ザクロのジャムづくり

知り合いが農園をやっているので、収穫に参加させてもらった。

そこにザクロの木があり、大きな実をつけていたので、いくつかもらってきた。 ザクロはめったに食べることがない。今回はたくさんもらったので、ジャムにしてみようと思った。

ザクロの頭の部分を切り、実の胴体に切れ目をいれる。これはザクロの実を取り出すための準備。水の中に入れて、切れ目を利用して、硬い外側の皮をはずし、実をとりだす。

ザクロの身の回りの皮は、手でとりのぞく。水面に浮いてくるのでそれは捨てる。
浮いてくる赤い実もあるが、それは熟していないので軽いのだろうと考えて、つついても沈まなかったら皮と一緒に処分することにした。

ザクロの実をザルに取り出し、重さを測る。 ザクロの実の半分ぐらいの砂糖をかけて、一晩おいておく。
上の右の写真が一晩おいておいたもの。ザクロの実のエキスが溶け出し、砂糖も全部ととけている。

鍋に入れて、弱火で30分ほどにつめる。
焦がさないように、かきまぜる。

ミキサーを用意する。
お玉2杯ぐらいずつミキサーに入れて、撹拌する。
ボタンを4,5回おすくらい。
長く押すと実がつぶれてしまう。
これは実についている薄皮が剥がれやすくするための作業と思う。

ザクロの原産地については諸説あるようで、トルコ、イランなどの西南アジア説、南ヨーロッパ説、北アフリカ説などがあるそうだ。

日本へは、923年(延長元年)に中国から渡来したと言われているが、朝鮮半島を経由して伝わったという説もあるそうだ。

ザルに入れて果汁と種に分ける。
ザルに残った種をお玉などで押して、種についている果肉を押し出すようにする。

上の写真左は絞った種と果汁の様子。
種に水を加えてもう一度軽く煮詰め、ザルで果肉を絞る。絞った果汁を先に作った果汁に加えて煮詰める。

レシピにはレモン汁とあったが、家にあったポッカレモンで代用。
おおさじ2杯ぐらい入れた。すこしとろみが増す。

煮沸したビンに入れて保存。
朝ごはんに自作のフランスパンに自作のザクロジャムをつける。
ベリーのような味。甘すぎることもなくさっぱり系の食べやすいジャムとなった。
ザクロのジャムは店頭でもあまり見かけないので、これからも機会があればつくりたいと思った。

 

 

 

 

 

 

宇宙食を食べる

大阪市の科学館で買った宇宙食。
「宇宙日本食レトルトカレー」と「宇宙白飯」。

「宇宙白飯」の作り方。
パッケージの中には「お米」と「スプーン」、乾燥剤が入っていた。
乾燥剤は必ず取り出しておくこと。

袋の上を開け、熱湯を160ミリリットル入れる。袋の中には、「注水線は下にあります」という注意書きが一面に書かれている。
とにかくお湯は入れすぎないように、ということらしい。

熱湯を入れてかき混ぜてチャックをしめる。そして待つこと15分。

左が出来上がりの状態。「アルファ米 白飯
うるち米(国産)
100g」と裏に書いてある。
表には「お湯か水を注ぐだけで、ふんわりご飯の出来上がり。
湯 15分 水 60分
できあがり 260g」と書いてある。

ご飯と同時にカレーも温める。これは普通のレトルトカレーと同じ要領で。

箱にはこんなことが書いてあった。
表側「ウコン、カルシウムを多く含み、無重力の宇宙空間での生活をサポート、宇宙ステーション長期滞在用に特別に開発されたビーフカレー」
裏側「スペースカレー
(宇宙日本食レトルトカレー)
日本人宇宙飛行士用にJAXAとともに開発し、07年6月に宇宙日本食として正式に認可されました。無重力状態で食べることを想定し、スパイシーで味を濃くしました。また、ウコン・カルシウムを多く含み、宇宙空間での生活をサポートしております。無重力空間では、お湯で温めずに専用の加熱トレーで温めて食べます。」

らっきょうを付け合わせにしていただきます。

少し濃い目の味。
しかししっかりとした味付けのビーフカレーだ。
らっきょうとの相性も抜群。
宇宙白飯ももっちりと仕上がっていて、濃いめのカレーとのからみは食べやすかった。またたく間に完食。

科学館には他にも宇宙食があった。

今度行ったときには何を買おうかなあ。楽しみが増えた。

 

 

 

 

 

