アナレンマ

このモニュメントは何?

丘の上にある不思議なモニュメント、もう少し接近してみよう。

三本の柱の真中付近に何かがある。

もう少し拡大してみよう。

ここは堺市立みはら歴史博物館
(M-Cみはら)にある公園。
三原ふる里公園と呼ばれているところ。

ホームページを見ると、
「カタチ造りの達人がグランドコンセプト。中世の鋳物技術者集団河内鋳物師、24領の鉄製甲冑が出土した黒姫山古墳をメインテーマとした展示と、文化・芸術に触れ交流できるホールとの複合施設です。愛称のM-Cみはらは、Museum(博物館)とCommunity(交流)をイメージしています。」
とある。

このモニュメントは、その「みはら歴史博物館」の裏側にある「三原ふる里公園」にある。

モニュメントには写真のように、三本のワイアで固定されているものがある。私には全く何かわからなかった。そばに説明があったので読んでみよう。

**************

モニュメントのレリーフは、鋳物師発祥の地の由来から「炎」を表現し、そこからモニュメントが生まれたことを物語っています。
また、刻の丘の位置づけから正午を示す機能も備え、中空に張られたノーモン(き針=ドーナツ型円盤)の影と、柱に刻まれた8の字の字型のアナレンマ(均時差=見かけの太陽と標準時の差をグラフ化したもの)で正午を読み取ります。
時計の12時は一つしかありませんが:この正午日時計は、季節で高さが変化し、太陽と地球の軌道関係で左右にずれ、8の字を形成します。晴れた日には、機械仕掛けでは味わえない、季節感や宇宙観を与えてくれる夢の時計で、感じることを心に刻んでください。

 アナレンマ(正午用)の味方
①月日を探す(目盛りの間隔は約10日)
②その月日の線上にノーモンの穴の光が差し込んだら正午です。
③また、数値でその日の均時差が解ります。(2分表示)
  東経 135度33分45秒
  北緯 34度32分42秒

*************************************


 なるほど上の写真のように線と文字が刻まれている。
この文字と線が刻まれている一番低いところを見ると、

6月21日が一番低いところの印になっている。これは夏至近くという意味だろうか。 逆に一番上の部分を見ると12月末になっている。冬至ということかもしれない。
アナレンマ・・・・!この言葉に記憶があった。そうだ、明石の天文台で見たのだ。

上の写真が明石の天文台で見た「正午計」。

この正午計を拡大したのが「みはら歴史博物館」でみたアナレンマを利用した「正午計」なのだ。
今日は12時をとっくにすぎている。天気の良い日の12時頃に来れば、アナレンマの現象を見ることができるかもしれない。
一つ楽しみが増えた。

 

 

 

堺環濠クルーズ2018

今年の桜ははやい。 3月31日なのにもう葉桜がちらほら。
堺環濠クルーズは来週末まで予約満席になっている。

今年はこのクルーズの初日に行ったわけだが、すべて満員。何日前からの受付をしているのかはわからなかったけれど、1週間ほど前の予約で初日が取れた。でも4月の第1週はすべて満員だった。すごい人気だ、今年の桜の開花が早いからかもしれない。ホームページのアドレスは下記の通り。

http://www.kc-sakai.com/schedule.ht

ホームページを見てみると、詳しくアクセスや航行日が載せられている。 設立趣意がのせられていた。  

「堺の市街地を流れ、黄金の歴史を誇った“自由都市・堺”の象徴「観濠」を現在に伝える「内川・土居川」。10年前、私達はドブ川となっていた「内川・土居川」を少しでもきれいにしたいとの思いから、清掃活動を始めました。  また、今年で8回目を迎える、市民と川をつなぐイベント「内川・土居川まつり」にも堺市と共に参画してきました。こうした活動を通じて、同じ思いを持った仲間が集い、この観濠に定期観光船を運航させるNPO法人「観濠クルーズSakai」を設立いたしました。  内川・土居川のまわりには、数多くの歴史的遺産や観光名所が存在するにも関わらず、観光客はもとより地元の住民までそのような事にあまり関心を持たれていないのが現状です。 そこで私達は、この観濠に観光船を走らせ、堺の歴史的遺産を見て触れてもらう事で堺のまちを観光都市として位置付け、魅力あるまちにしたいと思います。  また、観光船の上から身近に川を感じ、みんなが「内川・土居川」をきれいにしたいとの思いを抱き、“市民が憩う川辺”を共に造り上げていきたいと願っています。  是非、この「観濠クルーズSakai」の設立趣旨にご賛同をいただき、ご支援を頂けますようお願い申し上げます。」

