じゃがいもの実

5月のはじめにジャガイモの花が咲いていたということを、ブログに書いた。
そのじゃがいもは5月の終わり頃に収穫されていた。 そのときに、ジャガイモの花が実になっていることを教えてもらった。それが上の写真。

だいたい100円玉ぐらいの大きさだ。

上の写真はベランダで栽培しているミニトマト。よく似ている。
じゃがいもにトマトの実がなった、と言われることがあるらしいが、なるほどよく似ているなあ。

半分に切ってみる。これが種になるのだろうと思う。
畑のオーナーさんの話によると、実から種を取ることはないそうだ。
メインは地下にできたじゃがいもだから、じゃがいもができたらこの畑は終了。次は田植えの準備が待っているからだ。じゃがいも畑は水田に変化していくのだ。

図書館で調べてみると、じゃがいもの実について書いてある本がいくつか見つかった。

この本では、じゃがいもを種から育てていった体験談が乗っている。
著者は東京の人で、手に入れたじゃがいもの種を東京で育てることを計画する。
100粒の種から94粒が発芽するが、あとの成長はうまくいかない。著者は北海道の農業試験場に行って取材をされている、

結果は温度のようだった。じゃがいもの原産地はアンデスの高地。低い気温と昼と夜の寒暖差、それがじゃがいもにとっての成長しやすい条件のようだ。
大阪では、実ができても、種から育てることはとても無理のようだ。

北海道では、野生種のじゃがいもが育てられ、人工授粉によっていろんな品種が作られているようだ。

野生種のじゃがいもの花は上の写真のようにいろんな色がある。

じゃがいもの実も,普段見ているじゃがいもと違ってバラエティ。

野生種、原種があるからこそ、これからも新しい品種ができるわけだ。
じゃがいもの花を見たことから、「実がなったら見てみたい、その種からどんなじゃがいもができるのだろう・・・」と、いろんな興味がわいていったことが、この本で解決できた。

 

上の写真はじゃがいも畑だったところ。
今は水田になって、田植えがすみ、白鷺がエサをさがしにきている。

 大阪の気候では、じゃがいの種から実ができないこと。現実的にはじゃがいも畑は次の利用のために耕作されるので、種ができるまでにじゃがいもは処理されてしまっている。もし種ができるまで待って種を収穫したとしても、大阪の気候では種からじゃがいもになるまで育てられないこともわかった。これも収穫の一つだ。

 

 

 

アップデートに御用心

私のブログはwordpressを使っている。
ブログを書くために、もともとのwordpressのソフトにプラスして、便利になるように後からインストールしたソフトが数種類ある。それらをプラグインソフトとよんでいる。

wordpressは、バージョンアップもよくあり、性能の改善に力を注いで要るようだ。
それに合わせて、プラグインソフトもバージョンアップされている。

バージョンアップをしても、これまで何の不都合も起きなかったが、先週末のプラグインソフトのバージョンアップの後、wordpressが開かなくなった。

Fatal error: Can't use function return value in write context in /***略

上のようなエラーコメントが出て、それ以上動かなくなったのだ。

どうすれば者の状態に戻すことができるか?
考えて、二つの方法を試して見ることにした。

まず、iMacの復元機能を使って、Time Machine バックアップからの復元を試みた。
シャットダウンをして、コマンドキーとRキーを同時に押しながら、電源キーを押してiMacを立ち上げる。そうすると上のような画面が出てきて、Time Machine バックアップからの復元ができる。

プラグインソフト導入の前のバックアップを選んで、復元させる。
結構時間がかかるが、他の仕事をしながら復元終了を待つ。

プラグインソフトのバージョンアップ前に戻したが、wordpressは開いてくれなかった。以前と同じ

Fatal error: Can’t use function return value in write context in *****略***

が出て、そこでストップ。
wordpressの立ち上がりには、ネットからの情報が影響しているようだ。
 iMacのシステムではなく、wordpressを動かす、ネット上のデータのやり取りが関係しているのかもしれない。

私のブログのレンタルサーバーは、ロリポップを利用している。 ここにはオプションで有料のバックアップサービスがある。
指定した日数の間隔で完全なバックアップをとってくれる。

ロリポップへメールで事情を説明し、バックアップの復元でwordpressが、プラグインソフトバージョンアップの状態に戻るかを訪ねた。

1日ほどして返事があった。

*****************************

お問合せいただきました件について、バックアップオプションを利用し、
プラグインのバージョンアップを実行する前の状態に
「Webサイトの復元」を行うことで、元の状態に戻すことが可能です。