 

揚げ野菜のカレーライス

「暮しの手帖」にのっていた「揚げ野菜のカレーライス)を作ってみた。

材料は、本に乗っているレシピは15皿分なので、自分の作り大量に合わせて比例計算をした。(本のレシピは下記の通り。私は全部使ったわけではない)

・鶏もも肉(3枚) ・鶏ガラ(1羽分)  ・カレールー
・ガラムマサラ   ・赤味噌(大さじ山盛り1)  ・卵(6)
・玉ねぎ(2)   ・ナス(3)     ・ズッキーニ(1)
・赤ピーマン(1) ・オクラ(10)   ・いんげん(1袋)
・じゃがいも(3) ・サラダ油      ・ご飯
付け合せ
・セロリ(2本)  ・塩(2つまみ)   ・オリーブ油(大さじ1)
・酢(大さじ2〜3) ・黒胡椒(少々)

鶏ガラの出汁をとるのに、圧力鍋をつかった。鶏ガラが近くのスーパーで手に入らなくて、3軒ほど店をまわった。
圧力鍋の時間は、使っている圧力鍋によって違うので、それぞれのガイドブックにしたがうほうが良い。
水の量は、レシピによると、使うカレールーの指定を参考にし、その水の量の2割増しの水の量を使用した。

玉ねぎは、私はレシピより多めにしている。
レシピには「中火で時々かき混ぜながら炒め、かさが小さくなってきたら弱火にし、全体がきつね色になるまで、30分〜40分くらいかけてよく炒めます」とある。
写真はこのレシピ通りに30分炒めたところ。
この30分の時間がとても長く感じる。
以前はよく時間をかけていたが、最近は「玉ねぎのからさがなくなるまで」にしていた。久しぶりに30分かけて炒めた。

鶏もも肉は一口大に切る。私は脂身を取ることにしている。

フライパンに油を大さじ1入れて熱する。もも肉を並べていれる。
強火であまり動かさずに焼く。
両面にしっかりと焼き目をつける。
(肉は焼かずに、煮る方法もあるが、今回のレシピは、しっかりと焼いている)

圧力鍋に鶏ガラの出汁、玉ねぎ、鶏肉、をいれて加熱する。
加熱する時間は使っている圧力鍋によって違ってくる。
シューといったら弱火にして加熱。
この時間も圧力鍋によって違う。
私は加熱時間がおわったら、自然に減圧するまでほうっておく。
急激に減圧する方法もあるが、最近はゆっくりと自然に減圧する方法が多い。

ナスは半月切り、オクラはヘタを切っておく。
じゃがいもは切って水にさらしておく。

サラダ油を強火にかけ、油がぬるいうちに水を切ったじゃがいもを入れる。

全体が軽くきつね色になるまで、5〜6分揚げて、油ん切る。

このあと野菜を素揚げしていく。

 

レシビには、「続いて、なす、ズッキーニ、いんげん、オクラ、赤ピーマンの順に、ふきんで水気を拭き取りながら油にいれ、軽く絹て色になるように揚げ、油をきります」とある。 私はズッキーニは手に入らなかったので使っていない。赤ピーマンの代わりに普通のピーマンをつかった。 また、かぼちゃ、れんこんの素揚げもしている。

たまごはゆで卵にしておく。 カレールーを温めるときに、ゆで卵を入れて温め直しをしておく。

レシピではここで「赤味噌」を入れているのだが、私はすっかり忘れていた。赤味噌が入っていなくても、味わとてもよかった。でも赤味噌が入っていたらどんな味になっていたのかも興味が残った。

ご飯の上に、素揚げした野菜を並べる。

野菜の美味しさがよくでていた。さすが「暮しの手帖」のレシピ。

つけあわせのサラダはごく普通のレタスとトマトのサラダ。

実はレシピにあった、セロリのサラダを作っていたのだが、冷蔵庫にいれたままですっかり忘れていたのだ。
そのレシピは「セロリは、皮とすじをピーラーで取り、すりこ木などで全体を軽く叩いて、手でひと口大に割ってボールに入れる。塩、オリーブ油、酢を入れ、黒コショウを挽いて混ぜ合わせ、ラップをかけて冷蔵庫に入れ、味をなじませる」というもの。冷蔵庫に入れたまでは良かったが、気がついたのは翌日だった、というわけ。
いろいろあって私流のカレーになってしまったが、揚げ野菜のカレーは美味しいカレーだということは間違いない。