環濠と観濠をかけてあるところが関西らしい。

4月になっていないのに桜は満開。

橋の欄干や桜の木々に鯉のぼりが泳いでいる。

環濠から海に出ることころにいたのはアオサギ。魚を狙っているようだった。

堺コンビナートに通じる湾は波が大きくなってきた。風も先ほどの春めいた風が冷たい風になり、思わず上着のボタンをとめる。

50分のクルーズ。ボランティアガイドさんの写真や歌を交えての説明で、またたくまに出発地点に戻ってきた。

お天気よし、桜よし、堺よし、の三方よしの環濠クルーズだった。 このクルーズは桜の季節だけ行っているのではない。5月にはこどもの日に合わせたイベントもあるようだ。 春、夏、秋と季節に合わせた魅力があるクルーズだと思う。 来年もまた来たいと思いながら船を降りた。

 

 

堺ツーデーマーチ 和菓子をめぐるコース

6月3日、第12回 堺ウォーキングイベント ツーデーマーチ に参加した。

私が参加したのは、5キロメートルコース。
このコースは「旧市街地と和菓子をめぐるコース」とただし書きがついている。
日頃行っている図書館で、この案内を見つけて参加申し込みをした。

上がそのコース。 出発点の大浜公園・防災広場から、旧堺燈台、旧堺港、南海堺駅、吾妻橋(あづまばし)を通って、ザビエル公園へ。そこに第一番目の和菓子店「曽呂利」がある。そこから「天神餅」というお店、南へ下り「丸市菓子舗」、「河合堂」。そして「本家小嶋」と「小島屋」に続く。そして「さかい利晶の杜」を通って、出発点にもどるというコース。
六つの和菓子屋さんを巡る旅というわけだ。

「曽呂利」「本家小嶋屋」「小島屋」には行ったことがあるが、「天神餅」「丸市菓子舗」「河合堂」のお店には行ったことがない。和菓子プレゼントもあるというので、こんな楽しいことはない。

ベビーカーを押しているので、300人という参加者の最終を歩く。4月に環濠クルーズで見た堺港、灯台を地上から眺めて、以前行ったことがある「曽呂利」に向かう。

参加者には一人につき、和菓子引換券が2店舗分ついている。
残りの4店舗は割引サービス。
「曽呂利」は他の店にはない試食サービスがあった。無料で「そ・ロール」の試食ができ、冷たいお茶のサービスもあった。
さすが「曽呂利」は太っ腹。

ここは「天神餅」というお店。
ここの和菓子引換券がついていたので、天神餅というお菓子2個をゲット。
お店の前の看板に、「天神餅 丹精込めて練り上げた こだわりの雪平餅と、香り高くほっくりとしたつぶ餡が、品の良い甘みを奏でる逸品。
素朴な味わいが拡がったあとの、淡雪のような口どけの良さがたまらない。
1952年の創業以来 長く愛されている銘菓です。」と書いてあった。

このお店で「ビレラ」という欧風和菓子を買った。宣教師ガスパル・ヴィレラにちなんでいるという。バターの入った黄味餡、バニラ風味の柔らかな生地で包み、焼き上げたそうだ。さすが堺の和菓子。宣教師の名前にちなんだお菓子があるんだ。

おもての看板を見ると、◯の中に横イチがはいっている。これで丸市(まるいち)とよばれているのだろう。
ここの和菓子引換券はなかったので、「斗々屋茶碗(ととやぢゃわん)」というお菓子を買った。「斗々屋」というのは千利休が珍重した名碗からきているそうだ。その茶碗の形をモデルにし、つぶ餡と柚子餡が二層になっているというアイデア物。楽しめる味だった。

