圧力鍋でぶり大根

ラゴスティーナの圧力鍋

30年以上使ったラゴスティーナの圧力鍋を買い替えた。 基本的なスタイルは変わっていないので、これまで通りに使える。 ラゴスティーナのホームページにあるレシピから「ぶり大根」を作った。

昨年は無水鍋による「ぶり大根」を作ったが、今回は圧力鍋。
上記のレシピどおりに作ることにした。

ブリのアラが510グラムほど。大根、ゴボウを用意した。

ブリのアラに熱湯をかけて霜降りにする。 水でウロコ等を洗い流し、ペーパータオルで水気を拭き取る。

ラゴスティーナの圧力鍋に、ブリ、大根、ゴボウをいれる。くさみを取るためにしょうがを切っていれる。

前回の無水鍋のときは大根のアク抜きをしたが、今回の圧力鍋のレシピにはそのような指示がなかったのでそのまま入れた。
試食のとき、確かに大根は美味しかったが、アク抜きをしていたらどうなっていたかな?と思った。

 

レシピ通りに、水400cc、砂糖大さじ4,酒大さじ4,醤油大さじ3と1/3入れる。私はみりんも大さじ1入れることにした。

圧力鍋の蓋をし、火にかける。新しいラゴスティーナは、圧力を肉料理用と野菜料理用に設定を変えることができるので、今回は高圧力の肉料理用に設定した。
レシピには圧力をかけた状態で10分。そのあと自然放置になっている。

これまでの圧力鍋は圧力を抜くためにピストンを動かしたり、水につけて圧力鍋全体を冷やす方法などが紹介されていたが、新しくなったラゴスティーナは、基本は自然放置になっているレシピが多いように思う。

シューッと蒸気が出たら弱火にし、10分加熱。写真は圧力が抜けるまで自然放置したあとのぶり大根の様子。

お皿に入れてみるとこんな感じになっている。 もう少しテリを出したほうがいいと思い、みりんを大さじ1入れて弱火で煮込むことにした。

野菜の煮物とぶり大根、夕食は和食で健康的。ぶり大根は一晩置くと美味しくなると聞いているが、全部食べきってしまうので残念ながら次の日には食べられない。

無水鍋のぶり大根も美味しいし、圧力鍋で作ったぶり大根も美味しい。調理方法のレパートリーが増えるのはうれしいことだ。

 

 

 

男性のための料理教室 in 大阪ガス4

ブリの照り焼き

レシピによると二人分の材料は以下の通り。
ブリ・・・二切れ
塩・酒・・・各少々
サラダ油・・・適量
(a)
・醤油・・・大さじ2
・みりん・・・大さじ4
・酒・・・大さじ4
白ネギ(20cm)・・・1本
塩・酒・・・各少々
粉山椒・・・少々

六切のぶりがあったので、上の量の約3倍を用意することにした。

レシピの指示は、
・ブリは塩・酒をふってしばらく置き、水気を拭きます。
ということなので、塩少々つまんでブリにふりかける。料理酒を大さじにいれて、ブリにふりかけておく。

ブリに塩と料理酒をかけて置いている間に、タレとネギの準備をする。

タレは上にあるレシピの分量を基にして計算し、その量を混ぜておく。

白ネギは3〜4cmぐらいの長さに切り、塩・酒を少々まぶしておく。

 

フライパンにサラダ油を入れて温め、ブリを表側から(仕上がった時に表になる方)焼き、裏返して両面を焼いて取り出す。

タレ(醤油、みりん、酒)をフライパンに入れ、火にかけて半量になるぐらいまで煮詰める。

ブリが六切だったので、フライパンを二つ用意をして、三切れづつ調理をした。

最後は六切一緒にし、フタをして約5分、蒸らすことにした。
仕上がりが右上の写真。

白ネギはアルミフォイルにのせ、水なし両面焼きグリルの上下強火で約5分。
オーブントースターもあるのでそれを使おうかと思ったが、レシピに「グリルで焼くと甘みがまして、美味しく仕上がります」と書いてあるので、その指示に従ってグリル焼きとした。

親せきの幼稚園の子が来ていたので、節分の巻きずしも用意。
幼稚園での豆まきの話を聞きながら、美味しくいただきました。

 

 

 

 

車麩(くるまふ)を使った料理

テレビで車麩(くるまふ)を使った料理番組があった。
精進料理だったが、面白そうなのでネットで調べてみると、家で簡単にできそうなレシピがたくさん並んでいた。
そのなかから、「唐揚げ」と「フレンチトースト」を作ってみようと思った。
左の写真は車麩を水でもどしているところ。

たっぷりのぬるま湯に入れて、上からお皿を置いて浮かび上がらないようにしておいた。約1時間後が上の写真。

車麩の唐揚げ

ボールに醤油、さとう、おろしニンニク、みりんをいれてよく混ぜる。
量は、車麩二つ分で、
醤油・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
おろしニンニク・・大さじ1
みりん・・・大さじ3
私は車麩4枚使ったのでこの二倍の量にした。

もどした車麩の水分をとり(両手で挟んで水分を取る方法にした)、さきほどつくったタレにつける。よく吸い込んでくれる。

片栗粉をまぶし、油(160度〜170度)で揚げる。
短時間できつね色にあがっていった。予想より短い時間だった。
ペーパータオルの上にとり、余分な油分をとっておく。

