堺ツーデーマーチ 和菓子をめぐるコース

6月3日、第12回 堺ウォーキングイベント ツーデーマーチ に参加した。

私が参加したのは、5キロメートルコース。
このコースは「旧市街地と和菓子をめぐるコース」とただし書きがついている。
日頃行っている図書館で、この案内を見つけて参加申し込みをした。

上がそのコース。 出発点の大浜公園・防災広場から、旧堺燈台、旧堺港、南海堺駅、吾妻橋(あづまばし)を通って、ザビエル公園へ。そこに第一番目の和菓子店「曽呂利」がある。そこから「天神餅」というお店、南へ下り「丸市菓子舗」、「河合堂」。そして「本家小嶋」と「小島屋」に続く。そして「さかい利晶の杜」を通って、出発点にもどるというコース。
六つの和菓子屋さんを巡る旅というわけだ。

「曽呂利」「本家小嶋屋」「小島屋」には行ったことがあるが、「天神餅」「丸市菓子舗」「河合堂」のお店には行ったことがない。和菓子プレゼントもあるというので、こんな楽しいことはない。

ベビーカーを押しているので、300人という参加者の最終を歩く。4月に環濠クルーズで見た堺港、灯台を地上から眺めて、以前行ったことがある「曽呂利」に向かう。

参加者には一人につき、和菓子引換券が2店舗分ついている。
残りの4店舗は割引サービス。
「曽呂利」は他の店にはない試食サービスがあった。無料で「そ・ロール」の試食ができ、冷たいお茶のサービスもあった。
さすが「曽呂利」は太っ腹。

ここは「天神餅」というお店。
ここの和菓子引換券がついていたので、天神餅というお菓子2個をゲット。
お店の前の看板に、「天神餅 丹精込めて練り上げた こだわりの雪平餅と、香り高くほっくりとしたつぶ餡が、品の良い甘みを奏でる逸品。
素朴な味わいが拡がったあとの、淡雪のような口どけの良さがたまらない。
1952年の創業以来 長く愛されている銘菓です。」と書いてあった。

このお店で「ビレラ」という欧風和菓子を買った。宣教師ガスパル・ヴィレラにちなんでいるという。バターの入った黄味餡、バニラ風味の柔らかな生地で包み、焼き上げたそうだ。さすが堺の和菓子。宣教師の名前にちなんだお菓子があるんだ。

おもての看板を見ると、◯の中に横イチがはいっている。これで丸市(まるいち)とよばれているのだろう。
ここの和菓子引換券はなかったので、「斗々屋茶碗(ととやぢゃわん)」というお菓子を買った。「斗々屋」というのは千利休が珍重した名碗からきているそうだ。その茶碗の形をモデルにし、つぶ餡と柚子餡が二層になっているというアイデア物。楽しめる味だった。

ここでは堺灯台の形に似せた「堺灯台もなか」を買った。

河合堂の看板をバックにこのもなかの写真を撮る。
堺に関係のある人物や物の名前をお菓子につけるだけでなく、建物の形に似せたお菓子を作るのもオリジナリティ。堺商人の意気込みが伝わってくるお菓子だった。

ここが「本家小嶋屋」。何回か買いに来たことがあるお店。売り切れを心配したが、店前で説明をするボランティアの人が、今日は多めに作ってもらっています、といっていた。

このツーデーマーチのためにたくさんのボランティアの人が参加しているようだ。道の案内、施設の説明、商品の受け渡し、ありがたいことだ。お店によっては、大阪府立大学のロゴの入ったジャンバーを着た人たちもいた。市民、学生の陰の力のおかげで、こういうイベントは成功するのだと思う。ボランティアの人達に感謝。

「本家小嶋」から「小島屋」に行き、「芥子餅」をゲットした。「小島屋」は以前にこのブログで紹介したし、そろそろダウンしてきたので、写真を撮るのを忘れてしまった。お腹も減って、疲れてきたのでここでウォーキングはストップ。ゴール地点まで戻った人は何人ぐらいいたのだろうか。

上の写真は、このウォーキングでゲットした和菓子プレゼント一覧。

左上から「小島屋のけし餅」「本家小嶋のけし餅と肉桂餅のセット」「天神餅2個」
下に行って「丸市菓子舗の鮎餅」そして「斗々屋茶碗(小)」。

どれもこれもこだわりの逸品。
次の日の4日には、「仁徳さんと和菓子コース」、「環濠と和菓子コース」の二つがあった。
来年はちがったコースで楽しみたいと思う。

 

 

 

