ハイジとドレミの歌 23

美術史博物館へ

オーストリアのパトカーはベンツ製。 ドイツ製だから? 日本のパトカーにトヨタ製が多いみたいなものか。

昨日の散歩で私の目を引いていたパン屋さんに行く。天然酵母のパンを売っている。

なかなか美味しい。オーストリアで天然酵母のパンを食べるとは予想してなかった。

ウィーン美術史美術館の全景。自然史博物館とよく似た建物。

玄関ホールはとても美しい。さすが美術館。

これは15世紀頃の作品。 若い時、中年の時、老年の時の女性の姿。すべて1本の木から掘り出されているそうだ。
国外の美術館に出品されていたのもだが、私達が来たときには国内に戻ってきたところだったそうだ。大きな彫刻ではない。40センチぐらいの大きさだろうか。
ガイドさんの話によると、老人の女性の足にはヨーロッパの女性の特徴である静脈瘤がえがかれているそうだ。

ここは世界で最も美しいカフェの一つだそうだ。ツアーの人の中で、ここのカフェに入りたいという人がいた。しかし館内の見学をあきらめないと無理と言われていた。それほどいいところらしい。

左の写真は「自然史博物館」の中にあるカフェ。
よく似ていますね。
こちらのカフェならゆっくりとお茶を飲めそう。でも私達はそんなことを思いつかなかった。
あの時入っていれば、、、旅というものはそんなものだ。

美術史博物館は1881年に完成したもので、ネオ・ルネッサンス形式の建物だそうだ。
自然史博物館と美術史博物館は「双子の博物館」とよばれているらしい。
どちらも見学できたことは幸運だった。

ガイドさんの説明によると、ここの美術史博物館の展示はユニークだそうだ。
同じテーマで過去の作品と現在の作家の作品がならべて展示されている。
その例が上の展示。女性の表し方が時代によって変わってきている。絵画の果たしてきた役割、果たす効果、表現方法がどのように変化してきたのか、そんなことを考えるチャンスを私達に与えてくれる。

私の見たかった「バベルの塔」がここにあった。 日本で見た「バベルの塔」のもう1枚がここにあった。ゆっくりと近づいて見ることができた。感激だった。

「バベルの塔」以外にも多くのブリューゲルの作品が展示されていた。写真やアルバムではわからない迫力、実物大の大きさを実感できた。
上の写真の真ん中の女性が現地ガイドさん。その語り口が大胆で、博識で、国家ガイド資格?の実力を持つガイドさんだ。

ここウィーン美術史美術館で圧巻だったのはクリムトだった。
上の写真でわかるように、壁に金属製の廊下が作られている。そこにあがるとクリムトの壁画が手に触れるぐらいの近さで見ることができるのだ。

美術史博物館の価値も相当なものだから、その壁に金属製の廊下を取り付けるなんて、日本ではまあ考えられないだろう。 ガイドさんの説明によると、ここの館長さんの決断だそうだ。少しでもクリムトの作品を知ってもらうために計画したそうだ。もちろん永久的なものではなく期限付きのものだそうだ。私達はたまたま運が良かったのだ。

まだまだブログで紹介したい写真があるが、次の目的地であったベルヴェデーレ宮殿に行かなくてはならない。
世界一美しいカフェに行くか、展示品を見るか、そんな選択を迫るのも無理もない、内容が豊富な美術史博物館だといえる。

 

 