ここでは堺灯台の形に似せた「堺灯台もなか」を買った。

河合堂の看板をバックにこのもなかの写真を撮る。
堺に関係のある人物や物の名前をお菓子につけるだけでなく、建物の形に似せたお菓子を作るのもオリジナリティ。堺商人の意気込みが伝わってくるお菓子だった。

ここが「本家小嶋屋」。何回か買いに来たことがあるお店。売り切れを心配したが、店前で説明をするボランティアの人が、今日は多めに作ってもらっています、といっていた。

このツーデーマーチのためにたくさんのボランティアの人が参加しているようだ。道の案内、施設の説明、商品の受け渡し、ありがたいことだ。お店によっては、大阪府立大学のロゴの入ったジャンバーを着た人たちもいた。市民、学生の陰の力のおかげで、こういうイベントは成功するのだと思う。ボランティアの人達に感謝。

「本家小嶋」から「小島屋」に行き、「芥子餅」をゲットした。「小島屋」は以前にこのブログで紹介したし、そろそろダウンしてきたので、写真を撮るのを忘れてしまった。お腹も減って、疲れてきたのでここでウォーキングはストップ。ゴール地点まで戻った人は何人ぐらいいたのだろうか。

上の写真は、このウォーキングでゲットした和菓子プレゼント一覧。

左上から「小島屋のけし餅」「本家小嶋のけし餅と肉桂餅のセット」「天神餅2個」
下に行って「丸市菓子舗の鮎餅」そして「斗々屋茶碗(小)」。

どれもこれもこだわりの逸品。
次の日の4日には、「仁徳さんと和菓子コース」、「環濠と和菓子コース」の二つがあった。
来年はちがったコースで楽しみたいと思う。

 

 

 

堺の和菓子 曽呂利

堺の観光土産品のリストには必ずと行っていいほど出てくるのが「曽呂利(そろり)」。ザビエル公園のそば、阪堺線「妙国寺前」駅下車すぐそばにあるお店。

店内に入って目に入ってくるのが「曽呂利」と書いた木製の看板。

立派ですね。
とお店の人に声をかけると、

「先代の屋敷が、曽呂利新左衛門さんの屋敷跡にあったことから『曽呂利』と名前がついたんですよ」と話してくれた。

曽呂利新左衛門というと、あの豊臣秀吉に関係のある、トンチの曽呂利の曽呂利新左衛門のこと。秀吉から褒美をもらうとき、「今日は米1粒、明日はその倍の2粒、明後日にはその倍の4粒と100日間」と言い、秀吉は大したことはないと思って了解するが、それが実はとんでもない量になっていくのにあわてた、という逸話が有名。

曽呂利新左衛門のもともとの職業は刀の鞘(さや)職人で、その腕は素晴らしく、作った鞘に「そろり」と刀が入ったという。そこから曽呂利という名前がついたという話が伝わっている。

このお菓子は「蘇(そ)」という名前。外側はクッキー、中はナチュラルチーズ。
不思議な味だが、お店の人の
「若い人はおいしい!と歓び、年を取った人は、なんだこの味?といいます」
という言葉に誘われて買った。
私は「おいしかった!」

包み紙にあるのが太閤秀吉と曽呂利新左衛門。
曽呂利新左衛門が太閤秀吉の耳に何か囁いている。それを見ていた諸大名は、自分への告げ口ではないかと思い、曽呂利新左衛門への付け届けが急に増した、という逸話からとられたもの。

私が買った和菓子。左上から「白蔵主(はくぞうす)」、「大鏡(おおかがみ)」左下の「蘇(そ)」、そして「呂宋(るそん)」。

どれもこだわりの名前がついている。

曽呂利のホームページの紹介を見ると、

白蔵主(はくぞうす)・・・狂言「狐釣り」で名高い堺市少林寺の白蔵主稲荷にちなんだ銘菓。落ち着いた甘さの黄味あんをていねいに包んだ焼菓子です。

大鏡(おおかがみ)・・・曽呂利を代表するお菓子 大鏡(おおかがみ)。和泉・河内の上古時代をしのび、八咫鏡(やたのかがみ)をかたちどった白あんづつみの焼きものです。さっぱりとした甘さが自慢の気さくな和菓子。