堺の和菓子 曽呂利

堺の観光土産品のリストには必ずと行っていいほど出てくるのが「曽呂利(そろり)」。ザビエル公園のそば、阪堺線「妙国寺前」駅下車すぐそばにあるお店。

店内に入って目に入ってくるのが「曽呂利」と書いた木製の看板。

立派ですね。
とお店の人に声をかけると、

「先代の屋敷が、曽呂利新左衛門さんの屋敷跡にあったことから『曽呂利』と名前がついたんですよ」と話してくれた。

曽呂利新左衛門というと、あの豊臣秀吉に関係のある、トンチの曽呂利の曽呂利新左衛門のこと。秀吉から褒美をもらうとき、「今日は米1粒、明日はその倍の2粒、明後日にはその倍の4粒と100日間」と言い、秀吉は大したことはないと思って了解するが、それが実はとんでもない量になっていくのにあわてた、という逸話が有名。

曽呂利新左衛門のもともとの職業は刀の鞘(さや)職人で、その腕は素晴らしく、作った鞘に「そろり」と刀が入ったという。そこから曽呂利という名前がついたという話が伝わっている。

このお菓子は「蘇(そ)」という名前。外側はクッキー、中はナチュラルチーズ。
不思議な味だが、お店の人の
「若い人はおいしい!と歓び、年を取った人は、なんだこの味?といいます」
という言葉に誘われて買った。
私は「おいしかった!」

包み紙にあるのが太閤秀吉と曽呂利新左衛門。
曽呂利新左衛門が太閤秀吉の耳に何か囁いている。それを見ていた諸大名は、自分への告げ口ではないかと思い、曽呂利新左衛門への付け届けが急に増した、という逸話からとられたもの。

私が買った和菓子。左上から「白蔵主(はくぞうす)」、「大鏡(おおかがみ)」左下の「蘇(そ)」、そして「呂宋(るそん)」。

どれもこだわりの名前がついている。

曽呂利のホームページの紹介を見ると、

白蔵主(はくぞうす)・・・狂言「狐釣り」で名高い堺市少林寺の白蔵主稲荷にちなんだ銘菓。落ち着いた甘さの黄味あんをていねいに包んだ焼菓子です。

大鏡(おおかがみ)・・・曽呂利を代表するお菓子 大鏡(おおかがみ)。和泉・河内の上古時代をしのび、八咫鏡(やたのかがみ)をかたちどった白あんづつみの焼きものです。さっぱりとした甘さが自慢の気さくな和菓子。

蘇(そ)・・・外はクッキー生地、中はナチュラルチーズ。古代の香りがする新感覚な焼菓子です。

呂宋(るそん)・・・堺が栄えた桃山の時代、海外交易で大活躍した、呂宋助左衛門にちなんだ焼菓子です。

堺にこだわっての命名がすばらしい。

そして私が買って一押しが、「そロール」という名のロールケーキ。

ホームページの紹介をみると、
「和菓子の技術を駆使し、使用材料にも徹底的にこだわったロールケーキ。スポンジの甘みには氷砂糖とフランス製蜂蜜のみを使用。生クリームはタカナシ乳業のものを使用し、丹波大納言と氷砂糖を合わせてつぶつぶ感を残した餡が特徴。 
膨張材・乳化材等の添加物は一切使わない、安心安全が自慢の一品です。
賞味期限:当日(店頭)、
発送は製造日の翌日 保存方法:8℃以下
特定原材料:卵・乳・小麦」

賞味期限当日という、安心安全のロールケーキ、お持ち帰りには保冷剤と保温シートがついていた。
食べず嫌いの娘もしっかり食べたという、すぐれもの。

お店の人の話によると、名前もこだわり、製法にもこだわっている。残念なのは名前を真似するお店がたくさんあることだそうだ。
「たとえば、蕎麦屋だったらいいでしょう?と言うんですよ」
「呂宋という名前も真似されました」

オリジナリティを追求し、先頭を走る和菓子屋さん故の悩みかもしれないが、柳の下のどじょうを期待せずに、切磋琢磨をしないとね。
そのオリジナルの味を自分の舌で感じることができたのが、曽呂利の和菓子だった。

上の地図は「第25回堺市優良観光みやげ品」というパンフレットから。
曽呂利のホームページのアドレスは、
http://sorori.co.jp/regular.html

 

 

 

桜珈琲(さくらコーヒー)

堺で知る人ぞ知る名店(と、私は思う)の「桜珈琲(さくらコーヒー)」が美原に新しく店を出した。新しい店なので、車のナビではピンポイントで特定できなかった。

鳳(おおとり)にある本店に、時々行くことがあるが、この美原店は8店目だとか。
鳳本店によく似た建物のレイアウト。ホームページにその一覧がある。

http://www.sakura-coffee.jp

車を止めて中に入ろうとすると、駐車場の警備員さんが、夜になると桜珈琲のパネルに灯りがついて綺麗ですよ、と言ってくれた。オープンの日なのに知っているということは、この店と関わりの深い人なんだろうなと思った。