データの復元方法は、以下マニュアルをご参照くださいませ。
(略)
なお、もしプラグインのバージョンアップ後に、記事を更新していたり
サイトを編集しており、バックアップオプションから復元すると
不都合があるという場合には、該当のプラグインを無効にすることで、
管理画面にログインできるようになるかと存じます。

 ※該当のプラグインを利用することはできなくなります。

————————————————————
■ WordPressのプラグインを無効化する方法
————————————————————

1.ユーザー専用ページへログイン

    (略)
 
4.画面上部より、フォルダ名を【_?????】に変更し、
  「保存する」ボタンをクリック

*※※*※※*************************

と、二つの方法を提示してくれた。

バックアップの復元を試してみたかったので、その方法を取ることにした。

「Webサイトの復元」を選ぶ、やはりサイト上のデータが関係しているのだ。
復元を処理の時間がかかる、かかる。ブログ全体だから時間がかかるのだろう。
一晩ほうっておいた。

次の日の朝、復元完了のメッセージがでていたので、wordpressの編集画面のダッシュボードに接続する。

ダッシュボードの画面がでた。 これでブログが作れる。
2週間程度前の状態になっているので、プラグインソフトのアップデートをする。 これまでのような、一括アップではなく、1つずつインストール、ブログのダッシュボードの確認をしていった。

あやしかったプラグインソフトのバージョンアップをする前に、ロリポップでブログのバックアップを取る。
時間がかかるが、確実さのためにはこの方法が良いだろうと思った。
バックアップを確認して、一番怪しげなブラグインソフトのバージョンアップを実施する。
異常なし!

これで完了。
ソフトのバージョンアップには、「バックアップをしてください」という注意コメントが出るが、今回はなるほどと思った。
バックアップがあってよかった、と実感。

*iMacのバックアップの復元をすると、何回もApple IDとパスワードの入力が求められる。古いバックアップの復元だと、Apple IDやパスワードを変更しているときもある。その時は古いApple IDとパスワードが必要になるので、記録を残しておかないと困ったことになる。パスワードの変更も求められるが、以前のものも大切に記憶しておかねばならないことも実感した。

 

 

 

アナレンマ

このモニュメントは何?

丘の上にある不思議なモニュメント、もう少し接近してみよう。

三本の柱の真中付近に何かがある。

もう少し拡大してみよう。

ここは堺市立みはら歴史博物館
(M-Cみはら)にある公園。
三原ふる里公園と呼ばれているところ。

ホームページを見ると、
「カタチ造りの達人がグランドコンセプト。中世の鋳物技術者集団河内鋳物師、24領の鉄製甲冑が出土した黒姫山古墳をメインテーマとした展示と、文化・芸術に触れ交流できるホールとの複合施設です。愛称のM-Cみはらは、Museum(博物館)とCommunity(交流)をイメージしています。」
とある。

このモニュメントは、その「みはら歴史博物館」の裏側にある「三原ふる里公園」にある。

モニュメントには写真のように、三本のワイアで固定されているものがある。私には全く何かわからなかった。そばに説明があったので読んでみよう。

**************

モニュメントのレリーフは、鋳物師発祥の地の由来から「炎」を表現し、そこからモニュメントが生まれたことを物語っています。
また、刻の丘の位置づけから正午を示す機能も備え、中空に張られたノーモン(き針=ドーナツ型円盤)の影と、柱に刻まれた8の字の字型のアナレンマ(均時差=見かけの太陽と標準時の差をグラフ化したもの)で正午を読み取ります。
時計の12時は一つしかありませんが:この正午日時計は、季節で高さが変化し、太陽と地球の軌道関係で左右にずれ、8の字を形成します。晴れた日には、機械仕掛けでは味わえない、季節感や宇宙観を与えてくれる夢の時計で、感じることを心に刻んでください。

 アナレンマ(正午用)の味方
①月日を探す(目盛りの間隔は約10日)
②その月日の線上にノーモンの穴の光が差し込んだら正午です。
③また、数値でその日の均時差が解ります。(2分表示)
  東経 135度33分45秒
  北緯 34度32分42秒

*************************************


 なるほど上の写真のように線と文字が刻まれている。
この文字と線が刻まれている一番低いところを見ると、

6月21日が一番低いところの印になっている。これは夏至近くという意味だろうか。 逆に一番上の部分を見ると12月末になっている。冬至ということかもしれない。
アナレンマ・・・・!この言葉に記憶があった。そうだ、明石の天文台で見たのだ。

上の写真が明石の天文台で見た「正午計」。

この正午計を拡大したのが「みはら歴史博物館」でみたアナレンマを利用した「正午計」なのだ。
今日は12時をとっくにすぎている。天気の良い日の12時頃に来れば、アナレンマの現象を見ることができるかもしれない。
一つ楽しみが増えた。

 

 

 

分数の計算④

私たちの分数感覚 → 1/2 は 0.5 か?