蘇(そ)・・・外はクッキー生地、中はナチュラルチーズ。古代の香りがする新感覚な焼菓子です。

呂宋(るそん)・・・堺が栄えた桃山の時代、海外交易で大活躍した、呂宋助左衛門にちなんだ焼菓子です。

堺にこだわっての命名がすばらしい。

そして私が買って一押しが、「そロール」という名のロールケーキ。

ホームページの紹介をみると、
「和菓子の技術を駆使し、使用材料にも徹底的にこだわったロールケーキ。スポンジの甘みには氷砂糖とフランス製蜂蜜のみを使用。生クリームはタカナシ乳業のものを使用し、丹波大納言と氷砂糖を合わせてつぶつぶ感を残した餡が特徴。 
膨張材・乳化材等の添加物は一切使わない、安心安全が自慢の一品です。
賞味期限:当日(店頭)、
発送は製造日の翌日 保存方法:8℃以下
特定原材料:卵・乳・小麦」

賞味期限当日という、安心安全のロールケーキ、お持ち帰りには保冷剤と保温シートがついていた。
食べず嫌いの娘もしっかり食べたという、すぐれもの。

お店の人の話によると、名前もこだわり、製法にもこだわっている。残念なのは名前を真似するお店がたくさんあることだそうだ。
「たとえば、蕎麦屋だったらいいでしょう?と言うんですよ」
「呂宋という名前も真似されました」

オリジナリティを追求し、先頭を走る和菓子屋さん故の悩みかもしれないが、柳の下のどじょうを期待せずに、切磋琢磨をしないとね。
そのオリジナルの味を自分の舌で感じることができたのが、曽呂利の和菓子だった。

上の地図は「第25回堺市優良観光みやげ品」というパンフレットから。
曽呂利のホームページのアドレスは、
http://sorori.co.jp/regular.html

 

 

 

桜珈琲(さくらコーヒー)

堺で知る人ぞ知る名店(と、私は思う)の「桜珈琲(さくらコーヒー)」が美原に新しく店を出した。新しい店なので、車のナビではピンポイントで特定できなかった。

鳳(おおとり)にある本店に、時々行くことがあるが、この美原店は8店目だとか。
鳳本店によく似た建物のレイアウト。ホームページにその一覧がある。

http://www.sakura-coffee.jp

車を止めて中に入ろうとすると、駐車場の警備員さんが、夜になると桜珈琲のパネルに灯りがついて綺麗ですよ、と言ってくれた。オープンの日なのに知っているということは、この店と関わりの深い人なんだろうなと思った。

桜珈琲の特徴だろうか。中庭があり、桜が植えられている。もう葉桜だ。

大きな窓の向こうに見えるのは「黒姫山古墳」か?。今度来る時に確かめてみよう。近くに「みはら歴史博物館」がある。
広い空間が感じられて、立地もいい。

モーニングが午後2時まであるというのがうれしい。 手前がマフィン、後ろは二種類のトーストのモーニング。ヨーグルトがついているのが気に入っている。

私のプログのプロフィールにも引用しているが、

「人生には三つのものがあればいい
     希望と
       勇気と
         サムマネー 」

これはチャールズ・チャップリンが言った言葉。
含蓄のある言葉だ。

アドラー心理学のアドラーも「少しの勇気が人生を変える」と言っていた。
こんなセンスがこの店の雰囲気を良くしているのだと思う。

上品なお菓子、ケーキがたくさん並んでいた。 もちろんパンの販売も種類が豊富。
「いらっしゃいませ」
「ありがとうございました」
店員さんの自然な声が、また来ようという気にさせる。

駐車場で警備員さんに「おいしかったよ!」と声をかけると、体の大きな警備員さんはニッコリと笑って手を振ってくれた。