桜珈琲の特徴だろうか。中庭があり、桜が植えられている。もう葉桜だ。

大きな窓の向こうに見えるのは「黒姫山古墳」か?。今度来る時に確かめてみよう。近くに「みはら歴史博物館」がある。
広い空間が感じられて、立地もいい。

モーニングが午後2時まであるというのがうれしい。 手前がマフィン、後ろは二種類のトーストのモーニング。ヨーグルトがついているのが気に入っている。

私のプログのプロフィールにも引用しているが、

「人生には三つのものがあればいい
     希望と
       勇気と
         サムマネー 」

これはチャールズ・チャップリンが言った言葉。
含蓄のある言葉だ。

アドラー心理学のアドラーも「少しの勇気が人生を変える」と言っていた。
こんなセンスがこの店の雰囲気を良くしているのだと思う。

上品なお菓子、ケーキがたくさん並んでいた。 もちろんパンの販売も種類が豊富。
「いらっしゃいませ」
「ありがとうございました」
店員さんの自然な声が、また来ようという気にさせる。

駐車場で警備員さんに「おいしかったよ!」と声をかけると、体の大きな警備員さんはニッコリと笑って手を振ってくれた。

 

 

堺の桜、名古屋の桜

一昨年も行った堺の環濠クルーズ。
前は桜の盛りも過ぎていたので、今年は満開の時期を狙って行った。
週末は雨模様?、という天気予報に一喜一憂しながら行ったが、雨の隙間を狙った桜見物となって楽しむことができた。

鯉のぼりも元気に泳いでいる。なかに「うなぎ」や「かつお」があるのも面白い。

両岸の桜はほぼ満開。 曇り空が残念だったけれど、暑すぎもせず、寒すぎもせず。花曇りの1時間だった。

風が吹くと花吹雪が。船内に「お~っ」と言う声が湧き上がる。

南海電車「堺駅」の東口にこのクルーズの出発点がある。
近くの橋には、ポルトガル人の像がある。このポルトガル人の像は、橋の上からは正面の顔が見えない。

クルーズの船からは正面の顔が拝める。これもこのクルーズの楽しみ。

環濠から堺港に船は出る。

高速道路の下をくぐる。
そこには「桁下満潮時15M」の文字。
東北での大震災、津波はこの高さ以上だった、というボランティアガイドさんの説明。
海風の冷たさ以上の冷たい空気が船の中に広がる。
あらためて自然災害の甚大さを感じた瞬間。

桜満開の環濠クルーズ。少し肌寒いときもあり、曇り空だったけれど満員御礼の約1時間の船旅。
次回は青空のときに来たいものだ。

つづいて名古屋城でのお花見。最後の春休みなのか、ここも大入り満員だった。

ここは名古屋市の地下鉄「市役所駅』入り口」。

駅の向こうに見えている緑の屋根と赤レンガ風の建物が名古屋市役所らしい。お城の門のような地下鉄駅に下る入り口。なんとなく風情がある。

名古屋城は本丸御殿の改修工事中で、現在まで完成した部分を観覧することができた。
来年度には完成し、一般公開されるそうだ。

本丸御殿とは、名古屋城のホームページの説明によると、
***************

  名古屋城本丸御殿は、尾張藩主の住まいとして徳川家康の命により慶長20年(1615)に建てられました。20年後、将軍のお成御殿として上洛殿が増築され、格式高き御殿として知られていましたが、昭和20年(1945)の空襲で天守閣とともに全焼しました。
 名古屋市では、平成21年(2009)1月から本丸御殿の復元に着手し、平成25年5月29日、入口にあたる玄関、謁見の場である表書院などの公開を開始しました。

*************************************

これが修復中の「本丸御殿」。なんとも綺羅びやかだ。御三家の一つ、尾張藩主の御殿だけある。

ミクロ単位で精密に復元されている襖絵や、木目も新しい柱を見るとその豪華さがわかる。

広場では和太鼓演奏があり、外国人観客も非常に多い。
名古屋城にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、シダレザクラ、サトザクラなど、約1000本の桜があるそうだ。

これが天守閣。大阪城もそうだが、お城には桜がよく似合う。それは平和な時代だからだろう。戦国時代には桜がお城内に植えられていたのかどうか?