私たちの「分数に対する感覚」を気づかせてくれるのがこの本。

左の「数量的な見方考え方」の著者板倉さんは次のように書いている。

****************

「・・・私たちは、学校で教わる算数とは別に、<現実の事物の数量的な問題をうまく取り上げるいろんな知恵>を身につけていることにも注意しなくてはいけないのではないだろうか」

「私たちは日常的によく『半分』という言葉を口にする。それなら、この『半分』というのは 『1/2 のことであるから、0.5 のことだ』と言っていいのかというと、そうではないだろう。
 もともと、現実の事物を数量的にとらえるときには、誤差がつきものであり、近似的にならざるを得ないことが多いものだが、 1/2 と 0.5 では誤差の幅がかなり変わってくるからである。
実際の場面で 1/2 といったとき、(場合にもよるが)それは『1とも0とも言い難い、その中間ぐらいというほかない』とか『1/3 ほど少なくはなく、2/3 ほど多くない』といったことを意味するであろう。
ところが、これが 0.5 となるとだいぶ話がちがってくる。あるものが 0.5 だというのは、『 0.40.6 よりも 0.5 に近い』ということを意味することになるからである。
つまり、
 1/2 ・・・・・0.3 〜 0.7 (または 0.4 〜 0.6 )
 0.5 ・・・・・0.45 〜 0.55 
というような誤差の範囲を許容しているとみるのが普通なのである。

 『ボイルの法則』を発見した英国のボイル(1627〜1691)の論文では目盛の読みが小数ではなく分数になっている。それをみてもこんな感じで読まれていることがわかる。

 しかし、小学校の算数ではもちろんこんな事柄はとりあげない。私だって『こういう問題をとりあげろ』というつもりはない。私はただ『私たちの日常用いている<半分とか 1/2 >というのは、1/2 = 0.5 と単純におきかえられるものでないことが多い』ということを指摘したいのである。

私たちは日常生活の中で、誤差や近似値のことを考えて、1/2 といったり0.5 といったりして分数と小数の使い分けているのであって、普通の算数における 1/2 = 0.5 よりもかなり高度なことをやっているのである。ところがそういうことに心しないで、ただやみくもに「 1/2 = 0.5 」を押し通すと、私たちの日常生活の中での「便利で(高級な)数量的な言葉の使い方の原理」が破壊されることになりかねない。そのことに注意してほしいのである。

*************************************

なるほど、日常生活で使われている数字の意味や、感覚を大事にしたいということ、日常の生活と結びついている算数や数学の学習の大事さがわかるような気がした。
しかしボイルの法則で知られているボイルの論文で、目盛の読みが分数になっていたなんて全く知らなかった。知っている人もきっと少ないに違いない。
板倉さんは「分数の計算ができない大学生」が話題になったとき、こんなことを書いている。読んで驚く人もいると思うし、顔をしかめる人もいるかもしれない。でも私は読んでいて、こういう視点は自分にはないものだから、知っておいたほうがいいなと思ってのでここに書いておくことにした。

************

・・・今では大部分の人々が「中産階級的なかなりの余裕」をもって生きていくことができるようになりました。私たちの生活はそんなに大きく変化してきてたのです。ですから、当然、学校教育の内容も全面的に変えなければならないはずなのです。それなのに、その現実の変化に応じた教育の改革が遅れているのです。
 いまの教育は、あたかも「明治維新後になっても、子どもたちに「論語」などの四書五経の教育をおしつけているようなものと言っていいでしょう。小学校の高学年以降の教育内容を見てご覧なさい。それらの教育内容は、上級学校への受験のために役立っても、社会に出てからどれだけ役立つというのでしょうか。数学教育関係者の中には、「いまの大学生たちの中には分数の出来ない者もかなりいる」と嘆いたりしている人々がいます。しかし、そういう大学生にとって分数の計算がどれだけ役立つというのでしょうか。いままで当たり前として教えてきたことが受け付けられなくなったからと言って、それを嘆いても仕方がないのです。

 もちろん、分数の計算だって、一部の人々には役立つことがあるし、必要です。だからこそ、ごく一部のエリートだけが教育を受けた時代には、分数の計算も教えられてきたのです。しかし、いまのように、ほとんど全員が高等学校に通い、半分の子どもが大学に進学する時代には、その時代の変化にもっとマッチした教育内容を準備する必要があるのです。

