシノ)を贈ったお礼として送られてものがハナミズキだったからだといわれている。
ハナミズキはアメリカ原産のものだが、今は日本の各地に広がり、桜とともに春の花として知られている。金沢でハナミズキを見るとは予想もしていなかった。

 

 

 

 

小泉八雲旧居

ここは松江城のそばにある、「小泉八雲旧居」。

小泉八雲といえば「怪談」の作者としてたいへん有名。
ラフカディオ・ハーンの文学者としての功績はよく知られている。しかし最大の功績は「西洋人としては珍しいほど日本に対する偏見がなかったこと。好意的な眼で当時の日本を広く世界に紹介したこと」と言われている。
その小泉八雲の旧居を訪れた。

入口前の案内には次のように書かれている。

小泉八雲旧居(ヘルン旧居)
怪談「雪女」「耳なし芳一」でなじみの深い、明治の文豪・小泉八雲。英語教師として松江に赴任した八雲は、セツ夫人と結婚した後、かねてからの念願であった「武家屋敷」を求めて借りて暮らしました。当時のこの屋敷は旧松江藩士根岸家の持ち家で、あるじ干夫は簸川郡(ひかわぐん 現在の出雲市)の郡長に任命され、任地におり、たまたま空き家であったのです。部屋をぐるりと取り囲む庭は、干夫の先代根岸小石の手によるもの。自然の山水を絡めたこの庭は、八雲の名著「知られざる日本の面影」のなかでも、あますことなく、その魅力が描かれています。さあ、どうかみなさまも松江時代のヘルン先生の世界を心ゆくまでお偲びください。

門を入って、左側に高浜虚子の俳句を刻んだ石があった。

「くはれもす八雲旧居の秋の蚊に」

高浜虚子が昭和7年(1932年)に、山陰を訪れたときの句だそうだ。
高浜虚子はこの小泉八雲旧居を訪れたそうだが、本当に蚊に食われたのだろうか?

 

どうして「ヘルン先生」というのだろうと思っていた。ラフカディオ・ハーン(Lafcadio Hearn)の Hearn を当時の人達はヘルンと読んだことからきているらしい。

入り口でもらったパンフレットにこの家の見方が説明されていた。

小泉八雲旧居は、八雲の居間、書斎、セツ夫人の部屋などをぐるっと取り囲む庭が、観覧の対象です。八雲はこの屋敷全部を借りて住んでいましたが、公開は一部です。
ここは住宅の構造を見るだけでなく、八雲自身になって作品「知られぬ日本の面影」の舞台となっている庭を見ていただきたいと思います。日本全国各地に著名人、文化人の旧居はたくさん残っていますが、住居に付随する庭が重要な作品の対象になっている例は、他にありません。・・・略・・・西洋人である小泉八雲が日本の庭をどのように見たのかということが重要なのです。

小さな庭だけれど、とても丁寧に手が入れられていることがわかる。

小泉八雲の机。ここで仕事をしていたという。 小泉八雲は16歳のときに左目を事故で失明し、右目も強度の近視であったため、原稿を書くのに苦労したそうだ。この机は、松江で特別注文して作ったもの。机は通常より背が高く、メガネを掛けなかった八雲は、原稿に目を擦り付けるようにして仕事をしたと伝えられている。

落ち着いた雰囲気の日本家屋だ。 風通しも良く、静かな生活が想像できる。
季節の折々の変化を楽しんだのだろう。楽しめるという心が、ラフカディオ・ハーンの感性ゆえのものだろうと思う。

庭で手入れをする人の姿が見えた。 こういった人たちがこの旧居・庭を、小泉八雲がいた、もとの姿で保存しているのだろう。

小泉八雲旧居のとなりに、「小泉八雲記念館」がある。
ここは写真撮影禁止だったので、ここでは紹介できない。
もう一度訪れることがあれば、資料を集めてみようと思う。
その時までに、小泉八雲の作品を読んでおこう。そしてラフカディオ・ハーンの作品を英語で読めればなあと思う。