名古屋城、といえば私がすっと頭に浮かぶのは「金のシャチホコ」。

左の写真はレプリカだが、高さ約2.6メートル、重さ約1200キログラム、18金のウロコが120枚あまり貼ってあるそうだ。
オスのシャチの方が少し大きくて重いそうだ。

この金のシャチホコは大阪の造幣局で作られたはずだ。
私は金のシャチホコを積んだトラックが、国道26号線を走っていたのを見た記憶がある。しかしそれは本当だったのか今では定かではなくなってしまった。

午前中に雨が降ったので、桜の花びらが地面に敷き詰められるように落ちていた。それにしても不思議だったのは、場内で「スター・ウォーズ」展が開かれていたこと。名古屋城とスター・ウォーズと、どんな関係が?

名古屋城のお堀は空堀。そこに菜の花が咲き乱れ、桜のピンク、緑の葉、菜の花の黄色の彩りが春の深まりを感じさせていた。

大阪に帰ってこのブログを書いていると、名古屋城天守閣を元の木造建築に復元する計画があると新聞に載っていた。老朽化した現在の天守閣を、コンクリートで補強してもその寿命は40年あまり。そうなら木造のほうが長持ちするということらしいが、どれくらいの予算が必要なのだろう。天守閣の石垣は国の特別記念史跡だから、ハードルは高そう。
桜満開の季節、気持ちは初夏の太陽へと向かう。

 

 

 

 

 

 

エビス祭りとえべっさん

 

ここは「萩原神社」。
地元では萩原天神として知られるところ。
ここに萩原戎神社がある。
ポスターには餅まきの様子が載せられている。

萩原神社のホームページを見ると、下のようなエビス祭の説明があった。

  • 戎まつりは西日本が主であるが、その神さまは蛭子命(ヒルコノミコト)又は一言主命(ヒトコトヌシノミコト)が祀られています。
  • また関西では商売の神さまと言う信仰が強いですが、地方に行けば漁業の神さまの信仰が強いようです。
  • 当社では商売繁盛、家内安全の願いが主です。主なイベントとして、福笹や縁起物の授与はじめ「餅まき」「福引き」が行われ2日間で 約1.5万人の参拝が有ります。

戎神社の鳥居の前に2体、社殿の横の灯籠前にも2体のえびす像。なんともにこやかな顔でお出迎え。萩原神社のように、歴史の中で地域の神社が合祀されて、境内に幾つもの社がある神社は多い。

さて、地域の戎神社を訪問した後、恒例の今宮戎に出かけた。

南海高野線の「今宮戎駅」。今宮エビスは「戎」という漢字を使う。この駅はかつては「今宮恵比寿駅」と言われていたが、「えべっさん」に合わせて「今宮戎駅」と改称されている。
そのプラットフォームからの光景にびっくり。超大入り満員。
「今日は宵宮のはず。しかも時刻はお昼時。こんなにも沢山の人が……」としばし声も出ず。入場制限で、駅からの最短距離では入場できず、東にグルっと回る列に並ぶ。
超大入り満員でも、参拝者は慣れたもので、静かに慌てず、鳥居をくぐれる順を待つ。

鳥居前まで進むと、奉納の一団がやってきた。「木津卸売市場」という旗が見える。商売の神様へのお参りというわけだろう。

参列者の中から
「あれ、学校の名前がある…」
という声が聞こえた。
鳥居の一番直ぐそばのちょうちんに「恵美小学校」という名前がかかれている。
地元の小学校の名前だ。

「木津市場」といい、ここの「えべっさん」がいかに地元と密着しているかがわかる。

本殿裏のドラを「たのんまっせ」と力いっぱい叩く。

恒例のおみくじ。
なんと今年も「凶」。
過去3年連続の「凶」のおみくじ。

「ゆくもつらし
 ゆかぬもつらし・・・・」
と運勢の歌が書かれている。

「ゆくにもゆかれず
 いるにもいられず
 とゆう大切な時に今遇っている
 心を鎮めて・・・」
と解説がある。

人生の岐路に立っているのかなあ。うなずきながらおみくじ掛けにしばる。


難波高島屋に向かって歩く。
たくさんの出店。今年は「鶏の皮」を使った食べ物が目についた。これも酉年をねらったものかと思う。
さていつもの楽しみのお店。「バショウせんべい」と「堺の包丁」。
あれ?、バショウせんべいのおじさんがいない?
バショウせんべいのお店はあったが、違うお店だ。どうしたのだろう。
「堺包丁」のおじさんは元気だった。
ドイツ人らしい外国人客に「メイドイン ジャーマン ナイフ ベリーグッド」と言っている。
国際化だなあと感心する。
でもバショウせんべいのおじさんはどうしたのだろう? 今宮戎の後は我孫子観音と言っていたなあ。我孫子観音のお参りの時に見てみよう。
曇り空になって、雨粒が少し降ってくる。
急ぎ足で高島屋へ入る。
さて、今年はどんな年になるのだろう。