「分数が出来なければ理工系の教育ができない」などという人がいます。しかし私は、「今日の電気の時代を切り開くのにもっとも重要な役割を果たした電気学者ファラデーや電気の発明家エジソンだって、分数の計算ができなかったことは事実だ」と思っています。新しい時代を開くには、もっと創造的な教育が必要なのです。
・・・・・中略・・・・
教育の内容と方法を全面的に改革すれば、かつてなかったようなレベルに教育を高めていくことができるのです。

**************************************

「ロボットは東大に入学できるか」というプロジェクトを立ち上げ、研究を進めていた新井紀子さんは、学生に「どうして私たちの仕事を奪うかもしれない人工知能(AI)の研究をするのですか?」と問われたとき、こう答えたそうだ。

 「私が研究をやめても世界の企業や研究者はAIの研究をやめはしない。
そうならば、AIの可能性と限界をきちんと見極め、対策を取ろうではないか。
AIには弱点がある。それは彼らが「まるで意味がわかっていない」ということだ。

 数学の問題を解いても、雑談につきあってくれても、珍しい白血病を言い当てても、意味はわかっていない。逆に言えば、意味を理解しなくてもできる仕事は遠からずAIに奪われる。」

(2016年11月朝日新聞より ゴチックは私が強調のためにした)

「ぶんすうのがくしゅうをして、分数の計算がわかってうれしい、と喜びがわきあがってきた、そのことの意味」
「どうしてだろう?と胸がざわざわするような好奇心の意味」
そんな「わくわくとドキドキ」、分数の学習にもそういったものがあれば「分数嫌い」や「勉強嫌い」はなくなるかもしれない。
そこに人工知能にはない「人間としての意味」があるのかもしれない。
 「分数ものさし」からとんでもない範囲にひろがってしまった。ゆっくりと考えていこう。

最後の写真は5月1日に種まきをした「藍」。 10日もすると二葉がプランター一面に出てきた。こういったときは、6割ぐらいの発芽率というのかな? それともまいた種の三分の二の発芽率といったほうがいいのかな?
今年も藍染を目ざして藍を育てていこう。

 

 

金沢で外乗

金沢の内灘と千里浜での外乗

金沢の海辺を走るという外乗の案内があったので申し込んだ。

ここには内灘という海岸と、千里浜という海岸があり、そこを馬で走るという外乗だ。海辺を走るというのは魅力的なもので、いつか行ってみたいと思っていた。

サンダーバードに乗って金沢へ。

ここは金沢駅の構内。「あんやと」とか「あんと」というのは、金沢周辺での言葉で「ありがとうございます」という意味だとバスの運転手さんがおしえてくれた。
大阪弁の「おおきに」みたいなものだろう。

バスに乗って小一時間。海辺にある「クレイン金沢」にやってきた。

目の前に広がっているのが日本海。内灘だ。この日は暖かかったが、冬になると車がやってこれないほどの雪が積もるそうだ。

ここは障害のレッスン以外は屋内で行われている。

いいお天気だったが、馬にとってのコンディションはもうひとつのようだった。 私の乗った馬では、駆け足が数歩でただけ。 指導員さんも「今日は駆け足が出たらもうけもの、というぐらいです」と言っていたい。
というのは、週末のため家族連れなどが浜辺であそんでいて子どもたちの甲高い声があったり、浜辺の掃除のためかクレーン車のようなトラックが走っているからだ。
また海浜清掃で集められた色とりどりのゴミの山があちこちにちらばっている。 海や浜の上空ではタコのようのものが飛んでいる。「馬にとっては日常の空間でなくなっているので不安なようです」、と指導員さんは言っていた。

ホテルは金沢市内。階上のレストランから兼六園・金沢城公園が見える。

二日目はバスに乗って直接に千里浜に移動。馬も車に載せられて海岸に来た。

この浜は車が走ることができるので有名なところ。 そこを馬が走っているのは、車の運転手にとってもびっくりのようだ。

アクシデントがおきたので、1回目の走行で中止となり、2回目、3回目の走行はなくなった。

この馬はミニホースのトトロちゃん。みんなの人気者だ。お手ができるミニホースだけれど、体重は100Kgを超えているという!

外乗は、天候や馬の調子、施設の安全性、スタッフの対応など、考えることが多い。

さて来年に再びチャレンジしたいが、それまでにもっと練習しておこうとも思った。

右の写真は一日目の夕食のため金沢市内を歩いていた時にとったもの。月とハナミズキ。
金沢市内の街路樹は、ハナミズキが多かった。
ハナミズキが日本に広まったのは、日本がアメリカ(ワシントンDC)に桜(ソメイヨシノ)を贈ったお礼として送られてものがハナミズキだったからだといわれている。
ハナミズキはアメリカ原産のものだが、今は日本の各地に広がり、桜とともに春の花として知られている。金沢でハナミズキを見るとは予想もしていなかった。