ハイジとドレミの歌 22

自然史博物館へ

朝食は、ポーチドエッグとハムとイングリッシュマフィン。
最後なのでエネルギー充填のために。

ホテルから歩いて自然史博物館に向かう。 途中で見た「ゲーテの像」。

続いて「モーツアルトの像」。
トー音記号がお花で作られているのがモーツアルトらしい?。

そしてマリア・テレジアの像。指さしている方に美術史博物館がある。そこは午後に訪れるところ。 まずは右側にある自然史博物館に行く。

標本が箱や陳列棚にきれいにならべられている。
宝石のようのものから巨大な魚や恐竜の標本まである。

2,3歳ぐらいの女の子がお父さんと見学に来ていた。 本物にふれることができるなんて、なんて素晴らしいんだろう。

これはアメリカの博物館で見たよう気がする。 私達の祖先だ。

今度は宇宙飛行士だ。オーストリアの宇宙飛行士もいるのだ。国際宇宙ステーションで活動しているそうだ。

探査衛星のモデルもあった。
これは2004年3月に欧州宇宙機構が打ち上げた彗星探査機「ロゼッタ」。
ロゼッタには着陸機が搭載されていて、2014年11月にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸している。ロゼッタ自体は2016年9月に機能停止をし、彗星表面に落下している。
日本の「はやぶさ」だけが小惑星に行っているかのように私達は思いがちだが、実はそうではない。世界的に宇宙探査が進んでいるのだ。
「はやぶさ」といえば、「はやぶさ2」が小型衛星「ミネルバ」2台を「りゅうぐう」に着陸させた。「はやぶさ2」はドイツ航空宇宙センターとフランス国立宇宙研究センター制作の小型着陸機「マスコット」を搭載している。
10月3日、マスコットは「りゅうぐう」へ高度50メートルまで接近した「はやぶさ2」から投下され、約20分後に「りゅうぐう」に着陸したという。宇宙探査ではこのような素晴らしい共同活動が行われているのだ。

若い人たち、親子連れが多い。私達のように外国人もいる。 まるで美術館のような建物。 ここだけをみたら、自然史博物館とは思えないだろう。

館内の見学の最後にショップに立ち寄った。
ここで星座盤を買った。オーストリアを中心にした星座盤に興味があった。緯度の高いところでの星の見え方が知りたかったが、今回の旅行はあいにくのお天気で実際の夜空はほとんど観察できなかった。昨日の宵の明星ぐらいだった。
ここで左のポスターを発見した。
そうだ! ヴィーナス像があったのだ。約2万5千年前のものだとされる出土品「ヴィレンドルフのヴィーナス」。
ああー、折角の機会を逃してしまった。
ショップから展示場に戻ることはできなかった。しかたがないので、そのポスターの写真を取る。

自然史博物館を出ると、シャボン玉のパフォーマンスが行われていた。
小さな子どもたちが楽しそうに見ていた。シャボン玉はどこの国でも人気だ。
そういえば、ハイジのハイキングのとき、シャボン玉を吹いていたツアーの人がいたことを思い出した。その人がここでシャボン玉を吹けばいいのに・・・。

ホテル集合なので、ウィンドウショッピングしながらもどる。
午後は自然史博物館と向い合せの美術史博物館。

 

 

 

ハイジとドレミの歌 21

楽友協会でのコンサート

夕食を食べたレストラン。町中のしゃれたレストランという感じ。

デザートはザッハートルテのようなチョコレートのケーキ。
味はやっぱり本物の方に軍配が上がる。しかしこのザッハートルテはドイツでは人気があるようだ。
ホテルに戻り、少し休憩をとってからコンサートに向かう。

ここがウィーン楽友協会。
ウィキペディアの説明によると

「ウィーン楽友協会(ドイツ語: Wiener Musikverein ヴィーナー・ムジークフェライン)は1812年に設立されたオーストリア・ウィーンにあるクラシック音楽関係者による団体(ウィーン楽友協会(ドイツ語版))およびその本部の建物。団体の正式名称はDie Gesellschaft der Musikfreunde in Wien。日本では「楽友協会」と呼ばれることが多い。 大ホールは通称「黄金のホール」と呼ばれ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地として知られる演奏会場である他、同じ建物に資料室や出版社、ベーゼンドルファー(ピアノメーカー)などが同居している。」

ウィーン・フィルハーモニーが毎年大晦日に、ニューイヤーコンサートをおこなっているところ。なんともきらびやかで豪華。
舞台が客席の直ぐ側にある。また演奏する楽団の横にも客席がある。

演奏中は撮影禁止なので、演奏前はあちこちでスマホで撮影している人が多い。
楽団の人たちの衣装も、モーツアルトの時代の衣装で、見ていても楽しい。
オペラの一節があったりして、音楽の堪能な人には魅力的なものだったと思う。
音響の素晴らしさから「黄金のホール」とよばれているらしい。
とにかくテレビで見ていたニューイヤーコンサートの会場にいることが感激だった。
いい席で音楽を聞き、衣装や楽器を見て、歌声にひたることのできた時間だった。

曲目を詳しく書いたパンフレットはなかったので、曲名についてはよくわからなかった。アンコール曲の曲名が、日本の演奏会によくあるようにホールに貼ってないかなあとおもったが、それもなかった。

演奏会が終わり外に出ると、楽友協会の向こうに見えるドームの上に金星らしい星が輝いていた。スマホで写真をとる。上の写真の青い点が金星(だと思う)。

歩いてホテルに戻る。円筒のようなところに部屋があるので、窓に映る部屋の映り込みがおもしろかった。
いよいよ明日は旅行の最終日。
みどころがたくさんある旅だ。