お皿に並べ、横にレタスを置くと、どうですか。車麩には見えない!
味もお麩とはわからない。
唐揚げのような食べる時のボリューム感には負けるが、ビールのアテには十分だ。

車麩のフレンチトースト

卵1個、砂糖大さじ1を混ぜておく。それを車麩4枚に染み込ませる。

フライパンに油を引き、車麩をのせる。
焼き上がりの色を見ながら、全体に火が通って、きつね色になったところでお皿にとる。熱いうちに砂糖などをふりかけてできあがり。

コーヒーなどにピッタリあったスイーツのできあがり。
フライパンなので、芯まで熱が通っているかが不安だったが、軽い食感でいただいた。卵と砂糖を牛乳や豆乳で溶かしたほうが味も深みが増したかも、というのが妻の意見。なるほど。油であげたらどうなるのだろう? そんなことを考えると、また楽しみが増えてきた。

*お麩は、小麦粉のグルテンからできているので、小麦粉アレルギーの人、グルテンフリーをめざしている人には、この料理は全く正反対のお料理。
アレルギーのない人には、カロリーの少ない料理といえる(と思う)。

 

 

 

男性のための料理教室 in 大阪ガス3

やみつき☆梅キャベツ

ここでのレシピは一人分。
キャベツ・・・50g
鶏ガラスーブの素・・:小さじ1/3
塩・・・小さじ1/3
梅肉・・・小さじ1
ごま油・・・小さじ1/3

それぞれの家庭に合わせて2倍、3倍、4倍とすればよい。

4人分で作ることにした。
左の写真のキャベツの量が約4人分の量。
キャベツは約3cm角に切り、ビニル袋に入れる。
葉物は見た目と重さの感覚がまだわからない。キャベツ200gといえばどれぐらいの量になるのだろう。測りながら切っていくと、ボール一杯分になった。

上の写真のように準備をした。
塩昆布も加えるといい、とレシビにあったので用意した。

ビニル袋のキャベツに、鶏がらスープの素、塩をまぶし、しばらくそのままにしておく。
水気が出てきて、キャベツがしんなりするまでおいておく。

ビニル袋を使った料理法は後片付けが楽で便利だ。

 

10分もすればいい具合になってくる。
水気を絞り、梅肉、塩昆布を入れて軽く揉む。

今日のメインは焼肉なので、その付け合せとしてこの「やみつき☆梅キャベツ」を使うことにした。

梅キャベツの量も丁度いいあんばいだった。

梅は家でつけた梅干しを利用した。
梅干しの酸っぱさと塩昆布の塩加減が、今日のような肉料理によく合いそうだった。

カニのスープがあると、ちょっと豪華な感じの夕食。
ご飯は、知り合いが作ったヒノヒカリ。玄米30キログラムを購入した。
近くのコンビニにある精米機で精米したものだが、新米はたしかに美味しい。
家族全員で完食でした。ごちそうさま。

 

 

 

 

男性のための料理教室 in 大阪ガス2

炊き込みご飯(無水鍋を使った)

大阪ガスの料理教室では、土鍋を使っての炊き込みご飯を作った。 家には土鍋がないので、ここは無水鍋に登場してもらった。

レシピの材料は以下のおとり。

コメ・・・2カップ
ごぼう・・・30グラム
にんじん・・・30グラム
しいたけ・・・2枚
油揚げ・・・1/2枚

だし汁・・・カップ「2
薄口醤油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/2

しいたけの代わりに鶏肉を用意した。 コメは洗ってザルに入れて水を切っておく。

無水鍋に水を切ったコメを入れ、その上に具をのせていく。 コメと具は混ぜ合わさない。のせるだけ。

だし汁を2カップ入れる。基本はコメと同じ量の水、ここではだし汁を入れる。 コメを計るのに使ったカップで、だし汁の量を測るのが簡単。 コメの場合はカップとか合とか、レシピによって使っている単位が違うので注意。 基本は米を計るの使った道具で、だし汁の量も図ること。
コメも水で洗った後で測り直すと、水分を吸って体積は増える。その増えた体積の分の水(だし汁)を増やすというレシピともある。
また、野菜からの水分があるので、若干の水(だし汁)を減らしておく、というレシピもある。
今回は単純に最初のコメの量のだし汁、ということでコメが2カップなら、だし汁も2カップということにした。

醤油、酒、塩を入れる。コメと具を混ぜないこと。
のせるだけ、というのもポイント。

フタをして強火にかける。
フタから水蒸気がもれだし、フタがカタカタと音を立て始めたら弱火にする。

弱火で15分ほど炊く。
私の家の電磁コンロはタイマー付きなので弱火にして15分にセットした。

15分たてば8分蒸らす、というのが無水鍋の説明書の時間設定。

これを目安にして、10分ほど蒸らしてフタをあけた。

フタは熱いので、鍋つかみなどを使うこと。アルミ鍋なので熱が直に伝わってくる。やけどに注意、これが無水鍋を使う時の安全ポイント。
これぐらいの温度設定だと、底に少しおこげができている。

炊き込みご飯の上にミツバをおいてでき上がり。
味噌汁と天ぷら、サラダ、一汁二菜のごちそうだ。

土鍋に変わらない美味しい炊き込みご飯ができた。
無水鍋だと土鍋のように高熱と圧力がコメ全体にかかり、美味しい触感のご飯になる。残った炊き込みご飯はおにぎりにしておくと、翌日にはもうなくなっていた。