はやぶさ2 リュウグウに着陸

「宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、探査機「はやぶさ2」が午前7時29分、地球から3.4億キロ離れた小惑星「リュウグウ」への着陸に成功したと発表した。・・・(略)・・・・
JAXAによると、はやぶさ2は21日午後1時15分、高度20キロから降下を始めた。高度約500メートルに達した22日午前6時14分、着陸を最終判断した後、自動で降下。午前7時29分、リュウグウに着陸したという。・・・」
(朝日新聞夕刊より)
上の写真も朝日新聞夕刊より引用。
リュウグウの表面に「はやぶさ2」自身の影が写っているところを写真に取るなんて、とてもニクイ演出。初代「はやぶさ」もそうだったが、自分自身の写真を取ることができないから、自分の影で存在を知らせるというのが、とても感動的だった。

上の写真は、JAXAとNHKによる「ハヤブサ2タッチダウン運用中」と題して、ネットに同時公開されていたもの。

画面に出ている時間は、「はやぶさ2」自身の時間で、私が見ている時間はこの時間より約30分後の時間(信号が届くまでの時間と画像処理の時間という説明があった)、私は7時台の時間でパソコンの画面を見ている。
これより約1時間後に「はやぶさ2」はリュウグウに着陸した。
ハヤブサ2の時計では7時29分だが、地球に電波が届くまでの時間がかかる。
日本時間午前8時少し前に、テレビのテロップで「着陸した模様」とながれた。

新聞によると「はやぶさ2」と地球の距離は3.4億km
地球と太陽の距離が1.5億kmだからその倍以上はなれている。
つまり、「はやぶさ2」とリュウグウは、地球から見ると太陽をはさんで正反対方向にあるのだろう。

3.4億km / 30万km(1秒間に電波の進む距離)= 1167秒
1167 / 60  =  19.5分
約20分かかることがわかった。

なんと遠いところにいるんだ。20分のタイムラグが有る中での遠隔操縦の素晴らしさは「はやぶさ」とおなじ。
さらに「はやぶさ2」は高度500mからは自動操縦に任されている。
上の写真は自動制御されて落下しているところを画面にしている。

ターゲットマーカーを目標にしているが、その上に着地するのではない、

上の写真のTMと記されいるのがターゲットマーカーの位置。紫の円が着陸の場所。
そして左下にあるのが縮尺をあわした「はやぶさ2」の大きさ。紫の円の中に着陸させたのだからすごい。「はやぶさ2」はターゲットマーカーを横目で見ながら自分の位置を修正した、とJAXAのホームページに書いてあった。

スタッフの皆さんの喜びの笑顔。(JAXAのツイッターよりの引用)
本当にご苦労さまでした。でも「はやぶさ2」のミッションはまだまだ続く。
今日のようなタッチダウンをあと2〜3回の予定。
そしてクレーターを作って岩石を採取するミッションがある。
残されているローバーの投下も予定されている。
そして地球への帰還が始まるのが今年の11月から12月にかけて。
それから約1年の時間をかけて宇宙空間を飛び続け、
地球に戻ってくるのが2020年末。

まだまだ続く困難の道。
でも私も、多くの人も、「はやぶさ2」が元気な姿で戻ってくることを信じている。

 

 

 

あびこ観音2019

今年の節分2月4日は日曜日。いつもより早い目に行くと、普段は出口になる門から入ることができた。

お参りをする。 ウィキペディアによると、

****************************

百済と交易をしていた依網吾彦の一族が百済の聖明王から一寸八分の観音像を贈られ、欽明天皇7年(546年)にこの地の人々がその像を祀る堂を立てた。そして、推古天皇14年(607年)に聖徳太子がこの地に来、その観音像を祀る観音寺を建立したとされる

****************************

身の丈一寸八分の観音像をこの場所から見ることができないが、家族の健康と世界平和を祈る。

加持祈祷も大賑わい。これからどんどん人が出てくるのだろう。天気もよいし絶好のお参り日和。

お楽しみの「おみくじ」。あびこ観音は100円なのがうれしい。

さて今年のおみくじは「吉」だった。昨年と同じ。ということは今年の運勢は昨年並みかな。

あびこ観音は「凶」がでることで私の中では有名だか、昨年・今年と凶はでなかった。
ネット情報を見ると、やはり「あびこ観音のおみくじは凶」ということが知られているらしい。
「本当にに凶がでるの?」という声もよく聞くが、私の経験では本当に「凶」が出る。
さてさて、来年はどうだろう。
そんな期待をもたせるのが「あびこの観音さん」。

いましたいました。芭蕉せんべいのおじさんです。

「ちょっとまちいな。一枚やくから」 とサービスで、いつもの身振り手振りと腰つきで芭蕉せんべいを焼いてくれた。
「今宮戎に店なかったね?」
「野田のえべっさんに行ってたんや」
「来年は今宮えびすに行く?」
「うーん、場所が・・・」
話を聞いてみると、お店を出す場所がないような口ぶりだった。
長年お店を出していても、永久ではないらしい。
「次は21日の四天王寺さんや」

芭蕉せんべいのおじさんのスケジュールは多忙なようだ。

いつものお店で「厄除まんじゅう」を買う。
近くのスーパーなどでも「厄除け」と名前をつけた「だんご」なども売られている。
でも、やっぱり「厄除けまんじゅう」はここのお店で。
列を整理している人が
「まだ並んでいる人は少ないで。これからや」
と言っていた。早くに来ると少し福がある。

今年もいい年でありますように。
世界中の厄を払ってくださいよ、あびこの観音さん。

 

 

2月1日 金星に月が接近

午前6時頃の写真。 もう少し拡大してみると、

木星から離れて南側にアンタレスがあるのだが、うまく写真に撮れない。

少し時間が経ったところ。金星はさすがによく輝いている。
どんどん明るくなってくるので、アンタレスが見えなくなり、木星も見えにくくなる。

月と金星と木星が入るようにトリミングしたもの。
地球照(地球に照らされて、月のかけている部分がうっすらの見える現象)が、写真には写っている。

国立天文台の「今日の星空」による2月1日朝6時の星空の予想図。
国立天文台のホームページよりの引用。
小さいので拡大してみると、

図にかいてあるものと、実際の星空ではその距離感が違って見える。 土星は山の付近にあるので、確認できなかった。
肉眼でいるものと、写真に撮ったものを比べると、まだまだ私の写真ではわかりにくい。
今年は天体写真に挑戦してみるか。